FC2ブログ

記事一覧

母娘(ははこ)御膳 第24話「試交」

IMG_3666_1.jpg
「又、始まったか・・」夜の賑わいに入った、馴染みのネット・カフェのペア・ブース席で「お約束」の様に開始された、宙(そら)の行為に対する周(あまね)の、正直な想いであった。早々に、彼の下方に伸ばされた彼女の手指は、ジーンズのベルトを緩めてジッパーをこじ開け、中に控える周の男根と陰嚢を、随分と強引に、外へと連れ出すのであった。

「何をする!?」叫び出したいのは、実は嘘。本当は「おや、いらっしゃい!」白くなよやかな手指の訪問を受けた男根は、直ちに居住まいを正し、下草を纏った陰嚢共々、歓び勇んでその誘いに応じる。「困ったもんだ・・」その嘆きと苛立ちは、実に三度目の行為に及ぶ宙よりも、毎回それを強く制御(コントロール)できない己へと向けられるのであった。

「又会えたね、亀さん・・」勃起した男根を、宙は、まるでペットを愛玩する様に、濃い下草の根元から、陰嚢を経て、幹から亀頭へと、じっくり、かつねっとりした感じで、わざとゆっくり撫で上げる。「う・・、んんん・・」周囲の席も埋まり、声に出したくない。しかし、周はたまらず呻く。

「ふふ・・」宙が微笑む、と言うより、薄笑いを浮かべ、そして続ける。「随分と気持ちが良さそうね。周さん、今夜も、一度はここでイってもらうわ。画面も好い感じになって来たしね」段々とコツが掴めて来たのか、序盤は、男根の裏側、つまり「裏筋」をメインに、ゆっくりと撫でさすり、執拗に高めて行く。

「あ・・嫌、でも、い・・好い・・」食事の合間に観ている、周お好みのR18動画が、好い感じで濡れ場へと入って行く。それと、巧妙さを増した宙の愛撫が、彼の気分を否応なく昂らせ、心の高みへと押し上げて行く。「い・・嫌だ!こ・・こんなに早く、イ・・イきたくない!」これが、周の本音。「宙ちゃん、それはダメだ・・」初めて、彼女への拒みの感情が脳裏を過る。が、しかし、突き上げる愉悦を抑える事は、至難だ。

「宙ちゃん・・」 「はい、何?」 「ち・・ちょっと、一休みしよう」 「え?ああ、ちょっと残念だけど、仕方ないわね」一時、解放された周は、フリー・ドリンクのコーラを軽く飲み。相撲で言う「水入り」と言う所か。宙も、オレンジ・ソーダを嗜みながら「好い感じの動画だから、これで一気にイケると思ったんだけどね。でも、まあいいか・・」

十数分程休んだ後、行為再開。「あ、早いな・・」周が気付いた時、彼の男根の先端、亀頭は、既に宙の口内に吸い込まれていた。宙は「ふふ・・『すかさずやったな』でしょ。狙ってたのよ。あ・た・し・・」こう言って笑う。「仕様がないなあ。まあいい、今夜は覚悟しとくよ」周は苦笑し、こう返した。

宙の秘技は、口舌の方も冴えて来ていた。一旦食らいついた男根を解放すると思いきや、次は、その下の下草と陰嚢の境目当りを狙う。緩みのある陰嚢に舌先を押し当て、蠢く虫の様に、その表面を複雑な動きで舐め上げる。「ああ・・好い。や・・やめないで・・」心ならずも、周はそんな気持ちに堕ちて行く。陰嚢の口唇愛撫が終わると、もう一度男根の幹から亀頭へと這い上がって行く。

「本当に、悪い虫だな・・」粛々と、しかし激しく仕掛けられながら、周はふと、その様に思った。「絶対に、絶対にイかせてやる!」一見、緩やかに見える宙の口唇愛撫(フェラチオ)は、裏側で激しい一面を感じさせる、巧妙で情熱的なものだった。「彼女(こいつ)、又一段と上手になった。下手すりゃ、母親より上手いのと違うか?」小刻みに呻く周を、そんな気持ちに陥らせるに十分なレベルに達していた。10分余り後・・

「あ・・ああっ、い・・いかん!で・・出る!」高められた周、遂に、この日最初の発射。本当は、望まない絶頂かも知れなかったが。飛ばされた男精、図った様に、宙の顔面に舞い降りる。「ふふ・・」微笑する彼女「濃くて好い感じ。す・て・き・よ・・」 「宙ちゃん、悪いな・・」 「ううん、謝る事ないわ。さあ、したい事があるでしょ」 「ああ、まあな」周はそう言い、宙の顔に口づけ、顔射された己の男精を舐め取ってやる。そして「あれ、やるか?」 「うん、勿論!」二人、そのまま唇を合せる。ザーメン・キスの挙に及ぶのであった。

「この後、どうする?」8pm近く、食事と行為、R18動画の鑑賞が終わり、宙の顔を濡れティッシュで清めた周、こう訊く。「決めたよ。朝まで貴方のとこにいるわ」 「良いだろう」躊躇いなく、こんな返事が来た。衣裳を正し、PCをシャット・ダウンの後、食器を片づけ、精算を終えた二人は、市営地下鉄で周の居所へ。半時程で入浴準備が整い、先に宙を入らせる。その間に居場所と寝床の準備。先に出た宙と入れ違いに、周が入浴。その間、彼は「ヤリ部屋になるのか?俺んちは・・」などと、ふと思った。

