FC2ブログ

記事一覧

母娘(ははこ)御膳 第33話「聖域」

「それにしても・・」佐分利学院「夜の修了式」を終え、シャワーの後、二女講師と、タクシー相乗りで居所へ戻った受験生 阿久比 周(あぐい・あまね)は、改めて感嘆したものだった。「本荘(小町)先生って凄いよな。忙しい学院の養護科や病院の診察、それに学会の事とかをこなしながら、その合間に、もう何人もの生徒の童貞を卒業させた」「そればかりじゃない。夜にそんな事を何度もして、全然表に出ないんだ。完全な治外法権。理...

続きを読む

母娘(ははこ)御膳 第32話「修了」

「ちょっと、小町(こまち)さん。狡いわよ!」女講師 結(ゆい)はとうとう、想っていた事を口にした。春まだ浅い、2月下旬の雨の夜、そろそろ夜の教科も終わりかと思われる、佐分利学院上階の養護室では、教え子 周(あまね)の、大声では言えない修了式が続く。「は・・ああ、好い・・。のは良いけど、結ちゃん、何か?」周に、口唇愛撫(クンニリングス)で下方を高められ、加湿させられながらも養護主任 小町は、落ち着いてこう返...

続きを読む

母娘(ははこ)御膳 第31話「共導」

「い・・いかん!でも・・やっぱり、好いなあ・・」学院の養護主任 小町の、胸の双丘を目の当たりにした周(あまね)は、(本当は弱い)男の性(さが)なのか、自然に、その谷間に顔を埋めていた。それを当然の如く抱き留め、甘く囁きかける、女医・・「そうよ、周。今夜の貴方は、それでいいの。さあ、赤ちゃんの頃の気持ちに帰って、あたしの乳房(おっぱい)吸ってご覧」促される周、こっくり頷くと、まずは小町の右乳房から「チューチ...

続きを読む

母娘(ははこ)御膳 第30話「雨声(あまごえ)」

「一体、何だろう?」学院近所での夕食を挟み、9pm頃まで受験対策の後、居所へと帰った阿久比 周(あぐい・あまね)の脳裏には、夕方の終講時、講師の花井 結(はない・ゆい)の、彼に対する不可解な出方への、複雑な想いが渦巻いていた。勿論、こんな事で乱調になってはならない所だが。入浴を挟み、日付が変わって暫くまで自習の後、実質は仮眠と言うべき 就寝。翌 23日木曜は、雨の一日。朝方の冷え込みは緩く、日中は寒さ応える...

続きを読む

母娘(ははこ)御膳 第29話「推移」

1月半ばから、宙(そら)、そして周(あまね)の、一つの大勝負が始まった。一連の、大学入試本試験の始まりである。まず、1/14(土)、15(日)の両日で、大学入試センター試験。二人共、志望先に国公立大学が含まれる為、受験は必須だ。よくある傾向だが、この両日も、冬場有数の大型寒波が到来。二人が暮らす中京圏も、寒さの底を迎えた。時折雪交じりの、日本海側かと思わせる寒空。朝方は、氷点下の厳しい冷え込みとなる。宙も周も、...

続きを読む

母娘(ははこ)御膳 第28話「決意」

まだ年初の1月上旬夜、受験準備も追い込みの(はずだった)花井 宙(はない・そら)と阿久比 周(あぐい・あまね)の二人。離れこそすれ、LINEを通じた文字の会話で、双方自慰(オナニー)に耽(ふけ)り、昂ぶり始めた所であった。曇りの夜、気分転換に星空を眺め・・とは行かない。まあ、これで良いのかも知れないが。「ああ・・これも好い。な・・慣れると、癖になりそう・・ふぅんん」周から教えられた、筆を使った愛撫による、秘溝の...

続きを読む

母娘(ははこ)御膳 第27話「互昂(ごこう)」

「母さん、まあ聞いて」宙(そら)はこう言い、音声装置の電源を入れ、動作させた。聞こえて来たのは、姉妹の留守中の年初、二人の若者 周(あまね)と豊(ゆたか)が、母 妙(たえ)の許を訪れた夜の、一部始終であった。元気の良い来訪挨拶に始まり、最初の談笑暫くと、夕食、寝室に移っての、諸々の行為の会話や音声が、概ねはっきりと捕捉されていた。「ああ、これね・・」心なしか、妙は力なく反応した。「まあ、事実は認めるわ。彼...

続きを読む

母娘(ははこ)御膳 第26話「再生」

「じゃあ、入試元気で頑張って。又、来月!」 「有難う!貴方もね」前夜を共にした翌日、大学入試を目前にした、花井 宙(はない・そら)と阿久比 周(あぐい・あまね)は、彼の居所近くの喫茶店で朝食後、そのまま日中の予備校教科三限を、昼食を挟んでこなし、夕方前、花井邸の前で解散した。この翌週末からの、大学センター試験を皮切りに、ほぼ一ヵ月は続く入試期間は、予備校の直前対策教室で顔を合わせる事はできるが、前夜の...

続きを読む

母娘(ははこ)御膳 第25話「試問」

深夜へと向かう予備校生 阿久比 周(あぐい・あまね)の寝室で、彼と同じ予備校に通う女子高生 花井 宙(はない・そら)との、事実上初めての、熱い情事が進んでいた。周の腕の中で、宙は甲高めの、しかし甘く熱い艶やかな喘ぎを続け、重なる周も、同じく熱い吐息を交わし続ける。「あっあっ!はあっ!ふぅ~ん!周さん、続けて」 「ふ・・ふうっ、OK!任しとき!」宙の愉悦を確かめ、周は腰の動きを僅かに速める。彼女の秘花に繋...

続きを読む

母娘(ははこ)御膳 第24話「試交」

「又、始まったか・・」夜の賑わいに入った、馴染みのネット・カフェのペア・ブース席で「お約束」の様に開始された、宙(そら)の行為に対する周(あまね)の、正直な想いであった。早々に、彼の下方に伸ばされた彼女の手指は、ジーンズのベルトを緩めてジッパーをこじ開け、中に控える周の男根と陰嚢を、随分と強引に、外へと連れ出すのであった。「何をする!?」叫び出したいのは、実は嘘。本当は「おや、いらっしゃい!」白くなよ...

続きを読む

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。
尚、他ブログにて、政治社会の事共や、鉄道交通に関する趣味的事柄にも触れております(下記アド)。
http://blog.goo.ne.jp/hakase32
(第一)読み物ブログは現在、不定期更新です(下記アド)。
https://blogs.yahoo.co.jp/jnkt1957

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんのR18読み物集。入口は、下記タイトルです。

拙仮バナーです

とりあえず、仮バナーを作りました。必要時はご利用下さる様。