FC2ブログ

記事一覧

交感旅情 第28話「川路」

av-32189a.jpg
穏やかな陽射しの下、山間から平地へ向け、それまでの荒さを和らげ、堂々とした たおやかさに変わろうとする、阿賀野の川面(かわも)を、他の旅客と共に、中条たち一行を乗せた和式の川船が、ゆっくりと巡っていた。40人は乗れるだろう船内は、全面座敷の土足禁止。30人弱の乗客の履物は、後方の下足箱に預けられる。

操船は、これも船尾の方、軍艦の艦橋(ブリッジ)を小さくした様な操舵室(コクピット)で船頭が頑張る。30~40t級の、少し大きい船体の為、各地の川下りでよく見られる竿で漕ぐ事は叶わず、最後端に備わる、大き目の船外機 2基で推進する格好だ。乗客の案内は、ガイド役も兼ねる、主にボランティアの補佐が担う。船頭もそうだが、この日含め、多くは中高年の人々。一部に女性の係もいる様で、人物にもよるが、概ね小気味よい進行で、好評の様だ。

山間から抜け出たばかりの阿賀野川だが、すぐ川下の人工堰 阿賀野川頭首工の効果もあって、一見しての流れは緩やかだ。沿岸は、少し前までの桜の見頃が終わり、清々しい新緑が目立ち始めた所。別の意味ではなく、人々の目の安らぎとなった。中条は言った。「本当はさぁ、これで冷酒でも飲めりゃ最高なんだが」 

これに対し周(あまね)「本当は・・ですね。ですが今日は、昼食や、帰りの蒸機の列車でも、酒気が出そうだから、ここはなくても良い様な・・」 「うん。まあ無理せん事だな。特に、普段慣れてねぇ船だ。もしかして、船酔い・・なんて事になると厄介だし・・」と続けた所へ「それに、初めから飲んじゃダメってモンも、何人かいますよ!」宙(そら)と由香、由紀の姉妹にも突っ込まれ、男二人の、船上での飲酒は幻となった。

一旦、船外機の威力で、少し川を遡(さかのぼ)った後、踵(きびす)を返してエンジンの出力を下げ、暫し流れに身を任せる。行程のほぼ中間の左岸が、前夜一行の泊まった宿の、屋敷や高層建物の辺り。「あそこの階の角が、あたしたちの泊まった部屋ね!」初美を含めた 女四人が、その方を指差し、笑いながら言い合っていた。人工堰のある手前、佐取(さとり)と言う地点の辺りで、船は再び反転。もう一度、船外機をフル出力に戻して、右岸にある「道の駅 阿賀の里」傍の船着場に還(かえ)る。出発から、ほぼ 40分の行程が終わった。

「有難うございました!」 「お世話様でした。楽しかったです!」乗員たちと挨拶を交わし、再び回って来た宿の車で、今度は JR咲花駅へ。由香、由紀の木下姉妹はこの川上、三川(みかわ)と言う所の、中学校の傍から、上り蒸機列車の撮影に臨むのだ。運転席に収まった由香と、助手席の由紀に向かい、中条が言った。

「とに角、R49をそれずに会津方面へ向かう事だ。三川のその場所までは、順調なら 20分とかからんだろう。時間はあるから、気をつけてな。我々とは『道の駅 西あいづ』で又、会おうや」「有難うございます。分りました。伯父様たちも、お気をつけて、じゃ、又・・!」先に出る、姉妹の車を会釈で見送ると、後の四人も、宿の車で出発。咲花駅には、丁度 10amに着いた。

「今朝まで、有難うございました。では、皆様のお手回り品は、新潟の今夜の宿に届けます」運転を担う、宿の管理スタッフの言葉に、中条は「こちらこそ、お世話様でした。荷物の方、ご面倒ですが、宜しくお願いします!」一礼を交わした後、宿の車は一旦館内に戻った。恐らくは、追加で積む品物があるのだろう。

数分の後、県境を東へ越え、会津若松へ向かう 上り普通列車は定時にやって来た。昨日とは逆で、最新車 E120型ディーゼル気動車が先頭に出、後二両が 110型車だ。堅めの座席と、金切り声みたいな走行音が敬遠され、一行は、後方の車両に乗り込む。

「ホント、110型は、シートが好いですね」周、感心して呟く。聞いた中条「俺も同感だ。それと、足回りな。ディーゼル車両でこの鋭さなら、不満なしだ。これは、聞いた話なんだが・・」 「はい・・」 「東北の方で一時期、秋田新幹線開通の絡みだったかもだが、特急列車に使われた事もあったらしいわ」 「あは、そりゃ凄いですね。勿論、座席(シート)は交換されたんですよね」 「そうそう。全国の特急で同レベルの、リクライニングできる奴な。でも、基本性能が凄かったから、そんな運用もできたって事だよ」 「なる程ね。確かに、今の座席も心地良いですし」

それを聞いた宙「うん、分るよ。一番新しい車は、座席が堅いからちょっとなぁ・・て思ったのよ」 周「貴女もそう思うか。初美先生も同じ・・ですかな?」さり気なくそう振ると、彼女も「ええ。宙ちゃんのお話しは、良く分るわ。あたしも同感よ」と合せて来た。

