FC2ブログ

記事一覧

交感旅情 第13話「中憩」

7d467437.jpg
賑わうも和やかな花見の場に、一時、沈黙と緊張が走る。まだ彼方からの、獣の雄叫びの様な太い音色。「来るぞ!」所々で、鋭い声が飛ぶ。線路沿いに集まった「撮り鉄」衆は、一斉にカメラやビデオ装置の電源を入れ、レンズの状態を調整するなどして「その瞬間」を待つ。周囲の花見客も、相当数がコンパクト・デジカメやスマート・ホンのカメラ・モードを投入し、固唾を呑んで、見守る。その中に、周(あまね)と中条、由香、由紀の姉妹がいた。

静寂が支配する様になって暫く後、地響きの様な重い音が、少しずつ増して来る。やがてそれは、これも獣の息遣いの様な「ドドドドド・・!」とでも言う様な、せわしないそれに変わって行く。更に、線路の経点を打つ、機関銃の様な音、少し籠った 客車内電源用ディーゼル・エンジンの響きが入り交じり、次第に大きくなる、一陣の煙を伴い近づいて来る。

「バォォ~ッ!」二度目の警音が、声高に轟く。「今だ!」言葉にはならぬも、列車の先頭で風を切る、蒸機 C57の英姿が視界に踊り込んだ瞬間、居合わせた彼たち、彼女たちは一斉にシャッターを切る。モーター・ドライヴでの連写を試みる者も多い。見慣れぬ者には意外な程の速いペースで「SLばんえつ物語」は、公園や線路沿いに居合わせた者たちの眼前を駆け抜けて行った。

遠ざかる列車を横目で眺め、中条が声かけ。「皆、ご苦労だった。上手く行ったかな?」 「有難うございます。まずは成功かと・・」まず、周が返す。続いて「うんうん、とても好い感じで撮れたわ」 「あたしもね!」由香、由紀の順で応じた。もう一回、長めの停車が予定される蒸機列車を追跡する者たちは、早めに車に戻り、ゆっくり花見のできる自弁組は、再び公園や発電所周りの河畔へと向かう。中には、ゆっくり花を見て、そのまま復路の蒸機列車の撮影に臨む向きもある様だ。

「車、どの辺に停めた?」中条が尋ねる。「はい、この道の奥、ダムのすぐ横に停められまして・・」由香が答える。「よしっ、ここでの乗り込みは、道が狭くて迷惑だから、車のとこまで歩こうや。昼飯の場所も、どうせ今は混んでるからな。予約は1pmから。時間には余裕があるわさ」 「初美先生と宙(そら)ちゃんは、どうされました?」由紀の問いに中条は「蒸機(列車)が通るまで、川べりへ花見に行ってる。このまま歩けば、途中で合流できそうな気もしてな・・」と返した。

築堤下の撮影地点から、徒歩で数分足らず。思った通り、河畔から戻りの初美と宙も合流。発電所の堰堤横に、姉妹の乗って来た、エア・イエローのトヨタ・シエンタが控えていた。「伯父様は、助手席でお願いできるかしら?道案内が必要なの」 「良いだろう。だがまあ、R49を若松方面へ行けば良いだけなんだが・・」中条はそう返し、運転する由香の求めに応える。二列目右に初美、左に由紀、最後列右に宙、左に周が座った。

交通量多めも、まずはスムーズな R49を順調に流し、約10分程進んだ所に「道の駅 西あいづ」が整備される。中条は言った。「車は、ここの駐車場に入れて欲しい。昼飯場所の駐車場所は狭くてな。どうせ一杯だと思うんだ」 「分りました。では・・」どこの「道の駅」でもそうだろうが、この場所も、奥まった所に土産物店などの商業施設と、飲食店複数が入る フード・コートの設備がある。店舗寄りは流石に混み合うも、少し離れれば、苦労なく駐車できた。

「じゃ、淑女の皆さんは、少しの間、お土産の下見でもしててくれるかな?俺と周君で、昼飯場所の様子を見て来る。席の用意ができたら、由香ちゃんのスマホにLINEって事でいいかな?」 「はい、いいですよ!」 「じゃ、後でな」 「了解です!」女四人は、商業施設に入った。

周と中条は、道の駅からゆっくり歩き、昼食場所の食堂「D軒」の様子見に向かう。ほんの一辻入った店の前は、入店待ちが二組数名。中条は、電話予約をしている旨 一言入れて、周と共に、ひとまず列に並ぶ。十数分後、席の用意が整い、全員が中へ。地元精肉商直営の「D軒」は、優れた豚肉料理で定評があった。ロース・カツや生姜焼き、それに麺類とコラボの焼豚(チャーシュー)が特に好まれていて、地元常連、観光客の立場を超えて、熱い支持があった。又、生きの良い馬刺しも、隠れた人気を誇った。この辺りの事共は、ネットの「食べログ」にも記事があり、一定は事前に知る事ができた。

