FC2ブログ

記事一覧

南へ・・ 第13話「感触」

26107.jpg
「ああ、ご免ご免!これ、あくまで豊(ゆたか)と俺の内輪話だから、気にしないで・・」シャワーを終え、戻って来た姉妹に向け、周(あまね)が言う。「ふ~ん、分った。で、貴方たちも、シャワー行って来る?」姉の由香(ゆか)が訊く。「有難うございます、行って来ます!」傍らの周に、肘(ひじ)で促され、豊が答えた。

一も二もなく、若者二人は、シャワー室へ行かなければならない状況だった。これから、ブース席でどうするかの打ち合わせも必要だし、帰りの方法も、話しておくべきだろう。何よりも、ここから彼女たちの宿がある、川湯までの道順を伝えなければならない。二人は、とりあえず隣同士でシャワー室に入り、使いながら、帰りの列車の話などをした。そして、再び着衣しながら・・

「さっきの、これから部屋でどうするか、だが・・」周が切り出す。「はい、阿久比(あぐい)さん、聞きましょう」豊が返す。「今夜の、お前の話を考えると、彼女たちと深い事をするのは拙い。初めて会った、行きずりって不安もあるしな。それで・・」 「それで・・はい」 「お前に、この話はしたんだったかなぁ。良くは覚えがないんだが、いつぞや、小町先生が安全じゃない日に、下半身の関係なしに、手とか口だけで昇り詰める事を教えてもらった事があってな」 

豊「ああ、何となく分る。俺たちが、あの女性(ひと)たちに、手と口の愛撫とか、刺激だけで絶頂に行ってもらうって訳ですね」 周「そうそう。これ、人呼んで『手マンコ』とかって聞いた事があるんだが・・」 「ハハ、なる程ね。手で刺激を誘うから、手マンコですか。それじゃ、指でやったら『指マンコ』ですね!」 「まあ、そう言う事だな。略して『手マン』とか『指マン』とも言うらしいが」 「う~ん、ま、やるしかないですね~!」二人は笑った。

シャワー室からブース席に戻るまで、周と豊は、もし求められたら、フェラチオ又はクンニリングスの、口唇愛撫まではやろうと言う事と、様子を見て、途中で交代しようと言う事で、意思を固めた。部屋に戻ると、既に姉妹は薄着になり、一人ずつ各部屋に控えていた。「ご免なさい。お待たせ!」 「ふふ、楽しみにしてたわ。これからね」初めは、道案内の話を要する豊が 姉の由香と、周が 妹の由紀(ゆき)と、それぞれ同席になった。到着して、小一時間後の事だ。

「周さんの彼女も、今年から大学ですってね。学部も同じなの?」由紀が言った。「そうです。学部も同じ経済学部でね。ああ、これ、どっちかが狙ったって訳じゃないからね。気にしないで」周が返す。「ふふ、分るわ。ただの偶然って事でしょ。・・で、今日、貴方たちとあたしたちが出会ったのも、まあ偶然かしらね」 「そう言う事です・・」そう言葉を交わしながら、ごく自然ななりゆきで、唇を交わす。

「由紀さんは、初めて・・かな?」周が訊くと「どう見えますか?想像して欲しいわ」由紀はこう返し。 「じゃあ、初めてって思っておこうかな」 「ふふ、夢があって好いわね。有難う・・」更に舌を交えた、濃いそれになって行く。「あのね・・」周、躊躇(ためら)う風情で、由紀の薄着のブラを、下にずらす仕草を見せる。「あ・・ダメ!・・て言いたいけど、初めからのつもりだったんだよね。まあいいわ」 「有難う・・」こうして、由紀の「胸の双丘」が姿を現す。ブラ・カップは間違いなく「D」だろう。

周「思った通り、綺麗な肌やね」 由紀「有難う。誉められると嬉しいな」 「まあ、余り熱くならないで・・無理、か」周は呟きながら、由紀の乳房の周囲に、ゆっくりと周回する様に手指を走らす。「中々いいわ。暫く続けて・・」 「はいはい、いいですよ」数分間程、両の手指で「胸の双丘」の愛撫を続ける。「ん、んん・・」押し殺しながら、由紀、初めての喘ぎ。

同じ頃、仕切り一つ隔てた隣席では、姉の由香が、豊と高め合い始めていた。川湯までの道順を、地図も交えて説明、由香は一安心したのか、彼女から唇を交わし、周と由紀同様、舌技も使って、徐々に深みへと近づく。「豊君・・」由香が訊く。「こう言う事、初めてじゃないでしょ」 「バレましたか。嘘はつけないなあ」豊は苦笑して「実は、今も通う予備校の、養護の先生に深い事を教わりまして・・」と、予備校の養護主任 小町(こまち)からその辺りを教わった事を、一定までの所で話した。

