FC2ブログ

記事一覧

想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密 第10話「軌跡」

19596.jpg
7月22日の水曜、曇り空の朝だ。夜は、降雨の天気予報が出されている。
前夜、特別林間学級の主任講師 伊野初美(いの・はつみ)によって、早過ぎる童貞卒業と相なった、白鳥 健(しらとり・たける)、箕輪 徹(みのわ・とおる)の小6二少年。浅かった眠りの夜が明け、この日の朝錬は、軽くキャッチ・ボールをして終わろうと言う事になった。

前夜は、良く眠れない事もあって、学習絡みの事共や、性行為の体位などを含む雑談が日付が変わっても続き、ようやく眠りに就けたのは、午前1時半頃、JR中央西線上り貨物 80列車が、中山荘(ちゅうざんそう)の真下を、轟音と共に通過する頃だった様な。
健「午後早く、雨が降ると嫌だな。俺、朝飯前に洗濯の準備して来るわ」と言えば、徹も「なら俺は、掃除をできるとこから始めるかな」と応じる。それを、目に留めた初美「二人共、夕べは余り寝つけなかった様ね。ふふ・・」呟く。

「生まれて初めての経験だったから、それは大きな衝撃だったでしょうよ。でもね、人は慣れるもの。次は、そしてその次は、きっと落ち着いて来るものよ。初めて迎え入れた少年『自身』、とても好い感じ。少し小ぶりの、程良いサイズ。しなやかさのある、程良い硬さ。それに、ああ・・繋がり、子宮口にキスする時の、程良い感触。周りの体毛がまだなだけで、次も、その次も交わりたくなる・・」

「お早うございます。夕べは、有難うございました!」「お早う。午後は頑張ってね!」朝錬後のシャワーを経て、三人は午前7時に朝食。この朝は、初美が粥を炊いてくれ、二少年にも歓迎された。茹で卵、海苔、漬物、あさりのしぐれ煮、梅干しと言ったライン・ナップか。果物少々とコーヒーは、いつも通りだった。

早めに平らげた健「ご馳走様です。先生、早めですが、洗濯にかかります」告げて作業に。「宜しくね」と応じる初美だったが、微かにニヤリ。その理由は後述する。僅かに遅れるも、徹も朝食を終え「ご馳走様です。僕は、持ち場の掃除に入ります」と一言。「了解よ。もし早く終わったら、どちらか遅れてる方の応援ね。白鳥君にも伝えて」と初美。「かしこまりました」徹は、まず生徒の寝室掃除にかかった。

些か危ない「夜の補習」のあった翌朝の洗濯は、少年たちの役目になった。理由は、管理人 早瀬夫妻の出動が午前10時からにならざるを得ず、前夜の着衣を、なるべく早く収納できる様、早めに洗って干す必要があるからだ。彼たちもそれが分っていて、大いに協力的である。掃除と言っても、全部しなければならないのは、生徒の寝室だけ。教室の方は、健と合流しての分担作業。途中からは、朝食の片づけを終えた初美も加勢してくれるので、余り重荷に感じる必要はなかった。

8時過ぎだったろうか。自室の掃除を終え、教室のそれにかかった徹の所へ、健から声がかかる。「徹、ちょいと手伝ってくれんか?」 徹「何だよ。こっちはまだ途中なんだ。ここでズラすると、先生が好い顔しないからなあ」 健「まあ聞けよ。夕べの、その先生のエロコスが、フルセットで洗濯に出てるんだよ」「おい!マジか?」徹の態度は一変した。初美に上手く一言、掃除途中の教室を出る。

健「ほらほら、お前の憧れてた白コス、この通りだよ。洗ったから、丁寧に干してあげろよな」 徹「ああ、分った分った。早く乾く様に干さないかんな」午後には、川下の街から、特別講師 山音香緒里(やまね・かおり)が戻って来る。それまでに、収納できなければ拙い。もうすぐ出動の管理人 早瀬夫妻は大丈夫だろうが。コソコソと笑いながら、二少年は洗濯干し、そして残りの教室掃除をこなした。

JR中央西線上り貨物 3088列車が通って少し後の午前9時、この日の授業に入る。午前の前半は、二少年のペースでできる、自由研究関連の作業。ここに初美も加わって、国語授業の教材作りを並行して行う。次いで後半、正午過ぎの上り貨物 3084列車の通過まで、初美の授業が行われたが、彼たちは、何となく眠そうだった。初めて性交(セックス)を経験したあおりかも知れないが。

