FC2ブログ

記事一覧

交感旅情 第41話「坩堝(るつぼ)」

av-32293.jpg
窓外に雨音の聴こえる、JR新潟駅傍のホテル M館上階客室にて、六人の男女による交歓が続く。かねて憧れていた、恩師 初美との初交を果たした周(あまね)は、度々見舞われる絶頂を何とかかわし、正常位→騎乗位の順に体位を替え、交わり始めから一時間を経る頃には、一度ベッドから立ち上がり、恩師にベッドに手をつかせ、臀丘を高く突き上げての後背位での行為に入っていた。四十八手中の「碁盤攻め」に近い姿態である。

「あ、ああっ・・周も、積極的に攻める様になったわね」初美が言うと、彼は「ああ、ご免なさい。初めてなんで、少しは加減してるつもりなんですが、やっぱり熱くなってる様で」と返し。「いいのよ。男と女は、燃え上がるもの。さあ、分ったら、又動いて」 「はい、只今・・」後ろから繋がる周は、又動き始める。「はっ・・ふっ・・はぁぁっ!」初美、小刻みに喘ぎ。

交わるかつての師弟の、その後からしげしげと観察していた宙(そら)が、周に「さあ、あたしも仕掛けるわよ」声をかけ。彼が「うん。後からするのか?」と訊けば「その通り。まずは、貴方の玉袋からね」 「ああ、又してくれるか。悪いな、有難と。後少しだから、その辺は任せるわ」 「ふふ、その言葉、忘れないでね・・」

宙は会話を区切ると、後背位で行為に入る、二人の後ろ下方にしゃがみ込み、露出した 周の陰嚢に、再び手指で愛撫を加え始め。途中から、口舌を交えたそれに替わった。「宙ちゃん、その技上手くなったな。俺、か・・感じる。うぅぅ~!」彼が呻(うめ)きで反応すると、宙は「ふふ、初美先生の喘ぎと、貴方の呻きも、好い声してるわ。さしずめ 美しき合唱ね」 「ハハ、合唱か、いいな。よし、もう少し頑張ろう。ふっ、ふうっ!」初美の喘ぎに合わせた呻き交じりで、周はそう答えた。

次に宙は、手にした細筆(トレーサー)で、周の陰嚢に摩(さす)りを入れ、じっくりと襞(ひだ)と言う襞に沿って走らせる。「早く・・」彼女は呟く。「これを・・これを、初美先生の菊のお花(肛門)に仕掛けたいのよ」 「ああ、分ってる・・」周も、腰の動きを続けながら、呟き返す。「これから、心おきなくできる時間をあげるよ。だから、もう少しだけ、待て・・」腰の動きが、突く様な鋭さを伴い始め、初美の喘ぎも甲高く、大きくなる。暫くして・・

「宙ちゃん、お待たせ・・」周は言った。「お待ちかねの正常位に戻すからね。初美さん、又最初に戻りたく思います。お手をどうぞ」ニヤリと返す、宙に目を遣りながら、彼は、恩師を「お姫様抱っこ」でベッドに戻しにかかる。「まあ、周にこうしてもらえるなんて、意外だわ。でも嬉しい!」初美が声を上げると「有難うございます!俺も気がつきませんで。もっと早くすべきでした」と謝罪気味に返す。「いいのよ、分れば。さあ、いよいよ昇るわよ」 「はい、お願いします!」

交わり始めと同様に、再び初美を横たえると、周は、その上に重なって行く。今度は、両脚を抱えて拘束せず、初美にとっては、前よりは楽な姿態だ。「さあ、戻って来て・・」 「只今、返します・・」もう達しそうな所を思い留まり、彼は、義理堅い男根を、湿り昂(たかぶ)った恩師の秘溝にもう一度返す。喘ぎ一声、深い連結を遂げ、又 腰の上下動に入る。その両脚は、教え子の腰に回され、ガッシリと組み付けられ、一体となる。所謂「蟹鋏み」の姿態だ。

「あは、やっぱり素敵!周さんの亀さん、初美さんの中に出たり入ったりで、良い眺め。今夜は特に、蟹さん挟みだもんね・・」宙は、前夜と同じく、「ハメ撮り位置」から、秘液の滲み出す 初美と周の交合部を、ねっとりとした視線で観察する。まず、周の陰嚢、続いて初美の菊花(肛門)に唇を合せ。次いで、舌技をも動員して、高めて行く。「ああっ、効くぜ、これ!」周は思わず、腰の動きに力を入れる。初美は「ああっ、宙ちゃん・・又やるんだ。どんな穴だか分ってるの?」と呟くも、宙の仕掛ける技に、沈黙して沈んで行く。

「ふふ、初美さん・・」宙は微笑み呟く。「分かってます。夕べだけでは、この昂奮は収まらないのよ。さあ、これから、じっくりとさせてもらうわ。又、奴隷に堕ちて下さらない?」口舌での、菊花への愛撫を区切ると、いよいよ細筆で、外側から中心へと、菊花の襞を、ゆっくりとなぞり始める。恩師は、なす術(すべ)もなく、はしたない喘ぎを伴い、周の男根→女芯と、宙の細→菊花、強弱二つの愉悦に、身を任す事に・・

