FC2ブログ

記事一覧

交感旅情 第39話「蠢技(しゅんぎ)」

023_2.jpg
「ふふ・・」眼前に現れた、周(あまね)の、若くて力感ある男根(コック)と、程良い下草伴う陰嚢(ホーデン)を認めた初美は、微笑んで呟いた。「思った通り、期待の男根だわ。さあ、じっくりと味わおうかしらね」 聞いた周「分りました。俺も、男としてできる事を、全てします・・」と答え。傍らの宙(そら)も「あたしも、応援しますわ」と一言。三人は、静かに笑い合った。

「さあ、行くわよ・・」そう言った初美、中腰の 周の亀頭を口内へ迎え入れ、ゆっくりと転がす。「い・・好いですねえ。や・・やっぱり、大人の技は違う・・ですか。うぅぅ・・」仕掛けられる、周の呻き。それを聴きながら、宙が言った。「あたし、彼の陰嚢を高めて行きますね」 「ふふ、好いアイデアだわ。お願いね」一度、亀頭を離した初美はそう返し、又、口内へ。唇と舌を巧みに使った「クチュクチュ、チュルチュル・・」なる、静かな愛撫の音が伝わる。宙も、初美の下に潜(もぐ)り込む格好で、周の陰嚢にかぶりつき、舌を使った 玉転がしの要領で、高めて行く。

「あ・・ああ。こ・・困ったな・・」周は、本当に困惑していた。このまま、女恩師と恋人による刺激に身を任せていると、そのまま射精してしまいそうな気配だった。が、しかし・・「いや、それは嫌だ。こ、ここは・・何とか持ち応えたい。本当の絶頂は、初美先生と繋がって・・にしたいから」そう思いながらも、絶対の自信はなかった。暫くして・・

「周君・・」初美が言った。「はい・・」彼が返すと「そろそろ、横になろうかしらね。貴方も、お返しがしたいでしょう」 「ハハ、図星ですね。そうです、そろそろお返しを・・て思いまして」 「いいわ。あたしもそろそろ、そうして欲しいから・・」女はそう言い、南窓に近いベッドに臥し、ミニコスのフレア・アンダーを少しだけ捲り、脚を曲げ開いて見せる。まだ「T」と二ーハイを着けてはいるが、大胆な下方の有様は、期待値十分の風情だ。

「あ・・ああ、いかんな・・」とは思いながら、周は、下方を勃起させて行く。「ふふ、周さん、起(た)ってるよ」傍らで、立膝の体育座りで挑発する宙が、指差して笑った。「仕様がないな。まあ暫く見ててくれ」応じた周、再び、初美にのしかかり、露わなままの 胸の双丘を、もう一度摩(さす)って高めにかかった。「ん、ん・・ああ、好いわ。続けて・・」喘ぐ女の反応に「かしこまりました」そう返し、少し執拗に、愛撫を続ける。その後・・

胸から腋(わき)、腹部、臍周りの括(くび)れ、飛んで足先から太腿へとマッサージを進めた周は、いよいよ 女の核心周りへと手を伸ばす。薄く小さいショーツ越しに、手指を走らせ、下側に潜り込ませて、臀丘をできるだけ広く撫でて行く。周の手を離れた胸の双丘は、直ぐに宙の愛撫の標的となった。「あっ・・あっ、凄い、感じるっ!二人、上手よ・・」初美の喘ぎが、少し大きくなった様な。

「そろそろですね・・」周、初美の耳元に、そっと囁く。「うんうん。脱がせたいんでしょ。好いわ、やってみて」返事を得た彼は、傍らの宙と示し合せ、それぞれ片側から、腰のストラップに手指をかけ、慎重に下ろして行く。まず、少し濃い目の下草が、宙と周の視野に入る。太腿→膝→足先を経て、ショーツを完全に脱がせると、二ーハイを纏ったまま、もう一度 脚が開かれ、女の「核心」が眼前に晒される。

「ああ、ただただ 素敵・・」 「ホントに。何度見ても、嫉妬するわね・・」これが、恩師 初美の秘溝を目の当たりにした、宙と周の、偽らざる感想だった。大人らしい、少し濃い下草は、程良く高い土手の陰唇の両脇を経て、その下の菊花(肛門)の傍まで、薄まりながら続いていた。陰唇の中の秘花は、これも程良く落ち着いた朱を誇り、周りの陰唇や、菊花とのバランスが魅力的に映った。「もうダメだ。見てるだけで暴発しそう・・」これが、周の素直な感想だった。

「お返しします・・」開かれた、初美の股間に控えた周は、その陰唇に唇を合せ。長めの挨拶が終わると、陰唇の合わせ目に舌を滑り込ませ、じっくりと秘花を舐め回しながら、秘液の分泌を促す。「初美さん、恥ずかしがらないで、熱い液を、一杯出して下さい。お願いします・・」そう呟きながら、口唇愛撫(クンニリングス)を進めて行くと「あっ、はっ、ふぅぅ~ん!」の様な喘ぎと共に、秘液の分泌に伴う「ジュルジュル・・」と言う音が、少しずつ聴こえる様になった。周に抱かれ、宙から 唇や乳房を仕掛けられた彼女は、股間を加湿、確実に昂っている様だ。

