FC2ブログ

記事一覧

この雨は こんな風に聴こえる 第40話「昇点」

「ん、ん、んんん~!」上下から、黒木兄弟にじっくりと攻め上げられる麗海(れいみ)の「口」は、正直強欲といえるかも知れなかった。「上の口」のみならず「下の口」もだ。下方は、先刻から黒木の弟・存(たつる)の竿(男根)が堅く繋がり、膣奥からの水分と湿気を掻き出す様に 前後に動きながら、次第にその結合部を 双方の下草と共に濡らして行った。一方の黒木。こちらも膝立ちで屹立した竿を 仰向けの麗海の「本当の口」が咥え...

続きを読む

この雨は こんな風に聴こえる 第39話「加減」

「もう一度、しゃぶって頂けませんか?」 ベッド上で 後ろから弟・存(たつる)の攻めを受け昂って行く麗海の眼前に膝立ちした黒木の脳裏には、こんな思いつきが過っていた。「今夜は、少し攻め気味に進めても良いかもな・・」姉の宥海に対してもそうだったが、麗海にも彼は 接吻(キス)で始まる前戯から、概ね慎重に丁寧に扱い 事を進める様心がけていた。為に 時に宥海からは「もっと攻める感じでも良いわよ」などと注文をつけ...

続きを読む

この雨は こんな風に聴こえる 第38話「昂察」

「あ・・はぁっ。や、やっぱり・・今夜も好い。た・・存(たつる)さん、上手・・」 両の脚を妖しく開き、半脱ぎの状態で仰向けに臥して喘ぐ麗海(れいみ)の股間に顔を埋め、口唇愛撫(クン二リングス)を試す 存の技は、微妙に兄・黒木のそれを上回るレベルの様だ。麗海の性器の形、まずは大陰唇の形を外側から頭に叩き込む様に、じっくりと舌を這わせて覚えようとする様な仕草は、黒木のそれとは少し趣が異なる様で、又その事が 麗...

続きを読む

この雨は こんな風に聴こえる 第37話「差異」

「恆(ひさし)お兄さん。さ、早く来て・・」 交合を区切り、少し離れて弟・存(たつる)と小声で会話している黒木に、ベッドに臥し、両の脚を開いて下方を露わにしたままの麗海(れいみ)が、痺(しび)れを切らした様に声をかけて来た。その秘溝からは、黒木が膣内に放った男精がトロリと流れ出、直下の菊花(肛門)まで達している。「あぁご免。今、ご希望にお応えしますわな・・」軽く頭を下げて返す黒木。その低頭のまま、麗海の開かれ...

続きを読む

この雨は こんな風に聴こえる 第36話「思慮」

「あはぁっ、こ・・この動き、と・・とても好い!恆(ひさし)お兄さん、これよ、これ!ずっと、ずっと続けて!ふぅぅっ!」モデル・ルームの寝室、セミダブルベッド上で黒木に組み敷かれ、下方に堅く這入り込まれた麗海(れいみ)は、両の美脚を彼の腰に回し、ガッシリと力を込めて捉えた。勿論 曲げ開きだから、下方から見守る弟・存(たつる)からは 下方の「結合部」がよく見えた。黒木「あっ、うんん。それ、俺もですよ。麗海さん...

続きを読む

この雨は こんな風に聴こえる 第35話「昇順」

「さあさあ、楽しみな場所替えだ・・」 「ハハ、又また下半身いじりかよ。今から見える様だな。さ、麗海(れいみ)さん、ゆっくり行きましょう」 一旦、はだけていた胸周りとフレアのアンダーを戻すと、黒木は麗海の両の脚を抱え、次いで存(たつる)が 起こされた彼女の背後から、上体を抱え上げて慎重に移動を始めた。「ふふ、お二人・・」移送される麗海は、笑いながら呟いた。「次は ベッドの上かしら?」 「そう、多分ね・・...

続きを読む

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。