FC2ブログ

記事一覧

交感旅情 第46話「潮香(ちょうか)」

photo-170719_35623.jpg
昂奮の一夜明けた 5/1の月曜。一行六人は、早めに目を覚ます。前夜の交歓が区切られたのは、もう日付の変わる間際。初めの予定通り、木下由香・由紀の姉妹が二人部屋のアッパー・ツイン、中条たちが、四人用に仕上げられた隣接する大部屋のエグゼクティヴで休むも、全員熟睡が叶った様なのは好ましい事だった。洗顔などを経て、6:30amからの、下階での朝食を早めに済ませ、7am少し過ぎには、フロントで荷預かりを頼み、チェック・アウトの上、出かける事に。

中条たち四人が使っていた、JRのフリー切符は二日間有効の為、もうこの日は使えず。よって旅の「足」は、木下姉妹が乗るレンタカー、トヨタ・シエンタが頼りだ。前日と同じ席割。中条の運転で、JR新潟駅南口から、R7を少し南東方向へ進み、新潟亀田ICから、途中まで開通している 日本海東北道に乗り、北方の景勝地「笹川流れ」を目指す。郊外の住宅地と田園を横目に、一時間足らずで、新潟県北部の主要都市 村上。少し大きな 荒川の手前で一般道に降り、川を渡り、少し進んで 日本海沿いを行く R345へと流れる。

この間の車中、やはり前夜の事で 会話が進んだ。切り出しは 初美。「ホント、驚いちゃったわ。宙(そら)ちゃんに、あんな秘密の趣味があったなんて・・」 聞いた宙は「ああ、いやいや・・ちょっと効き過ぎた様で、ご免なさい。余り攻める気はなかったんですけど、何かね、あたし自身や前後の事が分らなくなっちゃって、ああいう事をした訳でして・・」と応じ。

初美「ふふ・・まあいいわ。そんなに夢中になれる事があるって、幸せな事だわ。ついでに、あたしもちょっとだけ気持ち良くなれたしね」 「あ、ホントですか?いやぁ、場所が場所でしたから、事が終わって『お休みなさい!』のご挨拶で休む時、ちょっとだけ『しまったなぁ!』とも思ったんですけど・・」 「ああ、余り気にしなくてもいいわよ。確かにね、初めの内は、ちょっと抵抗があったけど、段々と慣れて行ったとこもあってね。まあ、今は素敵な思い出よ」 「有難うございます。そう言って下さると、嬉しいなぁ・・」これは、前夜と前々夜、行為途中で、宙が、細筆(トレーサー)で 初美の菊花(肛門)に仕掛けた愛撫の事である。

由香、由紀の姉妹も反応する。姉 由香が言った。「宙ちゃん、確かにあのお摩(さす)りは魅力やわ。仕掛けられると、何や気持ち良うなって、あたしも癖になりそうやった。聞いたとこやと『肛門性感』て あるらしくてさ。あの最中『ああ、これかいな?』なんて思うたりしてな・・」これに妹 由紀も「うんうん、何となく分るわ。あたしも、ちょっと 宙ちゃんに、そんなんされたからな。でもやっぱり、深入りは怖いかな?なんて思うたりしてね・・」と、率直に返す。そして「でも宙ちゃん、そんな気にせんでええよ。中々好い感じやったから・・」と笑いかけ。宙は「二人も、有難う。そう思ってくれると、嬉しいわ・・」と応じた。

前席で、それらの会話を聞いていた周(あまね)は「ハハ・・」と軽く笑って言った。「伯父さん。自分たちも、昂奮して好い感じだったですが、宙の『技』のお蔭で、随分救われた様なとこがありそうですね」 聞いた中条「ああ、それは俺も感じてたよ。初ちゃんがさ・・初めの内『宙ちゃん、何するの?」なんて身構えてたけど、一度摩られて 時間が経つと、段々慣れて 好い感じになって行った様だな。まあ、そういう技も、又よしって事じゃねぇか?」 「・・でしょうね。そう思った方が、自分たちにも良いかもですね」会話が区切られると、男二人は 前を向いたまま笑い合った。

そうこうする内に、村上市街の手前までで日本海東北道は途切れ、車は海沿いの国道を、北上して行く。景勝地「笹川流れ」は R345に入って、約30分弱の所だ。雨上がりの曇り空、海は、やや波が高かった。桑川と言う集落の近くに、この後寄る予定の、由香・由紀の父 木下鉄之進(きのした・てつのしん)が社長を務める 会社の保養所がある。「後で、ちょっとの間 休憩させてもらうからな」二階屋の建物を指差し、前を向いたまま、中条が言った。

景勝地 笹川流れは、日本海沿いに、個性ある岩場などの魅力的な海岸が、約 10kmに亘って続く。一番の見所は、保養所のある 桑川の近辺だ。そこから少し北の、今川と言われる集落の辺りに、眼下に JR羽越線を臨む高台がある。国道沿いの公設海水浴場は、まだ時季前につき閉鎖中だが、一部の駐車場が使える様になっていた。8:30am少し前、中条は、その一角に車を停めた。丁度、眼前の公衆トイレも使える。

