FC2ブログ

記事一覧

交感旅情 第11話「桜道」

20270.jpg
「皆、待ってたぜ!」とでも言いたげに、東北電力・上野尻(かみのじり)発電所脇の桜の木々は、見頃の頂(ピーク)をやや過ぎたとは言え、まだまだ見事な花を誇っていた。ともすれば、興を削ぐ事ある緑の新芽も、まだ殆ど見られない。JR上野尻駅から、徒歩約10分強で達する事ができた。花の密度濃い見所は、特に混み合っている様だ。

「やっぱり、大そうな人出だな」 「・・ですね」周(あまね)と中条は、思わず呟く。「初ちゃん・・」彼は声をかけた。「はい、何かしら?」初美が返すと「俺たちゃ、この左手の築堤の下辺りで、蒸機を迎える。一時間ちょっと位あるから、貴女は宙(そら)ちゃんと、ゆっくり花見て来るか?」 「良いわね。そうしようかしら・・」

町道の左手、線路の築堤の下に、何本かの三脚がセットされているのだが、丁度その中程辺りに、一列横隊に置かれた箇所があり、更には何と、三脚二本分位が空けられた形になっている。持ち主たちは、周囲の撮影ポイントを確かめに行っているのだろう。後方には撮影者がなく、まるで「お前たちの撮影位置はここだ。分るだろ・・」とでも言っている様な風情。中条は言った。「周君、何か運命っぽい感じもするな。俺はここで撮るつもりだが、君は?」

対する周「伯父さん、同意です。自分も、慣れない土地ですし、まずは隣でやろうと思います」 「分った。じゃ、ここで決まりって事で。もしもよ、後ろや周囲で何か言われりゃ、その時考えりゃ良いって事で・・」 「はい、分りました・・」二人が三脚を構えると、完全な一列横隊になった。沿線の桜花も、文句なし。来た時から感じられた、撮り鉄たちの本気度が、更に高揚される気がする。

「初ちゃん、宙ちゃん」中条が続ける。「はい・・」 「俺たちが撮る間、暫く発電所の方の花を見に行ってると良い。あちらは、もっと見応えがありそうだからな」 「分りました。有難う・・」 「蒸機の列車は、正午過ぎに通る。上野尻駅までの帰りは、時間があるから、俺たちがそっちへ行く様にするわ」 「はい、お願いします」初美と宙はそう返し、別行動に・・

中条の言葉通り、ダム状の堰堤(えんてい)と発電所建物を間近に見る辺りの花は、特に見事だった。「名もないのに、こんなナイスな場所があるなんて、素敵ね」そう言い合ったりしながら、女二人は、暫し阿賀野川沿いに歩き、ゆっくりと花見に耽(ふけ)った。暫く後・・

発電所建物から少し離れた河畔に、古いベンチを見つけ、小憩。「都市部と違って、のんびりと観られるのが良いわ」 「ホント。だんだんと、軋(きし)んだ気持ちが柔らかくなる様ですわ」宙がこう返すと、初美は「ねぇ、ちょっと訊いていい?」 「ええ、いいですよ」宙は、笑顔で応じた。

初美は続ける。「昨夜、往きの夜行バスのトイレが長かった気がするんだけど、何かあったの?」 「あ、いやいや。ちょっとね、軽い乗り物酔いみたいな症状が出たんで、行ってただけの事。周さんが心配して、途中から様子見に来てくれましたけど・・」 「ホントに、乗り物酔いだったの?」 「そうですよ・・」

俄(にわ)かには、信じ難い初美であった。「違うでしょ。貴女は初めから、周君を伴ってトイレに立ってたわよ。二人して、中へ入ったってのは、ただの『連れション』レベルで済む話じゃないでしょ。何をしてたか、全てを聞き出したいものだわ!」内心でこう思いながら「そしたらね・・」と言った。

「はい・・」宙が返すと、初美は「余り関係ないかもだけどさ、去年の暮れ、社長室横の控室で、あたしとした『いい事』、又やってみない?」と言うと、宙は「ふふ・・それって『レスビアン・パートⅡ』ですわね。今日は、その時と違って野外ですから、衆目ってのがありますけど、そちらは大丈夫かしら?」と返すも、視線の方は妖しくなり始めていた。「あの時の、(初美)主任との高め合い、正直 とても好い感じだった。又、味わえるなら・・」との想いに駆られたのも事実だった。

