FC2ブログ

記事一覧

母娘(ははこ)御膳 第19話「交位」

IMG_2387.jpg
正月二日の遅く、広い花井邸の居間で、女社長 妙(たえ)と、予備校生 阿久比 周(あぐい・あまね)、そして豊野 豊(とよの・ゆたか)、三人の絡む「夜の年始」が続く。周は、妙から己の下方を高められて礼儀を正し、答礼の、彼女の下方への愛撫を一通り終えた所であった。三人とも、下半身は既に裸の状態だ。

「周・・」妙は言った。「とても好い。さあ、続きはベッドでしたいわね。あたしを連れてって」 「はい先生。俺たちの寝室で良いですか?」「そうそう。あっ、そうだ。お姫様抱っこでお願いね!」聞いた周、ちょっと気恥ずかしくも、すぐに「分りました。只今・・」こう返して、妙を抱き上げると、彼たちに当てられた寝室のベッドの一台へ。

ワンピの胸と裾をはだけた妙が仰向けに臥すと、寄り添って来た豊を呼び「お前も、挨拶をするんだ」「了解です!」彼は返すと、曲げ開かれた妙の脚の間へ進み。臀丘を手指で摩(さす)りながら、眼前に出た、下草上の秘花に唇を重ね、ゆっくりと合わせ目に舌を滑り込ませ、愛撫に入る。周もほぼ同じだったが、四十八手の「立ち花菱」に近い姿態(ポーズ)の愛撫(クンニリングス)だ。「ああ・・ああ・・好いわ。続けて・・」再び、艶やかな喘ぎが始まる。

「豊も上手だな・・」 「ジュルジュル」と、リアルな音と共に進む愛撫に感心する周、もう一度、妙の上方に回ると、唇を奪い、胸の双丘に按摩を加え、手にした筆で、耳たぶや首筋、腋、胸の双丘などを順繰りに愛撫して行く。「あ・・周も上手。好い感じで高まれるわ。もっと、もっと・・続けて」妙に促されるまま、暫くは上と下から愛撫が続く。小半時程後・・

「周・・」妙は、彼に、下方をソフトに攻めていた豊と交代に、同じ位置に来る様呼び。「はい、只今・・」一旦離れた豊と入れ違いに、妙の脚の間に進む。「さあ、用意はいい?」 「いいですよ。今夜はゴム、どうしましょう?」尋ねられた妙、一呼吸置いてから「なしで良いわ」と返事。「マジで?」 「大丈夫ですか?」彼たちが念の為訊き返すも「安全日だから大丈夫。薬(経口避妊剤)も飲んでるしね」と応じ。

「お言葉を信じます」周はこう言い、礼儀を正した男根の先を、仰向けに開かれ、加湿された、妙の秘花に合わせる。「OK、さあ、来て!」彼女の合図で「繋ぎます・・」ゆっくりと腰を落とし、男根の先を肉壁に迎えられ、導かれるまま滑らせて行く。やがて亀頭の先端が、当る様な抵抗を感じる所で止める。ここで、子宮口に達し、連結が果たされる。「ああ・・んん・・い・・好い!」ポルチオ性感がもたらす、心地良い喘ぎ。そして「さあ、動いて!」下から促される周「はい、只今・・」こう返し、ゆっくりと腰を上下に起動。初めの内は、肉壁へのダメージを考え、スローな動きで進める。

一方の豊、連結を確かめて、喘ぐ妙に、もう一度唇を合せ。「んん・・うう・・ふんんん・・」彼女は声を奪われ、籠った喘ぎを上げ続け。胸の双丘按摩を終えた後、繋がって、腰の運動を続ける周の後方から、慎重に交合部を覗き込む。「いや~凄い!ホント、百聞は一見に然かずだわ・・」二つの美しい命を送り出した、下草の上に咲く、大人の秘花と若い男根の生々しい合体。血管の浮かぶ幹が、露出した、濡れた陰唇に出たり入ったりしている。豊は、前触れ液の滴る、下方の礼儀を究極まで正しながら、何とか暴発を抑え、努めて冷静に観察を続けた。

妙「ああっ、ああっ、あ・・周!」 周「はい、何でしょう?」 「も・・もう少し、強くして良いわ!豊も、後ろからしたい事があるでしょ」 「はい・・ですね」 腕の下に妙を抱きしめた周、胸の双丘を摩りながら、豊に目で「筆を使え!」と指図。豊は応じ、再び周の後ろに回ると、二人の交合部や妙の臀丘、男根の攻めを受けない菊花(肛門)、周の陰嚢や下草などに、柔らか目に筆先を走らす。「ううっ・・ふ・・ふ・・ふぅぅ~ん!こ・・これも好い!」彼たちはどうやら、妙の新しい愉悦を開発した様だった。

