FC2ブログ

記事一覧

母娘(ははこ)御膳 第22話「追及」

av-32704.jpg
それぞれの正月研修から帰宅した、花井 結(はない・ゆい)と宙(そら)の姉妹が、来客応対の合間に目撃した物。それは・・ 普段見る事のない、怪しげなガラス器だった。それも、ちょっと医療や介護の知識や心得があれば、何の為の器具か、容易に見当がつく代物であった。

姉 結は言った。「・・たく、母さんたら、又あの病気が出たのかしらね」 「まあ、可能性は大きいわね。お客様方を見送ったら、一度追及しようかしら」妹 宙はそう返し、ニヤリと笑った。「貴女も人が悪い。今度は、母さんにどう揺さぶりをかけるつもりなの?」と姉が訊けば「いやいや、あたしも娘だし、この家の家族だから、そんなに嫌らしい事は言わないわ」妹は、笑ってこう返した。

「お邪魔しました。ご馳走様でした!」 「こちらこそ、お越し有難うございました!」夕方に近く、母 妙(たえ)の会社の重要な顧客、数名の関係方が花井家を辞すと、姉妹は、母の指図を待つまでもなく、いそいそと後片付け、入浴準備などにかかった。片付けを妹に任せ、浴室の準備をする結が、ふと感じたのは「今日の浴室、嫌に綺麗じゃない?」と言う事だった。

多くの大型住宅がそうだと思われるが、花井家の風呂も、灯油ボイラーによる、二十四時間入浴可能なスタイルだ。特に冬場などは、中型のタンク・ローリー車がしばしば給油にやって来る。勿論、湯は定期的に替える。その湯が抜かれて空になっていた事も、結を訝らせるに十分だった。しかも、大理石調の大型浴槽も、エラくよく手入れされているではないか。

「やっぱり・・」結は思った。「あたしたちの合宿中、若い男が出入りしてたんだわ。それも、一人だけじゃない・・」入浴準備を終えた彼女は、例のガラス器をそのままにして、妹の片づけの応援に入る。「姉さん、お風呂の辺、何か変わってた?」 「大ありよ。お風呂場全体が、何となく普段より綺麗だったし」 「やっぱりね。あのさ、ツイン・ベッドのあるお客さん用の寝室があるでしょ。さっき覗いたら、そっちも綺麗に手入れされてたわ」 「そうか。来たとしたら、阿久比君かな?」 「ああ、彼ならね。後、もしかすると、豊野君辺りも怪しいわね」

準備が整い、妙を先頭に、結と宙が同時に入浴。姉妹の片づけなどの内に、母が用意した夕食を囲む。トレーナー姿の女三人。母と姉は冷えた白ワインを、酒気の許されない妹は、炭酸水のペリエを嗜む。乾杯を交わし、魚料理メインの食事が、少し進んだ所で、宙が切り出す。「まあ、入試直前合宿は、大体狙い通りでした。出願の方法も聞けたしね。所で母さん、留守中は如何でしたかな?」 「留守中?ええ、まあ、貴女たちから解放されて、のんびりできたわね」妙はそう返した。

「ふふ・・母さん、それだけじゃないでしょ」宙は続ける。「姉さんから聞いたんだけど、お風呂場がエラく綺麗なんだって。それに、さっき見たお客さんの寝室も、よく手入れされてたし、それにね・・」 「それに、何よ?」 「お風呂場の傍で、普段見ないガラス器が出てるのを見たの。あれ、何かしらね?」 「しまった!」気付いた時は、遅かった。年始の夜、あの行為の後、訪れていた予備校生 阿久比 周(あぐい・あまね)に、水気を切らせて収納させておくべきだったのだ。

「あれさあ・・」薄笑いを浮かべ、宙が続ける。「ズバリ!小水の為の器だよね。その時はトイレに行けば良いのに、何であの器が出てるのかしら。母さん、まさか、彼たち、多分二人の前で、放水したなんて事じゃなかったの?信じたくないけどさ」 「宙ちゃん」結が返す。「その『まさか!』よ。ねえ、母さん。こうなったら認めるわよね」 

「仕方がない・・」と言う風情で、妙は「二人、悪かったわね。確かに、貴女たちの合宿中、阿久比君と豊野君に、お年始に来てもらったわよ。貴女たちの想像通り、深い事もしたわ。でも、わざわざ彼たちが『見せてくれ!』て言った訳じゃない。あの二人とも、そんな変態じゃないわ。ただね・・」 「ただね・・何なの?」姉妹の、どちらからともなく糾す。母は「ああ言う席じゃ、誰からともなく、なりゆきでそう言う事になる場合って、あるものよ」と返すと「へぇ~、なりゆきで・・ね。分ります」これも、姉妹のどちらからともなく反応す。