「多分、大丈夫だと思うわ」初美が言った。「もう11:30am近いでしょう。公園の人たちは、皆、正午過ぎに通る SLの列車に気を取られて、離れてるここの事は気がつかないでしょうね。勿論、最後の一線は超えないけどね」 「いいでしょう。じゃ、座って始めましょうか・・」女二人は、川面(かわも)を向いたベンチに、並んで着座した。

宙は言った。「『主任』はやめて、お名前で呼んだ方がいいかしら?」 「そう来なくっちゃ嫌よ。それじゃ・・」ベンチ上の女二人は、グッと近づき、隣どうしに。そして・・「初美さん、好きです・・」宙の一言を合図に、睦(むつ)み合い始めた。まずは、濃い目の口づけから・・

「ん・・、ん・・、くふっ・・い・・好いわぁ」 「あ・・あたしも、と・・とても好い感じですぅ・・」数分間に亘り、互いの背後に腕を回し、舌技も交えた、濃厚な口唇愛撫を。「もう暫く、マッサージしよ!」 「はい、いいですよ・・」軽いウェーブある、長めのブルネットと、同様の黒髪に、白くなよやかな、互いの手指が絡みつく。次いでその手指は、長い髪の奥に控える、耳周りを駆け巡り、そこから頬(ほほ)や首筋へと降りて行く。多くの桜は散り始め。時折来るそよ風に、落花が舞う事もある。

「宙ちゃん・・」初美が声かけ。「はい・・」宙が返すと「随分、触り方が上手くなったわね。あたし、ちょっと熱くなっちゃった」 「ホントに?これちょっと、訊いたら怒られるかしらね?」 「ううん、隠す事なんかないわ、ホントの事、仰(おっしゃ)いよ」 「分りました。つまり・・」深呼吸を置いて、宙は続ける。

「つまり、下半身が熱くなっちゃったって事かしら?」 「ハハ、まあ、それもあるわね」初美は返した。すると「下方は拙いけど、胸周りはどうかしら?」宙はこう言いながら、初美のブラウスに右手を差し込んで来た。「嫌ね。何するの?」と内心では思いながら、初美は、宙のその行為を許した。

「宙ちゃんも、大胆になったわね。周君とのお付き合いで変わったのかしら?」の初美の問いに、宙は「まあ、それもあるかもですね。でも、もう一つ分って頂きたい事がありまして・・」 「何かしら、それは?」更に訊かれると、宙は「それは・・」と続ける。

「あたしは、姉と違って、子供の頃は、亡き父の仕事が忙しくなり始めた時季だったので、母の乳房(おっぱい)に、余り親しむ機会が持てなかったのです。それで、申し訳ないとは思いながら、こんな事をしてる訳で・・」 「分った。お母様とのその事は、仕方がないわね。でもいいわ。これから暫く、あたしの胸を駆け巡っていいから・・」 「有難うございます。もう少し、進めますね・・」宙はそう言い、初美のブラウスの前ボタンを、ほぼ全部外した。

「ああ・・」胸の双丘を愛撫された初美、喘ぎを発す。「うん、好い感じ。次は・・」呟(つぶや)きながら、宙は初美のブラを下にずらし始める。ブラカップ「C」と「D」の間位の、形と乳輪の色良い双丘が、遂に露わになる。「初美さん、無理は分るけど・・」 「はい、何?」 「貴女の乳房(おっぱい)、ちょっとで良いから、吸わせて欲しいんです」聞いた初美は、流石(さすが)に動揺した。

「それは嫌、ダメ!」強い拒絶をすべきも、その時の彼女には、何故か拒む気力が見当たらなかった。これを見た宙は、間を置かず、初美の「胸の双丘」に両の手指を駆け巡らせた後、顔を埋め、次いで左右の乳房を交互に「チュウチュウ・・」と音を立て吸い始めた。「ああ・・好いわ。続けて」 「はい、勿論・・」静かに、しかし熱く、女による女への愛撫が続く。辺りは時折、散る桜の花吹雪が舞う。後少しで、正午・・
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 本田莉子
葉加瀬太郎さんの今回楽曲「エトピリカ(Etupirka」)下記タイトルです。
Etupiruka

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

尚、他ブログにて、政治社会の事共や、鉄道交通に関する趣味的事柄にも触れております(下記アド)。
https://blog.goo.ne.jp/hakase32
お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。