最初の連結から小半時後、周は妙に「先生、お疲れでしょう。一度、俺が下になりましょう」と声かけ。「好いわ。じゃ、君に跨るわね。豊はさっきの、続けてくれる?」 「かしこまりました!」彼たちは、声を合せて返し。周が仰向けに臥し、上に妙が跨って、連結を取り戻す「時雨茶臼」と言われる騎乗位で、行為再開。唇を合せながらの進行。豊は後ろに回り、妙の臀丘を手指と筆で摩って応援す。

次に「鳴門」と言う座位。周が、妙の下から一旦解いた連結を回復し、両の脚を拡げて、交合部を明るみに。豊はこれを受け、今度は、正面から二人の交合部や、濡れた下草を筆で摩って高めて行く。「ああっ、ああっ、ううう・・」高まる、妙の喘ぎ。意識する訳ではないが、周と豊は、妙の新しい愉悦を、次々に押し開いて行く感があった。

暫く後「さあ・・」妙が促す。「はい・・」周が返すと「もう一度、上に来て。あたしの上で、絶頂を迎えて欲しいの」 「分りました。返します」彼は、もう一度妙を抱くと、男根をゆっくりと秘花に返す。そして、これまでより強め速めに腰を動かす。応援の豊も、もう一度、筆を交合部と臀丘、陰嚢に交互に走らす。大きくなる喘ぎと吐息の下、十分程後、絶頂に達す。

妙「周、良かったわ。暫く、そのままね」 周「はい、有難うございます。大丈夫、直ぐは動きませんよ。豊も、有難うな」 豊「いやいや、当然の事ですよ」更に十分程後「離れて良いわ」応じた周が、連結を解いて男根を離すと、妙の秘花から白い男精がゆっくりと流れ出。「周、分ってるでしょ。あの事をして」 「はい・・只今」周はこう返し、流れ出た男精を舌で掬い、妙に口づけで送り込む。

この儀式が終わると、次は豊の番だ。唇を重ね、下方への愛撫をもう暫く、そして・・ 今度は、周のと同様に、堅く礼儀を正した豊の下方が、再び加湿の、妙の秘花にゆっくりと繋がる。「ああっ、こ・・これも、い・・好い!」先端が肉壁を滑り、子宮口に届く、深い連結を果たす。

「さあ豊、動こうぜ・・」周は後ろに回り、妙に重なった豊の臀丘を、軽く「ポンポン!」と叩いて、腰の動きを促す。様子を悟った豊は、慎重に上下動を開始。繋がれた男根が、周の時同様、血管を浮かび上がらせ、動物の様な生々しさで、秘花への出入りを見せる。妙の喘ぎに興奮した周、筆で彼女の臀丘と、加湿した交合部、菊花や豊の陰嚢とかの愛撫を交互に。

十数分を経て、昂ぶりが一山を越えると、豊は妙の上を離れ、「碁盤攻め」と呼ばれる、後ろからの攻めに移る。半脱ぎの前かがみで、臀丘を突き出した妙の後ろに寄り添い、左手で腰を支え、礼儀を守る、右手を添えた男根を、熱帯びる秘花へと返す。周に唇を奪われての、籠った喘ぎを聞き、腰が臀丘を打つ「パン!パン!」との、乾いた音を立てながら、強めの前後動。これも約十数分。最後は、やはり妙の希望を入れ、周の筆技を交え、豊が上に重なり繋がっての正常位で、高みへと進む。彼とは、最初の連結から半時余りで、絶頂に達した。

「ああ、ああ・・、よ・・、良かった」 「有難うございます。お・・俺も、お蔭で昇れましたぁ・・」深呼吸をして唇を交わし、笑い合う妙と豊。傍らで周も「お前、良かったなあ」と笑う。「起ってる間は、繋がってて好いわよ」妙に笑顔で声をかけられ「はい、有難うございます」豊も、笑顔で返す。数分後・・「そろそろ、離れますね」 「うん。あの事は、お願いね」 「かしこまりました」豊、ゆっくりと妙の下を離れ、流れ出た男精を、周と同じやり方で献上。彼たちはその後、妙に開脚を願い、残った秘花の男精を清める。

「二人、好かったわよ」妙は、機嫌良く語った。そして・・「でも、まだ若いんだから、もう一度位できるでしょ?」 「ええっ?はい、まあ、それ位は好いかなって気もしますけど」周は曖昧に答え「豊、お前はどうなんだ?」と、水を向ける様に尋ね。応じる豊は「ああ、はい。まあ俺も、阿久比さんと大体同じかなぁ・・な~んて!」と曖昧に返す。「よし!」様子を見た妙は続ける。「じゃ、もう一度しよ!ただね・・」 「はい、ただ・・何でしょう?」周と豊が訊き返すと「今度はね・・」と、それぞれに耳打ち。聞いた彼たち、一瞬で、表情が一変して行った。
(つづく 本稿はフィクションであります。次回は 4/24月曜以降に掲載予定です)

今回の壁紙 JR紀勢線 相賀~尾鷲間 三重県紀北町。物語中 豊の故郷 北紀(ほっき)町のモデル。2015=H27,10 撮影 筆者
久石 譲さんの今回楽曲「レジェンド(Legand)」下記タイトルです。
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。