FC2ブログ

記事一覧

交感旅情 第43話「佳境」

662796c4.jpg
夜更け前の、ホテル上階の広い部屋 ベッド上で、美人姉妹の姉 由香と中条の、濃い交わりが続いていた。宵の口から降り続く降雨の音と協奏する様に、由香の喘ぎと、中条の吐息が流れて行く。前戯、正常位に始まり、途中 体位を上下入れ替えての騎乗位へと移る。

隣のベッドでは、恩師だった 初美との交合で、一度頂へ昇った周(あまね)が、恋人 宙(そら)と交わるべく、唇を重ね始めていた。「遠くまで来たけどさ・・」周は言った。「うんうん・・」宙が返すと「やる事はいつもとそう変わらない・・かな。でも、少しは違う体位を試そうかな」 「あたしは、いつも通りでも良いわよ。無理に新しい事 試す必要なんか、ないんじゃない」 「まあね。でも、飽きが来てもいかん。ちょいと、考えようかな」そうは言いながら、周は、ほぼいつも通りの仕草で、宙を横たえた。

「ふふ・・」彼女は、笑いながら言った。「出だしは、いつもとそう変わらないわね。又、あたしの上に重なるんでしょ?」 周「最初はね。でも、途中からは少しずつ変えるかもだ」 「ふふ、それも面白そうね。期待してるわ」初めの内は、上と下で 唇を交わしたり、背後に両の手を回しての、少しずつ高める為の、愛撫が続く。

濃い接吻(キス)を区切ると、宙の、顔の輪郭を右手指でゆっくり、そっとなぞり、次いで首筋や耳元、長い黒髪をまさぐって、下になっている項(うなじ)の順で、手を回して行く。「うん・・」摩(さす)りを入れ、恋人の発する、軽い喘ぎを聴きながら、周は呟く。「こう触ってると、伯父さんの教えの良さが、少し分って来るな・・」

少し先行する、由香と中条が昂(たかぶ)り、続くが如き、宙と周の 濃い愛撫が進む傍らで、先に頂に昇った 初美と由紀は、まだ下方を露わにしたまま、暫し会話。「どう?新さんのしてくれた『好い事』は、気持ち良かったかしら?」と、初美が訊くと、由紀は「はい、・・ですね。伯父様とご婚約の方に、これ言うて良いんかなって、一方では思うんですが、ホンマ、大人らしくお上手です。あたし、マジで酔いそうになっちゃって・・」微笑みながら返し。「ううん、由紀ちゃんは素直なのが良いのよね。あたしも、何となく分るわ」 「どないなんでしょ。普段・・て言うては語弊あるかもですが、いつも、深い所へ行かれる時は、あないな出方しはるんですか?」

「まあね・・」初美は続ける。「はっきり婚約って訳じゃないんだけど、半分ちょっと、可能性は有りかな・・位のレベルかしら。会って、あの事に及ぶ時はそう、さっき貴女が話したとこで、大体合ってるわ・・」 「なる程。じゃ、まあ上手く行ってるんですね」 「そうだといいけどね・・」初美がこう返すと、二人は、顔を見合せて微笑む。「美しい表情だわ・・」女たちは、互いにそう想った。

初美は、少しおくと「実はね・・」と、進む二組の男女の行為に目を遣りながら、己の携える、小物入れを引き寄せて行った。「はい、何でしゃろ?」由紀が返すと「宙ちゃんが、あたしの菊花(おしりあな)に悪戯(いたずら)した、似た様な事をしようと思ってるの。それはね・・」 「ああ、彼女にお返し・・ですか?」 「まあ、そんなとこね。それには、これを使うのよ」そう返して、初美が見せたのは、化粧などにもよく使われる、小さい綿棒だった。

「ハハ・・」見た由紀は、軽く笑った。「宙ちゃんは、先生に仕掛ける時、細筆(トレーサー)でやってましたよねぇ。綿棒も、似た様な事 できるんですか?」 「まあね。綿の付いた先で、菊花に仕掛けてくって感じ・・かな」初美は返す。「そうかぁ~!うんうん、それも有りですね。綿棒なら、細筆の穂先とは違った感じになるんでしょうね。ふふ、た・の・し・み・・」再び、笑顔で応じた。

初美は続ける「それにね・・」 「はい、お聞きしましょう!」 「綿棒の時は、先に『女の核心』を摩って、湿らせてからの方が良いかな・・とも思う訳よ」 「ああ、そうですねぇ。あたしもきっと、その方が良い思いますよ。よしっ、宙ちゃんと周さん、そろそろ高まる頃かしらね・・」 「ふふ、由紀ちゃん、そんな事を期待してるんだ?」 「あ、いやいや。そんな気持ちはないですよ」由紀はそう返し、苦笑した。勿論、多少は期待しているのである。

一方の、由香と中条。「椋鳥(むくどり)」と言われる、交互の愛撫、正常位の一つ「深山(みやま)」、騎乗位の一種「百閉」、座位の「鳴門」など、今まで彼女が経験した事のない姿態をも含め、色んな体位での行為を、中条から教えられ、高められていた。初美と由紀が忍び寄った時、二人は、後背位の「鵯(ひよどり)越え」で繋がっていた。

