FC2ブログ

記事一覧

交感旅情 第37話「続昂」

av-34959a.jpg
雨の夜になった。JR新潟駅近所の、ホテル M館上階の上級客室「エグゼクティヴ」では、先刻から、熱い男女の愛撫が続いていた。上体をベッドに伏して前かがみになり、フレア・ミニスカの裾から覗く臀丘を高く突き上げた 宙(そら)、由紀の少女二人は、それぞれ 周(あまね)と中条の、後ろからの熱い愛撫(ペッティング)を賜り、高音の喘ぎを聴かせ始めていた。

「ハハ、由紀ちゃん。気持ち良さそうだな」二ーハイを纏いながらも、露わの太腿と、Tバックが魅力的にフィットする、臀丘を交互に摩(さす)りながら、中条は、笑顔で訊いた。「あっ・・はっ・・ふうっ!は・・はい、伯父様、と・・とても好い感じですわ。ふううっ!」由紀、余り余裕のなさそうな感じで返す。 「周さんのタッチも、とても素敵よ。続けて・・」宙は、やや余裕がある様だ。「ああ分った。もう少しだけな・・」愛撫を進める周、なるべくぶっきらぼうにならぬ様、丁寧に返した。暫くして・・

「由紀ちゃん・・」若い、彼女の尻の感触を存分に味わった中条が、声をかけた。「はい、そろそろですか?」笑顔の彼女は、ノッた感じで返す。「そうだな。そろそろ横になってみるか?」 「はい、そうしたいですね」 「よしっ・・」魅惑的な、初音ミクのコスを纏ったままの由紀は、ベッドに臥した。「よ~し いい娘(コ)だ。まずは、俺から『次へ』の挨拶を進ぜよう」 「はい、お願いします!」こう言葉を交わした中条が、まずは由紀の上にのしかかる。仰向けの背後に両の腕を回し、ゆっくりと唇を交わす。傍らのベッドでは、初美と周の、同様の「行為」が開始された様だ。

「あ、あぁ・・好い」由紀、合間に喘ぎながら言い。中条も「うん、思った通りの好い感じ。もう一度、しようか・・」 「ええ・・」再度の接吻(キス)。今度は、互いの舌を、交互に差し入れたりしながらの、濃いそれだ。喘ぎを交えながら、断続的に続く。少しの後・・

中条「じゃ、そろそろ、胸の見学と行きてぇな・・」 由紀「ふふ、そう来はる思いました。好いよ、じっくり見て触ってね。後で、姉のと比べるのも、おもろいかもね」 「ハハ、それも好いな・・」中条はそう返しながら、由紀の上衣を開いて行く。キャミソールの様なそれを緩め、中のブラを下げると、Dカップに近い、形の整った、程良い大きさの双丘が、姿を現す。

「いいぞ、由紀ちゃん。綺麗な肌!」 「ふふ、有難うございます・・」少し上体を起こした男は、両の手中に、半円の乳房を収めて、ゆっくりと 大きな円を描く様に摩(さす)り始める。次いで、途中まで露わになった、肩と上腕にも掌(てのひら)を走らせる。「ああ、ホンマ・・伯父様はお上手やわ。んんん・・」組み敷かれ、喘ぐ由香の表情が、少し恍惚の風情を帯びて来る。

一方の、初美と周も、似た様な態勢で高まり始めていた。「さあ、楽しみね」 「はい、宜しくお願いします!」こちらは、仰向けに臥した女の上に、若者が重なり、濃厚に唇を交わしての、開始挨拶。由紀と中条に同じく、舌技を交えての、濃い愛撫。タンク・トップのアッパーとブラを下ろし、優れたシルエットの乳房を、じっくりと愛撫して行く。「思った通り、綺麗な肌・・」 「ああ、周君も上手よ。続けて・・」 「はい、では・・」こちらも、露わになった 胸の双丘に両の手を馴染ませる様に滑らせ、高め合って行く。暫くして・・

中条「由紀ちゃん・・」 「はい・・」 「一度、上下で入れ替わろや。今度は、俺の上から乳房(おっぱい)が被る寸法だ。知ってるかもだが、高め方は、俺が教えたる」 「はい、聞きましょう!」よく言う事を聞く一方、由紀は、かなり積極的だ。中条は、その所に惚れ始めていた。まずは、上下入れ替わっての、濃厚な接吻のアンコール。次いで「ちょっと、俺の耳から仕掛けてみてくれるか。何なら、耳たぶ噛んでも、かじっても良いんだぜ」 「わっ、マジですか?」 「ああ、良いよ。とに角やろうや」 「はい、それじゃ・・」

濃い接吻が区切りになると、今度は、仰向けに臥した中条の上で、由紀が、その上体からマッサージを施し始める。まずは、注文通りの 耳への甘噛み。左、そして右の耳への、程良い歯の刺激が、中条の 雄の情念をゆり起す。「伯父様、眠っちゃダメ!夢は、これからええとこなんやから!」由紀の、歯や舌を使った巧みな技が、そう語っている様にも感じられた。

