FC2ブログ

記事一覧

南へ・・ 第27話「残波」

26641.jpg
豊(ゆたか)の故郷たる佳き海が、次第に視界から消えて行く。海沿いを少しずつ離れた、帰路のJR紀勢東線は、短いトンネルを数ヵ所抜けると、険しい登りを緩める為の、大きなΩ(オメガ)型の配線を辿る。登り坂の為、流石(さすが)にスピードはやや鈍るが、ストレスを感じないレベルのペースを維持しつつ、上り特急「紀伊84号」は、南以外の全方向を向きながら、カーヴをクリアし、荷坂越(にさかごえ)の頂を目指す。

60km/Hを下回る緩いペースで、峠を越える、長めのトンネルへ。走行音と風切り音が強くなると、途端に二人の芳しからぬ談笑が始まった。周(あまね)「しかしまあ、何かなあ。ホント、トンデモな三日間だったな!」と言えば、豊も「・・ですよね。結局、お世話になった美波さんを、二人で手籠めにしちゃったし、七里御浜で会った、木下さん姉妹にも、しっかりヌいてもらえて・・」こう返し、笑う。その一方、視線の方は、トンネル出口を間違えぬ様、絶えず窓外に向けている。復路は後方の席につき、かなりやり難いのも事実だが。

周「そうだなあ。お前の『手籠め』って表現も良いけど、むしろ『輪姦(まわ)し』に近いんじゃね?」 豊「ああ、アハハ・・言われてみれば、そうかもですね。阿久比(あぐい)さんと二人だったから、俺とした事が・・加減しなきゃ、とは思ったけど、知らず知らずの内にって事は、あったかも・・」そう返し、苦笑す。

「しかし・・」周は続ける。「お前に叱られるのは覚悟だが、海辺のあの静かな町に、あんな上玉がいらすなんて、俺、惚れ込みそうだわ。お前の故郷に」 豊「そりゃ、有難うございます。まあ、女性に関しちゃ、当たり外れがありますから。それに阿久比さん・・」 「うん、何かな?」 「花井 宙(はない・そら)さんとのお仲はどうなるんですか?」些か、突っ込み気味だ。

周、一瞬たじろぐも「ああ、心配有難う。それは俺も、考えがあるからさ。彼女には、上手く話す様にするわ」 豊「宜しく、お願いします。その辺は、もう俺じゃどうにもなりませんから」 「OK、任せとけ。それにしても美波さん、絶頂近くの本音って、凄かったな!」

豊「ああ、あの露骨なお言葉・・ですか?」 「そう、それそれ。まさか、彼女の口から『チンポ!』なんて言葉が飛び出すとはなあ!」周、そう言って苦笑す。豊が「そう言う貴方も『オマンコ!』って、しきりに言われてましたよねぇ」と突っ込むと、周「あれ?それ、お前が先に言ってなかったっけ?」と返し。結局「まあ、どっちでもいいか・・」と言い合い、苦笑し合うのであった。区切りの所で「阿久比さん、ここでやめましょう。トンネル出口です!」と豊に制され、周も頷くのであった。

峠の、長いトンネルを抜けて暫くは、幾つかの短いトンネルを交え、夕闇迫る山峡(やまかい)を、軽快に下って行く。それから二人は、初日に訪れた造船所の印象や、二日目朝の、漁の事、七里御浜で出会った、木下姉妹との、当たり障りのない話題、それに帰る日の午前、見る機会に恵まれた、豊の、思いの他達者な操船の事など。「お前のお父さんと、又漁にも行きたいけど、お前の船にも、又乗りたいな」周は呟く。聞いた豊は「必ず、又機会を作りますよ。一緒に漁に出るのは、祖父や親父、弟の邁(すすむ)や漁協の人たちの希望でもあるんです」と返した。

トイレの用を交え、そうこう言い合う内に、伊勢平野の要衝 多気(たき)に出る。時刻は 5pm。ここから N市中央駅の終点までは、約一時間半弱である。乗務員たちが交代する様だ。少しおいて発車。次の停車駅 M市で、列車の指定席は満席となった。

「そろそろ、食っておくか・・」周と豊は、示し合せて、緑が持たせてくれた折詰で夕食に。魚介、海草と五目飯の面々だったが、中に、周が感嘆した、マンボウの唐揚げが見られたのは好感だった。「好いなあ、最後までこれが味わえるわ!」 「俺も、同感ですよ!」食事を挟み、終点までの約一時間は、短い仮眠の後、帰り際に触れた、原子力発電所問題の続きなどが話材となった。周「しかし待てよ。発電所が立ち消えになったは良いけど、今度は使用済み核燃料の処理施設用地の問題が出てるみたいな・・」と言うと、豊も「そうなんですよね。その問題がありそうなんで、俺たちの地元も、対応を考えておかないとってとこでして・・」などと返し。6:30pm前、列車は N市中心部へ入った。

「豊、世話になった。お疲れさん!」 「はい、阿久比さんも、お疲れ様でした。実家へのお帰り、気をつけて!」N市中央駅で、豊と別れた周は、その足で、A県東部・三河地区の実家へと帰り、二日後の午後、戻って来た。豊の父 樹(いつき)から預かった土産の類は、その過半が周の親許向けのもの。後、鰹節二本ずつと、干物と青海苔(のり)の一部などが、周のバイト先と、前年来世話になる、花井家への土産となった。居所へ帰った日の夜、バイト先へ、数日後、花井家へ届けたが、勿論いずれも好評であった。答礼に、彼は宙から、京都・宇治産の高級茶葉を拝受した。

