FC2ブログ

記事一覧

想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密 第13話「深淵」

ae90d4ef.jpg
二限目を迎えた「夜の補習」に臨む、健(たける)、徹の二少年。二人同時に、徹のベッドに臥す女講師 初美の元へ呼ばれた。
「二人、ブリーフを脱いで『自身』をこちらへ向けるのよ」促されるまま、二人。中山荘(ちゅうざんそう)入りして、二度目のフェラチオの儀式が始まった。暫くは言葉もなく、初美が、彼たちの「自身」と陰嚢(玉袋)を、交互に口唇で愛撫する。辺りは、その彼女の愛撫と、彼たちの発する吐息の微かな音だけが聞こえた。「うんん・・熱い」約10分間、二少年は、滾(たぎ)る情念を何とか凌ぎ、辛うじて下方の暴発を抑えきった。

「中々やるわね。今度はもったじゃないの」と初美。「有難うございます。貴方の指導のお蔭です」二少年も応じる。「ふふ、これからが楽しみね」彼女、再び仰向けで脚を開いて行く。二少年も応援、そのショーツをゆっくりと下ろす。

「お返しします」徹、初美の脚の間に伏して行く。唇を、浅い茂みの中の「女性」に静かに重ね、ルビーの如く輝くその谷間に舌を入れ、一昨日と同様に、ゆっくりと舐めて行く。初美「く・・ふんん・・はああ。徹、適当で好いわよ・・あ、あっ」喘ぎながら告げる。徹「綺麗、素敵。お願いです。もう少しだけ、続けさせて下さい」クンニリングスが続く。少し慣れたせいか、その仕草にねっとりした感じが加わり、陰核(クリトリス)をメインに、更に刺激を加えて行く。「うんん・・ああ、好いわ」初美の、ローズ・ピンクの「女性」は、湿度も十分加わって、徹の愛撫も「ジュルジュル」と、些か低劣な情念を感じさせる音を伴うものに変わって行った。

中山荘の眼下を行くJR中央西線は、下り電車1841Mが、午後8時半過ぎに通る。それまでの、約20分間の短い前戯だったが、この夜の初美には十分な様に思われた。再び脚を曲げ開き「徹、用意はいい?」問われた彼「OKです。宜しくお願いします」こう返す。彼の「自身」に、手早くゴムが着けられる。「さあ、来て・・」短い指図が、一言発せられた。

徹はこれを受け、師の下方に膝を進め、「自身」の先端を、師の「女性」に軽く当て「繋ぎます」と一言。滑り込む様に、連結。「ああ!ふぅんん!」明らかに、より大きな喘ぎ。「自身」を肉壁に包囲された、徹の吐息も昂って行く。連結を確かめて、徹は、初美の上に上体を預けて行く。彼女は先程と同じく、徹の背に腕を、腰に脚を絡み付け、強い力で下方の動きを促す。

「うう・・あんん」呻いて息を弾ませ、徹は思った。「何と言う、凄い力!もし、この女性(ひと)がサッカー選手だったら、その破壊力は、本当に怖いだろう」 初美にも又、想いがあった。「さあ、動いて!動くのよ。あの列車の様に、力強く!」

初めての、正常位の行為。一昨日の後背位とは比べものにならない、深く濃い結合感と一体感。胸の双丘に顔を埋めての、心地良い、美しい肌の感触。
「信じられない!」この学級が始まる前まで、教室の机で、いつも見上げ続けた憧れの女性(ひと)が、今、己の腕の中にある事の、現実の歓び。徹は心から噛みしめていた。「初美さん、凄い力ですね。驚きました」「驚いた?これはね、愛の力よ」「なるほど・・」そして。

「初美さん」徹が呼びかけ。「何?」「抱きしめてもいいですか?」「その言葉、待ってたのよ。さあ、男らしくして」初美の目に、微かに涙の様なものが見えた。徹「愛おしい!」想いの丈を、彼女に伝えるべく、抱きしめにかかる。熱い抱擁。
「嬉しい・・」微笑む初美。見守る健、彼女に「俺も、キスを贈ります」と声かけ。「OK。傍へ来て」促す初美。健と唇を重ねながら、上に乗った、徹の動きを受け入れて行く。暫くは、喘ぎ声と共に、この濃い行為が続く。

徹、息を弾ませ「初美さん!初美さん!初美さん!・・俺、昇りそう。達しそうです」初美、喘ぎながら「もう少し頑張って。あたしと一緒に昇るのよ」所謂「寸止め」を命じる。徹、応じるも「一休みさせて下さい」 初美「いいわ。ただ徹、あたしから離れちゃダメ。繋いだままで休むのよ」 徹「かしこまりました」これを見た健、徹の背後から「お前に、あの快感のお返しをさせてもらうよ」 徹「ああ悪い。宜しくな」健、これを受け、徹「自身」の礼儀を正すべく、左手で彼の陰嚢(玉袋)を、右手で、その下に覗く、初美の臀丘と菊花(肛門)をさすりにかかる。

