FC2ブログ

記事一覧

母娘(ははこ)御膳 第14話「暴露」

IMG_3636.jpg
意外な幕切れを迎えた、若い二人 花井 宙(はない・そら)と、阿久比 周(あぐい・あまね)の最初の情交。無理はせず、ゆっくりと長めに眠り、翌朝遅めの目覚め。これもゆっくり目の、周手製の朝兼昼食を嗜み、宙の家まで見送ったのが、午後早く。

「有難う。この続きがあるわ。覚えておいて」 「ああ、勿論。大事にしろよ」花井家を辞した後、居所で勉強に集中できない彼は、夕方まで、自転車でN市国際センターの資料閲覧室へ行き、受験課題をこなした。

12/28の水曜、終日晴天。午前のみで教科の終わった周は、午後は自習室に籠り、3pm過ぎ、呼ばれていたF・I・T(株)の御用納めに出席。この日の社業は3pmまで。この年の終礼の後、社員たちは早めに帰宅、或いは遠方につき、そのまま帰省の途に就く向きもあった。年末の大掃除も合間を縫い終了。4pmを過ぎると、年末年始も交代で詰める保安要員を別とすれば、社内に残るは社長の妙と周、それに彼の上司 伊野初美(いの・はつみ)の三人だけになった。

「さあ・・」妙は言った。「これから、ちょっと忘年会の続きを始めようと思うの。周君、ちょっとシャワー使っといでよ」 「はい、有難うございます」妙のこの指図で、彼はこの後に起こるだろう展開を理解した。「ああ、あれか・・」ここはまあ、素直に従って、浴室へ。

周がシャワー中の、妙と初美の会話。「初ちゃんも、今年はお疲れ様。ちょっと大変だったかもだけど、よく協力してくれて、助かったわ」 「ああ、いやいや、お気にしないで。当然の事ですよ」 「有難う。来年も、こんな感じで宜しくね」 「はい、かしこまってござります・・ですわ。(笑) 所で社長、もうご存知かもですけど」初美はこう言うと、少し妙ににじり寄った。「うんうん、何かしら?」彼女は、こう返し。

初美は続ける。「社長室の後ろの控え室ですね。これからお使いでしょうけど、あそことお宅のお部屋の回線が、傍受されてるみたいなの。今度のは、まあ、怪しい筋じゃないから余り大事じゃないかもだけど、やはり、そんな行為があったって事は、気にしておいた方が良いんじゃと思いまして」 「そうなの、嫌ね。身内だって言ったって、余り気持ちの良いもんじゃないわ。やるとしたら、娘の結(ゆい)か宙のどっちかだからねえ。まあ折に注意して、傍受ができない様に対策しないといけないわね」 「あたしも、その方が良いと思います。このまま放置ってのは、拙いかなって・・」

「お先に失礼しました」周が、社長室へ戻ると入れ違いに、妙が浴室へ。様子を見て初美「あたしね、まだ少し雑用があるから、大部屋の方にいるわね。何かあれば、教えてくれるかな?まだ『良い年を』は言わないわよ」と言い、笑う。「かしこまりました。今年はまあ、これ以上ご面倒かけない様にしますよ」周も、笑顔で返し。実は、初美の笑顔は、周の下着越しの股間の丘に対する反応でもあったのだが。

十数分後、下着(ランジェリー)にバス・ローブを纏った妙が戻る。「やっぱり・・」目の当たりにした周、いよいよ確信の度を高めて行く。困った事に、彼の下方も敏感に反応し始めていた。下着に隠れた男根と陰嚢が、こう言うのだ。「娘も好いけど、母親も素敵だ・・」 「こらっ、何を言う!」なだめるのも、少し苦労するレベルだ。

「さあ、周・・」妙が声かけ。「少し早いけど、深い事、始めようね」 「はい、お願いします。俗っぽく言うと『昼マン』て言うらしいですね」周、笑顔で返し。「まあ、結構知ってるわね。そう、それこそが忘年会の続きよ」妙も、笑って続ける。その忘年会は、宙と会った、クリスマス・イヴの前日だった。JR中央駅新幹線口の、学院近くの某ホテル小宴会室での、結構な盛会で、中華料理の好メニュー。彼は久しぶりに「儀礼の為」と言う事で、妙から僅かな酒気を賜り、社員たちとの会話にも心弾ませたのであった。

「ああ、好い感じ・・」その時の余韻を胸に、周は自ら妙に歩み寄って抱き寄せ、唇を奪う挨拶を。「素敵よ。やっぱりこの挨拶は、男から進んでするものだわ」妙、彼の積極姿勢を誉める。「ええ、これ位に出て良いんですね。段々、加減が分って来ました」 「分ったら、早く覚えてね。女は、男のそんな動作が自然に出て来るのを、期待してるとこがあってね」 「はい・・」周はこう言い、妙のバス・ローブをゆっくりと脱がせ、壁に吊るす。

