FC2ブログ

記事一覧

南へ・・ 第28話「繋点(けいてん)」

17002.jpg
「挑発だ。又、始まった・・」大学入学の夜、女友達とも恋人とも言える、宙(そら)と共に、自室で過ごしていた周(あまね)の元へ、突如送られて来た、想いでの女性(ひと) 美波(みなみ)からのLINE。一時は返信を躊躇(ためら)うも、その事を目撃されてしまっては仕方がなかった。或いは無様かもだが、女友達の眼前で、あの二夜を過ごした女性への返信をする破目になったのであった。

周が、どの様な姿態(ポーズ)をとれば動揺するかを知る宙は、わざと下半身に照明が当たるベッド上で、彼に向け、立膝の「スポーツ座り」で「T」を着け、露出極大の股間をちらつかせながら、微笑と流し目で 周の様子を見る。それはまるで「どう?こんなの見て、まともに電文(メッセージ)を送れるかしら?」と、露骨に試している様にも見受けられた。

周は、返信を試みる。「あの三日間は、本当に有意義で素晴らしいものでした。貴女にも、良き先生として、色々教えて頂きまして、豊と共に、改めて感謝です。有難うございます!」 美波の返信「ふふ、それは良い。あたしも、女のプライドを高められる様で、素敵よ。で、貴方は、あたしが佐分利学院・養護課の 本荘小町主任とも知り合いなのは知ってるわよね」 「ええ、存じてます」 「ふふ、それでね・・」 「はい、お聞きしましょう」ここで、大相撲の水入りの様に、一分間程の休止が入る。その後・・

美波の送信が続く。「周さん、聞いて」 周「はい・・」返信。美波「こちらの病院の研修でね、又、夏までに、二日位そちらへ行く事になりそうなの。勿論、本荘主任とも会うけど、貴方とも、是非会いたいの。日時が決まったら、又教えるから、都合してくれないかなあ?」 周「ああ、それ位は良いですよ。豊も楽しみにしてるみたいだし・・」周は、彼一人なら、もう暫く 美波とやり取りがしたかったのだが、宙が、時折脚を組み替えたりして挑発して来るので、そろそろ区切ろうと思い始めていた。「何ともまあ、間の悪い・・」

周「美波さん、ご免なさい・・」 美波「何?あたしは好いわ」 「実は、親類から電話が来た様で、出ないとってとこなんですが、この辺で失礼してよろしいか?」 「分った。又近く、ゆっくり話そうね」 「はい、それはお約束しますよ」 「うん。じゃ、無理なく。元気でね!」 「有難うございます。美波さんも、お元気で!」交信終了。しかし・・

男同士なら、怒りを露わにする事も、或いは許されようが、相手が宙では、それが叶うはずもなかった。彼女の、臀丘と股間をチラつかせながらの挑発が続く。「ふふ・・お話の腰が折れたみたいで、悪いわね。ついでに、貴方の亀さんも、中折れかしらね?」そう言って笑う。周は「ああ、いやいや、別に悪く思ってやせんから、大丈夫だ。心配ない。俺の『亀』も元気だ。後で分るよ」と笑って返し。聞いた宙「アハハ、そんなら、これから本気で試すわよ!」と煽る様な出方をした。

「お待たせ。さあ、再開だ!」 「ええ、行こうね」再びベッドに横並びで座った、宙と周は、前戯再開。女体上方への愛撫を復習した後、キャミソール、その内のブラの順で少し下へずらし、現れた「胸の双丘」に、ゆっくりと前後して両の手指を走らせ。「ああ、い・・好い」軽い喘ぎを確かめて、ウェストの括(くび)れから腰周りを、キャミやミニ・アンダー越しに撫で回して行く。高まりを感じられた所で、脚部の愛撫に入る。暫く後・・

