FC2ブログ

記事一覧

交感旅情 第1話「行先」

5d0d7132.jpg
4/15土曜の夜遅く、後少しで日付が変わろうとする頃、A大学経済学部入学を果たしたばかりの阿久比 周(あぐい・あまね)は、総合予備校 佐分利(さぶり)学院時代の下級生 白鳥 健(しらとり・たける)の伯父 中条 新(なかじょう・しん)と共に、日頃のアルバイト先 欧風居酒屋「MURO」のカウンター席で会合をしていた。つい先日の12日、満二十歳を迎えたばかり。その事を知っていた中条は、周の休日 土曜日を選んで、この酒席を設けたのだ。

「周君、ちょっと遅れたけど、誕生日おめでとうな!」 「有難うございます!」節目の行事でもない限り、まず飲む事のないヱビス・ビールで乾杯し、次いで交際中の伊野初美(いの・はつみ)の入れ知恵もあり、少しワインに詳しくなった中条の提案で、フランス産のドライな白「シャブリ」と言う銘柄を冷やして開栓、鮭のマリネや鱸(すずき)のバター焼、ツナサラダなどで、ボツボツと飲んでいたのである。

中条は言った。「いやー、この日を待っとった訳よ。前から一度、君と酒酌み交わして、どうでも良い事を喋る。これが、俺の一つの夢でさあ・・」 周も「伯父さん、自分の方こそ、それ待ってましたよ。これからも、色々伺って、覚えて行きたいと思いますのでね。どうか、宜しくお願いします!」 「ああ、いいよ。余り良い見本じゃねぇかもだが、できるだけ希望には沿う様にするわな!」中条も返す。

「ホント、周 おめでとう!大きな区切りだな」ばい貝の蒸し焼きを手に、周の上司である、店主の室 静男(むろ・しずお)が顔を見せる。四十代半ばだろうか。背丈は中条より僅かに高く、浅黒で精悍な風貌が、同じく周の下級生 豊野 豊(とよの・ゆたか)の父 樹(いつき)を思わせる。ざっくばらんな性格も、どこか似ている様な。「店主(オーナー)も、有難うございます!」周も返す。

中条「これは室さん、有難う。これ、白ワインとめちゃ相性好いんだよなぁ!」 室「そうそう。今日、JR中央駅近くの生鮮市場へ回ってみたら、富山から極上のが入ってた訳。少し高めだったけど、十人前位入れた内のって事。これで完売だよ」 「おお、そりゃ、一番味の好いとこだな。楽しみだ!」 「新さん、楽しみはもう一つあるよ」 「おお、もっと好い。何だろう?はい、聞きましょう!」 「それはね・・」室は中条に耳打ちした。

「これから、Sタクシーの永(なが)ちゃんが、仕事が退けて、ちょっと寄るんだと。今日最後の客としてな」 中条「そうか、尚可って奴だな。おい、周君、聞こえたか?」 周「ええ、聞こえましたよ。S自動車の永野 光(ながの・ひかる)さんですね。花井社長の会社で、よくお会いしてました。いつかゆっくり話がしたいねって」 「その通り!彼もこの近所が居所でな。徒歩で来られるんだ。もう仕事は退けてるから、間もなくだろう」中条がそう返すのと前後して「いらっしゃい!」室の大きな挨拶が聴こえた。

「今晩は。あっ、中条さんに阿久比さん、見えてたんですね!」日付が変わる正に数分前、S自動車のタクシー運転手 永野が現れた。室に促され、周を挟む様に、カウンターに席を取る。落ち着いた店内は計約二十席余り。客は、中条らを含め、後三組数名と言う所だ。「永ちゃんは、何飲む?」室の声に反応しようとする永野を、中条が制す。「永ちゃん、今夜は俺に任せろ!」 永野「え、マジですか?」 「良いよう。年一回位!」迫力を伴う中条の言葉に、永野「有難うございます。お言葉に甘えます」 「まあ、そんなにかしこまるなや。肩の力抜いて、話そや」 「・・ですね」 「室さん。永ちゃんもヱビスですと!」 「了解!」

永野の元に、ヱビス・ビールとグラスが回される。「じゃ、改めて乾杯!」 「はい、阿久比さん、お誕生日おめでとうございます。晴れて、二十歳ですね」 「ええ、永野さんも、有難うございます!」周も、永野に答礼す。グラスを上げ、天ぷらが追加され、更に話が続く。

「有難うございます!」二組の客が店を後にし、残るは中条ら三人だけになった。もう一人の若いアルバイト男子に、閉店の段取りを指示しながら、室が言う。「後二十分位でキリだからさ。それまで、エロ話でもしててよ」 中条「ああ、有難う。俺たちも、必要なら応援するからな」 「大丈夫。ただ、最後の賄いのとこだけは、周に動いてもらうから。お前、まだ酔ってないよな」 周「はい、まだ大丈夫ですよ」 「よしよし、新さんや永ちゃんに、色々教えてもらえ」 「はい、分りました」