「ああ、伯父様・・」喘ぎ続けてきた由香が、途切れがちに言った。「うんうん、貴女は今夜、よく頑張ったな。由紀ちゃんもだが、貴女も素敵なオマンコ・・おおっとご免!オメコしとるぞ、いや、ホント!」中条が返すと「ふふ、あたしは由紀と違(ちご)うて、言い方にはこだわりまへん。どっちでもいいですよ」と、笑い返す。 

中条「そうか、有難と。しかし、まあ何かな。貴女みてぇな美女に後ろから仕掛けられる・・思うと、ホンマ昂奮するわ~!」 由香「あは、男よね~。由紀はああ言う、押しの強い女やから、伯父様をヌイてるはずやからね。それでも復活できるなんて、まだまだお若くいてはるんですね~、あぁぁ~っ!」 「う~ん、そう思いてぇんだけどなぁ。けどよ、やっぱり若い頃程じゃねぇんだよなぁ~!」徐々にだが、熱く高まって行く二人。そこへ・・

「元気ですかぁ~!?」前夜に続き、アントニオ猪木の節で、今度は、由紀が声をかけ、初美も近寄る。中条「おお、これは・・初ちゃんに由紀ちゃん。ご参加おおきに。お蔭でさ、元気が戻っちゃったよ」 由紀「ハハ、そりゃ好いですね。どうですか、達しそうですか?」 「うん、その事よ。後ちょっとだけ、時間をくれるかな?」 

由紀「ハハ、いいですよ。伯父様、そうすれば、又発射できるって事ですか?」 「ああ、まあな。由香ちゃんも、折角安全日だ言うてくれるし、ここは期待に応えて、ドス~ッ!と一発、決めなあかんと思うとる訳よ」そう返しながら、中条は、小刻みに腰を前後動させ続ける。その前の由香は「あっ、あっ、ふっ、ふぅんっ、ひっ、ひいっ!」と、これも小刻みな喘ぎを聴かせるのであった。

「由香ちゃん・・」中条が、後ろから声をかけ。「はい、ふぅぅっ!」喘ぎながら 由香が返すと「そろそろ、元の正常位に戻ろかな。貴女は確か、俺の腕の中で、頂に昇りてぇって言ってたもんな」 「それですよ。それ!やっぱりね、昇り詰める時は、伯父様の腕の中がいいんですぅ~!」 「OK!それ叶えたるからな。一旦、離れるけど直ぐ戻るからな。心配せんでええで~!」 「はいっ、大丈夫ですよ。信じてますさかい~、はっ、はあっ!」

聞いた中条は、一旦、後背位の交合を解き、由香の後を離れる。ベッドから立ち、由香を 四つん這いから、その上体を起こし「お姫様抱っこ」して、仰向けに横たえる。再び重なり、下肢を開かせ、これも礼儀を正した男根を、ゆっくりとその秘溝に返す。満足感を伴った喘ぎが、男の耳にも届いた。

最初の、正常位の交わりに戻り、由香の菊花は露わになった。その後ろに、初美と由紀が控え、中条に挑まれる彼女に声をかけた。「由香ちゃん・・」 「はい・・」 「ちょっと、菊花を高めたいけど、いいかしら?」 「ふっ、はっ、あ、ハハ・・」喘ぎ半分で、笑う由香であった。

「ああ、初美先生が宙ちゃんにやられた、あの事ですね・・」 「まあ、そんなとこね。粗っぽくはしないわ。約束するから・・」 「そう言う事なら、お任せですわ・・」これを受け、初美は、手にした綿棒で、由香の菊花を高め始めた。僅かな下草に囲われた多くの襞を、なるべく丁寧に摩り、次第に中心へと、ソフトに攻め上る。由香の喘ぎが、先程よりも、少し高まった様に感じられた。

「ああ、先生・・と・・とても好いですわ。つ・・続けて欲しい。伯父様の動きも、あぁぁ~っ!」二つの「穴」に仕掛けられ、由香の喘ぎは高まって行く。姉と男の昂りへの関わりを 初美に任せ、由紀は、卓上にあった細筆を手にすると、同様に、正常位での交合に入った、若い二人の後方に近づく。「ふふ、宙ちゃん。初美先生に仕掛けた同じ事、今からしてあげるよ。お・た・の・し・み に~・・」

高め合う、宙と周の交合部を覗き込んだ由紀は、昂奮で伸縮を繰り返す 宙の菊花めがけて、細筆の穂先を近づける。「嫌だなぁ、由紀ちゃん、本気でやるの?」訝る様に訊く宙に「はい、その通り!」と返す彼女。その若い二人の交わりも、もうすぐ 頂に達しようとしていた。
(つづく 本稿はフィクションであります。次回は12/3日曜以降に掲載予定です)

今回の人物壁紙 笹山リン
葉加瀬太郎さんの今回楽曲「ジェラシー(Jealousy)」下記タイトルです。
Jealousy


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

尚、他ブログにて、政治社会の事共や、鉄道交通に関する趣味的事柄にも触れております(下記アド)。
http://blog.goo.ne.jp/hakase32
(第一)読み物ブログは現在、不定期更新です(下記アド)。
https://blogs.yahoo.co.jp/jnkt1957

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」も お読み頂けます。