由香は言った。「有難う、分ったわ。じゃ、途中まで大丈夫ね」 「はい、多分大丈夫でしょう」豊、一抹の不安を残しながら、こう返し。
「じゃ、胸から行こうかしら・・」 「はい、お願いします!」彼も促され、薄着の上方をはだけた、由香のブラを下へ降ろし、現れた「旨の双丘」への愛撫を一通り。こちらは「D」カップより僅かに小ぶりだが、形は佳い。豊は、昨夜 美波(みなみ)の胸を愛撫した折、周と語った、往路車中の迂回した線路の様を思い出し、わざと遠回りする様に、乳房の周囲から摩(さす)り上げる。

「ん、ふんん・・」由香も、低い喘ぎ。「豊君、とても上手よ。勉強の他に、こちらも優秀者かしらね、ふふ・・」熱い息で呟くと、豊「ああ、それ、良い目標ですね。俺、それに向かって努力しようかな」 「いいわよ、頑張って・・」 「はい・・」露わの、胸の双丘に手指を走らせながら、豊は、由香の下半身を愛撫するタイミングを窺う。さて、周の方は・・

「周さん・・」由紀が声かけ。「はい・・」彼が返すと「言いにくいんだけどさ、貴方の『男の象徴』見てみたくなっちゃった。どうしよう・・」 「ああ、それかぁ・・」そう言いながら周は「それっ、その時が来たぞ!」内心で、そう呟いた。「由紀ちゃん、分るだろ・・」 「ええ・・」由紀が返すと「この部屋、ホテルとかとは違うから、鍵がない訳よ。俺、地元の彼女にも言ったんだけど、ここで見たりするなら、考えんといかんよ」 「ふふ・・」由紀は微笑んだ。「そんな事、分ってるわよ。もし急に開けられたら、サッと隠せばいいだけよ。さあ・・」そう言うなり、隣に座る周のトランクスの中に手指を滑り込ます。それは、意外にも、易々と入り込んだ。

「さあ、出ておいで」由紀の白い手指が、周の、礼儀を正した男根と陰嚢を、外に連れ出す。「あ・・んん。由紀ちゃん、無理はいかんぜよ・・」呻きながら、周が呟くと「いいの、大丈夫よ。どうせ姉だって、今頃 豊君に同じ事をしているわ」こう返して、露わになった、周の「男の象徴」に、亀頭からゆっくりと摩りを入れ始める。「あ・・感じる。うぅぅ・・」呻く度に、由紀が笑みを浮かべ。

隣席の豊も、由紀の言葉通り、姉の由香に高められ、下方を膨らませて昂奮していた。「あ・・ああっ、由香さんも上手いです。お・・俺、自信ない・・ですぅ。イっちゃうかも~!」 「ふふ、初めてならイって良いけど、君は、そうじゃないでしょ。そんなら、もう少し頑張って欲しいわ。後、ほんの・・ほんの少しだけで良いからね・・」由香は、試す様に、これも露わの 豊の男根と陰嚢を、まったりと摩り上げる。「う・・おぉぉ!ダ・・ダメ、イ・・イきそう」呻きながらも、ギリギリで暴発を食い止める豊であった。そして・・

「由香さん・・」 「はい、何?」由香の返事を聞いて、豊「そろそろお返しをしないとって思うんですが」 「ふふ、あたしが、君の『男』にしたお返しの事かしら?」 「そうです・・」 「ハハ、それって、あたしの『女』に対するお返しでしょ。エッチね!」 「ご免なさい。でも、是非そうしたいなぁ!」 「仕様がないわねぇ!でも、それ、してみようか」 「はい、有難うございます!」由香はそう言い、豊の膝枕で横たわり、脚を曲げて、臀丘を突出し、ショーツを脱ぎ易くしてやる。豊はこれを受け、まずはショーツ越しに愛撫。臀丘からゆっくりと秘溝を目指し、ゆっくりとした手指の動きで、高めて行く。「ああ、好いわ・・」由香の吐息が、次第に熱くなるのが分る。

2pm代も終わりに近づいた。由香と豊、由紀と周が、それぞれの席で高まって、いよいよショーツが下ろされる事に。仕切りを隔てて、ほぼ同時に、周は由紀の、豊は由香の、それぞれの下方を、ほぼ同時に露わにして行く。姉妹の秘溝も、思った通りの、浅目の下草に、明るい鮮やかな秘花と、ほぼ荒れのない、落ち着いた色合いの菊花(肛門)が咲き誇る、優れた「女の核心」。

「素晴らしい!ホントは繋がりたい所だが・・」若者二人は、素直にそう思った。が、しかし・・ この夜の事を考えると、最後の一線を越えるのは躊躇われた。「よし、それじゃ・・」周と豊は「初めの予定通りに進めよう」と意を決し、由香と由紀の秘溝に、手指を滑り込ませて行く。「やってみないと、分らないけど・・」周、宙(そら)に一度だけ試した感触を思い出しながら、由紀の秘溝に、手マンと指マンの技を仕掛けて行く。隣席の、由香と豊も同じ感じだろう。「ふ、んんん・・」再び、押し殺された低い喘ぎが聴こえた。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 石原莉奈
東京スカ・パラダイス・オーケストラの今回楽曲「めくれたオレンジ(田島貴男さんとの共演)」下記タイトルです。
めくれたオレンジ
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。