FC2ブログ

記事一覧

交感旅情 第5話「序奏」

47fef81b.jpg
寒暖差の大きい 4月後半だったが、一部の日を除いては、概ね春らしい穏やかな日々だった。ただ、これは天気の事。新年度の事とて、宙(そら)や周(あまね)は新学期、初美(はつみ)と中条も、新年度の仕事とかで、それぞれに忙しい日々を送った。次の週末、4/22と23の土日曜は、臨時出勤や大学の課題処理とかで、前述の面々が、夜 顔を合わせる事はなかった。これは、続く大型連休の期間を、確実に休める様にする為の準備でもあった。

4/28の金曜、いよいよ出発の夜である。昼間は快晴、西に三日月を仰ぐ夕方、幹事格の中条はこの日、いつもより一時間程早めに仕事を終え、専務の実妹が用意してくれた、夕食の弁当四人前を携えて、車で勤務先を後に。途中一旦、初美の居所へ回り、同様に早めに帰っていた彼女を乗せて居所へと戻る。午後早くに大学の教科を終えた、宙と周も、ほぼ同時に N市営地下鉄で、中条の居所に集まる手筈であった。

6pm頃、旅姿を整えた四人が揃った所で、中条「皆、無事に出かけられる事になって、良かったな。これから月曜まで足かけ四日間、宜しくです!」 「こちらこそ、宜しくお願いします!」中条以外の三人が挨拶。中条はこれを受け、女二人に、先に入浴を促し、彼女たちも快く応じ、一旦その場を離れ。

中条「いよいよだな。夕飯は妹が用意してくれたから、ボツボツと済ませばいいだろう」 周「そうですね。ここから JR中央駅辺りまでは、永野さんが送って下さるんでしたっけ?」 「その通り!永ちゃんが、10pm少し前に迎えに来るはずだ。だから、ここでビール飲んで待つ事もできる訳よ」 「分りました。出かける前の、景気づけですか?」 「まあ、そんなとこだな」男二人は、こう言って笑い合った。

半時程後、先に上がった女二人と入れ替わりに入浴。中条の妹から預かった、夕食の準備。初美「専務さんも、こう言うお料理は考えられてるわね。揚げ物の一方で、お野菜もちゃんと添えられてるし」と言えば、宙も「そうですね。ホント、いい教科書だわ」と返したりで、小半時が過ぎる。

「では、前途の無事を祈って、乾杯!」 7:30pm頃だろうか。未成年の宙はペリエ、他の三人はアサヒ・スーパードライでグラスを上げ、夕食。周が切り出す。「夜行高速バスは、JR中央駅南のバスタから、10:30pm過ぎの出発でしたよね」 対する中条「そうだ。10:40pmの出発予定になってるな」と返し、更に「本当は、去年 小町先生が乗られた午後一番の便で行きたかったんだが、皆の仕事とかの都合で、そう上手くは行かなんだ。そこの所は、分ってくれな」と続けた。

周「いえ、とんでもない。行ける機会(チャンス)を頂けただけでも、喜ばしいですよ」笑顔で返し、初美も「ホント、周君の言う通りだわ。行けるだけでも幸運(ラッキー)よ」、宙も「あたしも同感です。まだ見た事ない所へ行けるのは、期待でドキドキですよ」笑って応じ」 初美「でも、夜中に通る所って、見て分るかしらね。それがちょっと、気になるけど・・」 中条「まあ、眠ってれば仕様がねぇよ。行程の真ん中辺り、G県内で絶景があるんだけどな」

周「絶景ですか?分ります。それ確か、峠みたいな所から、眼下に街並みを見下ろせるとこですよね」 中条「その通り!冠着(かむりき)って言う峠道から、県都のG市街が一望に見渡せるんだ。大きなC川沿いに、家並みが展開してるのが、手に取る様に分る」 宙「ホントは、昼間がお勧めなんですね」 中条「そう、昼間行ければベストだが、でも夜景も魅力だな」 初美「じゃ、起きられればその夜景が楽しめるって事ね」 「まあそうだ。丁度何て言うか、星空の天地を逆さにした感じで・・」そう言うと、女二人は「早く言ってよ!夜景の方が、素敵そうじゃないの」とどやし、苦笑で応える中条であった。

夕食の片づけを終え、てんでにTVやPCネット、スマート・ホン画面のチェックなどで過ごす内、9:30pmを迎えた。「そろそろ、出かける準備を・・」と、中条が他の面々に伝えるのと、彼のLINE受信反応がほぼ同時。永野からだ。「お待たせしてます。只今から伺います」 「宜しくお願いします。こちらは準備OKです」中条も返信す。

一同は、キャリー・バッグなどの手回り品を整え点検し、各自の衣裳も整えて、階下へと移動準備。朝方はまだ肌寒く、思い思いに薄手の上衣は当然も、下方は、宙だけが長めのスカート姿なのが、中条には気になった。「宙ちゃん、パンツかジーンズの方が良くね?」 「ご心配有難うございます。バスの中は、これで大丈夫よ。ジーンズとかは、着替えで持ってますから」笑顔で答える彼女であった。

揃って階下のロビーに降りた 9:50pm頃だろうか。永野の駆る、ワン・ボックスの大型タクシーが横付けされる。「今晩は、今夜も有難うございます!」 「永野さん、宜しくです!」中央二列目に男二人、最後列に女二人、後方に一同の荷物を載せ、出発。

