FC2ブログ

記事一覧

交感旅情 第20話「艶出」

28135.jpg
夜も更けんとする温泉地 咲花(さきはな)の宿。上階の、貴賓室に並ぶ気高い質感と品格を誇る、16畳の上級大部屋で、六人の男女による「秘め事」が、粛々と、しかし熱く進む。男一人に女二人が絡む、所謂「3P」の二倍(バイツー)と言った風情である。

「初ちゃん、そろそろ胸の辺へ行くぜ」と中条。「分った。他の子たちと一緒って、ちょっと違和感あるけど、始まったものは、仕方ないわね」と、初美は返した。傍に控える、若い宙(そら)は、その事を見透かした様に、初美の首筋に 舌を走らせる。

「ああ、宙ちゃん・・」初美、呻く様に言う。「はい、何かしら?」宙が返すと「焦らないで。まだ夜は長いのよ・・」 「夜は長い・・分ります」宙は、一旦初美の項(うなじ)や首筋を舐め回すのを止めた。「さあ、ちょっと胸周りにご挨拶をっと」中条はそう言いながら、まだ着けていたベージュのブラを、ゆっくりと下へずり下ろす。Cカップより少し大きめの、均整の取れた、魅惑の胸の双丘が現れる。

「ああ素敵!改めて、綺麗な肌だわ!」宙、再び感銘す。「うんうん、俺もいつも魅了されてるよ。では・・」中条はそう返すと、再び初美と唇を合せ、背後に回した右手で、左右の乳房に、交互に愛撫を加える。「あ・・あ・・い・・好いわ、新さん、続けて・・」 「ああ、大丈夫。暫くは続くよ」左側から愛撫を続ける中条。初美を真ん中に挟んで、右に宙が控える。まだ、座椅子での行為だ。

「さあ、次行こう・・」と中条。「ちょっと、乳首を吸わせて頂く。俺は左、宙ちゃんは右からな。上野尻の花見の折に、練習してるんだったな」 「はい、まあそんな所でして。それじゃ、続きます」宙は返すと、初美の右乳房に、頬ずりを始める。暫くして・・「初美さん、又、吸わせて頂きますわ」 「分った。い・・好いわ」低く喘ぎながら、初美の返事。「俺も、右に同じです」中条も、開始合図。初美の頷きを確かめ、宙と中条は、初美の左右から「チュウチュウ・・」と、微かな音を伴い、彼女の乳首を吸い始めた。

一方の周(あまね)と、由香(ゆか)、由紀(ゆき)の木下姉妹。初め、夜具に臥した由香の上に周が重なり、浴衣の胸をはだけるなどして、四十八手「しがらみ」の要領で、濃厚に唇を合せ、首筋辺りを舐め回し、中条同様、白いレースのあるブラを下へ移動、胸の双丘を連れ出して、手指、そして口唇の愛撫を進める。「ああ・・」時折の、由香の喘ぎ。素直に快感を表している様な、クリアな声色(こわいろ)。その間、妹の由紀は、周の背後から、その首筋や背に、手指、口唇の順で愛撫し刺激を加える。

20分程を経て、由香は言った。「周君、上手ね。とても好い気分だわ。さ、今度は貴方が仰向けになって。あたしが、『特別(スペシャル)』なマッサージをしてあげるわ」 「ふふ、『特別(スペシャル)』ですか。好いですね。宜しくお願いします!」一旦立ち上がる由香と入れ替わり、今度は周が、寝床に臥す恰好だ。

「ねえ、お姉ちゃん」由紀が言った。「はいはい、何?」由香が返すと、急に言葉が関西訛(なま)りを帯びて来た。「ウチ、もう一ぺん周さんとキスしたいわぁ!」 「しゃあない娘(コ)やなあ!アンタは、ウチのマッサージが終わってから絡むんやで!ま、好いわ。一度だけ許したる!」 「ラッキー、おおきに!」その言葉と共に、由紀は上から周の唇を奪う。途中から、舌技も用いた濃厚なヤツだ。「んん、由紀ちゃんもいい感じしてるわ!」 「でしょう!後で乳房(おっぱい)構(かま)ってな。約束でっせ!」 「ああ、勿論。約束するよ」 「さあさあ、由紀!」 「はいはい、何よ?忙しいなあ!」 「さっき言うたやろ!マッサージの時間やて!」 「はいはい、わかった。好いでしょう・・」

今度は、浴衣を脱ぎ、ほぼ全裸の周の上に 由香が重なる。妹の由紀に続き、上から彼に唇を合せ。次いで、その舌を吸い出したりの後、そのまま、両の首筋に舌を走らせる。「ん、うう・・」なるべく声を立てまいと堪(こら)える、周の 籠った呻き。彼の両腋(わき)に、両の手指を滑り込ませ、軽く揉む様に蠢(うごめ)かせ、少しずつ、脇腹辺りに下ろして行く。臍(へそ)周りや下腹にも、順に愛撫をくれてやる。

