FC2ブログ

記事一覧

母娘(ははこ)御膳 第36話「昂流」

av-33279.jpg
「宙ちゃん・・」妙(たえ)、そして宙(そら)の、母娘(ははこ)から熱され、又昂る途上の周(あまね)、激しい吐息と呻きの合間に、辛うじて声をかけた。「はい、周さん、何かしら?」周の顔上に、露わの秘溝をギリギリに接しながら、宙が返す。

「遅れたけど、A大合格おめでとう!」 「有難う。貴方もね。もう入るんでしょう」 「ああ、まあね。まだ公立大入試の結果待ちだけど」 「あたしもそうなの。某公立大も受けたけど、微妙なとこね」そう言葉を交わしながらも、宙は、周の口唇愛撫(クンニリングス)を促すべく、彼の顔を、秘溝と臀丘で覆って行く。伝わって来る、妖しくうねる様な舌使い。「あっあっ・・ふぅん!い・・好いわぁ!」しゃがんだ姿勢の宙は、小刻みに喘ぎ、震えた。

暫くおいて「周、用意はいい?」ベッドに手をつき、前かがみの姿勢を取る妙が声かけ。それを見た周「はい、OKです」その姿態(ポーズ)から、次の展開を察知した周は、妙の後ろに回り込む。「うんうん。良い勘ね。少し、後ろから高めてくれる?」 「かしこまりました」こう応じ、後ろから胸の双丘に両の手を回し、なるべく大きな動きで、愛撫を進めて行く。「ああ・・、とても好い。暫く続けて・・」 「はい・・」乳房を離れた両手は、脇腹の括(くび)れや腰周り、太腿を経て、やはり秘溝を目指して行く。妙のそこは、秘液の分泌も増し、加湿の度を高めて行く。

「ああ・・」喘ぎながら、妙が言う。「さあ、来て・・」 「かしこまりました。このまま行って良いですか?」周が訊くと「ふふ、ゴムの事なら心配なしよ。あたし、今夜は安全日だから」 「有難うございます」妙の後ろに控える周は意を決し、左手で腰を支え、右手を添えて「彼自身」を、妙の秘溝に合わせて行く。秘花をゆっくり押し開き、勃起した亀頭を、肉壁をかき分け、滑らせて行く。少し奥まった所で、微かに突き当たる感触を得て、子宮口への連結を果たす。

妙「あ・・はぁっ!ふっ・・好い!さっ、動いて・・」 周「はい、只今」 四十八手の「碁盤攻め」に近い後背位で、二人は高まり始める。これまでなら、強く大きく腰を前後に動かし、一気に上り詰める事もありだが、この夜は、そうは行かない様な風もあった。二人の繋がりと高まりを見た宙が、又も技を仕掛けて来たのだ。

「周・・」妙が言った。「はい、聞きましょう」腰を前後に動かしながら、周が返すと「あたしね、去年の暮れ辺りから、何だか、君や豊に、新しい歓びを開発された気がするの。今夜も、そんな初めての昂奮があるといいわ」 「・・ですね。俺もそう思います。今は、昇りの時ですね」 「そうそう・・」繋がり、高め合う二人の横で、宙は周の方へ立膝の「スポーツ座り」の姿態(ポーズ)を取り、めくれたフレア・ミニのアンダーから、露わの股間をチラ見せしながら、周の性欲を煽る仕草を見せる。

「困ったなあ、これは・・」周は思った。「今夜は、このままストレートに昂って行けんかも。折角、歓びを感じて頂いてるとこへ・・」だが、嘘や取り繕いの上手くできない周の動きは、直ぐに彼の感情を反映した。そう思った所で、腰の動きが鈍ってしまうのだ。「ねえ、周」妙が声かけ。「はい、何でしょう」彼が返すと「何かねぇ、腰の動きが力強くないんだけど、何かあったの?」 「いえ、ご免なさい!」周はこう返して、後背位を立て直しにかかった。そして「ご心配済みません。何でもありません!」しかし、ベッド上に座る宙は、更に股間がよく見られる様仕向け、周の挑発を続ける。

「周さん・・」宙は呟く。「これは、貴方の母への想いを遠ざける第一歩よ。やっぱり貴方は、母よりもあたしと繋がりたいはず。もう少ししたら、あたし、動くわよ。母から、貴方の心を奪って、貴方の男精を、一滴残らず搾り取る。あたしは、やると言ったらやるんだからね」再び、妙の後ろに繋がり、腰の運動を再開した周に、そんな視線を投げかけた。

妙と繋がって小半時程後「さあ、ちょっと体位を替えようかしら」の言葉を受け、周は、もう一度ベッドに臥す。「先生、一度位、騎乗位があった方が良いですよね」 「うん、そうね・・」そう言いながら、周の上に跨ろうとするも、果たせなかった。母がしようとするより先に、娘がそれを実行したのである。