月が変わり、4月初旬、周と宙は N市の同じ私立大学に通い始めた。宙と何度目かの夜を過ごしたのは、その入学式の夜。その日の朝、訪ねて来た宙と唇を交わした周は「続きは夜な・・」の一言を残した。「ええ、約束よ・・」の言葉が、入学式の式典中も、続く「オリエンテーション」と言われる、入学関連行事の間も、彼の耳に残り続けた。宙はその日、N城址北東の親許へは帰らず、周の居所に泊まって、翌日の大学行事に臨むつもりらしかった。

初日のオリエンテーション終了は、夕方近く。宙と周は、暫く大学構内に留まり、施設を幾つか見て歩く。学生食堂で、早めの夕食の後、JR中央駅周りで少しの買い物、茶話会などして、7pm過ぎに居所へ。トレーナー上下に着替え、TVをチラ見しながら周の入浴準備の間に、同じくチラ見しながら、宙が寝品の甘味を少し準備。交代で入浴。後から風呂を出た、周が見たものは「やっぱり・・」の光景であった。

「おめでとう、お互いに・・」宙は、アニキャラが着そうな、白のミニコス上下に替えていた。上体の露出の大きいタンク・トップ調のキャミソールに、フレア・ミニのアンダー、それに二ーハイ・ストッキング。後から分るだろうショーツは「T」の可能性大だ。「ああ、おめでとう・・」周は返すも、もう下半身の礼儀を正しかけていたのも事実だった。

宙は続ける「周さん、今夜はね・・」 「うん、何かな?」周が返すと「先週のお土産は、素敵だったわ。特にあたしは、マンボウのスナックがね。でも・・」 「でも、何だろう?」 「あたしへの、一番のお土産を忘れないで欲しいわ。それは・・」 「うん、聞くよ・・」 「貴方が、あの海辺で出会って、経験した事を、全てあたしに語って欲しいの。言葉だけじゃないわよ」 「ああ、言葉だけじゃない・・かもな」 「美波先生と出会って、習ったはずの、素敵な事共よ。分るでしょ、それは言葉じゃ済まないはずよ」 「・・ちょっと、待ってくれるか?」周は、答えるのに、ちょっと整理が必要だった。

「はい、いいわよ」宙の答えを待って「つまり、美波さんに習った事を、貴女に教えろってな・・」 「その通り!それは、言葉だけじゃ済まないでしょ?『行為』で教えて欲しいのよ」 聞いた周「参ったな・・」観念した様にこう思った。あの三日間、美波とも会って、会食した位は話したが、更に深い所へ行った事を、勘で嗅ぎ取っている様だ。「ああ、分かった・・」

「実はね・・」宙、更に続ける。「先日、貴方があたしの家を訪ねた時、普段と違う香料が匂ったの。ほんの微かだけどね。それで・・」 「ああ、それな・・」周は、思い当たる節があった。宙は続けて、その香料のメーカー名と品番を言ったのだが、それはまんま、美波が愛用する香料のそれだったのだ。

「いや、参った!そんなとこから・・」観念した周、こう返す。そして・・「分った。そこは教える。言葉だけじゃなしに」 宙「そうよ。言葉だけじゃなく『行為』で教えて欲しいの。そうすれば、直ぐ怒ったりはしないわ」 「分った、じゃ、始めるか?」 「そうそう、早く始めようよ」これを受け、周はソファに座り、宙も、傍らに陣取る。「よし・・」周は、宙を抱き寄せ、互いの背後に両腕を回し、唇を交わしての開始挨拶。十秒程後、肩から腋、右胸の丘へと手を走らせるも・・「嫌よ!」恐らくは、初めての拒否サインかも。

「どうした?」周が訊くと、宙は「もう暫く、首筋や肩とかを撫でてからにして欲しいわ。今の出方って、早過ぎる。まるで去年、貴方が、初めて地下鉄の中で仕掛けて来た時みたい!」 「ああ、悪い悪い。やり直しだな」周、宙への口づけから、首筋や肩、腋、腰上の括(くび)れにかけ、もう一度入念に愛撫。それを見た宙、ニッコリして「今度はいいわ・・」 「悪い、待たせた・・」確かめた周、宙の背後から回した右手で右の、左手で左の、胸の丘を、キャミソール越しに摩(さす)り始め。「ああ、いい感じ。初めからこんなので、宜しくね・・」 「了解、気をつけよう・・」次第にキャミを下方にずらし、現れた両の乳房に、更に摩りを入れ始めたその瞬間、周のスマート・ホンにLINE着信。美波からだった。「宙ちゃん、悪いな。ちょっと時間をくれ」宙、一瞬表情を曇らすも、頷いた。

「周さん、あの時は良かったわ。あれから元気?」周は、一瞬返信を躊躇(ためら)うも、宙は「ふふ、面白いわね。どう?あたしの目の前で、美波先生に返信って、してくれるかしら?」 これを聞き「仕様がない。まあ、いいだろう」 そして「こちらこそ、有難うございました。ええ、お蔭様で!」 「本当にね、あたしもある意味、貴方や豊の先生として、あの場限りの授業のつもりだったの。でも・・」 「でも、何でしょう?」「やっぱりね、ちょっと燃え上がっちゃって、その熱がまだ残ってるのよ」 「熱ですか・・分ります!」周は、傍らの宙の視線を気にしながら、慎重に返信を送る。見ている宙は「面白いじゃないの。ありのままを続けて・・」と促す。その表情、次第に、美しくも薄気味悪い笑顔へと変わって行く・・
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 桜井あゆ
東京スカ・パラダイス・オーケストラの今回楽曲「いつかどこかで」下記タイトルです。
いつかどこかで
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。