FC2ブログ

記事一覧

交感旅情 第8話「早暁」

03c9f281.jpg
新潟へ向け、夜行高速バスの行程もほぼ半分に達した。2am少し過ぎ、先程まで、階下のトイレにて「あの行為」に耽っていた宙(そら)と周(あまね)は、それぞれの席に戻って、熱い余韻に浸っていた。「ああ、熱かった。でも、スリリングで素敵だった・・」若い二人に、共通の想いだったかも知れない。射出された、周の男精を分かち合っての口づけが叶わなかった事が、宙には少し不満が残る様な。

「まあ、仕方ないわね・・」そう呟き、座席(シート)下の前方にある、カップ・ホルダーに干したショーツを再び着ける前に、立膝で席に着いた宙は、左中指で、まだ周の男精が僅かに残る、己の秘溝をそっとなぞり、口へと運ぶ。「ふふ・・ほんのちょっとだけど、美味しいわ・・」薄笑いを浮かべ、続ける。「さあ、そろそろ素敵な景色の見える所だわ・・」後席にいた若い女客が一人、空いたトイレへと向かう。

左隣に座る、初美が目を覚ました。「宙ちゃん、起きてる?」 「ええ、さっきからちょっとね・・」宙は、そう返す。「まあ、中々上手くは眠れないわね・・」ボヤく様に続ける初美だったが、その一方で「嘘つけ!」との想いもありはした。実は彼女は、若い二人が席を立ち、静々とトイレへ向かった頃から目を覚まし、小一時間に亘る行為の間中、眠ったふりをしていたのだ。その間、何があったか位は、三十路に入った初美には、全て見通せた。勿論この時は「思っていても」彼たちを追及する事はなかったのだが。トイレへと向かう階段を、休憩を終えた交代運転手が上り、前方へと向かう。

2:10am、二台のバスは、G県の県都を見下ろす、某S.Aで、ちょっとの間の運転停車。後半の行程を担う、交代運転手が一旦車外に降り、バス車体の周囲や、タイヤの状態などを目視確認。前半の行程を終えた当番運転手と交代して運転席へ。再びの発車まで、計器類や自動車電話などを点検し、異常なしを確かめる。離席した当番運転手は、客席の状況を一通り確認の後「こちら異常なし。じゃ、次の休憩まで、宜しくです」一声かけ、休憩入り。「了解です。お疲れ様!」乗降扉が閉まり、約十分で、再び出発。

「本線に合流して、直ぐの所らしいわ」自席を立ち、宙の傍らに寄り添う初美が言った。「そうですね、何とか夜景が取れるといいわ」宙はそう返し、持参のコンパクト・デジカメを、開かない側窓に押し付ける様にして、絶景の出現を待つ。初美は、宙の上体を固める様に支える。少しでも手ブレが抑えられる様に。暫くして・・

進行方向右下に広がり出した夜景は、中条が言った通りの見事なものだった。当の本人、そして周は夢の中の様だが。それは、満天の星空を、そのまま逆さにした様な、ワイドで幻想的な光景だ。「やっぱり・・」撮影した女二人は呟く。「嘘じゃなかった。これが見られたのは、大きな収穫よね」絶景は、僅か数分間の事ではあったが。

行程後半、四人はまずよく眠れた様だ。4am過ぎに、上越地区、日本海沿いの「米山(よねやま)」と言う所のS.Aで休憩をしたはずだが、一人も気がつかなかった様だ。後で休憩に入った当番運転手も既に戻り、もうJR新潟駅まで途中休憩がない事を確かめた初美は、トイレへと向かう。

5amを過ぎると、辺りは徐々に明るくなって来る。追越車線を、サイド・カーを伴った、大型バイクがパスして行く。米国の名車 ハーレイ・ダビッドソンらしい。「お早うございます!」気付いた周、前席の中条に挨拶。「ああ、お早う。聴いてたか?ハーレイは、好い音しとるなあ」 「・・ですね。自分は大型バイクにゃ乗れなかったけど、あのライダー心理は、分る気がしますね」周は、こう返した。

中条は応じ「ほう、自動二輪免許は取らなかったのか?」 周「ホントは憧れたんですが、ご想像の様に、親たちの反対に遭いまして。転倒の恐怖が頭にあったんでしょう。結局、実家の仕事にも使える普免になった訳でして・・」 「ああ、そう言うのよく聞くなぁ。俺と同じだ。 まあ『音』聴くだけでも面白いけどな」 「まあ、それもありですね・・」 「ところで・・」 「はい・・」

