FC2ブログ

記事一覧

母娘(ははこ)御膳 第40話「蜜議」

av-33213.jpg
「お帰り。いらしゃい!」 「ただ今」 「お邪魔します!」曇り日の春の夕方、帰宅した宙(そら)と、同行の周(あまね)は、邸の主 正装した妙(たえ)の出迎えを受け、既に先着していた、これも正装の豊(ゆたか)と共に、とりあえずは居間に落ち着く。「阿久比さん、お疲れ様です!」 「おー、豊もな」 「今、風呂準備のお手伝いをして来たとこで」 「そうか、ご苦労!」その間、宙は妙と「あたし、暫く彼たちと話してていいかしら?」 「いいわよ。そうして」の返事を受け、席に戻る。今日は、姉の結(ゆい)も居るらしく、厨房の方から話声が聴こえた。

「本荘(小町)先生は、これからお越しなんですね」豊が切り出すと「そんな風だろうな。あの方は、学院の養護科の他にも、鵜方病院の事とか、学会の用事もあって忙しいみたいだからな」 「でも、この後のお食事はご一緒ですよね」 「うん、その予定じゃないかな」TV画面に目をやりながら会話する内、席を立っていた宙から「お二人、先にお風呂ですって」 「そうか、有難う。お言葉に甘えます」若者二人は、直ぐ入浴に。

「いつ来ても好いなあ、ここの風呂場は・・」身体を清め、浴槽の周、改めて感心した様子。豊は身体を洗いながら「・・ですね。我々のレベルじゃあり得ん広さ。ちょっとした温泉場ですよ」と返し。 周「これでさ、露天の岩風呂だったら、そのものになるな!」 豊「そうですよね。ああ、そんなの、最高だろうなあ!」 

周「と言って、この前世話になった、お前んとこの檜(ひのき)風呂も中々だったぞ!」 豊「ええ?そんなですか?」 「そうだよ。そんなだって!」そう笑い合いながら、二人は雑談に耽(ふけ)った。「実はさ・・」周が続ける。「もうちょっと、好い事があったよな。けど・・」 「はい、ああ・・あの事ですか?」豊が応じると「今は、伏せといた方が良いな」 「・・ですね。今、語るのはやめましょう」二人は、顔を見合せて頷き合った。

「お先でした!」小半時後、周と豊が部屋へ戻ると入れ違いに、やはり居た、平装の結(ゆい)と宙が入浴。その間に小町が到着す。浴室の、姉妹の会話を少し。結「多分ね、7pm頃から食事だと思うわ。一時間ちょっと位で終わって、小町さんと母さんのお風呂が9pm前位ね。それまで、あたしたちは別のお部屋で控えていて、成行きを見て、周を連れ出して、彼の所へ移動する。そして・・」

と言う所で、宙が「姉さん、分るわ。それからは、彼の部屋で『あの事』の実行・・でしょ」 「その通りよ。時間にして10pm前後かしら。もう、タクシーも仮予約してるし。もしかすると、その頃は雨かもだからね」 「そうだね。それが一番良いわ。で・・その頃合は分る様になってる?」 「宙ちゃん、何トボケてるの?あの部屋は、貴女の仕掛けた傍受の機械で、様子が分るじゃないの!」 「ハハハハ、ご免。そう言われれば、そうだったね!」ボディや髪洗いを進める、裸身の姉妹も笑い合う。これで、夕食後の行動予定が、ほぼ決まった。

「本荘先生、いらっしゃいませ。今晩は!」風呂を出た姉妹が、到着した、スーツ姿の小町に一礼。「ああ、今晩は。好いお風呂だったみたいね。楽しみだわ」 「小町さん、どうする?あたしたちも、先にざっと入って来ようか?」妙が促すと「そうねえ、そうしましょうか」小町も応じ、更に・・「ねえ、周に豊、もう一度、お風呂つき合ってくれない?」と二人の若者をも誘う。「え、いいんですか?」周と豊、表向きは戸惑った風を見せるも、本音では「いや~おもろい、是非是非!」と喜び勇む始末。再び四人で、浴室へ。

残った姉妹も「返って良かったよ。この後の打ち合わせが踏み込んでできるわ。勝手にどうぞ!」この方が、具合が良かったのだ。「ふふ・・このワインは、酔いが回るわよ」結、ニヤリとして、フランス産白ワインを氷水のクーラーで冷やす。花井家の夕食は、肉類が余り出ず、魚介類メインでこの夜もそうだったが、周と豊には、ハムやミート・ローフ、それに西欧産のチョリソ・ソーセージとかが、多くの生及び温野菜と共に用意された。フランス・パンに加え、量を食す若者たちの為の米飯もだ。しかも、上級の新潟米!

その頃浴室では、お約束の前戯が繰り広げられていた。「周、又お風呂一緒で嬉しいわ」喘ぎ半分で、周に腕を回された妙が切り出すと「俺もですよ。又ご一緒に入れて好いですね」彼も応じ。その傍らでは、身体洗いを終えた小町が、これも喘ぎを交え、豊ともつれ合って「君はまだ、経験不足だから、もう少しあたしが見てあげる。大丈夫、安心して」と言えば、豊も「はい、宜しくお願いします。大丈夫です。先生の教えを、外に漏らす様なヘマはしません!」こう返し。女社長と女医は、全裸でできる、この入浴前戯が好きなのだ。

