FC2ブログ

記事一覧

交感旅情 第21話「昂路 (こうろ)」

af09e711.jpg
温泉宿での、六人の男女が繰り広げる「夜の宴(うたげ)」が続く。傍らを行く、JR磐越西線 最終列車の、咲花(さきはな)駅を発つ ディーゼル・エンジンの音がする。もう 11pmに近い頃らしい。若い周(あまね)と、美しくも些かやんちゃな木下姉妹が、各々下方を露わにして、行為を進め、昂(たかぶ)ろうとする一方、初美と中条、宙(そら)の三人も、妖しいやり取りを深めようとしていた。初美の胸の双璧に、左から中条、右から宙が 顔を埋め、片方ずつ乳房への愛撫の後、夜具に臥した初美に、中条が重なろうとしていた。

初美「さあ、もっともっと高まろうね。新さん、キスして・・」 中条「OK、只今ね・・」と応じ、上から彼女と唇を交わす。そのまま舌技に移り、双方のそれを吸い合いにかかる。「ん、んん・・」籠った喘ぎが聴こえた。胸の双丘の愛撫も、もう一通り。そして・・「伯父様、あたしはね・・」少し遅れて絡む宙は、中条にこう言いながら、更に上から、彼の首筋、耳たぶなどに舌技を施す。

中条「ううっ、んんっ。宙ちゃん、好いなあ。続けてくれるか?」 宙「はい、喜んで・・」と返して、尚も男の背後からゆっくりと攻め立て。彼が一瞬振り返ると、かすさず、その唇を奪う。「あ・・好い!」 「ふふ、好いでしょう。やっぱり、若い女でなくちゃ・・でしょ」 「まあ、待ってくれるか?今は、はっきり言えねぇよ」 「やっぱり、大人は狡(ずる)いわ・・」少女と男は、見つめ合って笑った。

組み敷かれていた、初美が一旦起き上がる。「さあ、新さん!」 「はい、何?」これも、彼女の上を離れた中条が返すと「貴方が一番して欲しい事を、叶えてあげるわ・・」 「了解、宜しくです!」浴衣を脱ぎ去り、中腰の姿勢で下着だけになった彼は、下方のトランクスを下ろそうとした。その時・・「伯父様、ちょっと待って!」動きを制す一声の主は、宙だった。

中条が「はい、何かな?」返すと「あたしにさせて・・」 「?」一瞬、事態を呑み込めない彼だったが、背後から、少女の両手がトランクスの両脇に取り付くと、直ぐに察した。「有難う、悪いな・・」 「いえいえ、伯父様の事だし、この場ですからね。任せて!」力強い返事と共に、男の下方が露わとなる。

「ふふ・・」宙が微笑を見せる。「想像通りの 亀さんだわ。周の程じゃないけど、下草濃くて、浅黒くて強そう。きっと、堅さも好い感じでしょうね・・」 対する中条「まあ、想像して見ててくれ。きっと、好い思い出になるんじゃね?それでは初ちゃん、宜しくです・・」 「いいわ。じゃ、始めるね」初美は返し、右手で亀頭をさすって興奮させ、男根(コック)の硬度を高めて行く。頃合になると、その亀頭は、女の口内に吸い込まれた。

「う・・う・・んんん。い・・好いぞ。つ・・続けてくれ・・」 「ん・・んん。わ・・分ってる。こ・・今夜は 何分もつかしら?」暫く、亀頭を口内で転がした後、初美は言った。四十八手中「千鳥の局「こ~んな場所だからな。今夜は、できるだけ頑張ってもたせるぞ。あっ、うぅぅ・・」 「我慢しないで、発射していいのよ。ふっふっ・・」 「まあ待て。夜は長い・・あっ、あっ・・」熱く、濃厚な口唇愛撫(フェラチオ)が続く。傍らでは、宙が薄笑いを浮かべ、事態の進行を見守る。

「もう一度、させてね・・」下方を熱せられ、籠った声で喘ぐ、中条の唇をもう一度奪った後、宙は「初美さん、一服して。続きは、あたしがするわ」と、交代を促す。対する初美「分った。一度は彼をイカせるつもりだったけど、仕方ないわね。じゃ、後ヨロって事で・・」 「はい、頑張ります!」男根から離れる女と入れ違いに、少女は美しい笑顔を見せ、そう返した。

礼儀を正し続ける、臥した中条の男根が、今度は宙の標的となる。赤みがかった亀頭に食らいつき、次いで陰茎も口内に収める。滲む我慢液。「ん、ん、うぅぅっ!」 「ん、ん、ふぅんん!」互いに、言葉にならぬ、籠った喘ぎを発し合いながら高まって行く。我慢液と唾液の交わる「ジュルジュル」音も聴こえる。一旦、亀頭を解放した宙の口唇は、今度は上から、男の首筋や肩、腋、両腕、脇腹、臍辺りの順に周って行く。舌技も交え、想像以上の巧妙さ。「あ・・あ・・感じるぅ!」 「ふふ、伯父様、思ったより敏感ね。もっと、仕掛けちゃおうかな!」宙は悪戯(いたずら)っぽく返し、いよいよ下方への攻めにかかる。