「やっぱり・・」その後の展開は、ほぼ彼の想像した通りに進んだ。風呂から上がり、冷蔵庫の冷茶で喉を潤した二人。宙は、いつの間に持ち込んだのか、純白のバス・ローブ姿。周は、又も心を動かされ、その下方も否応なく礼儀を正す。「周さん・・」宙が声かけ。 周「はい、何かな?」 宙「このバス・ローブの下が、どんな風かって想像してたでしょう。嫌らしい!」 「いや~、本気じゃ考えてなかったけどな」 「それは嘘でしょう」 「まあ、少しはあり・・か」 「ほら、やっぱり!」暫く、そんな感じの談笑が続く。

夜も進んだ10pm前辺りから、いよいよ行為の続編が始まる。「ネカフェの時は、良かったよ」周はこう誉め、宙と唇を交わす。「有難う。もっと深くへ行こうね」 「ああ・・」先に、宙がベッドに臥し、周が上に重なる。まず、バス・ローブの上方を開き、ブラを下げて胸の双丘にお出ましを願う。「いつも感心する。綺麗な肌だな」周が呟くと「ねえ、母とどっちが良い?」意地悪く、訊いて来る少女。

周「若さと華やかさなら、そりゃ貴女だよ」と返し。「上手い事言うわね。でも、本音は『娘も好い。でも、母親も素敵だ』でしょ!」 「ハハ・・そりゃそうだが。しかし、思ってても言う・・かな?」 「言うよ。だって周さん、嘘つけないんだもの」 「まあ、そんなだからなあ」そう言い合いながら、彼は愛撫を進めて行く。首筋、肩、上腕、乳首を含む胸の双丘から、腹にかけてのくびれの辺り、そして足先から両脚を交互に撫で、温めて高め・・

「ああ・・そろそろ、核心に来てくれる・・ね」 「うん。今行くから、ちょっと待ってな」周はそう言いながら、宙のバス・ローブの下方も開く。今夜のショーツも、おとなし目の普段着用。生地越しに、挨拶の手指による愛撫を経て、ゆっくり慎重に降ろす。二ー・ハイを着けた脚を曲げ開き、彼女の顔を見据えて「じゃ、行くね」と一言。小さく頷くのを認め、その秘花に唇を合せる。

この前の年の瀬、初めて遭った時と同じく、宙の秘部は、交わりを知らぬが如き清楚さと清潔さを保っていた。形優れた臀丘に囲われ、適度に茂った下草の上に、秘花が、その直下に、些かの荒れもない菊花(肛門)が並んで咲く。「今度こそは、上手く行かせる」秘花の合わせ目に舌を滑り込ませた周は、ゆっくりと刺激を加え、徐々に昂らせて行く。宙は愛撫に応え「ああ・・好い。う・・ふんん」低い喘ぎで、反応す。暫くすると「亀さんに会わせて」彼女の求めを容れ、姿態(ポーズ)替え。周が上のままで、椋鳥「むくどり」と言われる、69(シックス・ナイン)の姿勢で、高め合って行く。滲み出る秘液と我慢液。潤う秘花と亀頭。少女の喘ぎと、若者の呻きが暫く続いた後・・

「周さん、そろそろだね」宙が言う。「そうだな。ただ、ゴム着けたいよ」周が返すと「それ、あたしに任せて」 「ホントにか?」 「いいよ、信じて!」 「分った。ヨロです」彼は、己でもゴムを用意していたが、ここは宙に任せる事にした。そして・・「さあ、来て!」周は、これを受け、宙の脚を曲げ開いて上に重なり、己の男根を彼女の秘花に合わせて、ゆっくり奥へと滑らせる。亀頭が肉壁の包囲を受け、暫く進むと微かに突き当たる。子宮口に達した合図だ。

「ああ・・ふ・・ふぅぅん・・」前とは違った、宙の喘ぎ。高めの声だが、悲鳴ではなく、艶やかで伸びやかな喘ぎ。「前とは違う、好い感じ。でも・・」重なる周、念の為、なるべく悟られぬ様、宙の秘花から一度男根を抜き離して、様子を見る。「うん・・」彼は信じた。「出血なし。今度は行ける。今、帰るぞ!」もう一度、男根をゆっくり秘花へと返す。連結を確かめ、そして、あの動き・・宙の上体をしっかり抱きしめ、ゆっくりとしたスロー・ピストンで、徐々に高めて行く。「あ・・ああ、い・・好い。あ・・周さん、夢みたい、つ・・続けて」 「俺もだよ。もう、どこへも逃げ隠れせん。今夜は、ずっと一緒だ・・」周は宙に、そう囁いた。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の壁紙 JR中央線 定光寺(じょうこうじ)~高蔵寺間(前回の、周の撮影地点と同一位置) 
愛知県春日井市 2017=H29,1 撮影 筆者
久石 譲さんの今回楽曲「ミラージュ(mirage)」下記タイトルです。
Mirage
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。