FC2ブログ

記事一覧

交感旅情 第34話「餐席」

017.jpg
復路の、蒸機の列車が順調に走ったお蔭もあって、中条たち四人の宿入りは、予定通りの 7:10pm過ぎだった。先着の由香、由紀に姉妹には、近づく話し声と、荷物を揚げて来る音で 何となくそれと分かったが、中条が、自室に内線連絡をくれたので、確認ができた。「俺たちは、荷物の整理がつき次第、下に降りる。良ければ、先にロビーに降りていてくれ」彼の促しに、姉妹は「分りました。それじゃ、下で・・」と返し、又 衣服を上シャツにジーンズ、スニーカーとかの平装に戻し、部屋を施錠し、階下へ。

10分程後「お待たせっ!」 「お疲れ様でした!」広めのロビーにて、六人全員が合流。色合いこそ違え、皆、姉妹と似た風の、普段着に履物だ。夕食場所の和食処「N,K亭」は、徒歩で数分も要しない、至近にある。「いらっしゃいませ、今晩は!」若い、元気な挨拶複数に迎えられ、幹事役の中条が、予約の旨を告げ、少し奥の、六人用個室に通される。堀炬燵(ほりごたつ)の様な造作で、日本情緒を残しながら、テーブル席に近い 脚部の寛ぎが得られる、秀逸な造りだ。

前夜と、品書きは大きく違わない。中条以下 飲酒できる四人は、生ビールの出だし、彼と周(あまね)は、銘酒「麒麟山(きりんざん)」を冷(ひや)で、初美と由香は、この後の予定も考え、カシス・ソーダでやめておく事に。因みに彼女たち、男二人に「今夜のお酒も、程ほどにね!」と釘を刺す。飲酒不可の、宙(そら)と由紀は、初めはペリエ、次は烏龍茶であった。

料理の方は、もう和食の定番でもある、海老、帆立などから一品選べる突出しに続き、烏賊(いか)を含む 造りが数種と、ノドグロの焼き物、鮑のグリル、郷土料理「のっぺ」、もずくと海草サラダ・・などなど。終盤向けに、炊き込み五目飯やお茶漬けなどのメニューも選べる。

「周君、ほれ・・」中条が、隣席の若者に、この日お勧めの品書きを差し出す。「これ、欲しかろう・・」と促すと、周は「いや~、見られてますね~。嘘はつけないなぁ~」観念した様に返し。「・・で、勿論、注文だよな」男が続けると「はい・・ですね」と応じ。それは、昨日も餐席に現れた、村上和牛の極上石焼サーロイン霜降りであった。

「よしよし、決まり!」中条、こう言って笑う。次いで女たち向けに「俺たちはさあ、和牛の部位違いが三つある、この『食べ比べ』を試そうじゃんか。二人一皿で、どうだ?」 「好い選択(チョイス)ですねぇ!賛成です!」 「ウチらも!」宙と木下姉妹から、直ちに賛同の声上がる。初美も、笑顔で頷き返した。かくして、石焼き和牛の四点が追加された。

飲み物が行き渡り、乾杯。突出しやもずく、枝豆などが真っ先に現れ、食事を始めながら、中条は姉妹に訊く。「ここまでは、順調に着けたかい?」 姉の由香「ええ、ご案内有難うございます。尾登(おのぼり)も、日出谷(ひでや)も素敵やったし、お蔭で、そう迷わずに来れました。山間の、磐越道の津川 I.Cまでが、初めてなのでちょっと不安やったけど、後はスイスイ!今は、カーナビの機能も進んでいますからね」と返す。

中条が続ける。「成る程な。津川から新潟東まで磐越道か。正解だ!誉めて進ぜる!」 由香「ああ、有難うございます!伯父様も、お昼ご飯からお茶の間で、給油されたの 見事なタイミングでしたね!」 「有難よ。あれ、ボツボツかなって、漠然と思っただけだったんだが。ただね・・」 「はい・・」 「今日みてぇな山間の行程じゃ、ちょっと街中に出た折には、必ず給油しとく様、心がけんとって、改めて思ったな」

聞いた由香「ああ、それ大事ですよね。変に大丈夫と思って、そのまま山間へ行ったら、途中でガス欠して大変・・て事もありそうですから」更に、傍らで聞いていた由紀も「ホンマ、それ大変や!熊とか猪のいるとこでそうなったら、マジで危ないかも・・」今度は中条が「由紀ちゃん。好~いとこ見てるなあ!マジでその通りやよ。アイツらがエンコしてるとこに出て来たら・・だな。マジで命までヤバくなるぞ!」 「・・ですよねぇ」 「そうそう。今日のその事は、デカい学習だ。よく覚えとこうな!」 「はい、分りました!」これには、全員同意して頷いた。

少し遅れて登場の 村上和牛は、周向けのサーロイン以外は、肩ロース、バラ、モモの三種類。三皿中、脂身の少ないモモと肩ロースは、女たちの所へ行き、中条が食し得たのは、結局 バラ肉ばかり。「まあええわ。これ、最初じゃねぇし、今度一回限りって娘(コ)もいるだろうから、好きにすりゃ良いんだ」その辺は、快く許し。すると、サーロインを大事に嗜んでいた周が「伯父さん、一個だけ交換したいですねぇ」と申し出。これは嬉しかった。「ああ、良いよ。どうぞ!」中条、期せずして、一口ながら、極上の霜降りを味わえた。

