FC2ブログ

記事一覧

交感旅情 第2話「前奏」

04206f27.jpg
桜の見頃も終わった曇り空の春の夜、室(むろ)の店に、思い思いの普段着で集まった、四人の男たちの歓談が続く。「周(あまね)君、それはだな・・」一膝(ひざ)、彼に近寄った中条は続ける。「君と俺だけじゃねぇんだ。俺がつき合う初ちゃんと、君の彼女 宙(そら)ちゃんの、四人で行くんだ。出発は、28日金曜の夜、往きは夜行高速バス、帰りは新幹線乗継ぎになるだろうな」

「そうですか。所謂2+2(ツー・バイ・ツー)って奴ですね。所で伯父さん、宙はこの事まだ知りませんよね。直ぐに俺から話さんといけませんね」周は、笑ってこう返す。対する中条「うん、それが良いかも。あらかた初ちゃんが話してくれてるはずだが、君からも一言あった方が、そりゃ安心だろう。彼女は、遅くなってもSMSとかは送って良いのかな?」 「ああ、彼女(あいつ)、1am位までは起きてるとか言ってました。今、0:30am回ったとこですから、ちょっと失礼して、送信しときましょうか」 「それがいいね」これを受け周、中条の話を、宙宛てにとりあえずLINEで送信、了解を得る。

「皆さん、悪い!今夜は1amでお開きにしようか。俺、この後、ちょっと周君をウチに呼んで話があるんで・・」中条の切り出しに、室と永野「了解。ちょっと早めで惜しいけど、仕方ないですね」と返し。酒気のグラスも、料理の皿も、間もなく空きそうだ。暫くの談笑の後、壁の時計が1amの時報を告げ・・

「俺、片付け手伝いますので・・」周が席を立ち、店の戸締りにかかる室を応援して食器洗いや片付けに入る。「阿久比(あぐい)さん、ちょっとダスター貸して下さい。カウンターの上とか拭きますから」永野の申し出に、周は「有難うございます!お言葉に甘えます」と返し、洗ったダスターを預け。中条も「俺は椅子とか整頓するからさ。もし落とした物がありゃ、拾っときゃ良いな」 周「そうですね、もしあったらこちらへお願いします」 「了解!」約十数分で終了。

「お疲れ様でした!」 「皆さん、遅いから気をつけて・・」 「了解、又近く!」寝静まった店の前で解散。室は店の上階自宅、永野は西方の居所、中条は、周を伴って、永野とは逆の東方の居所へ。いずれも、徒歩で数分位の近場だ。玄関のセキュリティをクリア、EVで7Fの南東向けの、中条の居室に入ったのが 1:30am少し過ぎ。

「周君、先にシャワー行って来いよ。俺、寝品のドリンク用意しとくから」 「有難うございます。と言って、酒気はもういいかなってとこですが・・」 「ああ、いやいや、アルコール初心者の君を、のっけからいじめはせんよ。懐かし系のサイダーだって!」 「ああ、好いですね。マジ感謝ですぅ!」周は、笑顔を返すと、中条から借りたトレーナー上下を手に、浴室へと向かう。十分程後入れ替わり、中条が入浴した所へ、周のスマート・ホンにLINEの送信。宙からだ。

「周さん、好いお祝いだった?」 「ああ、宙ちゃんか。さっきは遅くに悪かった。俺も、ちょっと説明した方が良いかな、なんて思ったんで」 「ううん。伝えてくれて有難う。少し前に、初美先生(筆者註 宙にとっても、総合予備校 佐分利学院時代の恩師だが、修了後も『先生』の敬称で呼んでいる)からお話は聞いてるしね」 「ああ、分ってくれりゃ良い。後は、今月末まで病気や怪我せん様に気をつける事だな」 「ホント、そうだよね」 「さて、遅くなってもいかん。この辺で・・」 「周さん、ちょっと待って!」スマート・ホンの向うで、宙が彼を制す。

返す周「はい、何だろう?」 宙「あのね、入学式の、次の週末、高め合ったのが最近でしょ。あちらの方が、温まってるんじゃないの?」些か、冷やかす様な文面だ。周は、少しおいて「ご心配有難う。まあ溜まってるっと言や、溜まってるがね」と返信。すると・・