「由香さん、とてもいいっす。俺、こう言うマッサージ大好き。いつまでも、かかっていたいっす・・」周は、素直に快感を表し、由香の技を称えた。「ふふ、有難う。もう分ると思うけど、これからもっと 素敵な技を見せたげるさかい!」一度上体を起こした、周の背後から、今度は由紀が愛撫を加える。「周さん、こんなのはどないでしょう?」と、背後から大きく両の手を動かし、両脇から背にかけて、ゆっくりと撫で回す。「あっ、うぅぅ・・こ、これも好いね。どっちがいいか、俺、マジで迷っちまう!」 「ふふ、両方一緒でいいやんか。さ、始めまっせ!」

再び仰向けに臥した周に、由香が 次の刺激を加えて行く。胸周りに始まり、両の腋、脇腹、腹部臍周りなどに、舌技を加える。時折「ペロペロ、チョロチョロ・・」と言う、舌を動かしての技がけに、若者は低い呻きで応える。姉の技が下方に移ると、妹は、又も彼の唇を奪いにかかる。何回も、何回も・・

二手に分かれての、六人の行為が始まって半時余りの後、由香は言った。「さあ周君、更に一歩、深いとこへ進もうね。貴方の核心、見せてもらうさかいにね」 「わ・・分りやした。まあ、お手柔らかに頼んます。うっ、うっ・・」 「そうは言うても周さん、一度メラメラ燃え上がったら、もう周りなんて分らへん・・でしょ」との、由紀の言葉ももっともだった。周はただ、黙って頷(うなず)くしかなかった。

「なあなあ、由紀ちゃん!」 「はいはい、何だっか?」 「貴女も参加したいやろ?」 「あの事ですやろ?当然ですやん!」妹が同意したその事とは、周の下着(トランクス)を下ろして脱がせる事だった。姉妹は、彼の腰の両脇に陣取る。浴衣の下からチラリと覗いたショーツは、二人とも 刺激十分な「T」の様だ。

「由紀、いいか?」 「はい、OKよ!」由香の合図で、周の下着を、左右同時に下ろして行く。忽(たちま)ち、彼の「男の核心」が、陰嚢(いんのう)とセットで、外に連れ出される。「ああ、思った通り!」感激した様に、由香が言う。「少~し大き目、長めで、堅い時の感じも、す・て・き・・」 「お姉ちゃん、男根(コック)だけ誉めるのは、片手落ちで不十分やで。ちゃんと、玉袋も誉めたげないと~!」
 「ああ、分った。玉袋も勿論、いい感じしてるよ~!」 「よしよし。それ言わへんと、周さんの男根しゃぶっちゃ、ダ~メ!」 「由紀ちゃん、ホンマ『おまいう』やな!大丈夫、ウチは絶対手を抜かんさかい!」聞いた由紀、笑って頷く。

これを合図に、由香は 起立した、周の亀頭に食らいつく。一度は 長さ15cmに近い陰茎を根元まで吸い込み、数回反芻の後、亀頭から陰茎、下草深い根元へと、舌を進めて行く。もう一度亀頭への愛撫をくれてやり、次いで 陰嚢を攻める「玉舐め」だ。これを見た由紀が、今度は亀頭の口唇愛撫(フェラチオ)にかかる。想像を超える、姉妹の上質な性技に、周は一時、押し流され、発射しそうになる。

周「はぁはぁ・・由香さんも、由紀ちゃんも、想像以上に上手い。下手するとイカされるな。ここは何とか凌がんと・・」何度も、波の様に押し寄せる、射精の衝動に抗いながら、次の場面へと姉妹を誘(いざな)って行く。辛うじて持ち応えた周は、こう言った。「由香さん、そろそろ上下逆になってくれません?」 由香「ふふ、言うと思うたわ。ウチの核心 見たいのやろが?」 「はい、その通り!」 「分るよ。ほな、周君がショーツ脱がして下されや」 「了解です。ちょいとお待ちを!」由香が体位を入替え、周の顔の傍に、下方の核心を向ける。彼は応じて 姉の浴衣の裾を捲り上げ、下のショーツを、両の手指を横ストラップにかけ、慎重に下ろす。次いで、由香は、一旦手を空けた周が、由紀のショーツを同様に下ろすのを応援した。

「やっぱり素晴らしい!」改めて目にする、由香の秘溝は、正に「お花畑」の形容が相応しい、見事な眺めだった。色白で、優れた形の臀丘、腰回りの好ましい括(くび)れ、太腿から脚線への、秀麗な流れ。その中心に位置する秘溝は、想像を裏切らぬ美麗を誇る。程良い下草、赤く輝く陰核(クリトリス)、ほんの少し、落ち着いた色合いの陰唇、そして隣に位置する、これも絶妙な色合いと荒れのなさを誇る、菊花(肛門)。

周は言った。「さあ由香さん、お返しを始めますよ」 聞いた由香「うんうん、お願いね」これを受け、周は、まず姉の臀丘に顔を埋めて行く。下から順に、陰核、陰唇と口唇愛撫(クンニリングス)と舌技を施し、それから菊花にも唇と舌を見舞う。「ふっ、はっ、ふうう~!」低く、しかし初めよりも力の籠った、由香の喘ぎ。右手で、姉の腰を支えながら、左手では、傍に控える妹の、胸の双丘を探る。次第に熱くなる、周と姉妹であった。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 かすみ果穂
葉加瀬太郎さんの今回楽曲「リベルタンゴ(Libertango 小松亮太さんとの共演)下記タイトルです。
Libertango


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。