FC2ブログ

記事一覧

母娘(ははこ)御膳 第43話「訣別」

photo_35116.jpg
「ふふ・・お熱い交合ね・・」先刻より降り出した雨音も聞こえる、夜更けに近い、周(あまね)の居所寝室で繰り広げられる、彼と姉の結(ゆい)の、喘ぎと吐息の入り混じる、激しい行為を眺めながら、薄笑いを浮かべる妹の宙(そら)は、こう呟いた。

「姉さん・・」宙の呟きは続く。「周さんに、そんなつもりはないだろうけど、せいぜい支配され、調教されて、奴隷に堕ちない様 気をつける事ね。ふふ・・多分、大丈夫だとは思うけど」そして、傍らの小卓まで持って来ていた、周の机上で見つけた、使い込まれた 穂先の捌けた字筆を取り、二人の下方の交合部に悪戯(いたずら)を始めた。合間に、こっそり己れの「T」を降ろし、その膝辺りに留め。

「ああら、お二人。随分濡れちゃって・・そうよね。お熱い後は、少しは冷却(クール・ダウン)しないと・・ね!」小さくそう言いながら、まずは、硬い下草を纏(まと)う 周の陰嚢、次いでその少し下に覗く、極く薄く、下草で囲われた 姉の菊花(肛門)に穂先を走らす。いずれにも見られる、それらの襞の間にも、入念に穂先を当て、磨き上げる如く、丁寧に摩(さす)って行く。

「くふっ!宙、あたしの菊花を刺激しちゃダメ!い・・今は、まだイ・・イきたくないの。や・・やめて!あぁぁ!」 「そ・・宙ちゃん、お・・俺もだ。い・・今高められると、ま・・拙いよ!うぅぅ!」正常位で交わり続ける結と周、喘ぎながら、口々にこう言い。しかし、こう出られると、嗜虐心の様なものが沸き起こり、余計に仕掛けたくなる宙であった。「ふふ・・」

宙「姉さん、まあ落ち着いて。好いじゃないの。いじって散る様な菊の花じゃないし。周さんだって、玉袋の金さんを撫でられると、ホントは気持ち良さそうだしさ」聞いた周は、流石に「悔しい!でもホントそうだ」と認めざるを得ない風情だ。「仕様がないわねぇ!」本当は、更なる愉悦を感じながら、結もこう返し。

宙、本当は、周の男根に筆の愛撫をくれてやりたかったが、如何せん、その大部分は、姉の膣に咥え込まれたままだ。「まあ、仕方がない・・か」亀頭を隠し通し、恰(あたか)も妖しい寄生動物よろしく、ヌラヌラと結の女芯に出たり入ったりを繰り返す、周の男根の動きを愛でながら、宙はそんな事を想った。

結と周の行為が始まって、小半時程後。今度は「妹も良いが、姉も素敵だ」と本気で思い始めた周が「結さん・・」声かけ。「うん、何かしら?」の返事を受け「お疲れでしょう。一度、俺が下になりましょう」と体位替えを勧め。

結「あたしはいいわ。最後まで、貴方が上にしてくれた方が安心だから」 周「・・ですか。ですが、少しは違う姿態(ポーズ)も試した方が、気分的にも好い様に感じるんですが」 「そう言う事なら、ちょっと替えようかしら」結が応じ、周は、一度上を離れて、入れ替わりにベッドに臥す。その時だ。

「周さん、今度はあたしよ!」結の気が一瞬緩んだ隙に、素早く宙が、姉を押しのけて、周の上に跨る。そして「あ、もう脱いでる・・」天仰ぐ男根の上から腰を落とし、その秘溝が亀頭をゆっくり呑み込んで行く。「あ・・ふぅ!い・・好い!」 「あ、うぅぅ!、宙ちゃん、お・・俺もだよ!」宙は、周と顔を合わせての騎乗位をとる。彼が下から腰を動かすと、亀頭の先が、奥の子宮口に、微かに繰り返し当り、その度に宙は「あっあっ!んっんっ!あぅぅぅん!」と、高めの喘ぎを発す。奥の愉悦 ポルチオ性感に浸っているのだ。

