FC2ブログ

記事一覧

南へ・・ 第26話「回帰」

67d96c95.jpg
雲多めも、概ね穏やかな晴天に恵まれた、海辺の三日間が終わりに近づいた。豊野家へ帰ってシャワーを使い、上衣にジーンズの装いに戻り、魚メインの、遅めの昼食を済ませた、周(あまね)と豊(ゆたか)は、N市への戻りに向け、手回り品を纏(まと)め始めた。区切りがつくと、二人の荷物は、母屋の玄関脇の、唯一の洋室 応接間に集められた。周は、様子を見ていた豊の父 樹(いつき)と、暫し会話。

「お父さん、三日間有難うございました!」 「うん、俺たちの方こそ。ホントご苦労さんだった。いきなりの乗船で戸惑ったろうけど、よくやってくれたな」 「いえいえ、不安なんて、マジで初めの内だけです。途中からは中々面白いものでした」 「そうか、じゃ又、一緒に漁に出たいな!」 「ええ、是非、宜しくお願いします。その前に、又伺える様に、頑張らんといけませんね!」 「そうそう、口じゃ難しいが、大学でも無理なく手を抜かない事だ。これ、豊も同じな」 「は~い、心得ました!」聞いた豊、周と共に、やや間延びも、元気良く返す。この辺りから、豊の弟 邁(すすむ)も、会話の席に加わる。

樹は続ける「・・でな、周君。もう分ると思うが・・」 「はい・・」 「今日まで、君には買い物の時間をあげなかった。それはね・・」 「ええ、その事ですね・・」 「そうそう。君の親御様他に届けてもらいたい物を、俺たちで少し用意したのさ」 「ああ、そちらも恐れ入ります」 「そう、それは・・」用意されたのは、小鯵(こあじ)などの干物が数種類と鰹節が数本、マンボウの乾物、それに青海苔(のり)など。まあ程ほどの量だ。「有難うございます!」改めての一礼と共に「この為だったのか。買い物時間が用意されなかったのは・・」との想いも過(よぎ)る。とまれ、豊の家族親族の心遣いは有り難かった。

「実はね、阿久比(あぐい)さん」父の後を受けて豊「入江に展開してたのは、この海苔の筏(いかだ)ですよ」 「そうか、やっぱり・・」聞いた周、得心した。「色んな海産物が獲れる。正に、豊饒(ほうじょう)の海・・」そう呟いた後「豊、そしてお父さん・・」と続けた。
「うん、何かな?」樹が返すと、周「ちょっと前、この辺りも原子力発電所の構想があったらしいですね」 「ああ、それあったね。ちょっと離れてるけど、同じ海沿いの予定だった様だ。まあ、色々あって、立ち消えになりましたってとこだが」 「有難うございます。そうですか、こう言っては何かと思いますが・・」そう躊躇(ためら)う周を、樹は「いや、良いよ。言ってみろよ」と促し。

周「一昨日から、海沿いをずっと見させて頂いたんですが、やはり自分は、発電所が来なくて良かったと思いまして・・」 「うんうん、君もそう思うか。分るぞ」 「気にするな」と言いたげに、樹は返した。聞いていた豊「父さん、ちょっといい?」 「ああ、言えよ」 「阿久比さん、その発電所建設の話が出た時は、この町も、俺んとこも揺れました。来れば、交付金って言うんですか、町に『デカイカネ』が入りますからね。漁師たちも、意見が割れて大変だった様です。でも、祖父や親父と、知り合いの有志が動いて、周りの自治体にも話して辞退って事になったんです。そこへ・・」 

周「そこへ・・か。何となく分かるぞ」 豊「はい、その態度決めと前後して、東日本大震災が起きまして、その折の、T電力・福島発電所の悲劇です。現地の惨状は心痛ですが、俺たちの判断は正解だったなあって、今は皆、言い合ってますね。ねえ父さん」 「そう、まあ 豊の言う通りやね。その判断があって、この佳い海が守れたって事だ。あの時の、たった一度の判断と返事を間違えなかったって事がね」 その会話を聞いた周は「そうですか。ただ一度の判断が、ここの海の運命を決めたって事ですね」それに樹は「そう言う事だ。周君、こう言う事は、君や豊の、これからの人生でも有り得るぞ。まあ、その時はよく考える事な」 「そうですね。心得ておきます」周は、こう返して一礼した。

会話の傍ら、周は、一昨日から今日までに接した、豊の恩人 瀬野美波(せの・みなみ)の事共を、DVDプレイヤーの画像再生の様に、次々に思い起こしていた。日本人ならではの、魅力の黒髪、穏やかな土地に育まれた、端正な美しい表情、なよやかな首筋。
その一方、欧米女性にも負けぬ、腰上の佳き括(くび)れ、大きくはないが、魅惑の弧を描く、胸の双丘 そして臀丘。ここは日本人離れした、スラリとした線形の美脚、そしてそして・・恰(あたか)もルビー、或いは珊瑚(さんご)の如く輝く、程良い下草の奥に控える、秘溝と肉壁、些かの荒れもない菊花(肛門)・・

