FC2ブログ

記事一覧

想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密 第16話「巧話」

273d4078.jpg
早めの夕食を終え、居間兼応接間で、TV番組のチェックなどしていた二少年が、講師の寝室に呼ばれたのは、同様の事があった五日前より少し早い、午後7時半頃だったか。

「失礼します」呼び出しに応じ、講師の寝室ドアを叩き、中に通された彼たちが見たものは・・。
それは、五日前の二倍の興奮と感動だったと言って良い。初美は、その時と同じ、妖精を思わせる妖艶な純白の超ミニコス姿。驚くなかれ、同席の小町までが、もう一着の、微かにミント・グリーンがかった白の超ミニコスを纏い、つまり「二人の大人の妖精」が、教え子たちと向き合う事となったのである。

「んふッ あたしのこんな恰好、どう思う?」小町は、悪戯っぽく微笑んで、二少年に問うた。「うわッ、これも素敵!」「やりますねぇ、本荘先生!」教え子たちは、素直に驚嘆の大声を上げた。そして、どうしてもミニ・スカートの中が気になる彼たちに向かい、裾を途中まで持ち上げ「安心しなさい」同様の所作の初美が後を受け「穿いてるわよ」と続けた。そうは言っても、二女講師のアンダーは、共に露出極大のTバック。二少年は、頭を下げ安堵の一方、やはり下方の興奮を抑えきれない風情だった。

「あのさ」小町は言った。「さっき、初美から聞いたんだけど、夜、三人だけの時は、名前で呼び合ってるんだって?じゃあ、あたしもそうしたいわね。こんな恰好だし」笑う。
まず、健(たける)が「ですよね。小町さん、有難うございます」「小町さん、感謝です。宜しくお願いします」徹も応じる。「で、夜は僕たちも『俺』と言って良い事になりまして」と一言。小町も「OKよ」認める。
初美が「さあさあ、今夜も二人の寝室へ移動よ。小町さんから、面白いお話を聞こうじゃないの」「そうですね。楽しみです。宜しくお願いします」二少年も返す。
小町はそれに応じ「じゃあ、夜の事を本音で話そうね。何も恥ずかしい事じゃないから。今夜は、初美もあたしもお触りはなしだけど、君たち期待の、エッチなアングルも、少しなら見せてあげられるかもよ」こう言って笑った。

生徒の寝室へと移った四人。健のベッドに二女講師が、立膝の、ちょっと際どいスポーツ座りで壁を背に陣取り、二少年は、勉強机とセットの椅子で対面する形となる。彼女たちは、いずれも下肢を前で組んでいる為、太腿とお尻のカーヴは分っても、Tバックの股間は、直ちには覗けない恰好だ。「お生憎ね。あたしたちは、安売りはしないのよ。相手が君たち少年でもね」気取って言う二女講師。

「ああ、分りますよ。今夜は、小町さんもいらすし、そりゃ、敷居が高いですよね」と健。「ですか。とうとう飛行機に乗って、手の届かない、高い所へ行っちゃった」徹も、苦笑交じりで返す。「まあ、それなら、あたしたちってバカかしらね。高い所大好きだし」と彼女たちも、冗談ぽく応じる。暫くは、面白おかしいやり取りが続いた。

「所で君たち。初美や香緒里からも聞いたんだけど、もう自慰(オナニー)とかしてるんでしょ。初めて覚えた時の事、教えてよ」と小町。二少年は、どちらが先に話すか押し付け合っていたが、結局、健が「じゃあ、俺の記憶から」と切り出した。
「確か、小4の終わり頃だったと思います。本当に偶然だったんですが、夜、小用に立った時、異様に『あの欲求』が溜まってたんですね。で、何気に礼儀を正したそれに手をかけて、マッサージみたくしたら、そんなに経たない内に、あの白っぽい液を発射した訳です。それが俺の、精通の記憶です」

