FC2ブログ

記事一覧

南へ・・ 第15話「点検」

bad299ef.jpg
夕方5:20pm過ぎの、JR紀勢東線 北紀長島(ほっき・ながしま)駅。熊野の有名な海岸 七里御浜から帰り、上り列車を降りた周(あまね)、豊(ゆたか)の若者二人を出迎えたのは、意外にも看護師 瀬野美波(せの・みなみ)だった。「二人、お帰り!」 「おー、これは美波さん、感謝ですぅ~!」出口で軽く一礼を経て、彼女の愛車、イエロー・カラーのスズキ・アルトに乗り込む。

「お前、前行けよ」周に促され「じゃ、お願いします」と、豊が前席に。「お願いします!」続いて周が後席に乗ったのを確かめ「じゃ、行くね」美波は、車を発進させる。豊の実家のある山手には、直ぐには行かず、一旦漁港の方角を目指す。「船の方ですね」と豊が言うと「そうそう、君の乗れる小さい方の船を、今日中にスタンバイしておいて欲しいの。明日朝、直ぐ乗れる様にね」 「かしこまりましてござる。笑」

長島駅から、ものの数分で長島漁港へ。この朝、彼たちが乗り組んだ、豊野家の漁船「第二樹洋丸」も係留中だ。明日は、この船の出漁予定がない。「さあ、着いたわ。ここで降りて」美波が言った。大小複数の漁船が休む、桟橋上だ。それに混じって、遊漁船位の小舟も、何隻か留まっている。その内の一隻が、豊野家の持つ「緑丸」だ。

「それじゃ」美波が言った。「豊は、船のエンジンとかを点検して。周さんは、あたしの持ち物を、船に積むのを応援してくれる?余り多くはないけど」 「かしこまりました。あ・・これですね」周は、美波の開けた、車のリア・ハッチの内側にあった、小さく畳まれたビニール・シートと合繊の肩バッグを取り出し、船へと移す。「これは明日、何かあるな」彼の脳裏に、ふと、そんな想いが過(よぎ)る。

周が、美波の持ち物を船に移す間に、豊は、船外機エンジンのテストや、燃料が十分かをチェック。約15分で用が済んだ。再び美波の車に乗り、豊野家の門をくぐったのが、6pm前。周٠豊「戻りました!」 緑「お帰り。熊野の海は良かったかい?」 周「ええ、お蔭様で、好い眺めでした。良い気分転換にもなりましたし」 「それは良かった。直ぐお風呂入れるからね」 「はい、有難うございます!」

周の、緑への一礼で、二人は入浴。「しかし・・」周が言う。「好い眺めって言や、あちらの方も・・なあ」 豊も応じ「はい~、海から流れた、美人さん姉妹の、ネカフェでの姿態(ポーズ)、マジ素敵だったですぅ~!」 「ハハハ、そうだな。ま、胸の双丘だけはシルエットだったのが、ちと残念・・かな」 「阿久比さん、期待し過ぎはいけません。下半身の全貌が拝めたし、それに、何と言っても、一本はヌいてもらってますからね~!笑」 「ハハハハ、それも事実だな。ま、昼間っから、好い夢見させてもらえましたっと!」二人は、声を合せて高笑いした。そこへ・・

「二人、一緒に入っていい?」浴室の出入口で、優れた女声がした。「あっ、美波さんだ!」豊、声を上げ。「どうした。何か拙い事でも?」周が訊くと、豊「いや、大丈夫です」と返して「OKです。どうぞ!」返事も終わらぬ内に、浴室の檜(ひのき)の扉が開かれ、魅惑のシルエットが現れる。紛れもない、瀬野美波の、生まれたままの姿である。

「ようこそ、俺たちのヴィーナス!」 「ふふ、有難う。君たちの憧れで、嬉しいわ」この挨拶の後、美波「ねえ、豊・・」 「はい・・」 「ちょっと、あたしの背中、流してくれる?」 「はい、喜んで!」豊はこう返し、檜の浴槽を出て、美波の希望に沿い。傍らの周「おい、豊・・」 「はい・・」 「良い心がけだな。美波さんも、日頃お疲れだろうから、しっかり癒して差し上げろ。俺はもそっと、この気持ち好い風呂を味わうわ」 「は~い、好きなだけどうぞ。のぼせない様に、そこだけはお気をつけて!」美波の背流しに入った豊が返すと、周は「有難うよ」と応じ、美波を交えた全員から、自然に笑いが起こる。その後、三人一緒に浴槽を使い、湯の中で、胸の双丘や股間への愛撫を試したのは勿論だ。「ふ・・んん。嫌らしいけど、好いわ、二人・・」美波は、低い喘ぎで応えてくれた。