小一時間、入浴・・実は前戯を終えて、トレーナーやガウンを纏った一行が食堂に会したのは、7pm代も後半だった。「頂きます。乾杯!」直ぐに食事にかかれる風になっていて、妙と結は白ワイン、周と豊、宙も、最初の一杯のみ、儀礼的に許された。後は、ペリエで食事を進める。「チーズも美味ですねぇ」と豊。周「お前の食してるのは、生チーズのカマンベールな。伊野主任・・つまり初美先生な・・は、青黴(かび)乗った、ブルー・チーズが大好きで・・」と言い。 

豊「え?マジですか?あんな癖のありそうなのを・・」 周「そうらしいぞ。そのブルー・チーズに赤ワインのコラボをこよなく愛されとるそうだ・・と、健(たける)の伯父さんから聞いたわ」 「ヒェー!そうなんですか。いやいや、女性(ひと)は見かけによらんですねー!」見ていた妙「豊、そして周も。そうなの。人は見かけによらないとこもあるわ。男も、女もね」

小町も「そう、妙さんのお言葉は本当ね。あたしも、ここまで齢重ねて、やっぱりそうだと思いますもん・・」こう言うと、妙も「ご理解有難う。やっぱり、考えは同じね」と返し。その間も、二人の若者は、適度の会話を伴って食事に勤しむ様に見えるも、視線は何となくそぞろな風情だった。それを見逃がすはずもない、結、宙の姉妹は、時折彼たちの方を向き、クスリと微笑を洩らした。

「さあさあ!」食事が全て終わった9pm過ぎ。妙は「皆、暫く居間でゆっくりしていて頂戴。周と豊は、用意ができたら呼ぶからね。小町さんは、あたしと一緒に来て欲しいの。結と宙は、悪い!片付けをお願いね」 「了解、いいですよ。ご馳走様でした!」良き一礼と共に、周と豊は居間へ、妙と小町は寝室へ移動。

「さあ、これから、どうなる?」平日なら報道番組の入る時間帯、TVの歴史バラエティ番組をチラ見しながら、周が呟く。「やっぱりねぇ、阿久比さん」豊も、合せる様に言う。「あのお二人が、同時に寝室と言う事になると・・」 「これからの流れは、やはり『あの事』で決まり・・か?」 「ええ・・だと思いまして・・」

そうこうする内に、居間のドアから、小町の美しい顔が覗き「二人、ちょっと来て!」 「はい、只今・・」若者二人が出向くと、やはり寝室は、ほぼ予想通りのあり様になっていた。この夜は浴衣姿の妙と、養護室でお馴染みの、白衣を纏(まと)った小町。しかも上方には、妙が和装の髪飾り、小町は、ちょっと前に豊が贈った、ナース・キャップを頂いているではないか。

「今晩は。さあ、夜の出張養護室が開くわよ。二人、ここに座って」長手ソファに、小町を中央、その両脇に周と豊、傍らのもう一脚に、妙が座り。「さあ、君たちが『ああしたい、こうしたい』と思う事を、小町さんとあたしにして見せて」 「はい、では・・」短い返事と共に、周と豊は「小町さん、ずっと、ずっと好きでして・・」と、両側から白衣越しに、首筋や腋、上腕、そして胸の双丘近くや括(くびれ)の順に、手指を回し。程なく、白衣の下方もはだけて、揃いのガーター・ストッキングを纏う美脚を表し。「ああ・・ああ・・あたしもよ。さあ、一通り触ったら、キスして」こう返し、まずは周、次いで豊と、舌も使って濃厚に唇を重ね。

一通りの愛撫が区切られると、小町の事を豊に任せ、周は妙の許へ。「先生、浴衣も素敵ですね」 「言うと思った!ちょっと早いけど、どうかなと思ったのよ」 「いやぁ、とても好いです。では・・」周、ゆっくりと、妙の唇を奪って行く。「ああ・・素敵・・」この夜、二度目の喘ぎ。周も、次第に気持ちを高めて行く。あの「娘も良いが、母親も素敵だ!」の想いが、ゆっくりと、しかし後戻りできない強さで回り始める。

妙と周は、途中からベッドの一台に移動。小町と豊は、長手ソファに座ったまま、愛撫が進んで行った。同じ頃・・結と宙の姉妹は、片づけを終えると、宙の自室へ移動し、寝室の出来事の音声を傍受しながら「その時」を待つ。「ハハハハ、これ、筒抜けじゃないの!」呆れた様に結が言えば「姉さん、見てた?もうお食事中から、二人共 目が泳いでたわよ」と笑って返し。

結「そうそう、あれじゃ、もう夜の流れは決まった様なものね。あらあら、母さんも小町先生も、大きな喘ぎだ事。これが賃貸マンションだったら、お隣に丸聴こえだわ!」 宙「確かにねぇ。もう燃え上がったら分んないよね。まあ、あたしたちも覚えあるから、大きな事は言えないけどさ!」姉妹はもう、大笑いである。笑いながらも、次の計画に備え、持ち物を周到に準備する余裕もありはしたが。

若者たちの下方が露わにされ、女社長と女医による、濃厚な口唇愛撫(フェラチオ)、そして、二人の熟女も下方が取り払われ、お返しの口唇愛撫(クンニリングス)と指入れを受け、それぞれの核心の、温度と湿度が高まり、交合の時が近づく。周が、立ち上がって前かがみになった妙の、浴衣の裾を捲り上げ「うしろやぐら」の形で、交わろうとしている様子が、音声で分かった。「よし、行こう!」行動を開始する姉妹。遂に「その時」が来た様だ。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 鈴村あいり
久石 譲さんの今回楽曲「バラッド(Ballade)」下記タイトルです。
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。