FC2ブログ

記事一覧

想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密 第18話「並進」

a30c1477.jpg
午後7時半を過ぎ、夜の帷(とばり)が降りきった佐分利学院の研修寮 中山荘(ちゅうざんそう)の玄関廊下には、二組の女と少年たちの、喘ぎとざわめきが聞こえて来た。
少しの後、初美と健(たける)、小町と徹の順で、生徒の寝室へと移動。それぞれのベッドに収まり、引き続いての愛撫(ペッティング)に興じている。

二組の、齢(とし)の差カップル。改めて、長めの口づけに始まり、それぞれの肩や背後に手を回し、蠢(うごめ)き続けて行く。健が初美に「そろそろ、横になりませんか?」こう尋ねる。
初美「ええ」応じ、二人はもつれる様に横たわる。「もう一度、上に来てくれる?」「はい、只今」健、応じて、彼女の上にゆっくり己の上体から重ねて行く。初美は、彼の背後に腕を、次いでその腰に脚を絡めて迎える。健、驚いた様に「とても強い力ですね」「ふふ、これはね、愛の力よ」と初美。彼女得意の「蟹挟み」の姿態(ポーズ)である。

一方の、小町と徹。横になって途中までは、初美たちとほぼ同様だったが、後ろからの愛撫を望む、徹の意を受け入れ、彼女がうつ臥せになり、徹が背後から高める姿勢になった。
「さあ、そろそろ四つん這いになってあげようかしら」と小町。「有難うございます。じゃ、始めます」徹の愛撫は、我が意を得たりとばかりに、後ろから彼女の黒髪と首筋に始まり、方から乳房、背、腹へと移って行く。臍を境に、今度は足先から撫で始め、ふくらはぎ、膝、太腿の絶対領域を経て、臀丘を目指す。

「さあ二人、そろそろ脱ぎ始めようか」初美の合図で、二少年はブリーフを降ろしにかかった。小町は、初めて見る「少年自身」。健、徹のそれ共、想いの他の立派さに「中々好いじゃないの。『下草』が見えないだけで」と、感心の風情である。
二女講師による、二少年へのフェラチオの儀式が始まる。初めは、すぐに昂らぬ様、指技を絡めてゆっくりと口に含んで高めて行く。「余り興奮しないで。ここは頑張るのよ」と、我慢して凌ぐ、所謂「寸止め」を命じる。彼たちは、それぞれに暴発を、やっとの思いでこらえて止めた。

初美と小町、それぞれに、健と徹の「少年自身」を、更にゆっくり、ねっちりと刺激して高めて行く。彼たちの陰嚢も共に。「んん・・好い!感じるゥ・・」二少年、喘ぐ。始める事約10分、彼たちは、遂に前後して発射した。勿論、師たちの口内へである。

「まあ、元気!好い感じだわ」女講師たちの、率直な感想。少年たち「済みません。俺たちの出したものは、どうなったんでしょうか?」と訊くも、小町「風情のない事を訊かないの!あたしたちが好い様にしたから、もう忘れなさい」嗜(たしな)め、初美も「そうそう。一度達したら、もう気にしない事よ」同様に諭す。彼たちは、それぞれ一礼して頷いた。

「さあ、更に深い所へ行きましょう。あたしの『核心』を見せてあげるわ」小町は言った。ミニ・スカートの裾を持ち上げ、ショーツを降ろす態勢に。徹「応援します」と、片方のストラップに手を添え、ゆっくり下肢へと降ろす。健のベッドでは、初美と彼が、ほぼ同時に同じ事をしていた。

「健も来て。見るのよ・・」小町は、露わになった下方を見られる様に脚を曲げ開き、、二少年を手招く。初美よりも僅かに濃い下草。彼女「自身」は、初美より少し赤みの濃いローズ・ピンク。いずれ劣らぬ、魅惑の風情である。

「お~、大人の美しさ!」「ああ、これも綺麗、素敵!」健、そして徹の順で、感嘆の声が聞こえる。小町「ふふ、どうしようかしらね。やっぱり行きがかり。今夜は、徹と最後まで行こうかしら」呟く。徹は「光栄です。宜しくお願いします」と応じる。

健「そう言う事なら、初美さんのお相手は俺って事だな。いいのかな?初美さんも、よろしいでしょうか?」尋ねる。徹「ああ、いいよ」と返事。初美も「あたしはいいわ」こう応じ。小町、徹に向かい「あたしは医者よ。君に、その辺の事も教えてあげる」「有難うございます。楽しみですね」返す徹、本当に、胸ときめかせている様な。

