FC2ブログ

記事一覧

母娘(ははこ)御膳 第33話「聖域」

27965.jpg
「それにしても・・」佐分利学院「夜の修了式」を終え、シャワーの後、二女講師と、タクシー相乗りで居所へ戻った受験生 阿久比 周(あぐい・あまね)は、改めて感嘆したものだった。「本荘(小町)先生って凄いよな。忙しい学院の養護科や病院の診察、それに学会の事とかをこなしながら、その合間に、もう何人もの生徒の童貞を卒業させた」

「そればかりじゃない。夜にそんな事を何度もして、全然表に出ないんだ。完全な治外法権。理事長や役員会だって口が出せない。もしかして、こう言うのを『聖域』て言うんじゃないのかね」その夜も、周の受験対策最後の担当講師 花井 結(はない・ゆい)を同席させながら、結局は明るみに出る事なく、済んで行きそうな気配だった。「中にゃ U18だっているはずだ。下手に表に出りゃ、未成年者福祉法規等違反で、最悪逮捕も有り得るな・・」とここまで想いを巡らせて、周は考えを変えた。「いかん、いかん!俺はまだ受験中やんか。明後日の、N市立大が片付くまでは、集中せんと・・」

そのN市立大 経済学部入試は、2/25(土)。晴天なるも、朝方の冷え込みは厳しく、氷点下近いレベル。日中も、気温の上がりは鈍かった。厚手のパーカーに冬用パンツ、ウォーキング靴の、なるべくリラックスできる服装で、試験に臨む。心身の調子(コンディション)は概ね良好だったが、懸念された理数科のリカバー不足は、やはり不安の残る結果となった。

「安い授業料の公立大で親孝行・・の目論みは、やっぱり、ダメ・・かな?」時折強く吹く西風を受け、そんな想いを抱きながら、周は帰途に就いた。居所に落ち着くと、直ぐにLINEで、色々あったも世話になった、花井 妙(たえ)F・I・T(株)社長、そして、学院最後の担当講師 結と、養護主任 小町に、全ての受験が終わった事を伝えた。

真っ先に返信が来たのは、やはり妙だ。「阿久比君、受験ご苦労様。A大入試は突破したそうね。おめでとう!」 「はい、有難うございます。お蔭様で、何とか進路が見えて、ホットしてますね」 「うんうん。又近く、受験の苦労話とかを聞きたいな。もう知ってるかもだけど、宙(そら)も、A大入試に通ったの。今日は、某公立大入試で、もう帰って来る位・・かな。又近く、励ましてやってくれると嬉しいわ」 「はい、喜んでお受けします。この後、先生方にもお伝えするつもりですが、近く、本社にもご挨拶に行かないといけませんね」

周の言葉に妙は「そう、それ良いね!来週のどこかで、夕方来てくれるかな?」 「はい、予定しておきます。どの辺にしましょうか?」 「そうだね。君も知ってる様に、あたしも忙しくて、予定表見てからでないと、直ぐ返事できないのよ。明日は日曜だけど、そこでも良ければ連絡するわ」 「有難うございます。自分はいいですよ。勿論、週明けでも良いですし」 「うん、分った。なるべく早く知らせたげるからね」 「はい、ご面倒ですが、宜しくお願いします」 「よし。じゃ、今日はこれで」 「はい、失礼します」交信終了。

「貴女も、受験終了お疲れ様!」 「有難う」その夜、宙が帰宅して入浴、夕食の後「母さん、話があるの」居間の長ソファで、TV番組をチェックしている妙の所に、歩み寄って来た。「うん、何かしらね。聞くわ」トレーナー上下姿の宙、ガウンを羽織った妙の右隣に並んで座る。

「実はね・・」宙が切り出す。「周さんとあたしが、同日で受験を終わらせる事ができたから、彼をウチに招いて打ち上げ会みたいな事をしたいと思うの。母さんにも加わって欲しいんだけど、いいかしら?」 「ああ、いいわよ。あたしも、こちらから参加したい位だわ。来週中の適当な所でどうかと思うんだけどね」 「そうだね、良い提案だわ。余り急でも、皆 不都合だったりすると具合が悪いからさ。結姉さんには、内緒の方がいいかな?」 「そりゃ宙ちゃん、親のあたしに預からせてくれないかしらね」 「分った。母さんに任せるわ。それによって、日取りを決めるって事で」 「OK。それで進めよぅ!」その夜遅く、周を交えて相談の結果、3/4(土)の夕方に決まった。

3月も、まだ冬の名残の寒さが残り、結構冷え込む日もあったが「三寒四温」の言葉通り、徐々にだが、春へと向かう気配が感じられ。3日金曜の夕方、周は、夕方前から、正装して佐分利学院の上階、教職員フロアへ赴き、担当だった結や、在学中世話をかけた男女講師数名、それに、同じ階で顔を合わせた小町主任らに、受験終了の挨拶を。次いで、妙の会社を訪ね、上階の社長室にて面会を果たした。

