FC2ブログ

記事一覧

南へ・・ 第2話「前夜」

av-33322.jpg
後輩 豊(ゆたか)の実家への行程を三日後に控えた夜、周(あまね) 馴染みのネット・カフェにて、彼と宙(そら)との戯れが続く。彼女は、一通りの前戯を経て、下方をはだけて連れ出した、周の男根と陰嚢に、舌技を交えた、濃い何度目かの口唇愛撫(フェラチオ)を仕掛けて行く。

「宙ちゃん・・」呻きながら、周が言う。「今夜も又、イカせたいのか?」一時、男根から唇を離した宙は「勿論、そのつもりよ。この間も、その前のクリスマスに初めて来た時も、そうだったしね」そう返し、再び亀頭を吸い込んだ。「ああ・・、今夜はイキたくない・・でも、やっぱり、い・・好い」宙の左手は男根の幹、右手は陰嚢と、その下草をまさぐって行く。そして・・「う・・うぁぁ!い・・イく!」結局、頂きに追い上げられる周であった。

「う・・ふふ、好いわぁ」又も、彼の男精を口内で捉えた宙、その様を、少し開口して見せる。「まあ、来いよ」周は、言葉にせず、首を縦に振り、手招きで宙を呼び寄せ。彼女は応じ、唇を重ねて、捉えた男精を口移し。ザーメン・キスももうお馴染みになった。「俺ばっかり気持ち良くなっても何だ。今夜は少し、お返しをさせてもらうぞ」 「ふふ、どんな?」 「見てれば分るよ」

周は、宙をゆっくり押し倒すと、そのまま彼の方に背を向けさせ、脚を曲げて膝上に横たえた。僅かにウェーヴした、長めの黒髪を、左で膝枕。セーターを脱がせ、ブラウスの前を緩めると、まずはブラをずらして、「C」と「D」中間位の、中庸の胸の双丘を露わにし、ゆっくり愛撫に入る。「うん、綺麗な肌だ」 「やっと、誉めてくれる様になったね」 「ああ、ご免。余裕がなかったかもな」そう言いながら、双丘の片方ずつを手で包む様に、乳頭は逆に、手指を細かく動かしたり、軽くつまむ様な動作を交えて、愛撫を暫し。

「ねえ、周さん」 「はい、何?」 「今度は、下の方へ行くんでしょう。嫌らしいわね」 「ふふ、分る?今、迷ってるとこなんだ」 「迷ってるんなら、ここですれば?」 「ここも好いけど、貴女のパンツを降ろさんといかん。ここのブースは、鍵ができんから、拙いしな」 「ふふ、あたしはそれ、スリルがあって楽しいって思うけどね」 「そうか。じゃ、ちょっとだけ」周はそう言うと、宙のロング・パンツのベルトとホックを緩め、ゆっくりと膝上まで下ろす。「T」より少し大人し目の、白い小さ目のノーマル・ショーツと、サスペンダー型の肌色パンストを纏った美尻と美脚が現れ。

「やっぱり、素敵だ・・」見た周、いつも通り、太腿の辺りから臀丘へと撫で上げ、暫くおいて、股間の秘溝へ手指を伸ばし。「あ・・んん。周さん、いつも通りだね」宙は返す。「ふふ、いつも通りじゃダメ・・かな?」 「ううん、そんな事ない。嬉しいけど、何か違った事しそうだからさ」 「ああ、違う事ね。一つだけ、してみようかな」応じる周は、臀丘を一通り摩(さす)り終えると、静かにショーツを下ろし、突き出た尻の谷間に右手を滑り込ませた。

「あ・・ふぅぅ、じ・・直に触るつもりね」宙が訊くと「まあ、そんなとこだ。・・でないと、お返しにならんし」周、こう返し。聞いた宙は、笑みを浮かべて頷いた。これを見た周、秘溝を前から後ろへ、なぞる様に撫で始め。最初は、指先で確かめた、陰核(クリトリス)の感触をじっくり味わい、次いで陰唇、そして菊花(肛門)との境界「蟻の門渡り」から菊花へと、手指をなぞらせ、最後に、秘溝の合わせ目に、少しだけ指先を沈める、所謂「指マン」を試して行く。

「くふっ・・ん、は・・ふぁぁ・・」宙、声を殺して喘ぐ。これを見た周「宙ちゃん、やっぱり拙い。場所を変えようや」 「それって、貴方んち?」 「そうだよ」聞いて頷く宙、ブースを後に、片づけと会計にに入る周に続き、店外へ。まだ8pm前だろうか。帰宅ラッシュを過ぎたとは言え、市営地下鉄1号線は、結構な混雑だ。中心部 栄町で北へ向かう2号線に乗換え、周の居所へ。

「貴女、風呂なしでいいか?」ネカフェでシャワーを使ったとは言え、周、念の為訊く。「お風呂はいいわ。シャワーだけ借りるね」そう言う宙を、先に使わせ、入れ違いで周も浴室へ。「彼女(あいつ)、今夜は安全日じゃなかったはずだ。なるべく、交合はなしにせんと・・」そう思いながら下着姿で居間に戻ると、宙は趣を変えていた。「今晩は。好い夜になりそうね」