「仕様もない奴。でも・・」結も引き下がりはしない。もう一度、周の顔に臀丘を覆い被せる「岩清水」のお見舞いだ。「さあさあ、さっきのアンコールをしてあげるわ!」声をかけると彼は「うぅっ!あぁっ!好い!ゆ・・結さん、す・・素敵です!」精一杯の、歓迎の意を見せる。下方は妹と連結、上の口は、姉の秘溝に口唇愛撫(クンニリングス)。暫くは、夢にまで見た3Pの戯れが続く。

「周さん・・」宙が声かけ。「はい、何かな?」彼が返すと「今夜は、凄く持続するね。もうそろそろ、発射じゃなくって?」とそそのかす様な言葉を発す。周「待ってくれよ。ロケットじゃあるまいし。今はまだダメっぽい。もう少し待ってくれよ」苦笑して返し。これを聞いた結「そうよ、宙ちゃん。何言ってるの。周、ちょっと寸止め。もう少し頑張らなきゃダメよ!」と牽制す。「分りました。何とか大丈夫そうです」発射寸前の所ギリギリで、周はこう返した。

暫しの水入りの後、結「さあ周、上に戻って来て」そう言いながら、サッとベッドに臥し。妹の宙も動きそうだったので、機先を制したのだ。「はい、只今・・」周は言葉少なに返し、ゆっくりと結の上へ。そして「ちょっとだけ、変えていいですか?」と訊き。

「うん。どんな風にするの?」結か返すと「ちょっとだけ、脚の曲りが大きくなります。さっきみたいに、脚を組み付ける『蟹挟み』はできませんが、上の方の抱き合った感じは、もっと密になると思います」 「いいわ。それ、してみて」 「はい・・」 返事を受け、周は結の両脚を抱えて大きく曲げ、上体を大きく傾け、彼女の上にのしかかる。

結「ああ・・これも好い。少し曲りがハードだけど、情熱的だわ」 周「そうなんです。これで、俺ももう少し燃えられる気がします」 「ふふ・・楽しみだわ」聞いた周、大きな両脚の曲りを守りながら、上を向いたその秘溝に、男根をゆっくり返して行く。「ううっ!あぁぁ!も・・もっと、ふ・・深く繋いでぇ!」滑り込むよりも、むしろ抉り込むと言った方が良い、強い刺激。周も、気合を入れて繋いで行く風情だ。そして・・

「ああっ!ああっ!こ・・これも好い!う・・動いて!」 「かしこまりました!」周はこう応じ、下に組み敷く結の上体を、強く抱きしめる。両腕が両脚を抱え込み、美しい両足先は天を仰ぐ。彼の両脚が、彼女の両太腿を脇から固め、核心の連結は、より激しいものに。

「いやこりゃ凄いわ。さっきより、ずっと昂奮ものね。周さんの男根、姉さんの中に、熱~く出たり入ったり!」宙も流石に感心し、この夜 最も激しい交合に、暫し見入った。十数分程後、遂に絶頂が訪れるも、支配も調教もされなかった所は、結の、恩師としての貫禄勝ちか。

「ああっ、ああっ、良かった~!」まだ息を弾ませる、周の腕の中で、結は呟く。「俺もです。結さん、有難うございます」 「ううん、まだよ。もう暫く、離れちゃダメ」 「はい、いいですよ」激しい正常位のまま、二人、もう一度抱擁。更に数分後。

結「離れて良いわ」 「はい、それでは・・」受ける周、両腕での、恩師の両脚の拘束を解き、次いで、上体を少し起こして、繋いでいた男根を、秘溝からゆっくりと抜き離しにかかる。その時、結が腰に両脚を強く組み付けた為、少し動きを止め。「ご免ね、少し名残惜しいの」 「分ります。俺、待ちますよ」 「ふふ、有難う。いつまでもは叶わないかもだけど」結はそう返し「おい、早くしろよ!」とでも言いたげな、妹の方をチラリと一瞥す。

一呼吸おき、周は、男根を結の秘溝から完全に抜き離す。少しおいて、彼が発射した男精が、ゆっくりと姿を現す。「ふふ・・とても濃そうね」 「はい・・」舌と唇で、それを掬(すく)う周の直後に、宙が張りつき。「ちょっと・・提案があるの」 「うん・・聞こう」 「それはね・・」