一方の、由香、由紀の姉妹と中条。初美や周、宙より先に、昂奮の域に入っている様に思われ。顔面を、下肢で覆った姉に口唇愛撫(クンニリングス)を施す一方、妹とは濃厚な、俗に「シックス・ナイン」と呼ばれる、互いの「核心」を高め合う愛撫を続けたこの三人は、交合の一歩前まで進んでいた。

「由紀ちゃん・・」由香の下半身に、視界を奪われたままの中条が言った。「はい、次の事ですか?」依然 積極さを見せる、由紀が返すと「あのさ、貴女の準備が良けりゃ、そろそろ一つになろうと思うんや。どやろうな?」 「あたしはいいですよ。下半身も、十分に高めてもろたし、繋がる用意はできてます」 「そうか、よし!」と中条は返し「由香ちゃん、悪いな。素敵な眺めの続きは、ちょいと後って事で・・」 「はい、ああ、まあ仕様(しゃあ)ないですね。でも、楽しみにしてますわよ!」と姉は男に返し、ニヤリと笑った。

「いよっ、待ってました!」ベッドに臥し、下方を露わにして、脚を曲げ開いた由紀 笑いながら言った。「オイオイ、ちょっと待て!」中条、呆れた風に笑って返し、そして続けた。「由紀ちゃん、そりゃ、男の俺の台詞だぜ!」 由紀「ふふ、伯父様・・」と反応して「そんな事、どうだっていいやおまへんか。さあ、あたしに重なって。そして、もっと高い所へ行きまひょう!」 「うんうん、高い所やな。そりゃいいや。待ってろ、今、高めてやるさかい!」ナイト・ガウンを脱ぎ、姉妹と同じく 下方を露わにした男は、妹の上に、ゆっくりと重なって行く。

由紀「伯父様・・」 中条「うん。何?・・」 「さあ、来て・・」 「うんうん、今から 繋がるよ・・」全開放の、彼女の下方に控えた男は、由紀の両脚を「ちょい!」と抱えて、己の両肩の上に乗せた。そのまま、上体を前方に傾け、これも露わの「胸の双丘」に顔を埋める形に。次いで、己の 礼儀を知る男根に右手を添え、由紀の秘溝の合わせ目を探る。

見当がつくと、彼は、己の亀頭を合わせ目にはめ込む様にセット、腰をゆっくり沈め、奥の方へと合致(ミート)させる。直ぐさま 若い肉壁が敏感に気づき、中条の亀頭は、陰茎は、忽ち周囲から締め付けられる様に迎撃され 包囲される。「あっ、あっ、はぁぁっ!」高音の、小気味好い喘ぎが、途切れがちに発せられる。男は、更にゆっくりと腰を沈め、彼の亀頭が、奥の方で突き当たる。由紀の子宮口に、連結が果たされたのだ。

由紀「ふうっ、はあっ、い・・好いっ!お・・伯父様、う・・動いて!」 「OK、無理すんなよ!初めは、ゆっくり行くさかいにな!」中条、上から、覚え始めた関西訛りを交えて、返事す。言葉通り、初めは、腰の動きをゆっくり目にし、スロー・ピストンを心がける。その代り、仰向けの上体をしっかりと抱き、一体感をアピールするのだ。胸の双丘から顔を上げると、今度は、唇をもう一度合せ。「はぅん!ん、ん、ふぅぅ~ん!」唇を奪われた由紀は、籠った喘ぎで応じ。

隣のベッドでは、少し遅れて前戯を区切った、着衣を乱した初美が、周の男根を迎え入れようとしていた。中条が、由紀に繋がるのを盗み見た彼は、できる所は、彼の仕草を真似ようとしていた。それを、組み敷かれた恩師が諭す。「周(あまね)・・」 「はい・・」彼が返すと「(中条)新さんの真似ばかりじゃ嫌よ。貴方の持つ、こうしたいって愛し方があるでしょ?」 「そうですね、それじゃ・・」こう返した周は、初美の両脚を抱え上げると、足先が天を仰ぐ様な体位で、彼女に重なって行く。右手にガイドされた亀頭が、その秘溝を探り始めた。傍らで、これも体育座りで見守り、同時に 周を挑発する宙も、高める応援にかかる。その右手には、又も「あの道具」が・・
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の壁紙 JR磐越西線 一戸(いちのへ)川鉄橋夜景 山都(やまと)~喜多方間 福島県喜多方市 2009=H21,3 撮影 筆者
葉加瀬太郎さんの今回楽曲「トリッチ・トラッチ・ポルカ(Tritsch Tratsch Polka)」下記タイトルです。
Tritsch Tratsch Polka


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

尚、他ブログにて、政治社会の事共や、鉄道交通に関する趣味的事柄にも触れております(下記アド)。
http://blog.goo.ne.jp/hakase32
(第一)読み物ブログは現在、不定期更新です(下記アド)。
https://blogs.yahoo.co.jp/jnkt1957

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」も お読み頂けます。