そうこうする内、時は 3pmに近づいた。樹は、若者二人に言った。「俺はこれから、春江のおばさんと邁を連れて、隣町へ買い物に行かないかん。お前たちを見送れんのは残念だが、気をつけて戻る様に。周君は、親御さんにくれぐれも宜しく伝えて欲しい。又今度、ここへ来る事もな」 「はい、色々有難うございます。親たちには、よく伝えますので」周は、改めて一礼した。暫く後・・

3pm頃、玄関の呼び鈴(りん)が鳴る。再び、あの女性(ひと)の来訪。当り障りのない、パンツ・ルックの平装。「美波ちゃん、悪いわね」 「いいえ、とんでもありません。あたしも望むとこですから・・」応対の、豊の母 緑との会話が聞こえる。「お疲れ様です!」周と豊は、廊下に出て一礼。「二人、用意はできた?」 「はい、いつでもOKです!」これを確かめ、彼女は、出かける準備に入った樹に挨拶。

「美波ちゃん、悪いな。彼たちの見送りだけは、お願いするわ。後はウチの連中と、喋ってりゃいいから」 「はい、有難うございます。いいですよ。あたしも、彼たちを見送りたいですから」笑顔で返す、美波であった。「さあ、それじゃ俺たちは出かけるから、そっちは宜しくな」 「かしこまりました。任せて下さい。お気をつけて!」 「はい、お互いに!」十分程後、運転の樹と邁、祖母 春江の乗った、豊野家メインの愛車 濃色のトヨタ・ヴェルファイアは、国道を目指して出て行った。

母屋の応接間は、美波たち三人だけになった。「これ、母とあたしで、お二人の夕飯に用意しましたから、お持ち下さい」と、豊の妹 美砂が、二つの折詰と日本茶を届けに来た以外は、暫し静かな時が流れる。「ああ、有難う。美波さんも、有難うございました」周が言い、次いで豊も「美砂ちゃん、どもども。美波さん、俺も、お世話様でした」と続く。美波は笑って「うんうん、大声じゃ言えない、良い思い出ができたね。又今度、会えるといいね」と返し。半時程後・・

「さあ、行こうか・・」 「そうですね。お願いします・・」示し合せた三人、厨房で夕食準備の、緑と美砂に一言「お世話様でした、有難うございます!」 「はい、良い三日間だったね。気をつけて!」挨拶を交わし、各々 ウォーキングやスニーカーを履いて玄関を出、美波の車に乗り込む。約、数分で、JR北紀長島(ほっき・ながしま)駅に着いたのが、4pm少し前。

「二人、ちょっとこちらへ・・」少し離れた、駐車場奥寄りに停めた車の陰に、美波は若者二人を呼んだ。「一つ残ってたわ。何だか分る?」 「はい、何でしょう?」 「物事の締めくくりに、する事よ」 「あっ・・分ります!」周と豊は、ほぼ同時に叫んだ。それは多分、終礼の事だろう。

周がその様に返すと、美波「そう、正解よ。さあ、周さんからで良いかしら?」 豊は、コックリ頷き「その通り!」のサインを送って来る。「よし、ならば・・」彼は、美波と向き合ってかがむと、双方の背に両腕を回し、ゆっくりと唇を交わす。「周、又ね・・今日までの熱さ、まだ残ってるわ」 「美波さん、本当に有難うございます。続き・・あると良いですね」暫し、名残りの口づけが続く。次いで豊。「豊も、又次ね。お船の操縦、とても良かったわ」 「有難うございます。続きは又・・今度ですね」彼も又、美波と熱く抱き合い、唇の挨拶を交わす。

4pm少し過ぎ、帰りの上り特急「紀伊84号」の出発が迫る。周と豊は、フリー切符で、美波は、駅員の高配で、無券にてプラット・フォームに上がる事ができた。「二人、気をつけてね」 「はい、改めて、有難うございます」会話の内に、列車接近を告げる構内放送アナウンスが響き渡る。

4:10pm、時刻表通り列車が到着。周と豊は、最後尾4号車の最後列席に荷物を置くと、もう一度乗降扉に戻り、美波と、ひとまずの別れ。「元気でね!」 「有難うございます、貴女も!」ドアが閉まり始めると、若者二人は、他の客に頭を下げながら、直ぐ最後列席にとって返した。

エンジンが唸りを上げ、上り特急は、勇壮に滑り出した。挙手を交わして挨拶する、周と豊、それに美波。彼女は、目に涙を溜めている様にも見えた。周?それとも豊を想ってか?それは分らなかった。若者二人は、それが当然の事であるかの様に、最後尾の窓から、遠ざかる駅と、美波の姿を追い続け、見えなくなる左カーヴで、互いに大きく手を振り合った。思わぬ出来事もあった、三日間の終わり。集落を抜けた列車は、左に、右にカーヴを描き、難関の登り道「荷坂越(にさかごえ)」へ向け、一気に加速して行った。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 市川まほ
東京スカ・パラダイス・オーケストラの今回楽曲「追憶のライラック(永積タカシさんとの共演)」下記タイトルです。
追憶のライラック
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。