「有難う。大勢の子たちがそんな様に、本当に『ものの弾み』で経験する事が多いみたい。それじゃ、徹。今度は、君のを聞かせて」小町、こう応じて徹に話を促す。

「はい小町さん。俺も、健とほぼ同じ時期に来ましてね。寝てる時でした。偶然、欲求が起きて、下の方の礼儀が正しくなって、もし、寝ながら刺激したらどうなるかと思い、うつ伏せで腰を動かしていたら、達して、例の白っぽい液を発射してました。まあ初めての爆発ですね」徹、苦笑しながら答える。
初美「まあ、キナ臭い精通ね!」と笑う。徹「そうですね。火薬はないけど、マッチの臭い位はしましたか」笑って返す。小町「スリリングで好いじゃないの。そう言う危なっかしい経験をした男は、将来伸びて行くものよ」と言えば「そうですかね。まあ、本当だと嬉しいですけど」徹も返す。

「俺と、どっちが危ないかな?」健が問うと「お前は、普段が危なっかしいから、結果イコール。同じ位じゃないか?」徹、こう返す。「上手い事言うなあ!」健、徹の肩をドヤすも、本心では喜んでいる。

小町「ふふ、二人共有難う。今夜はね、主にそれが訊きたかったので、このコスを着て、講話をした訳。まあ、あたしの話じゃなくなっちゃったけど。(笑) さて、もう一つ気になる質問を。意地悪いけど、つき合ってね。初美とあたしと、どっちが素敵かしら?」
「う~ん、難しい!」二少年は、考え込んでしまった。離婚経験ありとは言え、初美はまだ二十代で、半ば日本人離れした、欧米的な若い美しさを湛え、十代JKでも似合いそうなミニコスを、違和感なく着こなしていた。対する小町も、既に三十路とは言え、日本女性本来の美しさに溢れ、又、ミニコスの良く似合う美脚をも誇った。しかも、医師免許を持つ、現役の女医と来ている。

二少年は語る。「初美さんも、小町さんも『綺麗より美しい』んですよね。それぞれに、同じ位魅力あって。勿論『人として』ですよ。だから、お答えできないって所です」
小町「素直でよろしい。恥かしがらずに、本当の話をしてくれた所も見事だわ。だから、今夜・・じゃなくて、明日の夜、あたしから二人に、大きなご褒美をあげようと思うの」

これを聞いた二少年。内心咄嗟に「て事は、今夜もオナ禁か。辛いなあ」と気付く。 初美「ちょっと待って。小町さん・・て事は、貴方は明晩もここ泊りって事かしら?」
小町「あら、やだ。まだ伝えてなかったら、ご免なさい。その通り、明日もここ泊りと言う事よ。N市への戻りは、明後日月曜の午後になるわね」
これは意外!小町の、中山荘(ちゅうざんそう)二夜連泊とは、初美の計算とは異なっていた。明日7月26日の日曜は、今回の林間学級三度目の「夜の補習」の予定なのだが。

午後9時半頃、小町の講話の時間は終了。更に彼女は「初美、聞いたわよ。三人だけの時の終礼って、キスだって?」初美、一見気がなさそうに「ああ、まあね。形だけですけど」と返すも「違うでしょう。相当濃いそれのはずよ。さあ、隠さずにして見せて!」こう迫った。「仕方がない」初美は、少年たちを呼び「では、終礼キスの実行ね。健からかしら」「そうですね。お願いします」健、こう応じ。「徹」小町が呼び「君は、あたしとしようね」「かしこまりました」徹も応じた。

二組の女と少年の、互いの背に腕を回しての、濃厚な口づけが30秒は続いた。その下方のJR中央西線を、上り貨物5878列車が、轟音と共に通り過ぎて行った。
(つづく 本稿はフィクションであります 2016=H28,7,14記)

今回の人物壁紙 明日花キララ

渡辺貞夫さんの今回楽曲「エリス(Elis)」下記タイトルです。
Elis
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。