中条は、座敷に着いた全員に言った。「ここの料理は、全般に盛りが好いから、控えめに頼んだ方がいいだろうな。まあ、出て来りゃ分る事だが・・」 「分りました。楽しみね。じゃ、それも考えて・・」 「後 悪いな。俺と周君、ビール飲んでいいかな?」 「いいですよ。遠慮しないで!」 「有難う!」周と中条は、枝豆と、菜っ葉の漬物でビールを嗜み、女四人は、コーラやオレンジ・ジュースを所望。食事の方は、周がロース・カツ、中条が生姜焼き、初美と由紀がヒレカツの各定食、宙と由香が、みそチャーシューメンと言う所だ。

中条の情報通りの、高い味レベルと納得の盛りで、一同は満足。一時間程店に留まった後、もう一度 道の駅へと向かう。次の JR磐越西線の列車は 3:20pm過ぎの出発。まだ一時間強、時間に余裕がある訳だ。

「由香ちゃんたち、下りはどこで撮るのかな?」中条が訊くと、由香は「はい、この川下の鹿瀬(かのせ)って所の学校の傍に、桜が少しあるみたいなんです。で、そこの時刻が5:10pm頃なんで、そこで撮ってから、お宿に入ろうかと思いまして・・」 「そうか、分った。鹿瀬も好いとこだな。ただ、人出もそれなりだろうから、早めに行った方が良いかもだ」 「そうですね。情報有難うこざいます。お言葉通りにするって事で・・」

一行は、3pm過ぎの出発まで、道の駅にて休憩。土産物の入手もしたが、全員に人気だったのが、炭火を使った「焼き麩」だ。味噌汁や煮物の具に好適で、中条は、自身の分に加え、タクシーを駆る永野にも持ち帰り、周のバイト先の上司でもある 室(むろ)の所へも一定量を送る事にした。勿論、彼たちには連絡済みだ。女たちに人気だったのは、蜂蜜とブルー・ベリーをブレンドしたシロップ。ジャムとしても使え、天然材料だけの健康食品である事も、好感された。

「さてと・・」中条は、周を呼び寄せる。「はい・・」彼が応じると、商業施設の店舗奥の方の、日本酒売場へと向かう。女たちとは距離のある所だ。「少し、日本酒を見てぇんだ。俺の知る所で、君にも選び方とかを教えられるとって思ってな」 「ああ、それ、有難いですね。少しお供しますよ」快く応じる周だったが、もう一方で、何故中条が彼を呼んだかも、薄々察知はしていた。

地元で人気の、会津地区の銘酒の話をひとくされした後、中条は言った。「実はさ・・」 「はい・・」周が返すと「昼飯の時、できなかった撮影地点の話でさ」 「やはりそれでしたか。聞きましょう!」 「じゃあ、はっきり言うぞ!さっき、蒸機列車の撮影時、あの姉妹が、俺たちの前にしゃがんだだろ・・」 「はい、そうでしたね」 「その時さ、彼女たち、割とピッタリしたジーンズやデニムのパンツだったもので、お尻のラインがはっきり見えちまったんだな。俺、昼飯の間中、その事が頭にこびりついて、困った困った・・(苦笑)」

周「ハハ、そうでしたか。それなら自分も同じですよ。確かにねぇ、由香さんも由紀ちゃんも、好い曲線(カーヴ)してますもんね」 中条「君は何、先月 豊(ゆたか)君の実家を訪ねた折、出かけた海岸で、偶然彼女たちと出くわしたんだったな」 「はい、ええ・・まあそんなとこでして・・」 「うんうん。それで、四人仲良く行動する機会もあったんだろ?」 「ええ、ですが、その事は話すと長くなりますんで、帰りの列車の中でにして頂けると有難いんですが・・」 「ふふん、まあ良いだろう。じゃ、帰りの車中でって事で・・」 「はい、その時には必ず・・」男二人の、このやり取りが区切られた所で、買い物を終わった初美が、声をかけて来た。「そろそろ、行きましょうか・・」 「ああ、はい。そうしましょう・・」些か慌てた 男二人は、素直に応じた。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 桃乃木かな
葉加瀬太郎さんの今回楽曲「陽のあたる家(House of The sun)下記タイトルです。
House of The sun

福島県西会津 同気(どうき)食堂 (物語中 D軒のモデル)情報、下記タイトルです。
同気食堂

にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

尚、他ブログにて、政治社会の事共や、鉄道交通に関する趣味的事柄にも触れております(下記アド)。
https://blog.goo.ne.jp/hakase32
お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。