FC2ブログ

記事一覧

想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密 第17話「思惑」

dcea6f31.jpg
夜10時を過ぎ、健(たける)、徹の二少年も寝静まった頃、講師の寝室では、少しの寝酒を嗜みながらの、初美と小町の会話が聞こえる。今夜のは、小町が持参した、クレーム・ドゥ・カシスのソーダ割りだ。

小町「初美。無礼は悪いと思うけど、あたしが、何故貴方のミニコスを借りたか分る?」「ええ、何となくね。あたしと彼たちだけでいる時がどんな風か、知りたかったんでしょ。終礼キスの事は、健が、何げに貴方に漏らしたらしいわね。まあ、どうでもいい事だけど」初美、こう返す。
小町「その辺は、悪く思われても仕方がないわね。所で、ズバリ訊くけど、彼たちと、あの行為はあったの?気が進まなければ、答えなくていいけど」 聞いた初美、暫くの沈黙の後、静かに「ありますね」と一言。

小町「有難う。彼たち二人と、どんなあり様だったかまでは、訊かないわ。又、その必要もないし。ただ、貴方は大丈夫だと信じるけど、彼たち二人には、分け隔てなく公平に接して欲しいの」
初美「勿論、それは常に気をつけてるし、彼たちも理解してくれてるわ」
小町「分った。この話は、これ位にしましょう。で、次の問題も大事よ。貴方、未成年の男児と交わるのは、違法だって事は分ってるわね」「ええ、理解も覚悟もしているわ」初美、こう返す。
小町「そこでね。あたしからの提案だけど、起きちゃった事は仕方がない。ただ、その行為を、この中山荘(ちゅうざんそう)の中だけに封じ込めなければならないって事よ。実はね、ここだけの話。あたしも、少しは身に覚えがあるのよ。貴方も、一度は聞いたんじゃない?」

その覚えを少し。佐分利学院の養護主任、女医 本荘小町は、初美と同じ二年前に就任して以来数回、目をつけた優秀な教え子の男児を「特別な褒美」と称して、養護課の寝室に招じ入れ、シャワーなどの後、その童貞を奪っていた。当該生徒は、高等科三名、中等科二名で、内高等科の一名は、ゴムなしで直接性交(セックス)に及んでいた。所謂「中出し」と言われる衝撃の行為に、その教え子は、初め大きく戸惑っていたと言う。

初美「噂には聞いていたわ。事実なら、凄い事ね。まあ、あたしも彼たち二人を同時参加の、所謂3Pに関わらせたんだから、大きな事は言えないけどね」
小町「ふふ、6年次とは言え、初等科の童貞君を二人も抱き取り、咥え込んだ。スケベね」笑いながら言う。
初美「まあ、事実だから仕方がないわね。そして、あたしは蜘蛛女って事になるかしら。ただ、ゴムは必ず着けさせたし、彼たちも、進んでそうしたいって言ってくれたわ」苦笑して言う。
小町「貴方は、その辺りの指導は見事だわ。ホント、尊敬するんだから」再び微笑んだ。

初美「いいえ、とんでもないわ。それより、さっき言ってくれた『行為を、中山荘の外に出さない』その徹底って大事よね」
小町「その事よ。それが心配で、この週末は覗きに来たって事。もしもの事があったら、貴方は、未成年者福祉法規違反容疑とかで、逮捕されるかもよ。それに、彼たちだって、貴方に対する性非行の疑いで、相談所送致の可能性があるわ」
初美「そこよね。その辺りの策をどうするか、明日中にまとめないといけないわね」
小町「それ大事。あたしがいる間にまとめようよ。後、香緒里にも、いつまでもは隠せないでしょ。近々明かすべき。それじゃ、今夜はこれで。お休み」「はい、分りました。お疲れさん」返す初美。その声が、少し揺れる。

明けて7月26日の日曜は、朝から終日晴れの好日。少年たちは、草サッカーの朝錬に始まり朝食、生徒の寝室や教室の掃除などを、順調にこなした。午前は、初美の国語と小町の理数科授業が各一限。早めの昼食後は、小町の希望で、早瀬管理人の案内により、全員が揃って木曽川へ水浴に出た。午後2時半過ぎに戻り、二少年は暫しの午睡。4時頃から、四人全員参加の、自由研究に関連する社会科授業が一限。その後、二女講師、二少年の順で入浴。6時には、普段通りの夕食となった。

食後、二少年はほんの一時、天体見物。余りゆっくり見られない事は分っていたが。その間に、初美と小町は着替えにかかる。昨日に続いての、ミニコスへの変身。だが、この夜は少し、趣向を変える事にした。
「戻りました」午後7時過ぎ、二少年は天体見物を終え、玄関へ。上がって小用、手を清めた所へ、二人の「大人の妖精」が現れる。「お・か・え・り」セクシーな出迎えを受ける。

「素敵なお出迎え、有難うございます」彼たちは、深めに一礼。再び廊下に出ると、まず、初美が健の前に現れる。「健、この前みたいな、素敵な愛撫を頂戴」「かしこまりました」彼は答え、挨拶の口づけの後、初美の腋の下に両の手を滑り込ませる。撫で上げ乳房へ。「ああ、好いわ・・」初美、早くも軽い喘ぎを始める。
同じ時、徹の前には小町が。「徹、今夜はもっと深い事をしようね」「はい、宜しくお願いします」徹、こう返す。こちらは、挨拶の口づけの後「君は、後ろからしたいでしょう」小町はこう言い、悪戯っぽく笑う。「そうですね。是非お願いします」返す徹、小町の後ろに寄り添う。低い姿勢、彼女の足首からふくらはぎ、膝、太腿の絶対領域へと撫で上げる。「ああ・・」小町も喘ぎ声を上げ始め、玄関に続く廊下は、四人の喘ぎやざわめきで、暫しの賑わいを見せるのであった。
(つづく 本稿はフィクションであります 2016=H28,7,17記)

今回の人物壁紙 青山未来

渡辺貞夫さんの今回楽曲「ラウンド・トリップ(Round Trip)」下記タイトルです。
Round Trip
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。