宙はこう言い、そして「一度でいい。ザーメン・キス、三人でしようよ」 「呆れたわ。貴女には・・」姉の結、嘆く様に言うも「まあいいわ。一度だけなら・・」既に男精を口に含んで言葉が上手く出せない周は、首を縦に動かし、頷いた。

「さ、行くわよ」三人は同時に唇を合せ、周の男精を同様に啜(すす)る。「ああ、良い区切りだわ!」と宙が言い。そして「周さん、二限目だよ。今度はあたしよ。あたし」そう続け、ベッドに手をつき、前かがみ。短いフレアのアンダーを、捲(まく)る事なく臀丘を突き出して挑発する。明らかに姉を凌ぐ、清楚な装いの、その核心。「後ろから、しようね」 「まあ、もう少ししたらね。まずは、この結構な眺めを楽しませて欲しいな」周が返すと、「いいよ。夜は長いわ。あたし、待っててあげる」 「有難う・・」周は少しの間、目で犯す「Shikan」に興ず。

二十分程の水入りの後、今度は、宙と周の行為が始まる。彼は、前かがみの宙の後ろに寄り添い、キャミソールとブラを下ろして、露わの胸の双丘に両手を回し、その感触を確かめる。次いで髪に顔を埋めながら、両腕、腋、括れ、腰の順で、後ろからの愛撫。「俺の方、向けるか?」と訊けば、もう意味を察した宙は「勿論!」と応じ、周の下着から、男根と陰嚢を連れ出して、口唇愛撫(フェラチオ)を仕掛け。その間、彼の唇は、姉の結に奪われる。これが終わると、いよいよ後背位で連結だ。

「ああっ、や・・やっぱり、い・・好い!」姉より気持ち甲高い、艶やかな喘ぎで行為に入る。後ろからだと、最も周が好む、前かがみの大きい「碁盤攻め」の体位で、高め合って行く。宙も、もうそれが分っていて、後ろ向きに迎え入れる姿勢も、慣れたものになって来た。喘ぎながら十数分間、この姿態(ポーズ)で進んで行く。

「周さん・・」 「はい、聞こう」 「最後はね、やっぱり姉みたいに、あたしの上に来て」 「うん、それで行くか。でも・・」 「でも、何?」
「貴女は、姉さんと俺が、最初に交わった姿態の方が良いだろ」 「つまり、蟹さん挟み?」 「そうそう」 「うん、いいよ!」宙はそう言い、ベッドに臥す。周はそれを受け、彼女に重なり、男根を曲げ開かれた股間に返す。肉壁を辿り、子宮口に亀頭の先が届いて、連結を果たす。

「ふうっ、はぁっ、や・・やっぱり、い・・好い!」 「うっ!お・・俺もだよ。宙ちゃん、あ・・愛してる!」上体を抱く、周の本音である。聞いた宙は、周の背後に両腕、腰に両脚を組み付け、強い力を込め、上下動を促す。姉の結は、先程のお返しをすべく、宙の菊花と、周の陰嚢を筆で愛撫。喘ぎが続き、腰の動きが次第に熱くなり、更に小半時で、この二人が絶頂へ。

「良かった・・」宙も、まあ満足気だ。二度目の絶頂を味わった周、宙、そして結と笑顔を交わす。暫くして、男根を離し、宙の中から出た男精で、再びの3Pザーメン・キスを実行。三人同時の後処理、シャワーを経て、姉妹はベッドに雑魚寝。周は、その下側の補助ベッドを用意して、就寝。

「お休みなさい!」周が横になると、姉妹の母 妙への想いが、次第に遠ざかる様に感じた。それを見た姉妹、こう言い。「それでいいの。今夜は、貴方の、あたしたちの母への想いを終わらせに来たのよ。そう、今夜が『訣別』の時よ。お休み。続きは夢の中で見れば良いわ。今夜は雨、きっと、よく眠れるわ。きっと、好い夢が見られるわ・・」
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 上原亜衣
久石 譲さんの今回楽曲「レディ・オブ・スプリング(Lady of Spring)」下記タイトルです。
Lady of Spring
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。