FC2ブログ

記事一覧

南へ・・ 第4話「南下」

IMG_4049.jpg
「お早う!」3月18日の土曜朝、7am過ぎの、N市営地下鉄2号線 港町方面行の後方に乗った周(あまね)は、やや下方から甲高い声をかけられた。声の主は、既に一つ前の駅から先乗し、着座していた宙(そら)である。二人共、似た様な濃色パーカーにロング・パンツ、周の方はジーンズだ。靴も、ありふれたウォーキングである。手回り品は、宙が小さ目のキャリー・バッグと小物を入れた、洒落たバック・パック、周のは登山にも使えそうな、やや大き目のザックである。

「おー、お早う。ひょっとしてと思ったが、やっぱり一緒だな」周、返す。「うん。今度 城址の方から行くの、あたしだけだからさ。余程、貴方んちへ寄ろうと思ったんだけど、今朝は寝過ごしちゃって・・」宙、そう言って苦笑。「ハハ・・貴女らしくないな。たまにゃ、そんな事もありか。ま、間に合えば良いって事で」そう言い合う内に、中心部 栄町の一つ手前 H大通りに着く。時間にして、10分足らず。

予備校に通っていた頃は、栄町からJR中央駅方面へ、地下鉄1号線に乗り換える事が多かったが、この朝は、週末も混み合うこの線を避け、やや北方の地下を通る、地下鉄6号線を選んだ。走行するトンネルがやや地下深く、乗換え階段が長めとか、運転頻度が1号線程ではないなど、それなりに難もありはしたが、週末の朝などは、1号線よりは空いていると言う魅力もある。

6号線の西行き列車は、首尾良くさほど待たずにやって来た。周の見立て通り、中程以外は混雑しておらず、後方に乗った二人は並んで座れた。7:30am頃発。「さて、もう皆集まってるかな?」週が言うと「知多の辺りから来る娘(こ)もいるから、まだかもね」宙が返す。数分程走り、JR中央駅下へ。

「お待たせ!」 「お早う!始めてるよ」 「お早うございます!」東海道新幹線の出入りする、JR中央駅西側、集合場所のファミリー・レストランには、既に京都へ向かう、宙の友人たちと、豊が先着していた。皆、色合いこそ違え、似た様な上下の装い。手回り品までほぼ同様だ。外交性のある豊は、初対面の女たちとも、一わたり会話をした風情だった。「豊、今日から宜しくな!」 「阿久比(あぐい)さん、こちらこそ宜しくお願いします!」思い思いに、微妙に内容の異なる洋朝食を囲み、女同士の賑やかな会話は宙たちに任せ、二人の若者は、まずは今日の予定を話し合った。

豊が言った。「まず、ここの出発は8:50am頃です。二時間半弱位行って、11:15am頃 北紀長島(ほっき・ながしま)と言う駅で降ります。ここで、親父か叔父貴が迎えに来てくれる手筈になってまして。まあ、駅から歩いても、二十分位ですがね」 「二十分か。まあ好い距離だな。お前んちの方々が不都合なら、一丁歩くか」周、返す。

豊「そうですね。それも視野に入れときましょう。正午前ですから、多分そのまま昼飯って事になるでしょう」 周「そうか。そりゃ、早々から楽しみだな」 「・・ですね。まあ昼は、俺たち馴染みの普段飯って事になるでしょう。阿久比さん、夜、期待してて下さいよ」 「ああ、有難う。そうだよな。そう言うのの山場って、夜が多いもんな」傍らで「今日は、どれ位見て周れるかなあ!」などとまくし立てる、賑やかな宙たちの会話を耳に挟んだりしながら、小一時間が過ぎた。

隣接するコンビニ店で、飲み物や嗜好品など、思い思いの買い物をし「さあ、行くか」 「ええ」 「うんうん」てんでに言葉を交わしながら、宙と女たちは新幹線改札、周と豊は、在来線北寄りの改札を目指す。「じゃ、気をつけてな!」 「有難う!」数分程先発する、宙たちを新幹線改札で見送り、二人は在来線入口へ。臨時特急「紀伊83号」は、在来12番線から出発する。階段を上がり、プラット・フォームに赴くと、丁度四両編成の列車が進入する所であった。

臨時特急は、毎日走る、定期の特急「紀伊」と同じく、全車がリクライニング・シートの特急車両が運行を担う。所謂電化がされず、電車運転のできない紀勢東線に乗り入れる為、ディーゼル動力の気動車である事は、以前触れた様な記憶がある。二人が乗るのは2号車、後ろから二両目で、車両の半分は特別席「グリーン室」である。ただ、普通席と同じ四列なので、やや狭い感じがするのは事実だ。

「今となっては・・」豊が言う。「はい、何かな?」周が返すと豊「このグリーン車、今となっては、時代に取り残された印象がありまして」こう続け。 周「ああ、何となく分る。新幹線はとも角、在来線の特急グリーン車って、全国的に、2+1の三列席が多いもんな」 「そうなんですよね。今、四列のまま残ってるのは、この列車と、G県へ行く『しなの』だけみたいですね」 