宙「ふふ、本音が出たね。今、あたしがどんな格好だか分る?」 周「ハハ、又俺を揺さぶる気だろう。相当際どいモノ着てる様にも感じるがな」 「あのね、アンダーが超短いネグリジェよ。完全に、膝上20cm超かしらね。それに寝る前だけ二ーハイ。ショーツは・・さあ、当てて欲しいわね!」 「う~ん、それは・・」周が、返信に詰まった所へ、浴室を出た、バス・ローブ姿の中条が、サイダー瓶とグラス二個、アイス・ペールを携えて戻った。「ちょっと、待ってくれるか?」 「ええ、いいわ・・」

周「伯父さん、済みませんね。さっきから、宙がLINEをよこしてまして」 対する中条「ああ、何、?気にせんでええ。必要なら続けろ。何?夜の話題かね?」ニヤリとして返す。周「はい、まあ、大体はそんなとこでして・・」苦笑しながら応じ。「そうかぁ、まあ、これ飲んだら寝室行くか?俺はここのソファで寝るからさ」 「いや、伯父さん、無理言って申し訳ないんですが・・」周はこう言った。

そして続ける。「実はこの後、ちょっと観たいTV深夜番組がありまして、今夜は自分が、ここで休めたらと思うんです。それじゃダメですか?」 「いや、俺はいいよ。・・で、何かね?観てる内に寝てましたってか?」笑いながら、中条は応じ。「所で周君、そのLINE、見られちゃ拙いのは分ってるが、途中まで、ここでやり取りってのは無理か?」 「いや、まあいいでしょう。大した事なさそうだから」と、周は返した。

かくして、宙とのやり取りが再開される。周「お待たせ。今夜の、貴女のショーツがどんなかってとこだったよな」 宙「はい、その通り!今、あたしが何着けてるかって事よ。ついでに訊くけど、今夜は伯父様の所に泊まってるの?」 周「そうだよ。今は入浴されてるが(これは言い訳)。随分酒気(アルコール)も頂いたし、伯父さんにバイト先のボス、それにSタクシーの永野さんも来られてさ、男同士の話も、中々面白かったな」 

宙「ふぅん。永野さん、昨日はお休みだったんだ」 周「まあ、昨日午後と、今日午前がフリーだったって事だけどな」 「あの男性(ひと)のお話って、結構面白いから、あたしも、その内ゆっくり喋りたいと思ってたのよ」 「うん。まあ、街の知識も知ってられるけど、それより、聞かせる技が素晴らしいんだろうね」 「そうそう、素敵な話し方よ。それが好いって訳!」 「どうだろう?口説かれたら落ちそうか?」 「うん。まあ、分らないわね。さあ、さっきの話よ。どうかしら?」

「どうしても、答えんといかんか?」内心ではそう思いながら、周は「多分ね・・」と前置きし「ノーマルはないと思う。『T』かな?のっけからノーパンってのも風情がないしな」そう答え。宙は「ふふ、残念ね。今夜は、最初からノーパンよ。夕飯の後、少し教養科目の復習して、シャワー浴びたんだけど、それからは、さっき言った夜着に替えて、お尻の下にはタオルを敷いてるの。もしも、貴方とのやり取りで股間が濡れても平気な様にね」

「ハハ、そうか・・」短く返した周だったが、一方で「そんなタオルなら、俺にくれないか?貴女の性臭を感じたい!」想いもありはした。傍らで、微笑みを浮かべ、酒食を共にした若者の、恋人とのやり取りを見守る中条だったが、程なく彼にも動きが訪れる。周同様、スマート・ホンにLINE送信がされたのだ。初美からだった。

「新(しん)さん、遅くに悪いわね」 「ああ、初ちゃん、今晩は。何、明けて今日は日曜だ。夜中だろうと、気にはせん。昨夜の周君祝いの席は、無事終了だ。今、彼とTV観ながら、サイダー飲んで、寝るとこさ」 「ああ、そうなの?なら好都合ね。あたしね、今、ちょっと寛いだ格好で寝る前の時間だから、連絡したって事よ」 「そうか、そりゃ良いな。きっと魅力の格好だろう。色々意地悪く訊こうかな」 「ふふ・・『意地悪く』じゃなくて『エッチに』でしょ?」 「まあ、そんなとこだな。時間はいいのか?」 「ええ、少しならね」ここで中条は、周の方へ向き直る。「奇遇だな、丁度良かった」 「・・ですね」男二人は、互いに好都合を感じ始める。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 立花はるみ
葉加瀬太郎さんの今回楽曲「Born to Smile」下記タイトルです。
Born to Smile

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。