下着姿の妙、この日は白基調で、ガーター・ベルトとストッキングも着け。「ああ、これ好い。社長らしいですね」周が称えると「ふふ、嫌らしい。男の本音が出たね」妙、こう返してベッドに臥す。「さあ、重なっておいでよ」 「はい、只今・・」少し慣れた様子で、重なって行く。

上と下で唇を交わし、周は、いつも通りの愛撫を進める。前ホックのブラを外し、耳たぶの甘噛み、首筋から上腕、中庸だが形の良い胸の双丘にかけ撫で回し。次いで、二つの乳首の先端に、交互に唇を合せ、腹から括(くび)れ、下腹から脚にかけ、手指を駆け巡らせる。小半時は続いたか。

妙は一旦身体を起こし「とても好いわ。さあ、今度はあたしが、君の『核心』を高めてあげる」 周の「宜しく、お願いします」の返事が終わらぬ内に、彼のトランクスは下方に下ろされ、男根と陰嚢が露わに。直ちに、妙の手指が取りつき、男根の表裏、その先端、下草を伴う陰嚢に、熱いマッサージが下される。「う・・うう、い・・好い」籠った呻を発する。それが、周の快感の表現だ。

「周・・」妙、声かけ。「はい、何でしょう?」返すと「そろそろ、最初の発射じゃない?何なら、高めてあげようか?」 周「好いですね。迷うけど・・お願いしちゃおう・・かな」の返事を受け、妙はその男根に食らいつく。亀頭を十分にねぶって礼儀を正し、裏筋と陰嚢には、更に濃厚な愛撫を加えて行く。「あ・・ああ、で・・出る!」周、たまらず最初の発射。

「あれ、出たものが見えない。どうして?」戸惑う周に、妙は笑って「それ、あたしの中よ。頂いたわ。まあ、濃くて好い感じ・・」 「わっ!マ・・マジですか?」 「そうそう。やっぱり、若い男の精は好いわ」 「いやー、ちと恥ずかしい。でも名誉です。有難うございます!」周は頭を下げ、答礼した。

対する妙「うん。それじゃ、気持ちで返してくれる。あたしの『核心』にさ」と臥したまま脚を曲げ開き、周に脚の間に来る様招く。彼は応じ、まずはショーツ越しの愛撫、次いでそれを下ろし、露わになった下方に、臀丘から手指で愛撫を加える。下草の上に、落ち着いた朱に輝く秘花と、荒れを感じぬ程良く色づく菊花(肛門)が咲き誇る。

周は、まず妙の秘花の唇を重ね。次いで舌を、秘花の合わせ目に滑り込ませ、肉壁と粘膜の感触を味わう。「うう・・ああ・・い、好い」妙の喘ぎの始まりを聞き、舌技を更に強めて口唇愛撫を進めて行く。「ああ、ああ・・周、好いわ。そろそろ来て」促される周「今日は、アレ(ゴムの事)はどうしましょう?」 「なくて良いわ」 「分りました」確かめた彼は、湿度の上がった妙の秘花に、礼儀正しい男根を繋ぎ始める。「あ・・ああ、そ・・そのまま続けて」途切れがちな会話と喘ぎの下、連結を果たす。

周の順調な腰使いで、今回も熱く快い交合となる様に思われた。所が、開始から半時後、正常位から、窓を向いての座位に替わった所で、階下の保安課から連絡あり。「社長に、ご家族様が面会希望です」 「仕方がない。通して」妙はそう返事すると、周にこう告げた。「周、残念だけど中断ね。ウチの者が、上がって来るんだって、多分、宙かしらね」やむ無く、着衣を戻す二人。程なく、社長室へ上がって来たのは、次女の宙だった。

「お邪魔です。ああらお二人、何か、大事なお話でも?」ノックこそすれ、「隠し部屋」に現れた彼女は、些か白けた表情だった。「ああ、いらっしゃい。今、貴女のお母さんと、仕事上の話をしてたとこさ」周、余り気にしていない風で、こう返し。妙も「そうそう。阿久比君は、とりあえず今日までだから、お仕事の状況を聞いてたのよ」と応じ。しかし、宙は納得していない様だ。

「ふふ、お二人、それだけじゃないでしょ」宙は、含み笑顔で続ける。「あのね、余り良くないかもだけど、あたし、ちょっと変な事を聞いちゃったの。それでね、その時のお話を記録したのを聞いて欲しいと思って、お持ちした訳ですよ」こう言って、彼女のスマート・ホンの音声ソフトを再生すべく、二人の座る眼前の、テーブル上に置いた。「これは・・」当惑する二人。彼ら三人の後ろには、これも薄気味悪い微笑みを以て、見守る女がもう一人・・
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の壁紙 JR東海道線 熱田駅南詰(熱田神宮最寄駅) 名古屋市熱田区 2016=H28,12 撮影 筆者
久石 譲さんの今回楽曲「アイ・スタンド・アローン(I Stand Alone)」下記タイトルです。
I Stand Alone
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。