FC2ブログ

記事一覧

交感旅情 第40話「登頂」

a68485ae.jpg
「周(あまね)、いよいよね・・」そう呟(つぶや)きながら、かつての教え子に組み敷かれ、海老の様に、ニーハイを纏(まと)った脚を曲げ開かれた初美の表情には、心持ち余裕があった。初めての、恩師との交合。「はい、お願いします!」上に重なり、仕掛ける周の方が、少し焦りが見られる様な。それでも、彼の勃起した 礼儀正しい亀頭は、彼女の、程良い土手高の陰唇を捉えていた。周の背後には、恋人の宙(そら)が、ねっとりした視線と、微かな笑みをもって、うずくまり、見守る。

「さあ、それじゃ・・」かつての師が、挑発する様に促す。「貴方の、今一番したい事をして」 「かしこまりました。では・・」周は応じ、男根が初美の核心に沈み込むのを確かめながら、慎重に腰を落として行く。奥へと滑り込む男根。当然の様に、肉壁の迎え撃ちに見舞われ、心地良い締め付けをもって、奥へと誘い込まれる感触を、あるがままに受け入れて、進んで行く。次の瞬間、亀頭の先端が、突き当たる感触と「ああ、んんん・・」の、軽い喘ぎ。彼の望んだ、恩師との連結が叶ったのだ。

「周、とても好いわ・・」喘ぎながら、初美が呟く。「俺もです。貴女の秘溝と肉壁、とても素敵ですね」余裕がないなりに、周は、恩師の身体を称える事も忘れない。「少しの間、繋がる歓びを感じてていいですか?」 「いいわよ。どうぞ・・」全身 炎の様に燃え上がった風情の周、まず、上と下で、激しく唇を合せ。「ああ、好い・・」数回、接吻(キス)を繰り返した彼は、こう呟いた。

「ふふ、熱いわね・・」組み敷かれ、貫かれながら、初美は返す。「はい、もう完全燃焼・・ですかね」上から、周が続けると 「さあ、ちょっと動いてくれるかしら。貴方の『男』を、もう少し強く感じたいのよ」 「かしこまりました。ちょっと、動きますね。それと、宙にも、少しマッサージをさせましょう」 「ふふ、いかがわしい、嫌らしいマッサージでしょ。でも好いわ。楽しみだし・・」 「はい。じゃ、始めます」

熱く激しい接吻を区切った 周は、はだかれた初美の「胸の双丘」を一巡り摩(さす)り上げた後、その美肌を称え、背後に両腕を回して、上体を抱きしめると、既に繋がる男根のストロークを確かめながら、ゆっくりと腰を動かし始める。この方の師たる 中条の教えを守る亀頭が、秘液で潤(うるお)う陰唇から離れぬ様、身体で把握しながら、浅く、深く、出し入れする要領で動かす。それに答える様に「ああっ、はあっ、ふううっ、はぁぁ~ん!」クリアな高音の喘ぎも、少し大きくなる様な感じがした。合間に、後ろの宙にも、頷く合図で加勢を求め、彼女も応じた。

宙は、正常位で交わる二人の交合部か目の当たりになる「ハメ撮り」位置にうずくまって控えると、まず、上に重なる恋人 周の、眼前にある陰嚢(ホーデン)にむしゃぶりつき、口唇愛撫を始めた。男根に対してする、所謂「フェラチオ」に近い要領だ。受ける周、「うううっ、むむっ、ふっふっ!」と呻く一方で「宙ちゃん、好いぞ!そのままやってくれ!」と呟き励ます事も、忘れなかった。

「本当はねぇ、周さん・・」宙、後ろから呟く。「ふっ、はっ!うんうん、何かな?」荒い息で、周が返すと「あたし、早めに初美さんの『菊のお花(肛門)』に仕掛けたいのよね。まだ、ダメかしら?」 「ふうっ、んん!宙ちゃん、分るよ。でも ご免、もうちょっとだけ時間をくれるかな?」 「もう!ホントにちょっとだけよ」 「ああ、はあっ、分った。後少しでやらしたる・・」ねっとりと迫る恋人を、何とかなだめる 周であった。彼の腕の中の恩師 初美は、引き続き 熱く喘いでいた。

一方の、由香、由紀の木下姉妹と中条。彼が、先にまぐわったのは、妹の由紀だった。彼女は、夕食を終える間際、会計に臨む中条に、云わば「直談判」の様な出方をして、自身が先の交合になる様操作したのだ。姉の由香も、薄々分ってはいたが、呆れながらも許した形だった。

「はあはあ・・伯父様、ゆっくりから段々速く強くなる、動きが素敵だわ!」喘ぎながら、由紀が呟く。中条「そうか、そりゃ有難う。由紀ちゃん、同じ体位でも退屈だろうから、少し変えて続けような・・」と返し「それじゃ、ちょいと 俺と上と下替わろうや。貴女も疲れただろ?」と続ける。 聞いた由紀「いえいえ、そんなんじゃないわ。上から伯父様に守られて、とても素敵な気分で高まれましてん。でも、体位替わるのは、おもろくて好いですね」と返し。 