一方の、中条と由紀も、幾つかの体位を経て初めの正常位に戻り、最後の高め合いな入る。「ああっ・・はあっ・・お・・伯父様、動いて動いて!」男の腕の中で、少女の喘ぎは、この夜で最大になる。勿論、彼たちの居室「エグゼクティヴ」は上階の角部屋で、隣接する木下姉妹の「アッパー・ツイン」も今は不在で空室。防音性も良く、少し位で、喘ぎ声や嬌声が、近隣に漏れる様な事はない。

中条「由紀ちゃん、お待たせ!さあ、昇るぞ!」 由紀「あ、あぁぁっ!伯父様、ちょっとだけゆっくりね。あ・・あたしと一緒に昇って欲しい・・あぁぁ!」徐々に腰の動きを強め速め、ベッドの軋(きし)む音を伴いながら、最後の高め合いを経た「齢の差」の二人が絶頂を迎える。

「ああ、ああ、よ・・良かった・・」 「俺も好い感じ。素敵なオマンコだ。よく頑張ったな・・」少し下品な言葉で、中条は由紀を称えた。「ふふ、伯父様。そこ、あたしたちんとこじゃ『オメコ』て言いましてん・・あ、まだ、そのままでね」 「勿論やよ。あー、そりゃ悪いな『オメコ』か。そうか・・」昇りを果たした二人は、暫し横向きになって、余韻に浸る。傍らで、由香が上気しながら見守る。「二人共、ようやるわ。話し言葉もなあ・・」

「そろそろ、離れていいわ・・」由紀の言葉に、中条は応じ、繋いでいた男根を、ゆっくりと抜き離す。依然、礼儀正しいそれを見た、姉の由香が「伯父様、ちょっといい?」一言声をかけるや、すかさず食らいつく。「お姉ちゃん、狡い!」由紀が声を上げるも「何やアンタ・・伯父様に、中に出してもろたんやろ。その手入れでもすりゃええやん!」突き放した様に言い、中条の男根(コック)を口舌で清める。所謂「掃除フェラ」である。

「仕様(しゃあ)ないなあ!」一瞬、渋面するも、由紀は諦めた様だった。仰向けに開脚して、暫く静かにしていると、秘溝から、白いトロ味ある液体が流れ下った。「思ったより多いわね・・」由紀の、素直な感想だった。「有難う。頑張ったな。今、清めて進ぜるぞ」中条はそう言い、濡れティッシュで拭こうとすると、由紀「それは嫌(いや)!」激しく首を横に振り、拒む。「伯父様、ザーメン・キスしよ!」 「ああ、悪いな。そう言う事か・・」こう返した中条は、由香に男根を咥えさせたまま、由紀の秘溝に唇を合せ、流れ出る男精を掬い取る。

次いで、仰向けの由紀に、首を縦に動かし「OKだ」の合図。起き上がった彼女が、すかさず男に唇を合せ、男精を口内に流し込む様促す。応じる男は、少女の望む通りにしてやった。見守る、姉の由紀。言葉もなく「やれやれ・・」と言った感じだ。「由香ちゃん、悪かった。そろそろやるか・・」中条、控えめに声をかけると「はい、いいですよ。待った事は気にせぇへんし・・」笑顔で応じ、彼にぐっと近づき、唇を合わせて行く姉であった。

中条たちに少し遅れて、初美と周も、最後の高まりを見せる。宙の「菊いじり」は、前夜より緻密でねっとりした感じで、それでいて「激しい静けさ」で、初美の菊花に仕掛けて行く。襞と言う襞をなぞり、次いで菊花の中心に、穂先を突き立てる。この時の初美の喘ぎは特に大きく、若い二人を驚かせる程だった。傍らの中条も、相手の姉妹に「初ちゃんの喘ぎ、今夜は一番大きいな!」と、苦笑交じりに語ったものだった。

若い、大きめ堅めの男根と、巧みな筆使いに高められ、初美と周も、遂に絶頂へ。「ああ、ああ、良かった。これまでで、最高だったわ・・」昂ぶり切った初美は、こう呟いた。濃い男精を、遂に恩師の体内に発射した周は「有難うございます。お・・俺も、お蔭で頂きに立てました」と、恩師を称え、謝意を表す。「まだよ、まだよ。もう暫く、あたしの上にいて頂戴・・」 「もう少し上に・・ですか。分ります」周はそう返し、もう暫く、初美を腕に抱いていようと思った。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 鳳かなめ
葉加瀬太郎さんの今回楽曲「長崎夜曲」下記タイトルです。
長崎夜曲


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

尚、他ブログにて、政治社会の事共や、鉄道交通に関する趣味的事柄にも触れております(下記アド)。
http://blog.goo.ne.jp/hakase32
(第一)読み物ブログは現在、不定期更新です(下記アド)。
https://blogs.yahoo.co.jp/jnkt1957

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」も お読み頂けます。