中条「う・・うわっ、そ・・宙ちゃん・・」 「は~い、何かしら?」 「お・・俺、イキそうで不安だわ!」 「まあ!大人がそんな事言っちゃいけません。でも、発射していいわよ!」 「いや、それはできん。か・・勘弁して!」昂らされ、余裕のない状況下で、中条はやっと返した。

「ふふ、新さん・・」傍らで、様子を見ていた初美が言った。「はい、初ちゃん、何かな?」 「貴方、やっぱりあたしの中に出したいんでしょ?」 「ま・・まあそうだ。他の娘(コ)たちは、後の方がいいからな」 「分った・・」初美はそう言い「宙ちゃん、ちょっと替わろうか」と続けた。「ふふん、そうですか。名残惜しいけど、まあいいわ・・」宙はそう返し、一旦、夜具を離れる。

再び、初美が臥し、中条が、その下方に控える。「じゃ、脱がして行こうな」そう言った男は、女の浴衣の下方をはだけ、ショーツの紐状になった両脇に手指をかけ、慎重に下ろして行く。両の脚を曲げ開かせ、四十八手「立ち花菱」の要領で、露わになった下方を覗き込む。「うんうん、いつも素敵だわ。ハハ・・」現れた秘溝を、男は、少女と共に、普段より短めの口唇愛撫(クンニリングス)を交え、しげしげと観察を続ける。

「ああ・・」軽く喘ぐ初美の秘溝も、又「お花畑」レベルの秀逸なあり様だった。由香よりは濃いめの下草に、勝るとも劣らぬ、鮮やかな陰核(クリトリス)、程良い色合いの陰唇、そしてまず荒れのない菊花(肛門)。「ああ、素敵。大人でも、こんなに綺麗なんだ・・」覗き込む宙、感嘆の声を上げる。「嫌だわ。宙ちゃん、余り見ないでよ」と、本音では思う初美だったが、この展開では、もうどう仕様もないのも事実だった。

「さあ、初ちゃん・・」中条が言った。「はい、何?」初美が返すと「そろそろ、深いとこへ行くか?」 「まあ、いいけど・・」生返事の女。本当は、少女の観察眼がある為、深い行為には違和感があるのだが。「貴方がどうしても望むなら、仕方ないわね・・」と言うのが、正直な所だったろう。なるべく、女の気持ちに寄り添いたいのは山々の男だったが、ここはとに角、行為を進めるしかないだろう。

「初ちゃん、悪い。やっぱり、進めるしかないわ・・」 「分ったわ。用意できたら、来て・・」 「よしっ、今行くから」中条はそう言うと、臥した初美に、再び重なって行く。浴衣の下方をはだけ、露わになった下方に、男根を近づける。「ふふ、いよいよ連結ね」宙は、微笑を保ちながら見ている。「よしっ、行こう・・」礼儀を守る亀頭を、加湿した女の秘溝の合わせ目に滑り込ませ、ゆっくりと奥へ進めて行く。肉壁に囲まれ迎え撃たれ、突き当たった感じの所が子宮口。これで、連結完了。

「あ・・、ふうっ、はっ、はっ、はぅぅ~!」一際大きな喘ぎと共に、重なる男の腰に、女の両脚が組み付けられ、力が入る。「新さん、動いて!」 「OK。開始だ!」奥からの、ポルチオ性感が大人の男女を見舞う。中条は、連結を確かめると、ゆっくり慎重に腰を起動す。慣れた初美との情交でも、初めの内は、ゆっくりした「スロー・ピストン」を心がけているのだ。それは、亀頭の先端が 子宮口を繰り返しノックする事で得られる、ポルチオ性感を盛り上げる為でもあった。時折、唇も交わしながらの行為。

「ん、ふぅん、はっ、はっ、い、好い!」女は、籠った喘ぎを断続して発し、男の息遣いも弾んで行く。

ちょっとの間、席を外した宙は、再び薄笑いを浮かべて、大人の男女の下方に控え、所謂(いわゆる)「ハメ撮り」の位置から、秘液で潤った結合部をネットリした視線で観察す。「ふふ、とっても濃厚な性交(セックス)だわ。初美さんの白くて美しいお尻の肌、最高よ。男根(コック)が女陰(ヴァギナ)に出たり入ったり。見えないけど、きっと亀さん、中で頑張ってるんだよね。ふふふ、好い眺め・・」宙はそう言い、浴衣のやつ口に隠していた、ある物を取り出す。それをチラ見した、喘ぐ初美の表情が、俄(にわ)かに強(こわ)張る。「宙ちゃん、何するの!?」
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 葵
葉加瀬太郎さんの今回楽曲「アナザー・スター(Another Star)」下記タイトルです。
Another Star


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。