彼は言った。「皆、ご苦労だった。ここで、半時ばかり、海とかを見て一服したい。俺と周君は、ちょっと列車の撮影をする。淑女の皆さんは、一緒に来てもらってもよし、車に留まってくれてもOKだ」 対する女たち「折角 遠くまで来たんだから、あたしたちも、一緒に見に行くわ」全員同時に、高台へと登る事に。

車の施錠と手ブレーキを確認し、国道からそれて、徒歩で数分程 上りの農道を行くと、見晴しが利く場所がある。眼下を行く JR羽越線と R345も良く見通せ、右手はトンネルとなるのが分った。列車は、下りが 9am頃、貨物が一便、上りは、もう間もなくの貨物と、9am少し過ぎに、各駅停車の旅客便 旧国鉄 40代ディーゼル気動車の列車が通る事になっていた。曇り空で、波も高めだったが、日本海は見通しが利き、沖合には、佐渡と並ぶこの辺りの大きな離島 粟島の麗姿も臨まれた。撮影準備に集中する男二人とは対照的に、女四人は、のんびり談笑しながら、ややさざめく 海の光景に見入った。

下り一便、上り二便の JR列車は いずれもほぼ定時で通過、見送った一行は、すぐに折り返し、休憩場所へ。9:30am少し前に到着。由香が合鍵を預かっていて、建物内は、勿論掃除済み。二階の広間が、予定の休憩場所だが、トイレやシャワー室も、勿論使える。ゴミが出た場合だけ持ち帰れば良い事になっていた。休憩は、約一時間だ。村上市の街中に住む、管理人宅に、電話で一報を入れる。

保養所の傍も、見所の岩場が多くある。海を臨む、建物の傍らで、中条は 一同に声をかけた。「ここまで、本当に俺たちは恵まれてるな。俺がまだ小さかった頃、皆が生まれる前の昭和の終り頃、この近くの海岸からも、北鮮に連れ去られた方々が、何人かあるんだ。俺たちは、決してその事を忘れてはいかん!」 「伯父さん、それ、自分も聞きました。確か、中学校の社会科授業の『おまけ』みたいな感じで・・」周が返す。

「あたしも、そんな感じて知ったわ。学校では、はっきりとは教えられなかったみたいでね・・」初美が続き 「あたしたちは、主に TVのニュースとかですね。ホンマ、子供の頃やったけど、確か五人の方たちがお帰りになった時の記憶が、ちょっとありまして・・」宙と姉妹が応じた。

中条が続けた。「そうか、皆 有難と。本当になあ、日本の学校って、最近の歴史を教えねぇんだよな。悪い習慣だよ。あの時はさ、北鮮の工作員連中が、前もって乗り込んでて、連れ去る標的の方たちを、予(あらかじ)めつけ回したりしてたらしいな。五人の方たちがお帰りになったが、まだ事件は解決してねぇぞ。全員が帰れる事を目指さんとな」 「・・ですね。本当に、そうだ・・」美しい海岸を愛でながら、一同は、遥か沖合に向け、黙礼を捧げた。そして・・

「さあ、余り時間もねぇ事だし、暫く二階で休憩しようや。・・で、ここでも少し、やりてぇ事があるんだが・・」中条は、まず 周に言った。「はい、伯父さん。それ、ちょっと覚えがありますね・・」 「・・だろう。それは、由香ちゃんと由紀ちゃんも、覚えのある事だと思うが・・」 「ふふ、伯父様。確か、あの時も、海の傍(そば)でしたわ」由香、こう返す。由紀も「あの時は、ちと不満でしたわね。何やら途中までになった感じで・・でも、今日は好い感じですよ」そして、聞いている初美と宙に向け「今から、周さんと (豊野)豊(とよの・ゆたか)君とした、ちょっと面白い事しよう思いまして・・」笑って声をかける。

「あは、そりゃ面白そうね。じゃあ、早速上がって始めましょうか。余り時間もないしね。で、周君・・」初美が訊く。答える周「はい、それは・・」傍らで聞く宙は「?」の感じで、怪訝そうな顔だ。「この春先、由香さんに由紀ちゃんと、初めて会って、海沿いのネカフェに行った時の事ですね。あの時は・・」 「いいわ。聞いてるから続けて」 「ええ、確か、手指の技だけで交わったって事でして・・」 「ふふ、面白いわね。じゃあ、直ぐ始めましょう。ねぇ 宙ちゃん・・」 「・・ですね。お早目にって事で・・」宙は、笑ってそう応じた。
(つづく 本稿はフィクションであります。
この稿をお借りし、改めて、北鮮による日本人拉致事件被害各位の、確実な生還をお祈り致します)

今回の人物壁紙 市川まさみ
葉加瀬太郎さんの今回楽曲「誕生(西村由紀江さんとの共演)」下記タイトルです。
Tanjou


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

尚、他ブログにて、政治社会の事共や、鉄道交通に関する趣味的事柄にも触れております(下記アド)。
http://blog.goo.ne.jp/hakase32
(第一)読み物ブログは現在、不定期更新です(下記アド)。
https://blogs.yahoo.co.jp/jnkt1957

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」も お読み頂けます。