FC2ブログ

記事一覧

交感旅情 第31話「追尾」

f71bb27d.jpg
「このまま行けば・・」些(いささ)か似合わない、エア・イエローのトヨタ・シエンタを駆る中条は、ステアリングを操りながら呟いた。「ギリで、何とかなりそうだな・・」 R49から東へ分れ、山都(やまと)を経て、喜多方へと向かう県道は、そう険しい道ではなく、一部を除いて、黄線のある上下二車線である。カーヴやアップ・ダウンも思ったより緩く、黄線のある二車線の所は 60km/h位、それ以下の狭い所は 45km/h位で走る。

隣の助手席では、周(あまね)が、カーナビ・システム画面をチェックの傍ら、大体並行する JR磐越西線の線路に目を配り、直後にいる由香、由紀の姉妹も、カーナビ画面に目を遣りながら、こちらは、これも横を流れる、阿賀野の流れを追う。この辺りから川上は、阿賀川と言う名称に変わる様だ。

バック・ミラーで背後に目を向けると、同じ目的らしい数台が、続行して来る。大人数が乗る故、普段より用心して走る中条だが、後続諸車は、いずれも苛立って煽る風でもなく、きっちりと車間を守って続いて来る。それは、速くてもゆっくり目でも、隙の少ない運転スタイルの彼に、暗黙の裡(うち)に一目置いている風にも見受けられた。

前二列の四人に対し、最後部の、初美と宙(そら)の席だけは、異なる空気が漂う様にも感じられた。そこは、詰めれば三人が座れる第二列よりは狭い造作。互いにシート・ベルトを締めている為、身体を密着させる様な出方は叶わなかったが、宙はなるべく、右側の初美に近づき、彼女の左手に右手を重ねて行った。助手席の周も、又も初美への妄想が再燃、下方の勃起を生じて、やや困った風情だ。

「これは何?昨日の続きなの?」昨日昼間の出来事もそうだが、この日の宙は、前日より薄気味悪い風情を漂わせる。「あ、いえいえ、そんな深い意図はありませんよ」微笑みながら返す宙だったが、内心で何を考えているかは、窺い知れなかった。「ホントは気味悪い。でも、一方では心地良い。な・・何か、拒み切れない。これって一体・・?」戸惑う初美の傍らで、宙は、重ねた右手を、女の肘から上腕へと滑らせる。「だ・・ダメだって。宙ちゃん、焦っちゃダメ・・」もう少しで乳房に仕掛けられそうになり、困惑する初美を救ったのは、前に座る由香、由紀の木下姉妹であった。

「ねえねえ、あれ見て!カヌーやってるよ!」阿賀川の流れを右手に見る、山都の手前 荻野と言う所に、漕艇場がある。中学か高校生位だろうか、若い数人が、カヌーの練習に勤しんでいた。「お~い、頑張れ!」姉、或いは妹、どちらからともなく声を上げ。助手席の 周も加わる。ちょっと妙な雰囲気になりかけていた、最後部が何となく和んだ様な。

12:40pmを回り、車は JR山都駅前を過ぎる。「後数分だ。何とか間に合ったぞ!」運転の中条が声を上げると、周囲から大きな拍手が起こった。数分後、一戸(いちのへ)川を跨ぐ、鉄骨を組み上げた、重厚な鉄橋が姿を現した。「ああ、これですね。見事な造作だな」最初に感嘆の声を上げたのは、周であった。20世紀に入って間もなくの大正期初め、磐越西線初開通の頃からの、立派な橋だ。

「わー、マジで見事やな!なあ お姉ちゃん、これ、高さ何ぼ位やろ?」由紀が、周に続く。訊かれた由香は「そやなぁ、30m近いんじゃね?」その橋脚の下近くに車を停めにかかった中条「由香ちゃん、好い読みだな。確か、27mで聞いてるぞ」 「ああ、やっぱし・・」由香も感嘆して返す。既に多くの鉄道愛好者が先着、中条たちは、少ない空き場所を探して、早めに準備にかかる。「おーい、由香ちゃんたち、こっちだ!」午前に三川で出会った、先着の撮り鉄たちが合図、中条たち四人に場所を融通してくれた。一礼して合流。蒸機の出発まで後僅か。由紀は動画を、他の三人は、積んで来た三脚の使用を諦めた。

1pm数分前、JR山都駅の方から、例の太い汽笛の警音が発せられる。暫く後、一際高い、煙一条と、ゆっくりから次第に早まる排気音(エグゾースト・ノート)、それに、橋上故の、一際大きく響く、レールの繋点を打つ、機関銃の様な音が入交り、蒸機 C57が先頭の「SLばんえつ物語」は、力感溢れる走りを見せる。後続客車内の方々(ほうぼう)から、手を振っての挨拶が降り注ぐ。シャッターを終えた、地上の者たちが、同じく挙手の答礼を送る。初美と宙は、車の傍で、蒸機列車の出発を見送った。