宙は、少し前のLINE交信の時に触れた、プリーツ・ミニのチアコスの様な衣裳を纏っていた。まだ寒いので、上には周が貸してやったトレーナー上衣を羽織っているが、下はその短いスコートに合わせた様な、白の二ーハイ。「この前、置いて行った身の回り品に入ってたって事か?」周は一瞬、そう思ったが、口には出さなかった。彼はゆっくり抱き寄せると、宙と唇を交わす。「今夜も、よく来た!」  

「さあ、周さん」宙が言った。「さっきの続き、教えてよ。ネカフェの時より、ずっとし易いよ。声出したって、ここならまず大丈夫・・でしょ」 「呆れたな・・」とは思いながらも周は「ああ、まあな。じゃ、初めはソファの上からにするか」腰を下ろした膝上に、同じ様に横たわらせる。「よし、再開だ」ミニコスの裾からは、直ぐに魅惑の臀丘が見渡せる。着けるショーツも、食い込みが大きく、どう見ても「T」にしか思えなかった。「初めから、ノーパンは嫌でしょ?」 「有難う、まあその通りだね」

ネカフェの時とほぼ同じ、指マンをメインに愛撫を復習してやると、宙の喘ぎは少し大きくなり、股間にも湿りが来た様な。「よし、それじゃ・・」慎重にショーツを下ろすと、先程より明る目の眼下に、宙の「女の真実」がはっきり認められた。今までの、誰よりも魅惑の秘溝。浅い下草の上に、秘花と菊花が並んで咲き、秘花のはずれに陰核が「さあ、来て!」と言わぬばかりに目立っている。臀丘を囲う、プリーツ・ミニの裾も大輪の花の如く美しく見えた。そのまま、お姫様抱っこを敢行、寝室へ。

「周さん、お願い!ゴム着けてもいいから、繋がって!」宙は、はっきりそう言った。「そうか。貴女がこのコスに替えたのは、その為だったのか」悟った周「分った。そう言う事なら、今、叶えてやるからな」そう返し、ゴムの用意。それを宙が「ちょっと待って!」一瞬制す。「はい、何?」 「それ、あたしがするから」 「有難う。宜しく・・」勃起した周の亀頭に、手早くゴムが着けられる。

「さ、行くか?」 「いいよ、来て!」確かめながら、周は、仰向けの宙に重なる。開脚の間に進み、ゆっくり男根を秘花に繋ぐ。秘液で潤った肉壁、そして粘膜の迎撃を感じながら滑り込み、微かな当りを感じて停める。子宮口に、亀頭が繋がった合図だ。「ああ、今夜もい・・好い。周さん、動いて・・」 「分る分る、焦るな。は・・初めは、ゆ・・ゆっくりと、うぅぅ・・」上体を抱擁した周、スロー・ピストンで発進。「もう少し、もう少し速くしていいよ、ふ・・うんん」下から捉える宙、両脚も、彼の腰を捉え、ガッシリと組み付けて下向きに力を込め、より強い動きを促す。喘ぎと吐息が入交り、旅立つ前の二人が、一つである事を確かめる様に・・
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 羽月 希
東京スカ・パラダイス・オーケストラの今回楽曲「黄昏(たそがれ)を遊ぶ猫(中納良恵さんとの共演)」下記タイトルです。
黄昏を遊ぶ猫
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 返信してもメールが戻ってきますので……

> いただいたメールに何度返信しても戻ってきますので、やむを得ずこちらに書かせていただきます。
> ************************************
>
> ハカセ様
>
> いつもお世話になっています。
> 「愛と官能の美学」のShyです。
> 冒頭から失礼なことをお聞きしますが、
> 「HAKASE(jnkt32)の第二読み物ブログ」のハカセ様は、「快楽機姦研究所」のハカセ様と同じ方ですね?
> お元気でお過ごしですか?
>
> さて、この度はご連絡ありがとうございます。
> 遅くなりましたが、ただいまアクセスランキングの変換を完了しました。
> またリンクにつきましてはありがとうございます。
> こちらからのリンクもすでに完了しておりますので、どうぞご確認ください。
>
> では今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
>
> 「愛と官能の美学」Shy
> UGK00216@nifty.com
> http://shy8.x.fc2.com/
>
>
> -----Original Message-----
> From: nkur0ji6gps8k9ahiebt@docomo.ne.jp
> Sent: Friday, June 23, 2017 4:44 PM
> To: ugk00216@nifty.com
> Subject: お知らせ
>
> 前略 。今日付で貴サイトのランキングをリンクさせて頂きましたが、変換が必要な様ですので、お知らせします。引き続き、ご清栄をお祈りします。「HAKASE (jnkt32)の第二読み物ブログ」

お手配有難うございます。ご面倒をかけました。恐れながら、拙者は「快楽機姦研究所」様の文責は有しておりません。別の作者様と思われますので、この点は一言申しあげます。
今後も、何かと煩わかもですが、よろしくお願いいたします。HAKASE(jnkt32)

No title

作者様思い違いの件、大変失礼いたしました。
お詫び申し上げます。
こちらこそどうぞよろしくお願いいたします。

ご理解感謝

shy様、先刻の件のご理解誠に有難うございます。

こちらこそ、引き続き宜しくお願い致します。

まずは、お礼まで。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。