周「道理で空席が目立つと思った。まあ臨時だから、仕方がないかもだが」 豊「・・でしょう。普通席はまあ埋まってますし、一両だけの自由席は立客もいますからね。もう数年経つと、この列車も次期車両にバトン・タッチなんて話らしいですが、このグリーン車は要改善ですね」 「ああ、そうだな」

会話の間に、宙たちが乗ったらしい、新幹線下りが出て行く気配。周たちの位置からは、新幹線上り列車と、中央駅をパスする貨物便などが被って、良くは見えないのだが。暫く後「お待たせしました。臨時特急『紀伊83号』間もなく発車します」の案内あり。

8:50am少し過ぎ、列車は、賑やかなディーゼル・エンジンの音響と共に、中央駅を離れた。定期便だと、駅構内を出てすぐ、一気に加速し、地下駅から出て並行する、近畿参宮電鉄の特急列車とスピード競争、と言ったシーンも見られるのだが、この列車は先行の各駅停車に続行する関係で、A県内は加速できず、同時に出た近参特急は、すぐに見えなくなってしまった。

小半時程、徐行の多い緩やかな走行で、広大な木曾三川を長い鉄橋で越え、M県下に入って、二ヶ所程の駅で乗客を拾うと、大工業地帯で知られるY市から暫くは、第三セクターのI鉄道線。広い田園地帯を行くこの線は、直線が続く良い走路で、列車は一気に加速、本来の特急らしい、ハイ・ペースで南下して行く。

序盤、ゆっくりだったとは言え、約一時間程で、M県の県都 T市へ。ここから紀勢東線へと進む。暫く進んだ「多気」と呼ばれる駅で、伊勢参拝でお馴染みの参宮線と別れ、列車は大きく右にカーヴを描き、続く田園から次第に山間へと進む。列車行き違いを要する単線とは言え、まだこの辺りはさほどスピードは下がらず、引き続き快調に飛ばす。

「多気か。参宮線との分岐だよな」周が言うと、豊「そうですよ、阿久比さん。ここを過ぎると『いよいよ帰って来たな』て、俺なんかは思う訳でして」こう返し。 周「ああ、分るよ。もう後一時間位かってとこだもんな。俺も、三河の実家までは一時間半位なんだが、尾張と三河を隔てる矢作川って言うの?あの川渡ると『帰って来たぞ』て感じがするんだよな」 豊「ああ、誰でも同じですね。それでね。阿久比さん」 「ああ、はい。そうだ!続きがあったな」 

豊「はい、それでね。昼が済んだら、夕方まで、俺んちの周りの海辺や漁港、できれば造船所なんかを見てもらおうか、なんて思ってまして」 周「おー、凄い!造船所があるんだ」 「まあ、小さな漁船とかを主に造ってる工場ですがね」 「いやいや、そんな事どうでも良い。見せてもらえるだけで上等だわ」 「はい、まだ決定じゃないですが、オーナーからOKが出れば、行けますから」 「よしよし、それ期待しようっと」 

豊「後、もう少しあるんです」 周「はい、良いよ。聞こう」 「実は俺、小学校の終わり頃、病気で一時入院してた事がありまして、その時世話になった、素敵な看護師の女性(ひと)と、多分会えると思うんです」 「おお、そりゃ好いな。お名前は?」 「美波(みなみ)って言いますがね」 「おー、美波さん。良いね~、まあ魅力の女性(ひと)だろう。お前に訊かずに、想像しようかな~」 「因みに、年恰好は、花井先生と同じか、少し上位ですね~」 「花井先生って、つまり結(ゆい)さんかー。益々好い感じだわー」 

周の気持ちは、正直舞い上がり始めていた。否応なく沸き起こる、期待感。普通、人は未知の土地へ赴く時、期待と不安が入り混じる、とは良く言われるが、この時の周は、確実に「期待」の方が上回っていた。折しも、列車は完全に山間に入り、狭い川沿いを、右へ、左へカーヴを描きながら、スピードをやや落として進む。少しずつ登り坂も加わり、駆動力を要する為、ディーゼル・エンジンの回転も上がる様になり、その音響が醸し出す微妙な振動(ヴァイブレーション)が、周の芳しくない想像と、微妙・・いや絶妙にマッチして行く。山間の嶺は、女の胸、そして臀丘、狭い川は、その秘溝を思わせる。進む列車は、そう・・男根だ。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の壁紙 JR名古屋駅 12番乗り場 特急「南紀」(物語中 特急「紀伊」のモデル) 2017=H29,6 撮影 筆者
東京スカ・パラダイス・オーケストラの今回楽曲「ダウン・ビート・ストンプ(Down Beat Stomp)」下記タイトルです。
Down Beat Stomp
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。