「ふふ・・ああ、好いわぁ!」仰向けの姿態(ポーズ)から、屹立した男根の上に、宙が強く、しかしゆっくりしゃがみ込む。上から秘溝が近づき、鮮やかな秘花が、上向きの亀頭をゆっくりと呑み込んで行く。「ああ・・やはり好い!」周は呻き、自然に腰の上下動を始める。喘ぎと微笑を交互に交え「百閉」に似た騎乗位の宙も、周の動きに合わせて行く。

「・・たく。横から割り込んで来て・・」一度は渋面の妙だったが、すぐに思い直し、周の顔上に重なって、唇を奪う。「ああ・・先生、こう言うキスも、良いですねぇ」 「・・でしょう。下は彼女(あいつ)に任せて、あたしたちは上で熱くなろうよ」 「はい・・」舌技も交えた、濃厚な唇の交歓が続く。下方は勿論、宙の「核心」に繋がったままだ。

「ああ、ああ。も・・もう少し、高まってから昇りたいぃ・・」このまま発射、では名残り惜しい周であった。そこで「宙ちゃん」声をかけ。「はい、何かしら?」彼女が返すと「お願いだけど、下になってくれるかな?」 「勿論よ。あたしも、そうして欲しいし」 「OK!じゃ、入れ替わろう。アレはいいのか?」 「いいのよ。あたしも安全日」そう言いながら、宙は周と入れ違いに、ベッドに臥す。

「まあいいわ。様子を見ようかしら」妙はひとまず、若い二人の行為の進み具合を見て、動く事にした。「周さん、さあ来て・・」 「よし、今ね・・」曲げ開かれた、脚の間に周が進み、今度は、その男根が宙の秘溝に返される。秘花の間に合わされ、ゆっくりと肉壁の招きを受けながら、滑って行き、更に・・子宮口に届く感触で、連結を果たす。

「あ・・ああっ、い・・好いわぁ!」子宮口と亀頭の先端が直結される、ポルチオ性感が、痺れる様な深い愉悦を、宙にもたらす。この感触を合図に、周は、腰を動かしにかかる。宙の上体を抱き、深い愉悦が長続きする様、周は腰使いも注意して行った。この間、母の妙は、正常位で高まる若い二人の後方に回り、その交合部を、隠し持っていた筆で刺激して高める。「ふふ・・中々面白いわ。これって・・」若者の「男」を迎え入れる、娘の核心や菊花(肛門)周りや、周の男根の幹、陰嚢などを交互に摩って刺激すると、それぞれに喘ぎや呻きを発し、確実に気分は高まっている事が分った。そして・・

「ああっ、ああっ!好い、好い!行く~っ!」 「ああっ!ううっ!の・・昇るぅ~!」二人、ほぼ同時に頂に立てた様だった。「ああ、良かった・・」 「うんうん、好い感じだったな」 「暫く、このままでね」 「ああ、勿論・・」10分間位、繋がったままの状態が続く。その後・・「離れて良いわ」 「有難う・・」周、宙の上からゆっくりと離れ。男根を抜き放すと、膣口から、発射された男精がゆっくりと流れ出。

「周さん・・」宙が声かけ。「はい、何かな?」彼はこう返すも、その意図をもう理解していた。「あの事よ・・」 「良いよ・・」こう返すと周は、宙の秘花に唇を合せ、流れる男精を掬って、彼女に口移しで流し込み。「ふふ・・ザーメン・キス、何度目かしらね」交わした唇を離し、笑い合った。濡れティッシュで下方を清め、一区切り。

「先生、どうも済みません!」 「大丈夫よ。君の『間抜け』は分ってるから」こう言葉を交わし、妙と周は笑い合った。「さあ、仕上げよ。どうする?又後ろからかしら?」 「はい、そうですね。今夜のスーツ、素敵です。後ろから良いですか?」 「仕様がないわね。でも、OKよ」服装を直した妙は、再び前かがみにベッドに手をつき、臀丘を突き出して、周に、後ろにつく様指図。

応じる彼、妙の後ろで、スーツのスカートを腰の辺りまで捲り上げ、露わの下方に、男根を返して行く。「くふぅっ!こ・・これも好い!」 「ふっ・・はっ・・お・・俺もですぅ!」碁盤攻めの復習。周、もう一度、後背位で高めて行く。その後ろに宙がつき、周の両耳を交互に甘噛みしたり、首筋や腋、横腹など、弱そうな所をマッサージで高めて行く。この夜三度目の絶頂は、もう直ぐそこだ。

今回の人物壁紙 吉沢明歩
久石 譲さんの今回楽曲「ノスタルジア(Nostalgia)」下記タイトルです。
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。