それにしても、銘酒「麒麟山」は海鮮のみならず、和牛とかの肉料理とも、良く合った。中条は、初美と由香にも一杯だけ勧めたが、反応は上々。「うんうん、凄く美味しいわ!」とりあえず 4合のつもりが、更に進みそうなのが怖い位だった。が、そこは締め上手な初美。少し残った酒瓶を取り上げて、こう言った。「新さん、周君も、これ以上はダメよ!」 「了解。これ以上は飲みやせん!」何故か?その理由は、男たちにも分っていた。

一時間程の夕餉。さて、ご飯ものどうする?の刻に至って、女たちは、誰からともなく「お寿司がいいわねぇ」と言い出し。中条も、察知していたらしく「寿司か、いいね。俺たちも便乗するか」と言う事で、初美の好物、烏賊と蛸のネタを少し多めにしてもらい、おまかせ握りで落ち着く。最後の、果物と柚子シャーベット、日本茶に至った所で、中条は、周を促す。「じゃあ、例の事やろうか」 「はい。・・ですね」

彼はそう返し「王様ゲーム」の時使う様な、番号と『キン肉大王』の肖像入り、割箸を使ったくじを用意する。そして「王様誰だ?」の一声で、抽選開始。最初に引いた由香、全員に一人ずつ、「この旅で一番良かった所は?」の問いをして回る。答えは、宙が、前夜の宿の部屋、由紀が「伯父様たち、ご免なさいね」と前置きの上、金曜日の初日夕方、中条たちと合流の前に、姉妹だけで覗いた、新潟中心部の商業エリア、初美が、この日朝乗った、阿賀野川の川船、周が、同日の午後乗った、蒸機の列車、そして中条は、前夜とこの夜に出た、極上日本酒を嗜んだ場所であった。「皆さん、有難うござます!」由香は、こう区切った。

次いで、初美が『大王』を引く。彼女の問いは「一番、気持ちの良かった事を教えて」てあった。「えっ?」宙と由香、由紀の姉妹は、一瞬戸惑った様だった。「初美先生、それは・・」控えめに、宙が訊く。「はい、何かしら?」彼女が返すと「特に夕べ、寝る前の絶頂とかも、話さないとダメですか?」それを聞いた初美は、思わず失笑。そして「バカねぇ!他のお客様にも聞こえるとこで、誰も、そんな事を話せなんて言ってないわよ。あくまでも、旅する途中の事よ」と、笑いながら続ける。宙「ああ、良かった。それじゃ、お答えします。やはり、夕べのお宿の、貸切の、水入らずのお風呂がとても良かったです」その答え、全員笑顔で迎えるも、男二人は「それに、彼女たちの、魅惑の裸体も拝めたしな・・」と、心底ではニヤリとしたのも、事実だった。 

初美「有難う。由香ちゃんは?」 由香「はい、あたしは、R49や磐越道、山間の県道とか、とに角快適なドライヴができたのが、とても心地良いですね。あっ、勿論、お湯もお宿も素敵でしたし、お食事も、とても良かったです」と、付け加えた。「次に、由紀ちゃんかな?」 由紀「はい、初めての土地だったですけど、出会う方たちが、皆魅力的ないい方ばかりでした。鉄道ファンの人たちも、評判が良くないとこもあるらしいけど、昨日と今日会った方たちは、皆良くして下さって、快かったです」 「ああ、それ、いいわねぇ。運が悪いと、変な人たちに当たって気が滅入るってのもあるみたいよ」 「そうですか。じゃ、あたしたち、運も良かったんですね。感謝です」 「うんうん、そう言う様に思えば、次も、きっといい感じよ」

その後の周は、由香の質問に続き、昨日と今日の、蒸機列車の写真撮影と、復路の乗車、中条も、宿、そして列車内の酒気と、道の駅各所での買い物ができた事などを挙げた。ゲームも一巡した 9pm少し前、店の者に会計を願い、そろそろ引き揚げようとしたその時、急に、木下姉妹の妹 由紀が、中条にそっと寄って来た。「伯父様、ちょっと・・」 「うん、何かな?」彼が返すと「ちょっと、お耳に入れたい事があるの」 「今から会計だ。行きながら、聞こうか」 「はい・・」会計台に向かう為、彼と由紀は、続いて席を立った。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の壁紙 JR磐越西線 馬下(まおろし)駅西詰 新潟県あがの市 2010=H22,4 撮影 筆者
「海鮮家 葱ぼうず」(物語中「N,K亭」のモデル)紹介サイト、下記タイトルです。
海鮮家 葱ぼうず

葉加瀬太郎さんの今回楽曲「コリン・ヴァイオレット(Collines Viollets、クレモンティーヌ[Clementine]さんとの共演)」下記タイトルです。
Coline Viollets


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

尚、他ブログにて、政治社会の事共や、鉄道交通に関する趣味的事柄にも触れております(下記アド)。
http://blog.goo.ne.jp/hakase32
(第一)読み物ブログは現在、不定期更新です(下記アド)。
https://blogs.yahoo.co.jp/jnkt1957

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」も お読み頂けます。