檜風呂の、心地良い湯の感触を存分に味わった三人の入浴は、小半時ちょっと。7pm前から、夕食。例によって、未成年の周と豊には、儀礼的に、軽く一杯のビールのみ。大人たちに交じって杯を重ねる美波は「ご免ね二人、今夜はおつき合いなの」 「いやいや、お気になさらんとお飲みを。あっ・・て事は、今夜はここへお泊り?」 「ふふ、そうよ。良かったら、後で、いい事しようか?」聞いた二人の若者は、一瞬迷った様だ。

「美波さん・・」周が言った。「それ、食事の後の返事でいいですか?」 「勿論いいわ。何なら、今夜はお話だけでもいいのよ。まだ、明日があるからね」美波、笑いながらそう返す。「有難うございます。じゃ、美味の後で、よろしくお願いします!」二人の若者は、そう返した。

当然の事だが、この夕食の内容は、前夜とは少し違った。最初の昼餉(ひるげ)、周を驚かせたマンボウが、今度はフライ風の揚げ物で登場、鶏ささみのそれに似た、癖のない風味が、彼を魅了した。二日目と言う事で、鮪や鯛、伊勢海老の刺身や鮑の焼き物に加え、同じM県の誇りたる、和牛のシチューが振る舞われ、これも、周の心を奪った。更に・・

「周君、ちょっと見て欲しい」豊の父 樹(いつき)に促された周が、一見して驚嘆した一皿・・それは、西隣のW県産の、豚の角煮だった。デパ地下や、食品スーパーの惣菜売場でよく見るそれとは違い、日を跨ぐ、じっくり時間をかけた煮込みで、脂身が透き通って見える。こんな見事なのは、彼が生まれて以来、見た事がなかった。

周「これが、豚・・ですか?」 樹「ああ、そうだ。一度知ったら、忘れられん味じゃないか?」促されて、彼は一箸(はし)味を見る。それは、溶ける様に簡単にほぐれた。そして・・「何と・・」これも、口内で溶ける様な、奥深い香ばしい風味。「本当の美味って、こうなんだ」と彼は思った。和牛のシチューより、この味の方が上だったかも知れない。少なくとも、周の記憶には、強烈に残った。集まった一同の話題は、周の、この驚きをメインに進んだ様だった。

「有難うございます。ご馳走様でした!」想像を超えた、秀逸な肉料理、そして前日に続く、魅惑の海鮮を存分に味わった、周と豊は9pmを過ぎると、美波と目で挨拶して、離れに引き上げる。翌日は、漁の用事がない為、朝はゆっくり目で良い様だ。「さあ豊・・」周が言った。「はい、聞きましょう」豊が返すと「夕方の船の準備、あれ、明日どこかへ行く為・・だよな」 「まあ、そんなとこでしょう。で、明日は多分、俺の操船を見てもらえると思いますよ」 「そうか、そりゃ楽しみだ。まあ、無理はせん様にな」 「はい、ご心配有難うございます。そこは、万全で行きますよ」 と、言う所で、周のスマート・ホンにLINE着信。京都にいる宙(そら)からだ。

周、LINEで返す。「送信感謝。京都は、好い感じかね?」 宙「今晩は。うん、有難う。とても好い感じで、あちこち回ったよ。今度は、仲間内だけだから、余り気を遣う事もなくて、好いわ。周さんの方は?」 「ああ、ご心配なく。豊の故郷(ふるさと)だからさ。土地の事は良く知ってて、お蔭で退屈する暇なしってとこだな。ああ、ここは、海の幸が美味い。伊勢海老の刺身と、鮑の焼き物、それに、マンボウの揚げ物は、是非貴女と味わいたいな」 「ええっ?マンボウって、食べられるの?」 「そうだよ。俺は今朝、豊んちの船に乗せてもらったから、その時に詳しい事を聞いたんだ。昨日の昼食にも、出して下さってな」 「まあ、よかったじゃない。で、どんな味なの?」

周「ちょっとね、鶏(チキン)のささみに近い感じ・・かな。唐揚げとフライだったけど、どちらも好い味してた」 宙「そうかぁ~、あたしも、又行く楽しみができた様なだわ。さて、周さん」 「はい、何だろう?」 「気になる事を訊くわよ。豊君が、小さかった頃お世話になった、看護師の美波さんとは会ったの?」 「ああ、一度はお会いしたな。あ、勿論、挨拶程度だけどね」 「本当にそうか?」LINEでやり取りする、宙の脳裏に、そんな疑問符が灯った。
(つづく 本稿はフィクションであります。次回は7/22土曜以降に掲載予定です)

今回の人物壁紙 朝比奈あかり
東京スカ・パラダイス・オーケストラの今回楽曲「世界地図」下記タイトルです。
世界地図
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。