結「分りました。まあ、放水の所を、彼たちに見られてはいる訳ね」 妙「まあね、それは認めるわ」 宙「やれやれ、例の病気の、とんでもバージョンだわ・・」こう言い、苦笑す。「でもさ、宙ちゃん」姉が続ける。妹が「はい、聞きましょう」と返せば「母さんの行状、今日の所は、そこまで聞ければ上出来じゃん。お客様もあったし、疲れてるだろうから、早く休ませてあげようよ」 「好いね。それ、同意です」宙も、結に応じ。

「母さん、今日は休んで下さい。お疲れ様!」姉妹に促される妙「分った。お言葉に甘えるわ。お休みね!」 「はい、お休みなさい!」パジャマに着替え、一足先に就寝の、母を見送った姉妹。後片づけの傍ら、結が「宙ちゃん、考えたくはないけど」と言えば、宙「はい、何かしら?」と返す。「もしかして、阿久比君と豊野君、母さんの小水を飲んだなんて事はないかしら?」 「う~ん、ふふ・・」含み笑いを浮かべ、宙が返す。

宙「まさかとは思うけど、あのガラス器を使ったって事は、可能性ゼロじゃないでしょうね。でも・・」 結「でも・・何よ?」 「それは、近くあたしが、周さんから聞いてみる事にするわ」 「彼、ちゃんと話してくれるかしらね?」 「その時にならないと、何とも言えないけど・・」宙はそう言い「でも、彼は隠し立てのできない性格みたいだから、きっと本当の事を聞かせてくれるわ」と続けた。

翌4日水曜から、学校関係に先立ち、年初の学院教科が始まる。序盤暫くは午前のみ。初日、宙も周も、無難にこなした。そして、二日目の5日木曜。この日午後、パーカーにジーンズ、スニーカー姿の周は、教科の後、久しぶりで、中央西線沿いに、鉄道列車撮影に出る事としていた。教科を終え、貸しロッカーからカメラ・バッグや三脚など、撮影用具を持ち出して、昼食の為、最寄のマクドナルドへ。階下のロビーに降りた所を、同じく教科を終えた、似た様な冬姿の宙に目撃される。「あ、撮影に行くね・・よしっ、後をつけよう」彼女は、そう決心した。

ハンバーガーメインのランチ・セットを平らげると、周はJR中央駅へ向かう。宙はと言うと、少し離れた席でフィッシュ・バーガーのセットを摂り、周に悟られない様、後をつける。途中、格安切符を扱う金券ショップがあり、彼は二枚のJR券を買う。目立たぬ様、続いて窓口へ行った宙「さっきの男と、同じ券を二枚頂戴!」 「かしこまりました!」若い男性店員(クルー)から、代金と引き換えに切符を受け取る。行先は、JR中央西線沿いの東郊にある「高蔵寺」だった。ここは、戦後の昭和期、大住宅地として開けた所だが、鉄道交通の好撮影地があるらしかった。

JR中央駅のブラット・フォームに上がり、暫し待った後、東隣のF県下、天徳行き下り列車が入る。周は、6両編成の最後部車中程の前向き席に座る。これを見た宙、同じ車両の最後部席に身を沈め、様子を窺う。顔が分らない様、サン・グラス着用だ。宙の席は、本当は高齢や身障、妊婦などの、身体にハンデのある客向けの優先席なのだが、車内に余裕のある日中なら、そう問題にならないだろう。

「さて、どんなとこで降りるのやら・・」1pm少し前、豊が帰省の折に乗る、南方へ向かう特急「紀伊5号」と、G県下への特急「しなの13号」が、続いて出て行く。若い二人が離れて乗る、天徳行列車は、その直後の出発だ。

「天徳行 区間快速列車、発車します」出発案内に続き、ドア・チャイムの合図で閉扉。VVVF(可変電圧可変周波数)インバータ制御システム独特の加速音と共に、出発。プラット・フォームを徐行で離れ、うねる様な渡り線路の上を、車体をくねらせながら、列車は、中央西線下り線路へと入って行った。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 JULIA
久石 譲さんの今回楽曲「オリエンタル・ウィンド(Oriental Wind)」下記タイトルです。
Oriental Wind
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。