「と、言う事です」中条が言った。「永ちゃん、何が聞きたい?」 「はい、そうですねぇ・・」考えながら、永野が返す。「中条さんが、よく自分の車に乗られた時にされる、風俗の話の続きなんかを、とか思うんですが」 「ハハ、やっぱりそっちが聞きたいか?」永野のグラスに、残りのビールを注いでやりながら、中条が続ける。傍らで、周も、ニンマリしながら耳を傾ける。

「まあ、俺はねぇ」 「はい」 「余り、深い行為を伴うソープとかは、余り好かん訳ですよ」 「ああ、そっちの方は余り・・ですか。JR中央駅の西口からちょっとの所に、結構好いとこもあるんですが」 「西口って言うと、昔の遊郭のあった辺りだよね。所謂『大門』て言う辺さ」 「そうですね。そう言う自分も、たまにお客の送迎する事がありまして」 「まあ永ちゃんの目からはモノ足りんかもだが、俺はどっちか言うと、深いとこ飛ばした『ヘルス』系の方が好きだな」 「なる程。それも勿論、ちょっと前の事ですよね。これ言うべきじゃないかもだけど、今は婚約者(フィアンセ)さんがいらすから・・」 「まあ、婚約者みたいな女性(ひと)だけどな」

会話の途中、室が「ちょっと、夜間金庫行って来るから」と、アルバイト男子を伴い、十分間程留守。若い彼は、そのまま退勤となる。「まあ、気をつけて!」中条と永野が応じると、周「あれ、自分が彼と行くつもりだったんですがね」 中条「ああ、そうか。まあ、室さんが気を遣ったんだろ。好いんじゃね?」 永野も「そうですね。ここは店主(オーナー)に任せれば良いでしょう」と応じ。

「お待たせ!」 「お疲れ様でした!」仕事を終えた室が、中条たちの席に加わったのは、日付が変わって二十分余り後。ヱビス・ビールが更に一本開けられ、改めて四人で乾杯。「周、新さんたちが、これから夜の事も教えてくれるぞ。楽しみだな!」 周「有難うございます!ホント、そっちもお願いしたいとこでして」 中条「うんうん。まあ徐々に進めようや。一篇じゃ無理だし」返し、永野も「そうそう、初めから飛ばし過ぎはいけません」と応じ。

中条「では、さっきの続きを・・」 他の三人「はい、宜しくお願いします」 「・・で、俺は、深い核心の行為はないけど、それ以外全部OKの、ヘルスの方で主に楽しんでた訳」 永野「なる程。・・で、ヘルスと言いましても、主なのだけでも三つあるのはご存じですよね」 「ああ、知ってますよ。店の個室でやる『箱ヘル』と、ホテルの部屋へ行く『ホテヘル』それに自分ちへ呼ぶ『デリヘル』てとこか?」 

永野「はい、その通り!中条さんは、全部お試しになったんですか?」 中条「ああ、まあね。『嬢』で一番ハズレがないのは、やっぱり箱ヘルだけど、近頃は随分やり難くて減った様だな。で、ホテヘルにデリヘルは、プライバシーの方は○なんだが『嬢』に当り外れが多くてな」 「そうですか。当地以外でも呼ばれた事ありました?」 「うん。札幌と東京、それに福岡が少しずつ・・かな。大阪は、そのものは盛んなんだが、当り外れが多そうで、見合せたよ。それと・・」 「はい。それと・・を伺いましょう」 「もう一つ、新潟な」 「ああ、新潟ね。あそこも、ポイントは高いみたいですね」

中条は「そう、永ちゃんの言う、ポイントは高いな。勿論、当り外れもそれなりなんだが。で、周君」と周に話を振って行く。 周「はい・・」応じると「実は、月末の記念旅行の事なんだが、行先が新潟なんだ」 「おー、そうですか。あそこも好い土地ですよね」 「まあね。酒も米も海鮮も好感だし、温泉もある。海も山も、眺めは好いし、鉄(道)マニアには、蒸機もお出ましだ。まあ大抵の役者は揃ってるって事で」 「あはー、そりゃ期待が持てますね」 「更にだ」 「更に・・はい」 「今回は、もう少し好い事をと思うんだ」中条はこう言うと、グッと一膝、周の方へにじり寄った。
つづく 本稿はフィクションであります。

今回の人物壁紙 吉沢明歩
今回作の音楽リンクは、葉加瀬太郎さんの楽曲を取り上げて参ります。まずは「With One Wish」下記タイトルです。
With One Wish

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。