管理人 早瀬夫人が用意してくれた昼食の後、二少年は暫しの午睡。ただ、午後2時半には起きて、洗濯物の収納をしなければならない。乾かない物は夕方まで放置だが、そうは行かないのが、初美の着る、例の妖精調白コスだ。特にショーツはTバック。香緒里が見たら、一発で怪しむ事だろう。幸い、徹が気を利かして早めに干した事もあり、ミニ・スカートや二ーハイを含む全部が乾いていた。「さあ、バレない様にしまおうや」二少年は、初美の指示で、そのコスのセットを、分り難い所に収納した。

「お疲れ様です!」香緒里の乗る、トヨタ・アルファードが再び姿を現したのは、問題の白コス収納が終わった直後の午後3時。「ふぅ、危なかった」これが、少年たちの本音である。彼女の着後、すぐ全員で、車に積まれた物品の取り降ろし。部屋への収納を含め、15分位で作業を終え、休憩を経て、午後4時過ぎから、香緒里の英語授業。これが、5時過ぎの、下り貨物 5875列車の通過まで続く。

入浴と、夕食の準備は、早瀬管理人夫妻と初美が協力して行ってくれたので、授業後は、二女講師、二少年の順で入浴。簡単な浴室整理の後、中華の一品 回鍋肉(ほいこーろー)メインの夕食。その後は、香緒里がピアノ演奏を披露してくれ、その鑑賞と、初美の歌唱を聴いたりして、一日の締めくくり。心配された降雨は、夕食中の通り雨程度だった。

晴天ならできる天体見物は、曇天の為、又も流れ。実は、初美にとっては、この方が気分が好かったのである。その訳は、彼女の分れた前夫の、ディープな趣味だったからだ。なりゆきで結婚した前夫は、実は、偏執的な天文オタク。交際期間から成婚後を通し、観測と称して、深夜でも平気で一人でかける事が間々あった。夜の生活も思い通り行かず、すれ違いが増えた揚句、二人は協議離婚した経緯がある。その事が、初美を天文の世界から遠ざける結果となったのだ。

その代り、強みとする歌の方は、存分に聴かせてくれた。香緒里とはライバルの間柄だった事もあり、張り合う事もあったのだが。そう言えば、日中に雑用をする時も、よく演歌や昔の歌謡曲を口ずさむ事があり、その内の一曲が「この愛に生きて」と言う古いナンバー。少年たちも、この曲は喜々として聴いてくれた。

その合間、一瞬、曇天の暗闇に包まれた窓外に目をやった健が、光る物体を目に留める。「あれ、蛍じゃないか?」「そうだよ。あの辺だけ、ちょっと水場があるせいかな」徹も応じ、二人はすぐに戸外へ。
静かに近づき、確かめた後「先生方、蛍です。間違いありません」告げると「まあ、この敷地で蛍なんて。見た事がないわ」二女講師も応じて外へ。暫し、点滅する光の祭事に見とれる四人。その際の、初美の本音「天体見物より、ずっと好いわ・・」

夜9時に終礼。二少年が寝室へと戻った直後、ドアがノックされる。香緒里がやって来たのだ。「君たち、昼間ちょっと元気がなかった様だけど、何かあったの?」「いや、特にありません。そう見えたなら、ご免なさい」健が応じる。「僕ら、異常はありません。ご心配かけて済みません」徹も返す。
「それなら良いけど、何か心配だったら、いつでも言ってね。じゃ、お休み」こう告げて香緒里、講師の寝室へと引き上げる。「有難うございます。お疲れ様でした」返事と共に、二少年、見送る。

「いやー、香緒里先生は敏感だな。もう何か感じ取ってられるぞ」健が言うと「そうだなあ。前から思ってたけど、あの女性(ひと)に嘘はつけないって感じがするもの」徹も応じる。
「それにしてもあの体験、これからも続くのかな?」健が問えば「そうだなあ。初美先生は、続きありの話をされた様な」徹も返す。
健「あーあ、今夜もオナ禁か。辛いなあ」そこへ徹「その話、生きてるのか?」 健「初美先生、何も触れてないから、多分そのままだろ」と返す。徹「て事は、確実に続きがあるな。お前、どうしたいの?」続いて問う。

健「正直、したくない・・気もあるけど、あの女性(ひと)の美しい身体と肌は、一度絡んだら忘れられん。だから・・」 徹「だから、どうなのよ?」尋ねる。健は「したくない・・けど、したい」呟き、徹も「したくない・・けど、したい・・か。健、俺もズバリ同じだよ」応じる。少年たちの「あの事」への、ギリギリの心情が表された瞬間であった。窓外には、蛍の静かな舞が続く。
(つづく 本稿はフィクションであります 2016=H28,6,28記)

今回の人物壁紙 天海つばさ
渡辺貞夫さんの今回楽曲「ファイア・フライ(Fire Fly)下記タイトルです。
Fire Fly
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。