周「宙ちゃん・・」声をかけ。宙が「はい、何?」返すと「今夜も、しゃぶりたいかい?」と訊き。「露骨ね。嫌らしい!」一方でそう感じながらも「ふふ、まあね・・」と返し。「よしっ、俺、ちょっと横になるわ」 「いいわよ。早くして」周、直ぐにベッドに臥し、両脚を真っ直ぐのまま開き、その間に宙を招じ入れ。彼の股間にうずくまると、宙は、ゆっくりと亀頭に食らいつき、礼儀を知る男根の幹を咥え込んで行く。「雁が首」の姿態だ。彼女の愛撫は、例によって陰嚢にも及んだ。

「んっ、んっ、い・・好い。や・・やっぱり口唇愛撫(フェラチオ)は、宙ちゃんに限るな。う・・うぅぅ!」高められ、呻きながら、周は呟く。「ん・・ふふ、あたし、美波先生より上かしら?さあ、答えて!」低い喘ぎを発する一方で、追及の手を緩めない宙。周は、早くも劣勢だ。「んん・・あっ、あっ、そ・・宙ちゃん。その通り!あ・・余り高めんで欲しい。ぼ・・暴発はい・・嫌だ。うぅぅ!」 「アハ、暴発だって。遠慮しないで、顔射の一発でも見舞ってよ。あたしは平気よ」どうも、美波と周が出会った事で、宙も彼も、やや品性が下がってしまったらしい。

「宙ちゃん・・」 「はい・・」返事を確かめ、周が続ける。「ちょっと、考えがあるんだが・・」 「何かしら?ちょっと面白そうね」 「それはね・・」 「うん・・」 「貴女の、その綺麗な脚で、俺の『亀』を高めて欲しいんだ。できそうか?」 「あ、それ、何か聞いた事あるね。『脚コキ』て言うんでしょ。マニアックだし、上手く行くかなあ?自信ないけど・・」 「ああ分る。失敗しても責めないよ。とりあえず、やってみようや」 「仕様がないわねぇ。それじゃ・・」フェラチオを一区切りさせると、宙は両脚を周の前に投げ出し、男根を足先で挟み込む。足先から膝、太腿、臀丘にかけての、妖しい流れが、若者の目を奪う。

「周さん・・」 「はい、聞こう!」 「こうやってさ、亀さん両脚で挟んで『シュッシュッ・・』て摩(さす)ればいいの?」 「そうそう。とに角、やってみてくれ。ほれほれ、諺(ことわざ)に言うだろ『案ずるより生むが易し』って、あれだよ」 「ちょっと待ってよ!それ、そのまま聞くと、あたしがその内、周さんの赤ちゃん産む様に聞こえるじゃん」 「バカ!考え過ぎだよ。今は、そんな事期待してないから大丈夫だって!とに角実行だ」 「はいはい、好いでしょう・・」かくして、互いに向き合い、上体を斜めに起こした形で、二人にとって初めての「脚コキ」を暫し。

「ううっ、宙ちゃん・・初めてにしては、じ・・上手だわ。美波さんは、これやってない。しかし、こりゃいかん。程ほどにしとくか」 「ふふ、周さんの目論み、何となく分ったわ。美波先生も知らない・・か。いいよ。これから段々覚えるからね。でも、そろそろ繋がりたいから、上に来て欲しいわ」 「やっぱり、正常位がいいかね?」 「うん。初めと終わりはね。所で周さん、美波先生と、新しい体位を試したんじゃなくって?」 「ああ、一つあるな。さっきの脚コキじゃなくて。今から教えるよ」 「宜しくね・・」 「了解。その前に・・」周は、宙を着衣のままベッドに臥させて両脚を開き、下方に愛撫を施す。

両の足先から膝、太腿を経て、股間へ。まず、ショーツ越しに高め、喘ぎと湿度の高まりを確かめ、慎重にショーツを下ろす。変わらぬ、魅惑の秘溝。薄目の下草上に咲く秘唇と、そこから覗く、鮮やかな肉壁。それに劣らず輝く陰核(クリトリス)、荒れ知らずの菊花(肛門)も咲き競う。「やっぱり、宙ちゃんは俺の一番!」と、つくづく思う周であった。