中条「うんうん、そこでだな・・」 由紀「はい、どないしまひょ?」 「今度は、俺が仰向けになるから、貴女が 上から重なってくれるか?」 「あっ、分った!正常位から、騎乗位にチェンジですね。どやろ?少しは新しい気分で高まれますやろか?」 「まあ、それはやってみにゃ分らんが、そうなる様、心がけて祈ろうや!」 「そうですね、よしっ、やりまひょ!」この言葉を確かめた男は、一旦 初音ミクのコスを緩く纏う、少女の上を離れる。

入れ替わり、中条が臥す。一旦立ち上がった由紀は、直立を守る 男根をめがけ、ゆっくりと腰を下ろす。陰唇との当りを確かめて「さあ、返してね・・」更に慎重に、腰を沈めて行く。降臨する肉壁の締り。「ああ、これも好い・・!」己の腰を浮かして、再度の結合を助ける中条は、思わず呻いた。四十八手中の「百閉」に近い、騎乗位である。

「ああ、ああ、好い!思わず動いちゃう!」腰を揺すり始めた由紀の、纏い続けるフレア・ミニのアンダーを微妙に捲り上げ、中条は「いいぞ、腰の動き、好い感じだ!続けてくれ!」由紀の腰の上下動を、褒め称え続ける。微かに身につけた、香水の香りも、男の気分を燃え立たせる。顔周りが空くこの体位を活かし、先程試して好感だった、姉 由香に、今一度顔面に「女の核心」を擦り付けさせ、口唇愛撫(クンニリングス)を味わう。姉妹の喘ぎに耳を傾けて暫く後・・

「伯父様・・」腰の動きを区切った由紀が、訊いて来る。「うんうん、何やろ?」中条が返すと「今度は、後ろからしたいでしょう」又も挑発の一言を投げて来る。「よく分るなあ。そう、正にそれだよ。今からやるか?」 「ええ、どうするか、教えて」 「よしっ、それじゃ・・」中条、一旦起き上がると、由紀に、四つん這いの姿態(ポーズ)を指図。

彼は言った。「割とさ、ベッドの上で 楽にできる体位があるんだ。由紀ちゃんは、何も考えんで四つん這いになってくれりゃいい」 「え、マジですか?」 「そう。何も考えん・・な。後は、俺が後ろについて教えたるから」 「ふふ、何か悪だくみしてるみたいで、嫌らしいわ。でも、楽しみ・・」 「うんうん、そう思ってくれよ」

会話を区切ると、由紀は 中条の指図通り、臀丘を高めに突き上げて、四つん這いに。その後ろに中条が控え、少女の腰を抱えて安定させ、開かれた脚の間に己の脚を割り込ませ「それじゃ、返すぞ・・」 「うん、返して・・」声をかけ合い、湿度高まる、露わのままの核心に、もう一度男根を返して行く。

由紀「ふっふっ!はっはっ!な・・何かね・・この、微妙に違う繋がり感が、い・・好いわぁ!」 「そうかもな。まずはゆっくり動いたる。まだ夜は長い。焦らんと、焦らんと・・」後ろから繋がった中条は、様子を見ながら、徐々にピストンの速度を速めて行く。「あぁぁ~!す・・凄いけど、素敵!こ・・このまま、動き続けてぇ~!」 「いいぞ~!分った~、うぅぅ~っ!」喘ぐ二人は、かなり高まって来た様だ。傍らで見守る傍ら、男と口舌を交わしたりの 姉の由香も、頂きが近い事を感じているらしく、妹との交代(チェンジ)の頃合いを意識し始めている様だった。

もう一方の、初美と周も、正常位から騎乗位、後背位を経て、再度の正常位に戻っていた。由紀と中条とは少し違い、落ち着いた大人の喘ぎと、若者の熱い呻きが、異なる風情。だが実は、もう一度正常位の絡みに戻ったのは、横から加勢する 宙の望みでもあった。彼女の狙いは、勿論 初美の菊花に、細筆(トレーサー)で仕掛ける事。「ふふ・・」微笑みながら、彼女は呟く。「又、夕べの夢の続きを、見させてもらうわ・・」窓外には、静かな降雨が続く。その雨音、この男女たちの「熱い行為」にエールを贈っている様にも聴こえた。
(つづく 本稿はフィクションであります。次回は 11/25土曜以降に掲載予定です)

今回の人物壁紙 小川桃果
葉加瀬太郎さんの今回楽曲「霧島(Kirishima)」下記タイトルです。
Kirishima


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

尚、他ブログにて、政治社会の事共や、鉄道交通に関する趣味的事柄にも触れております(下記アド)。
http://blog.goo.ne.jp/hakase32
(第一)読み物ブログは現在、不定期更新です(下記アド)。
https://blogs.yahoo.co.jp/jnkt1957

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」も お読み頂けます。