FC2ブログ

記事一覧

この雨は こんな風に聴こえる 第27話「同様」

正に「理想」に近い、充実した一夜を過ごした宥海(ゆうみ)と黒木であった。念の為、目覚まし(アラーム)を 8amにセットしておいたが、普段は夜更かしをしない佳き習性もあって、ほぼ 30分前には目が覚めた。6月半ばの、厳密には第 3土曜の始まり。この日、彼は休日。宥海は夕方の TV番組に出演すべく、午後早くから出局の予定と聞いている。丁度、某民放chで、作家で女優でもある 阿川佐和子の対談番組が始まる所だ。黒木はもう少...

続きを読む

この雨は こんな風に聴こえる 第26話「挙動」

十数分間は続いただろう、麗海(れいみ)と存(たつる)の、立ち鏡で 美しい愉悦の表情を確かめながらの後背位(バック)での高まりが曖昧に区切られたのは、日付が替わった直後だった。窓外は依然、やや強めの降雨。一定の防音構造とはいえ 雨音がはっきりと室内の耳元にも届き、行為による多少の喘ぎは 決して聴こえない風に思われた。「ねぇ、存さん・・」背後から やや攻める様な腰の動きを止めた彼に、麗海は声をかけた。「はい...

続きを読む

この雨は こんな風に聴こえる 第25話「手癖」

もうすぐ、日付が替わろうとしていた。窓外は依然 耳に届く位の雨音が続いている。奇しくもこの頃、ほぼ時を同じくして黒木兄弟と平(たいら)姉妹は 姉の宥海(ゆうみ)と兄の恆(ひさし)、妹の麗海(;れいみ)と弟の存(たつる)の各ペアが場所こそ違え、似た様な後背位(バック)で絡み合っていた。前者はベッドから立ち上がり、大鏡の前で立ちバック、後者はベッド上で鏡を向いての行為だったが。「あっ、ああっ・・と、とても好い。で...

続きを読む

この雨は こんな風に聴こえる 第24話「探査」

「好いよ。麗海さん・・じ、上手だ。うぅぅ・・」最初の射精から数分も経っていないのではないか。ベッド傍のソファに身を沈めたまま、存(たつる)の竿は麗海(れいみ)の口舌による攻めを受け、再び礼儀を正していた。夥しい男精のほぼ全てを顔面一杯に浴びせた後、ウェット・ティッシュで簡単に拭ってはやったが、全部清められた訳ではない。「ふふ、それでも良いわ」 堅くなった亀頭を吸い込んでは吐き出す仕草を繰り返しながら、...

続きを読む

この雨は こんな風に聴こえる 第23話「思案」

この夜 麗海(れいみ)と存(たつる)が投宿したのは、N市の金盛副都心のほぼ真ん中に位置する 某都市ホテルの上階。JRや地元私鉄の名豊電鉄、それに N市営地下鉄が乗り入れる 金盛総合駅からも徒歩で数分の距離で、勿論 存の兄、黒木の居所からもそう遠くない。N城址近くの 存の居所へ行っても良かったのだが、ここは外泊を選んだ。部屋は広めのアッパー・ダブルである。「ふふ、濃くて良いね・・」並んで座る 長手ソファでの睦...

続きを読む

この雨は こんな風に聴こえる 第22話「攻防」

「わ、分かった。ゆ、宥海さん。でも・・あぁ、効くなぁ・・」前回と違って、ゴムを介す事のない直の繋がりを 黒木はこの夜、心底じっくりと味わいたかった。双方が、彼の好む下方が露わの半脱ぎ状態。多くの男女が全裸の所謂「スッポンポン」で行為を進めると聞くが、この所は彼は、一般と少し違うかも知れなかった。それにしても、黒木の腰を下から捉えた宥海の脚力は 想像を超えて強かった。まるで蛇の様に腰を取り囲む様に組...

続きを読む

この雨は こんな風に聴こえる 第21話「執着」

「あぁ、宥海(ゆうみ)さん・・」 濃厚、そして巧妙の度を増した口唇愛撫(フェラチオ)を見舞われ、射精はもとより腰を抜かさんばかりの刺激を見舞われた黒木は、股間に沈められた宥海の頭に両の手を回したまま、思わず呟いた。嫌がられるかもだったが、下した黒髪にもこっそりと手指を延ばして摩ったりもした。「上手だな、有難う。そしてね・・」 「はい、何?」黒木は卓上の冷茶を一口あおり、宥海にも勧めながら続けた。「これ...

続きを読む

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

尚、他ブログにて、政治社会の事共や、鉄道交通に関する趣味的事柄にも触れております(下記アド)。
https://blog.goo.ne.jp/hakase32
お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。