「さあ、高めて行こうか」 「うん・・あ、はぁぁ・・」入念に、周から宙への、お返しの口唇愛撫(クンニリングス)が施される。初め「クチュクチュ」と、唇と舌の技が、微かな音を伴っていたのが、秘溝の加湿が進むと「ジュルジュル・・」と言う、耳障りな程の音に変わって行く。喘ぎの頻度が増し、高まって来た所で、周は、宙に耳打ち「さ、繋ぐね」 「うん、来て・・」

周はこれを確かめ、ぐっと宙の脚を押し開き、上に重なると、右手を添え、男根を秘溝に近づけ、ゆっくり腰を落とす。最初の喘ぎ、亀頭が肉壁の迎撃を感じながらゆっくり進み、やがて突き当たる。子宮口に達し、連結を果たす。「最初は、ゆっくりな・・」 「あ、ああ・・つ・・続けて」お約束の、スロー・ピストンによる動きが始まり、宙は高められて行く。亀頭が子宮口を繰り返しノックする、心地良いポルチオ性感に酔う二人。決して悲鳴ではない、艶やかな高音が響く。互いの両腕での抱擁に加え、宙の両脚は、周の腰を捉え、ガッシリと組み付く。ただ、上下動だけを許す為に。

十分間程、二人は、喘ぎと呻きを交換し合った。それから、周が言った。「じゃ、一旦体位を変えるよ。一度、俺が下になってっと・・」正常位から、宙の上体を抱いたまま、周が座り込む態勢に。ベッドの縁で立ち上がれる様にして「よしっ、ちょっと立つから、しっかり首に捕まっててくれ。腰に脚を巻き付けるのは、続けてな・・」 「分った。いいよ・・」宙を前に抱き、核心を繋いだまま、立ち上がる。今度は、少し強めに腰を使う必要がありそうだ。

「ああっ、ああっ、こ・・これも良さそう!」ゆっくり部屋の中を移動しながら、尚も高め合う。「宙ちゃん。これが、俺が美波さんに仕掛けた、新しい体位だ。『駅弁』て言うらしい」 「ハハ『駅弁』か。上手い事言うわね。そう言えば、ちょっと前まで駅で見かけた弁当屋さんと、ホント、よく似てる!」そして二人は笑い合った。この体位でも、十分間程続き。

「周さん・・」 「はい・・」 「最後はね、やっぱり正常位で決めたいわ」 「よしっ、いいでしょう」周は応じ、再びベッドに、宙を転がしてやる。だがしかし、全裸になる事は認めなかった。「今夜は、着エロさ・・」 「意地悪!」と、一度は拗(す)ねた宙だが、本心は満更でもない様だ。周も、上のアンダー・シャツは着けたまま、行為に臨んでいる。「さあ宙ちゃん・・」 「はい・・」 「頂上へ行こう!脚は絡められんけど、いいかな?」 「好い感じで昇れるなら、いいわ」 「よしっ!今、帰るよ」 「うん、早く、亀さんを返して・・」

会話を区切った周は、再び宙の上に重なり、両の脚を大きく曲げ開くと、両の腕で両の太腿を抱える態勢をとり、一度空けた右手を添え、ゆっくり男根を、秘溝へと返す。再びの喘ぎ、そして呻き。だが・・やはり、直ぐには腰を強めも速めもしない。「嫌ね、又焦らして・・」組み敷かれる宙は、些か不満顔。「まあまあ・・」上から、周はなだめる。

「まだ旅は、これからさ!」時を刻む様に、腰を動かす 周の脳裏に、あの海辺への往来に乗った、JR列車の、線路の繋点を通る、規則正しいジョイント音が響き渡る。「ねえ周さん・・」下から、宙が呼びかけ。「はい、聞こう!」周が返すと「美波先生が来られたらね、夜の行事に、あたしも加われるなら許すわよ!」 「あ~あ、所謂(いわゆる)3Pかよ。いや、まあ良いだろう。分ってくれて、有難う!」互いの「核心」を繋いだまま、喘ぎと吐息を交えながら、高まる二人は、上と下で笑い合った。
(おわり 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 波多野結衣
東京スカ・パラダイス・オーケストラの今回楽曲「流れゆく世界の中で」下記タイトルです。
流れゆく世界の中で
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。