FC2ブログ

記事一覧

母娘(ははこ)御膳 第17話「年始」

av-32221.jpg
明けて新年、正月三が日は、多少曇る時はあっても、概ね晴天の穏やかな日々だった。気温も大きくは冷え込まず、日中などは10℃超えの、所謂「小春日和」と言っても良い位の好ましい気候。その様な中の二日午後、予備校生 阿久比 周(あぐい・あまね)と、豊野 豊(とよの・ゆたか)は、前後して、それぞれの実家から戻って来た。周は、夕方前の4pm過ぎ、豊は、そのほぼ一時間後の5pm頃、それぞれの居所に戻った。

初め、豊は午前中にM県下の実家を発ち、午後早くに戻るつもりだったが、この日夕方、年始に訪れる事としていた、周の年末限定バイト先の社長 花井 妙(はない・たえ)より、訪問は6:30pm以降で良い、との知らせを事前に受け、N市への戻りを少し遅らせたのである。その事は、周も似た様な状況だった。豊は、寮の部屋に落ち着くと、周に宛て、LINEで帰着を知らせる。

「阿久比さん、新年おめでとうございます!今着きました。今年も宜しくお願いします!」 「豊、連絡御礼!明けおめ、こちらこそ!」 「すぐ用意して、社長さんとこで落ち合う・・で良いですか?」 「了解、それで良い。後程、気をつけて!」交信ここまで。

二人は、すぐに正装に身を固め、各々、妙に宛てた土産物若干と、念の為の着替えと洗面具も携え、それぞれ自転車で彼女の自宅へ。許された場合を考え、トレーナーの上下と、冬場につき、短めのガウンを入れていた。予定通りpm6:30頃、二人は、前庭を経て、一部二階建ての花井邸玄関に着いた。「社長、明けましておめでとうございます!今年も、宜しくお願いします!」二人揃っての、定石通りの年始挨拶。「はい、おめでとうです。今年も宜しくね」和装の妙、答礼。促されて彼たち、玄関からすぐの、応接間へ上がる。早速、それぞれの手土産を、彼女に渡し。

妙は切り出す「二人、ようこそ。このお正月は、穏やかな天気なのが良いわね。親御さんたちはお元気?」 「ええ、お蔭様で、両親共元気でやってますね」周、こう返し。「右に同じです」豊も応じる。妙「それは良かった。・・で、今夜は、娘たちがお正月の特別研修で泊まりがけなの。よかったら、明日午前までゆっくりして行けば良いわ」 周「わっ、マジですか?」 「ええ、ホントにOKよ」 「有難うございます。お世話になります!」二人の若者は、声を揃えて一礼した。

「さてと・・」妙は続ける。「今夜は、君たちも一緒だから、馴染みのお店にお寿司を頼もうと思うの。何か苦手は、あるかしら?」 「いやいや、特にありません。全部楽しみですね」周が返せば、豊も「自分も、何でもありです」と応じ。「OK。それじゃ・・」妙は直ちに、上寿司の出前を三人前発注。着は、小一時間後だろう。そして「それじゃ、二人共、お風呂行っといでよ。あたし、その間に用意が要るとこ、しておくから」 「はい、有難うございます!」彼たちは、素直に応じ、浴室へ。

大理石だろうか、白亜の石壁が魅力の、花井家の浴室は十分な広さがあり、大人が四人位は同時に入れる余裕があった。壁と同じ設えの、ゆったりの浴槽は泡風呂にもなり。洗い場は二ヶ所で、他、独立したシャワー・スペースとかかり湯の場所も備わる。「これ、好いなあ。ちょっとした、温泉場じゃないか」躰を洗う周、感心して言う。「・・ですね。ユニバスだと本当に一人分だから、余り寛げないんですが、これならもう御の字!社長さんも、結(ゆい)先生も、宙(そら)さんも、疲れが取れて好いでしょうね」同じく豊も応じ。

周「ハハ・・本当にそうだと好いな。さて、俺は先に入れてもらうわ」と、浴槽に身を沈め「ああ、これ好い!」思わず感嘆す。豊「ああ、どうぞ。俺は、洗髪とかもう少しかかりますから、ごゆっくり」 「有難う。正月はどうだった?」 「結構、追われましたね。一応、勉強は解放だったんですが、大晦日は、実家の大掃除に洗濯、正月の買い物とかの応援。元日の昼には、もう親類衆が来て、夜までおつき合いでした。戻りの二日も、午前中は、近所の年始とかで、上り特急に乗る間際まで、何かと忙しかったです。まあ息が抜けたのは、そうですね、帰った晦日の夕方から夜と、元日の午前中だけです。幾ばくか、お年玉が得られたのは収穫ですが」豊は、元日前後の様子を、苦笑しながらこう振り返った。

周「有難うよ。慌ただしいけど、賑やかな集まりが見える様だわ。そうだな、俺んとこも似たり寄ったり。大晦日は、掃除とか親の雑用応援して、元日午後から親類とかが来るパターンも大体同じ。二日午前は、逆に、俺の方が親類の家に邪魔しに行くんだ。受験がなければ、そのまま泊りってコースだな。お年玉も、あるにはあるが、高校の頃程にはなかったなあ」同じく、苦笑しながら返し。