「思ったより上手だな」はだけたガウンの、露わになった胸元を舐め回されながら、中条は呟いた。「由紀ちゃんは、こんなの初めてか?」 「う~ん、初めてって思って下さると、嬉しいな」彼女は、笑って返す。中条が「でもまあ、多少は覚えがあるんだろ?そうだな」と続けると「ふふ、まあ、多少は覚えがあるかしら?」由紀も、笑って続けた。

胸から腋、脇腹から臍(へそ)周りへと愛撫が進み、過敏な所を攻められた男は「あ、あ・・こりゃたまらん。じっとしてられねぇな!」思わず「ビクン!」と反応す。「ふふ・・」由紀は、又笑った。「大人なのに、結構感じるのね」 「ああ、ご免ご免。脇腹辺りは、俺、ずっと感じるんだよ。そう、若い頃からね」 「まあ良い事だわ。これは、下の方に期待が持てる・・かな」 「これから、試すかい?」 「ええ、是非!」そう言うと彼女は、ソファでの休憩を終えた、姉の由香と二人で、男のトランクスを下ろしにかかった。

「あは、素敵な男根(コック)ですね。程良い下草。陰嚢(ホーデン)とのマッチも、素敵やわ」由紀は、感心したように、中条の、露わの下方をしげしげと観察す。「ホンマ、伯父様の『核心』・・思った通りやわ。程良く大きくて、堅~ぁい!」由香も、同じく感心した様子。

「さあ、伯父様・・」由香が言った。「は・・はい、何かな?」中条が返すと「今から暫く、あたしと由紀で『核心』を高めて参りますわ。伯父様も、素直に反応して欲しいの」 「あ・・分った。しかしなあ、由香ちゃん」 「はい・・」 「俺、先に昇っちゃったら、どうしような?」 「ふふ、楽しみね。あたしたち、意地悪く、それ目指しますわ」姉はそう言うと、横から中条の唇を奪った。

「う・・むむむ。お姉ちゃんも、す・・素敵だ。うぅぅ・・」由香は、男の口内に、激しく舌を差し入れて来た。かき回す様な仕草。呻きながら 中条は、やっとの思いで、その行為に応じた。その出方が、妹の由紀に、火をつけた。「お姉ちゃん、飛ばしちゃいかんで。今は、あたしの番なんやから!」 由香「分っとるわ!そやけど、あたしたち二人が同時に当りゃ、伯父様もお喜びやろが!」

由紀「そうか、分った!そやけど今は、伯父様の男根(チンポ)と玉袋は、あたしの手中やで。これから、極上のマッサージを仕掛けるんやから、邪魔せんといて欲しいわ!伯父様、よろしか?そろそろ、行きまっせ!」関西訛(なま)りの本音が飛び出し、果たしてついて行けるか、頭の一隅に疑問も渦巻く中条だったが、少しの間で、気持ちは決まった。「OK。由紀ちゃん、行ってくれ」

この言葉を聞いた由紀は、浅黒く勃起した、中条の男根(コック)に食らいついた。巧妙に舌先を使い、亀頭をねぶる様に刺激して、高めて行く。「あ、あ、ふぅぅ、う・・上手いぞ!」男は、呻きながら称える。次いで、陰茎の裏筋に、焦らす様にゆっくりと舌を走らせ、陰嚢へと進んで行く。ここで・・「よしっ!」気合を入れた、姉の由香が、中条の亀頭に仕掛ける。ねっとりと、唇と舌を絡みつけ、徐々に徐々に、口内へと誘って行く。

「やり過ぎやで、お姉ちゃん!」陰嚢に仕掛ける由紀が、ムッとして声をかける。対する由香「何がやり過ぎやねん。アンタは大人しく、玉袋のお手入れでもしてりゃええねん!」横柄に返す。由紀「分ったよ。そのフェラ、やらしてやるよ。ただ、後少しやで!」 「そんなん、アンタに指図される筋合いやないわ!勝手に決めるんやないで!」 「ふん、覚えとき!」姉が、男根から口を離した一瞬の隙を突き、妹は、男の上に、後ろ向きに跨った。彼の顔の傍に、豊かな美尻が向けられる。

「さあ伯父様!」それを揺すって、由紀が誘う。「伯父様の、一番したい事を、して!」 「分った。有難う。ホントに始めるぞ!」 「いいわよ。どうぞ!」由紀も理解する、中条の願望。それは・・彼女の着ける「T」を脱がせ、下半身を露わにする事だった。己の上にまします、ノーパンの初音ミク・・中条が夢に見た、一つの理想ではあった。これから、更に「夢と願望」の深化が、ゆっくりと始まろうとしているのかも知れなかった。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 星野ナミ
葉加瀬太郎さんの今回楽曲「タイスの瞑想曲(高嶋ちさ子、古澤 巌の各位との共演)下記タイトルです。
タイスの瞑想曲


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。