永野が言った。「今夜は、明日からの連休前夜ですから、どこで道路が渋滞するか分りません。念の為、二時間位の遅れは、見積もった方が良いかも知れませんね」 「そうだね、特に首都圏方面への中央道が要注意・・かな」中条が返すと、永野は続けた。「それと、やはり上高地がシーズン・インしましたからね。特に今春は、桜の見頃と重なって、相当な人出みたいです。中央道を外れても、G県下は要注意でしょう」 「OK、有難う。それ、気にしとくわ」 「後、バスは独立三列シートの、トイレ装備でしょうか?」 「ああ勿論、どちらも有りだ。ちと狭いけど、走行中も何とかなりそうな・・」 「良かった!・・なら、一安心ですね」約十数分で、バスタの階下へ着。

「有難うございました。又、一日月曜の夕方に。行ってらっしゃい!」 「永ちゃんもお世話様、気をつけて。又帰り、新幹線側でな!」会釈で車を降りると、一同は、有名な大型人形オブジェが聳える傍らの、長い上りエスカレーターで階上のバス乗り場へ。長距離高速バス乗り場は、ターミナル3Fの8番乗り場から出発する。多客の今夜は、二台で新潟へ向かう様だ。

「買い物のある人は、今の内に済ませておいて。後、トイレもできるだけな」中条の言葉に、宙と周はコンビニの売店へ、初美はトイレを使いに向かう。周と中条も、入れ替わりでトイレを済ませたが、宙だけが、向かう様子がない。「大丈夫か?」中条が一声かけたが「有難う、大丈夫よ」優れた笑顔だけが、返って来た。

先発の、四国方面便が出発した10:30pm過ぎ、予想通り、二台の名豊電鉄バスが現れ、乗り込みを開始。最初に、床下トランクに預ける荷物を交代の運転手(ドライバー)に渡し、宙、周、初美、中条の順で乗り込み。席は進行方向右側の前三列と、独立三列の中央、前から三番目。この席は「道中、宙ちゃんと話がしたい」初美が望んで座り、窓側三番目が宙、その前の二番目に周、中条は、結局右側先頭席になった。

乗車に先立ち「皆、必ずシート・ベルトを着ける」様指示し、又、早めに休める様、背もたれのリクライニングを倒す様促す中条。女二人の後方は、トイレのスペースと通路の為、乗客がいない。心置きなく休める様に、との配慮だった。「夜中に起きてられると良いわね。新(しん)さんのお話にあった、素敵な夜景が見たいから」 「ホント、無理してでも起きてなきゃ・・」彼女たちは、そう言い合って笑った。

二台両方が満席となった10:40pm、1号車を先頭に、新潟へ向け出発。中条たちは、後続の2号車に乗る。この路線は、他の多くがそうである様に、普段は一台だけで運行されるが、乗客の多い連休前などは、増車される事があるのだ。夜の街を抜けた二台のバスは編隊を組み、バスタ東方のI.Cから都市高速入り。まだ混雑する車列を上手くかわし、二十分程で郊外へ出、中央道に合流して行く。永野の話通り、車は流れているが、かなりの通行量の様だ。

N市を発って最初の休憩は、日付が変わる直前。隣のF県からG県に入る少し前の山間近くに、「E峡」と言うS.Aがある。ここで十数分間停まるはずだ。宙は迷っていた。「どうしようかしら。今度の休憩で、トイレ使おうかな。でも・・」実は彼女は、ある企てをしていたのだ。「その為に、今夜はスカートにしたのよね・・」背もたれを倒して寛ぐシートの下から、程良い揺れ、振動と、カーヴをクリアする時の、僅かな遠心力、それに昔よりずっと静かになった、ディーゼル・エンジンの微かな響きも伝わって来る。

「何となく、あたしの性感に訴えて来る。これらの振動・・」想えば、困った事になりそうだった。心地良い、それでいて、列車とは違う、完全には遮断されない小さな揺れや振動が、恰もマッサージ器の様に、宙の下方を標的にして来る感じがする。それはまるで、巨大なバスが「宙さん、貴女の中に入ってもいいですか?」とでも言いたげに、シートの下から巧妙に突き上げて来る様な感触があった。

「ああ、嫌らしいわ・・」宙は呟く。「このバス、運転手(ドライバー)さんの他に、触手でも持ってるのかしら・・?」あり得ない、そんな妄想が、脳裏を霞めたりする。彼女の下方が、容赦なく熱せられて行く。その途上、最初の休憩地へ。連休前夜らしく、多くの乗用車や大型バイクにRV、大小トラックや貸切バスなどで賑わう駐車場を抜け、他の客に伍して、念の為、地上トイレを済ませた宙は、一足早く戻り、己の席の下にあるトイレを、こっそりと覗き込んだ。これが、一種の邪心に火を点けた。「ああ・・」艶めかしく呟く宙。「周さんと・・ここで、してみたい。拙いのは、分ってるけど・・」
(つづく 本稿はフィクションであります。物語中の夜行高速バス席番は、実際と異なります)

今回の人物壁紙 瑠川リナ
葉加瀬太郎さんの今回楽曲「冷静と情熱の間」下記タイトルです。
冷静と情熱の間

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

尚、他ブログにて、政治社会の事共や、鉄道交通に関する趣味的事柄にも触れております(下記アド)。
https://blog.goo.ne.jp/hakase32
お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。