世間一般の挨拶の後、妙は周に「じゃ、明日夕方から、宜しくね。待ってるから」 「はい、こちらこそ、宜しくお願いします。今日は、有難うございました!」手短かに済ませ、早めの帰途に就こうとした時、同じ階のEV前で、外務から戻った 伊野初美(いの・はつみ)とも顔合わせ。

「主任、お疲れ様です。お邪魔してました!」 「ああ、来てたんだ。受験、全部終ったんだってね。A大合格おめでとう!」 「有難うございます!ほぼA大入学で決まりそうです」 「そう、あそこは良い大学よ。叶えば、あたしも行きたかったわね。残念ながら合格じゃなかったけど」 「そうでしたか、マジ残念。ええ、こうなったら、自分が、主任の分まで頑張ってご覧に入れますよ」 「ふふ、楽しみにしてるわ。社長には、会った?」 「ええ、さっきご挨拶して来ました」 「そりゃいいわ。近くきっと、良い事があるわよ」初美はそう言い、華やかな笑顔を見せた。周は「好い感じの笑顔。こりゃ、期待・・かな」と、秘かに心を弾ませた。それは勿論、妙の方だったのだが。

翌4日土曜も、晴天の一日。「合格おめでとう!」周はこの日中、試験休暇をもらっていたバイト先の飲食店に出向き、昼食をご馳走になりながら、店主と今後の話し合いをした。日付が変わるまでの夜間、週三、四日の勤務で基本線は落ち着いたが、もしも週末抜ける必要がある場合は、事前に届け出る事にした。「もう少し、日程を詰めた方が良いよな」 「はい、そうですね。それでお願いします」期待を持って、待っていてくれた店主の厚意は、周の心を打った様だ。

バイト先の往復での、平装を正装に替え、自転車で花井邸に赴く。既に暗く、予定より早い5:30pm少し前、到着。「宜しく、お願いします!」 「はーい、待ってたわよ。今夜は、好い時間にしようね」実は、邸内は妙と周だけでなく、宙も帰っていたのだが、母娘は示し合せて、夜の途中から合流する手筈にしていた。宙、先に早めの夕食を済ませ、周が来訪した時には、母に続き、秘かに入浴していたのだ。

「出前のピザが良かったわね」 「はい、そうですね。有難いです!」注文の品を受け取り、彼は最初の一杯のみ、赤ワインの祝杯を賜る。海草サラダは、妙のお手製。その他、果物とコーヒーが続き、二人は、受験の日々を振り返る。妙は、かつて受験した頃の思い出話だ。

一時間余り後、周は「お風呂行っといでよ!」妙から入浴を促される。「はい、有難うございます」一礼して応じ、広い浴室へ。身体を洗い、洗髪を経て、大きい浴槽に入っていると、片づけを終えた妙も合流し。「ふふ、又、一緒のお風呂で楽しいわ」 「・・ですね。お年始の事が思い出されます」笑い合いながら、互いの背を流したり、ほんの少しの、浴槽での悪戯とかで半時余りが過ぎる。

入浴を終え、バス・ローブを纏い、居間でTV番組をチェックする周の所へ「さあ、もっといい事があるわよ」の一言と共に現れた妙。その艶姿に、彼は又も揺れる。「やっぱり・・」の一方で「期待通り・・」の、些か愚かしい願望だ。黒下着上下にベビー・ドールの様なミニコス、ガーター・ベルトも備えた夜の妙。「娘も良いけど、母親も素敵だ!」又もや、あの想いが脳裏に渦巻く。

「いかん・・でも、やっぱり、好い!」右隣に並び座る妙に、周は心を奪われ始めていた。「周・・」妙が声かけ。「はい・・」返すと「小町さんに、夜の修了式をしてもらったでしょう。あの聖域で・・」 「ええ、そうです。嘘はつけませんね」 「君に、嘘は似合わないわ。した事を認めれば、それでいい。でも『聖域』なら、ここもそうよ」 「・・ですね」その言葉を聞きながら、二人は唇を合せて行く。

同じ頃・・「周さん、見てらっしゃい。覚えてらっしゃい。母と好い事ができるのも、途中までよ。そこから先は、貴方には分らない。その先の物語は、あたしが決めるのよ。今夜の出来事は、あたしが鍵を握るのよ」そう呟いて、頃合いを窺う宙は、姿見の前に立つ。着替えたのは・・これまで誰にも見せた事のない、妖精の様な、妖しくも美しい姿であった。
(つづく 本稿はフィクションであります。次回は5/25木曜以降に掲載予定です)

今回の人物壁紙 希島あいり
久石 譲さんの今回楽曲「ビュー・オブ・サイレンス(View of Silence)」下記タイトルです。
View of Silence
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。