「有難うございます!」と返した周だったが、列車が山間に差し掛かった頃から、別の事を考え始めていた。一行が陣取った四人用ボックス席の対面に、二人向い合せの席が空いていて、一つ先の東下条(ひがしげじょう)を発つと、宙は「周さん、ちょっと・・」と、その二人席へと手招いた。「はいはい、何かな?」周が応じ、席に着こうとすると、宙は 彼の上体をぐっと引き寄せ、耳打ちした。

「あのね・・」彼女は言った。周「ああ、いいよ。聞こう」 「貴方も、とても気になる事よ」 「ああ、続けてくれ・・」これを受け、宙は少し姿勢を正してこう言った。「初美先生の事よ」 「うんうん・・」 「出かける時から思ってたんだけどさ」 「ほう、それで?」周の反応を見ながら、尚も続ける。

「伯父様と仲良くお話してるとこ、見てたんだけど、女のあたしから見ても、とても魅力有りなのよ」 「ちょっと待て・・」周は、一瞬制す。「はい、何かしら?」宙が返すと「それは、その・・もう一つの意味でそうだって事か・・?」 「何だかまどろっこしいわね。もう少し、直接(ダイレクト)に言ってもいいわよ」彼女は、少し苛立った様だった。そこで周は「それは、つまり・・性的にって事かよ?」思い切って訊くと「ピンポ~ン!正にその通り。エロい、セクシーだって意味よ」 「あ~あ、ちと、目と下半身の毒だよな。そんなの、暗くなって、新潟へ戻ってから言えよ・・」と呟くも、宙の言葉は、周の本音を代弁していたと言って良い。

中条は、先頭車に移って川沿いの風景を追っている。一人窓側に身を沈め、物想いに耽りながら窓外を眺める、初美の姿は、その時の周には、特に妖艶に映っていた。服装こそ春物のブラウスにデニムのロング・パンツ、薄手の上衣にスニーカーと、隙の少ない装いだったが、それが反って「男の想像」を掻き立てる事となったのも事実。現代の日本女性的清楚さを持つ宙や、それにほんの少しの華(はな)ある、由香、由紀の木下姉妹とも異なる、欧米ハーフ的な美貌とくっきりした目元、前出三人と異なる、長めの少しウェーヴのあるブルネット・ヘアも気になる所。若い三人は、いずれもストレートか軽いウェーヴのある、長めの黒髪だからだ。

「あの普段着の下の、神秘が見たい」想いが、徐々にだが 周の思考に入り込み、支配して行く様な風情が表れて行く。宙は、その恋人であるにも関わらず、恩師とは言え、他の女性である初美の事共で、彼の性的感情を煽る様な挙に出始めたのである。

列車が、三川に差し掛かったのが、咲花を発ってからほぼ 15分後。ここも、桜の時季はほぼ終わりだが、入れ違いに、遅咲きの八重桜が、少し濃色の、魅力的な花を見せる時季であるのも事実だ。「成る程な。由香ちゃんと由紀ちゃんは、これを狙ってるのか・・」中条の言葉に、他の三人も頷く。少し離れた R49沿いの、コンビニ店がある広めの駐車帯に、黄色の乗用車らしい車が停まっている。どうやら姉妹は、無事到着したらしい。

山峡の街 津川、そして鹿瀬(かのせ)わ経て、列車は、磐越西線で最長、2000m超の平瀬(びょうぜ)トンネルに飛び込む。長大(ロング)レールの威力で、以前は気になった、鉄輪が線路の継点(ジョイント)を打つ音こそ聴こえないが、代わりにディーゼル・エンジンの響きと風切り音は相当なものだ。それに乗じて、宙は 周に訊いた。「ズバリ訊きます。貴方は、初美先生と交わりたいの?」

「困った事を訊く奴だな・・」周は、内心思うも「もしも『そうしたい』と言ったら、貴女は怒る・・か?そうだろうな・・」と応じた。対する宙「いいえ、ホントの事を言ったって、あたしは怒らないわよ。だって、周さんがそうしたいなら、あたしにも考えがあるもの」 「そうか。まあ、ホントの所は『一度 寝てみたい』て想いがない訳じゃないな」

聞いた宙「周さん、有難う。素直で素敵だわ。貴方がそうなら、あたしも、あの方に試したい事があるの。そうなればそれで、楽しみだわ」そう言い、微笑んだ。「ちょっと薄気味が悪いな。何を考えてる?」周はそう呟き、宙の方へ向き直った。「大丈夫よ。今夜、全てが分るわ。ああ、深い山間。心が洗われるわね。次の目的地、楽しみだわ」 「ああ、まあな。この風景は、確かに落ち着くわ」周も、そこの所は賛同した。長いトンネルを抜けた列車は、日出谷(ひでや)、豊実(とよみ)の各駅を経て、県境を東へ越え、徳沢から「銚子の口」峡谷を抜けて、福島県側へと至る。上野尻発電所脇の桜の園は、もう一日見られそうだ。「車窓からのお花見も、素敵ね・・」初美は、そう呟いた。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 石原莉奈
葉加瀬太郎さんの今回楽曲「ひばり(Lark)」下記タイトルです。
Lark

新潟・阿賀野川遊覧船関連情報 下記タイトルです。本稿とは異なる箇所もあります。
道の駅 阿賀の里


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。