「お礼をします」健は初美に、徹は小町に、クンニリングスでお返しだ。曲げ開かれた脚の間に伏し、それぞれ、師の「自身」に唇を重ね、輝くローズ・ピンクの合わせ目に少し舌を滑り込ませ、丁寧に、ゆっくりと舐めて行く。やがて湿度が大きく上がり「ジュルジュル」の欲情音も伴う様になる。

「あ、ああ・・うんん・・好い感じ。続けて・・」初美も、そして小町も、想像を超える少年たちの、巧みな愛撫に暫し身を任せる事にする。「徹は愛撫が上手いわね。余計な事を教えずに、様子を見ようかしら」小町、喘ぎ呟く。「「本当ですか?俺、余り意識してないんですが。もし、変な風だったら教えて下さいね」応じる徹、ちと不安な様子だ。

日曜のこの夜、JR中央西線には、貨物列車の往来がない。午後8時半過ぎに通る下り電車 1841Mが、あの行為の合図になった。少年たちは、それぞれの「自身」にゴムを着け、行為の準備に入る。
徹の望みを聞き入れ、立ちながら前傾姿勢をとる小町。「立ちバック」の用意だ。右手指二本を咥え、妖しい流し目を送って「徹、用意はいい?」それは、初美の時以上の、下劣な風情。同じ時、健のベッドでは、仰向けで脚を開いた初美が、健に同じ言葉を発した。

二少年は、前後して「OKです。お願いします」とそれぞれの師に答え、頷きの了解のもと、進入にかかった。彼たち「自身」の先端が、師たちの核心を探り当て、滑り込む様に、中へ。そして、肉壁に囲まれ攻め寄られる感触と共に、「女性」に繋がって行く。

「んん・・あああ!好い!健、徹、さあ来て!」初美と健は正常位、小町と徹は立ちバック「ラヴ・トレイン」の体裁。「さあ動いて、動くのよ」小町の右手が、後ろの徹のそれを求める。徹、応じてその右手を握り返す。空いた左手を師の腰に添え、前後の動きを休まず続ける。
健のベッドでは、初美が、彼の身体をがっしり受け止め、その背に腕、腰に脚を絡みつけた蟹挟みの体位で、昂らせて行く。

暫くの行為の後、二組の女と少年たちは、最初の頂きに昇り詰める。「好かった・・」一旦離れ、健は、初美に横向きになる様請い、自らは後ろから支える「横飛び」の、徹は、ベッドに臥して、上に小町を迎える騎乗位の体位で行為再開。もう暫くの後、次は、健が臥して、初美が上に跨る騎乗位。小町は、今度はベッドに上って四つん這いになり、「さあ来て。Come On!」怪しい視線を、徹に送る。

「はい、只今」徹、応じて小町の後ろに寄り添い、彼「自身」を、三度 師の「女性」に返して行く。肉壁の緊迫度は依然強く、子宮口に届く位、前後動をする様促す。健も、初めて初美を上に迎え、少し難しい、下からの動きに挑んで行く。はあぁ~ん!好い!好い!行く~!」「んん~!熱い~!初美さ~ん!小町さ~ん!」二組共、この体位(ポーズ)で、最後の高め合いに入る。暫く後、前後して、それぞれの頂に昇り詰めた。

「ああ、好かった好かった」行為を遂げ、四人に、ほぼ等しく達成感が訪れた。暫くの間を置き、二少年は、それぞれの師の「女性」に繋いでいた彼たち「自身」をゆっくりと離す。二度目、三度目とあって、ゴムに溜まった男精が、心持ち薄く見える様な。最後に、それぞれの下方を拭き清め、この夜の補習は区切りとなった。小町の感想。「君たち、思ったよりずっと上手。愛撫も、行為も・・」

「二人、とても好かったわ。最後に、ちょっと話があるの。それで、今夜の補習を終わりましょう」初美は言った。そして「明日の授業内容は、朝ご飯の時に伝えます。小町さんは、明日午後でお帰りだから、理数科で訊きたい事があれば、まとめておく様に。それと、入れ替わりに香緒里さんが戻られるから、その時は荷物降ろしとかの応援を宜しくね」「かしこまりました」二少年、返す。

初美と健、小町と徹、それぞれ終礼の熱い口づけを交わし、この「夜の補習」は終了。「お疲れ様でした。俺たち、シャワー行って寝ます」「お休み。あたしたちも、後で行くわ」さて、好い夢は見られるだろうか?
(つづく 本稿はフィクションであります 2016=H28,7,19記)

今回の人物壁紙 鈴村あいり
渡辺貞夫さんの今回楽曲「タイムズ・ウィ・シェアド(Times We Shared)」下記タイトルです。
Times We Shared
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。