中条は、窓際の方から後ろの周の方を向き、続ける。「俺たちが学生だった頃、悪い冗談を言い合ってた事があってさ。あんな好い音してるんだから、きっと、乗ってる奴は、シートにバイブを仕掛けて、気持ち良く乗ってるんじゃね?って言う・・」 「ハハ、事実なら『変態』ですね」 「まあ、そうなるだろうな。大声じゃ言えんが、乗ってる方も、そんな目で見られても、一定は仕方ねぇんじゃ・・って思うんだが」 「う~ん、微妙なとこですね。でも、深夜帯はやめとけって、自分も言いたいですが・・」 「・・でよ。その冗談は『バイブ・バイク』て言った訳よ!」 「ハハ・・『バイブ・バイク』ですか。上手い表現してますね。・・で、もし交通違反とかやったら、スピードの反則以外で挙げられるんですね?」

「ふふ・・」笑いを噛み殺しながら、中条は返す。「その通りやよ。ホンダの大型白バイに追っかけられて、捕えてみれば『シートにバイブ』と来たもんだ!交機隊も唖然だぜ。『貴方、一体何入れて走っとるんですか?』てな。女は収まるべき定位置、男の場合は『菊門』な。本人はいい気持ちだろうけど、事実なら、こりゃ検証と取り調べが厄介だぜ!」 「ハハハハ。いや~、ちょっとグロっぽくなって来たから、これ以上はやめましょう。あ、初美先生のお戻りだ!」 「よしっ、分った。聞いてくれて有難よ!」階下から戻った初美は、この下劣な会話が一部聞こえたらしく、着席の時、中条の方を、怪訝そうに一瞥した。

北陸道を降り、5:30amを回ると、もう真昼と変わらない位の明るさだ。まだ早朝の新潟市内は、中庸の交通量。市街地も順調に流し、予定通りの5:40am、二台のバスは、整然と JR新潟駅前の乗降場に着いた。

「有難うこざいました!」 「お二人も、お疲れ様でした!」乗換時間は十分にあり、急ぐ必要はない。床下トランクに預けていた手荷物を戻すと、四人はひとまず駅構内へ。中条が、二日用の新潟周辺のフリー切符を入手し、各自で保管を指示。「とりあえず、左手のファミレスが 6amからオープンだ。そこで落ち着いてから、今日の予定を説明するからな」 「了解しました。宜しくです」

ひとまず改札を通って、待合室で時間調整を。宙と周は、早速、スマート・ホン画面を。LINEのメッセージなどがないかをチェックする為だ。必要な返信などで、そうこうする内、6amが近づく。前述のファミレスへ向け、移動する四人。店内に落ち着くと、思い思いに朝食メニューを決めて注文、フリーのドリンクバーから好みの飲料を持ち寄って、中条の説明を聞く。

彼は言った。「朝の内、少し時間があるから、信濃川沿いの公園辺りを歩いてみるかな。山間へ向かうのは 8am過ぎの快速な。それで『咲花』てとこの、今夜の宿に寄って荷物を預ける。着いて一時間位で、次の各停が来るから、それに乗って、福島との県境を目指すんだ。上手くすれば、まだ桜が見られるかもな」 「わ、桜ですか。楽しみだわ~!」宙が、驚いた様に反応。「うんうん。まだお花があったら、ゆっくり観たいね」初美も合せる。「そうだな。割合ゆっくりできると思うよ。その間に、俺と周君は、蒸機の列車撮影だ」 「分りました。抜かりなく撮りたいですね」周も、笑って返した。

料理も出揃い、半分位進行した 6:30am少し前だろうか。周のスマート・ホンにLINE着信。前夜既に新潟入りしていた、木下由香(きのした・ゆか)からだ。「周君、お早う!」 「お早うございます。お蔭様で、無事新潟入りしましたよ!」 「そうか。良かった!今、朝ご飯かしら?」 「そうです。これから、駅近くをざっと見してから、今夜の宿に、一旦寄る事になりまして」 「あたしたちも、今朝を食べてる所よ。奥へは JRで行くの?」 「そうですね。これから JR磐越西線でって事になりそうです」 「分った。あたしたちは車だから、奥で会える様にしたいね」 「・・ですね。降りる場所が決まったら、又お知らせしますよ」 「了解、お願いね!」何となく、面白い日になりそうだ。
(つづく 本稿はフィクションであります。次回は 9/19 火曜以降に掲載予定です)

今回の人物壁紙 吉崎直緒
葉加瀬太郎さんの今回楽曲「Morning Show」下記タイトルです。
Morning Show

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

尚、他ブログにて、政治社会の事共や、鉄道交通に関する趣味的事柄にも触れております(下記アド)。
https://blog.goo.ne.jp/hakase32
お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。