「何度も済いません。有難う!」 「いやいや、皆お疲れ様。間に合って良かったよ!」ほんの一時、再開した「有力者」ら撮り鉄たちと、軽い挨拶で別れ、六人揃った一同は、昼の目的地 喜多方へ向かう。西会津からの県道は、一か所の峠を除けば、概ね田園の中を行く、見通しの良い田舎道。速めのペースで 10分も走ると、喜多方市西側の街並みに入る。そこから、中条馴染みのラーメン店までは、ものの数分。店の駐車場がやはり狭く、彼は、少し手前の、民芸物産館の駐車場に進入、そこから少しの距離を、徒歩で向かう事に。

JR喜多方駅の西側、徒歩で 10分強の県道沿いに、中条が時折訪れるラーメン店「M軒」は佇んでいた。地方でよく見かける、地味な二階家。車二台がようやく入る駐車場は、やはり満車。先程まで満席だったらしく、複数の卓に、空いた食器が残る。「中条さん、ようこそ!元気そうで何よりですわ!」店を切り盛りする、初老の夫妻に迎えられ、彼は「いいえ、又お世話かけます。今日は、賑やかなのと一緒でね」 「とんでもない、有難い事です!」家庭的(アット・ホーム)な情趣が魅力の、四人卓が床上、座敷に各二セット、短い四人用カウンターで、席数は 20程の、小ぢんまりした店構えだ。

中条の勧めで、全員が五目中華を所望。量が不足の周は、炒飯(チャーハン)の小盛りを追加。全員向けに餃子が二皿、更に、店側の気持ちで、蕪(かぶら)と大根の、葉の部分も入った浅漬けが、卓に上る。周と中条は、女たちの了解を得て、キリンの中瓶ビールを。よく知られている様に、ここは、札幌や福岡と並ぶ ラーメンの聖地で、その味わいと適度なボリュームは、一同の共感を得た。この店の家庭的雰囲気が、全員に好感されたのも、それはあるだろう。

「今日は、蒸機の撮影ですか?」店主の問いに、中条「そうなんです。さっきなんかは、座敷にいる美人姉妹さんが車で来てくれて、野沢の学校の中と、山都の鉄橋んとこで撮れましてね」 「ああ、そりゃ良かった。今夜は怪しいけど、日中は天気が良さそうなのも幸運だったですね」傍らで、夫人も頷きながら、暫し歓談が続く。小一時間程後・・

「さてと・・」会計を済ませた中条が言った。「喜多方駅近くに、俺の知ってる喫茶店があんだよ。駐車場もあるし、そこで時間までゆっくりするか。由香ちゃんたちも、まだ大丈夫だろう」 聞いた由香「そうですね。下りの復路は、野沢の手前 尾登(おのぼり)って所で撮ろうと思います。それから県境を越えて、日出谷(ひでや)って所。そこからは、もう暗くなりますから、新潟まで直行ですね」笑顔で返す。

中条「有難う。どちらも、まあ良い所だな。人出もありそうだから、早めに行った方が良いけど、それでも 3pm過ぎにここを発てば、大丈夫だろう。じゃあご主人、奥さんも、又、来ます。ご馳走様!」 「はい、有難うございます!午後も、上手く行くと良いですね!」店主夫妻に見送られ、民芸物産館で、日本酒など若干の買い物をした一同は、JR喜多方駅傍の喫茶店に移動、アイス・コーヒーやティーなどを嗜み、時間調整。が、往路の途中から気分が妖しくなっていた周は、ある事に迷っていた。前夜、木下姉妹との濃い交わりで、その性欲は一旦、緩解されたはずだった。しかし、一日も経たずに回復、今度は初美への想像が、一物の勃起を容赦なく促した。

「ちょっと、外します・・」中条に一言伝え、席を外した周は、男子トイレへ。幸か不幸か、大用の方は空いていた。施錠して籠り、ジーンズとブリーフを途中まで下ろし、尚も悩む。ここで、自慰(オナニー)をすべきか否か・・「ああ、困った。初美先生のあの魅力に、俺は勝てない。夜まで待てば、機会(チャンス)はあるだろが。でも・・」男根(コック)に左手を遣りながら、尚も逡巡す。「あの女性(ひと)を強く想ってすれば、数分で処理できるだろう。夜は夜で、うん、大丈夫だろうが、しかし、微妙なのも事実だし・・」閉ざされた狭い空間で、若者の迷いが、暫し続く・・
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 佐々波 綾
葉加瀬太郎さんの今回楽曲「祭り」下記タイトルです。
Matsuri


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

尚、他ブログにて、政治社会の事共や、鉄道交通に関する趣味的事柄にも触れております(下記アド)。
http://blog.goo.ne.jp/hakase32
(第一)読み物ブログは現在、不定期更新です(下記アド)。
https://blogs.yahoo.co.jp/jnkt1957

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」も お読み頂けます。