豊「まあ、ないよりは、あった方が良いですよね」と応じると、周は「そうそう、言えるよなー」笑いながら返し。一旦上がって休憩の彼と入れ替わり、豊が浴槽へ。二人が入って二十分程後、室外から、妙が声かけ「二人、入るわよ!」

「おお、ヤバい!大丈夫ですか?」豊が慌てた風情を見せるも、周は「焦るな焦るな。落ち着いてお迎えすりゃ良いよ」と言いながら「OKです。どうぞ!」と返し。浴室が開扉され、四十路とは言え、まだまだ魅力の姿態(プロポーション)が現れ。

「先生、好いですねぇ」二人の若者が、全裸の一礼で迎え。「ふふ、ホントの事言って良いわよ。でも、君たちも元気そうで何よりだわ。あ、これはね、全体じゃないの。下の方のお話ね」妙、こう言って笑う。「有難うございます。いえ、真実を突いたお言葉、好い感じですよ」と、彼たちも笑って返し。妙はついでに、出前の寿司が到着した事も告げた。

妙「お風呂では、何話してたの?」 周「ええ、元日前後の事ですね。まあいつもなんですが、大晦日は、掃除や買い物の応援とか、年越し準備。自分ちは、親父が蕎麦(そば)を手打ちするもんですから、その手伝いとかもありまして。で、今日お持ちしたのも、それなんです」 「ほう、お父様、蕎麦も打たれるんだ。楽しみだわ。きっと娘たちも喜ぶでしょう」 「有難うございます。そうなれば嬉しいです。後は、元日午後から来る、親類たちの応対とか、戻りの二日午前には、近所の年始とかですね」」 「そうかぁ、短いけど、親孝行もできて、素敵なお正月だったんじゃない?じゃ、豊君も訊きたいわ」

豊は応じ「はい、自分の正月も、大体は阿久比さんと似てました。大晦日は、実家の年越し準備の応援。元日午後から親類に会うとか、二日午前の年始も、大体同じです。ウチは、蕎麦は打ちませんが、晦日蕎麦の時に、魚の干物とかを一緒に頂く事がありまして」 「ハハ、海の傍らしいね。今日もらったのも、そっちの方みたいだし」 「はい。上手くお好みに合うといいかなって思うんですが」 「ああ、大丈夫でしょう。君の親許の辺は外海だから、鮮度は素晴らしいわ。期待できるって!」 「はい、有難うございます!」

妙、ボディ・ウォッシュと洗髪を終えると「さあ、三人一緒に入ろうか!」と、若者たちを従え、浴槽へ。彼女の両脇に、周と豊か控える。「あのさ」妙が言う。「お湯の中だから、ちょっと勝手が違うかもだけど、自分のしたい方法で、あたしに少しマッサージをくれるかしら。悪戯はダメよ。気持ちよくしてくれるなら、触っていいわ」 「おお、マジですか?有難うございます!」 「感謝です。とに角やってみます!」周と豊は、それぞれ右と左から、妙の白い女体に手を伸ばす。

まず周が、妙の首筋に手指を走らせ、耳たぶ、肩、上腕と下り、腋から胸の双丘辺りへと巡って行く。豊も、周の動きを見真似しながら、ほぼ同じ手順でさすって行く。次には、二人して、妙の美脚を愛でる様に撫で擦り。マッサージと言うより、愛撫に近い出方。勿論、妙もそんな事は分っていた。「二人、中々好いわ。あたしも心地良い。とても好い感じよ。続けて・・」 「はい・・」 「かしこまりまして・・」少し熱めの、快い湯の中で、三人の、時折の喘ぎを交えての、年初の「愛撫」が暫し続いた。

入浴から小一時間を経て、居間へ戻ると、平装への着替えが許される。周と豊は、持参のトレーナー上下。妙は、桃色調の着物から、紫基調のフレア・ワン・ピースに薄茶の冬用上衣へと替え。それから、食堂にての元日の祝杯。未成年ではあるが、周も豊も、最初の猪口一杯だけは、冷酒を仰いだ。後は禁酒につき、サイダーを賜る。妙はそのまま、もう少し杯を重ねた。上寿司の魅惑のネタと、モズクなとの海草、それに、豊の届けた干物などで舌鼓を打った。

更に一時間強後の、pm9過ぎ。食事とその後の果物などを嗜み、応接間と続きの居間で、休憩に入ってTV番組のチェックなどする周と豊の所へ、妙が現れ。「二人、聞いて」こう切り出す。「はいッ、聞きましょう!」彼たちは、居住まいを正して聞く態勢に。これを見て「今夜の寝室は、あたしの隣の部屋ね。ツイン・ベッドがあるから、すぐ分るわ。又、寝る時に案内するわね、でも・・」 「でも・・寝る前に、何があるんでしょう?」 「ふふ、それはね・・」妙はそう言い、フレアのワン・ピースの下方を、彼たちに向け、ゆっくりと持ち上げ始めた。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 前田かおり
久石 譲さんの今回楽曲「ピアノ(Piano)」下記タイトルです。
Piano
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。