「ああ~ッ・・好い!好い!」「うん・・んん、熱い!」女と少年は、重なり繋がったまま喘ぎ続ける。初美に促された徹、動きを再開。最後の高め合いだ。喘ぎと吐息が更に大きくなり、健も、二人の結合部への愛撫を熱く続け、やがて「行く~ッ!」頂へと昇り詰める事に。
最後まで、正常位のまま迎える絶頂。「ああ、好かった」「ずっと深いですね。心地良いです」「そうでしょう」上と下で、二人は、笑顔で語り合った。暫くおいて、初美「離れていいわ」徹はこれを受け、繋いでいた「自身」を師の「女性」から静かに離す。ゴムに溜まった男精が、明らかに前回より多かった。互いの下方を拭き清め、初美「ふふ、濃く出たわね」と微笑み一言。「有難うございます」徹も返し、ゴムを師に預ける。

「さあ、健の番ね」初美は、健のベッドに移り、再び仰向けで脚を開く。「ようこそ。おー、今夜も美しい!」少し慣れた様子で、健が脚の間に伏して行く。短めだが、陰核(クリトリス)を含め「ジュルジュル」と熱情音を伴う、丁寧なクンニリングスを経て、「自身」のゴム着用の後、喘ぎと共に、二人はゆっくりと繋がって行く。

暫くの行為の後、健が「初美さん、徹みたいにしていいですか?」尋ねる。初美「ふふ、ラヴ・トレインね。いいわ。さあ、始めようか」一度身体を起こし、ベッドを出て縁に肘を着き、お尻を突出し前傾して立つ姿勢に。更に、右手指の二本を咥え、妖しげな流し目で「健、さあ来て。Come On!」キャミソールの胸をはだけ、ノーパンのミニ・スカートは、逆に軽く整え、裾から覗ける臀丘が、下劣だが魅惑的な姿態(ポーズ)で健を誘う。彼はそれを受け、初美の後ろに寄り添い「繋ぎます」と一言の後、滑り込む様に、師の「女性」に連結。喘ぎながら頷くのを確かめ「じゃ、出発です」と一声。所謂「立ちバック」の体位で前後に動き出す。

どちらからともなく「ああ・・!はあん・・!うんんん!」喘ぐ。やはりこれは、新しい悦楽らしい。動き始めた、健の刺激を受け入れ、逆にその悦楽を、肉壁から健の「自身」に伝え返す。後ろから、着衣のままの腰を抱えたり、手を繋ぎ合ったりして、暫くの間、もたらし合う歓びを、二人は味わい続けた。徹もよく動いた。行為の合間を活かし、初美の唇や乳房の感触を、存分に味わった。

「あああ~!はんん~!健、行くわよ~!」「うんん~!初美さ~ん、熱い~!」再び正常位に戻り、最後の高め合い。徹の、結合部への特別(スペシャル)な愛撫による応援も加わり、続いての、大きな喘ぎと吐息の内に、頂へと達する。初美にとり、この夜二度目の絶頂だ。「ああ、好かった・・」「俺もです。とても好い感じ。有難うございます」少し後、ゆっくりと連結を解いた、健の「自身」に着けたゴムも勿論、初美の許へ。「ふふ、君の男精も濃いわね」後半も、お互いの下方を拭き清めて一区切り。

「今夜も、有難うございました!」「二人、好かったわよ。お休み!」それぞれ濃厚な口づけを交わし、この「夜の補習」は幕となった。
徹は言った。「ああ、やっと初美さんが『抱きしめて欲しい』て訳が分った様な」「そうだろう。あの女性(ひと)は、それを望んでたって事だよ」健はこう返した。徹「そうだな。それにしても、正常位が、あんな歓びを感じられるなんて、意外だよ。発見だな」
健「まあ、お前が知らなかっただけだろ。これからは、覚えておかんとな」「ああ、勿論」徹も返した。

時は、夜10時半頃。彼たちの暗い眼下を、上り貨物 5880列車が、轟然と通り過ぎる。 健「シャワー行こうか」 徹「ああ」
「お疲れ様でした!」先に使い終わった師に一礼。入れ違いに、二少年は、寝る前のシャワーを使う。前回より明らかに「濃い内容」の「夜の補習」であった。「お休み!」「お疲れさん!」挨拶する彼たち。今夜は、良く眠れそうだ。
(つづく 本稿はフィクションであります。2016=H28,7,7記)

今回の人物壁紙 瑠川リナ
渡辺貞夫さんの今回楽曲「ラヴ・ウィル・メイク・イット・ライト(Love Will make It Right)」下記タイトルです。
Love Will make It Right
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。