FC2ブログ

記事一覧

交感旅情 第48話「後艶」

4dc2b41a.jpg
一行六人が入った、木下姉妹の父の会社の保養所は、村上市北部 日本海岸の集落 桑川の、道の駅から至近の海辺に位置していた。姉妹が、予め同じ市内に住む管理人とその家族に連絡を入れていたお蔭で、掃除など手入れの行き届いた部屋で、休憩の傍ら、事に及び得た格好であった。

既に、二人の男 周(あまね)と中条は、下方の着衣を脱がされ露わにされ、周の起立した男根(コック)には 宙(そら)、中条の同様になったそれには 初美が食らいつき、口唇愛撫(フェラチオ)に入っていた。更に、周の陰嚢は、姉妹の姉 由香、中条のそれは、妹の由紀の、口舌の標的となっていた。「クチュクチュ・・」或いは「チュバチュバ・・」なる、微かな音が、波の響きと共に、大部屋の隅々に伝わって行く。

「あっ、うぅぅ・・。宙ちゃん、い・・好い感じだ。あ・・焦るなよ。んん・・」周は呻きながら声をかけ。対する宙「ん・・ふふ。周さん、そうは言っても、余り時間がないみたいよ。そうですよね、由香さん・・」振られた由香。周の陰嚢に仕掛けていた口舌攻めを止め「ふ・・んん。ああ、宙ちゃん。まあ、そんなとこやね。あたしたちから言う事やないかもやけど、そろそろ、お返ししてもらおか?」 「ふふ、それ、好いかも・・」 聞いた周、ニヤリと笑って「よし。それじゃ、二人のアソコも、見させてもらおうかな」 「ふふ、まあいいよ・・」宙と由香はそう返し、周は、右手で宙の、左手で由香のショーツの片側を、ゆっくり慎重に下ろす。もう片側を下ろすのは、彼女たち自身だ。夜 着けていた、刺激的な「T」ではなく、割とノーマルなそれ。色合いも、肌色とかの淡色だ。

「よ~し!俺たちも、始めっか・・」周たちの様子を見ていた中条、男根に仕掛ける初美と、陰嚢を手で弄(もてあそ)ぶ 由紀に向かってこう言った。「ふふ・・もう少し こうしていたいけど、余り時間もないからそうしようかしら。由紀ちゃんも、用意はいい?」初美、こう返しながら、由紀にも訊く。「はい、あたしはOKですよ」笑顔の返事。それらを確かめ、中条は「それじゃ、核心へと進もう!」笑いながら、片手ずつ、初美と由紀のショーツ脇にかけ、周と同様、彼女たちの手も借りて、下ろして行く。女たちは、四人とも下方を露わにし、濃淡さまざまな下草の様子を拝む事が叶った。

「いや~、これだけでも眼福。見る価値があるわな。でもでも、初ちゃんと由紀ちゃんにしゃぶってもらったから、これから時間一杯、お返しするからね。まあ楽しみにって事で・・」中条、本当に感銘して言った。初美は「ふふ・・無理しなくていいわよ。貴方とあたしの仲だから、そうなったら、いつでもするわ。でも・・」 「はい・・」 「あたしも訊いていい?」由紀も、傍らから首を突っ込んで来る。

初美「勿論、いいですよ。普段もだけど、何てったって、遠くまで来てる事だし。それにね・・」 「はい・・」今度は、由紀と中条が 同時に反応し。初美は続ける。「海の傍で、波の音を聞いてると、何かしらね、下方が疼(うず)いて、燃えて来る感じなのよ」 「疼いて燃える・・な。分ります」中条が返す。「あたしもね。何となく・・ですけど」由紀も応じた。由香と宙 周の三人も、同じ様に高まって行った。

暫くして、中条が言った。「ここは、周君たちも聞いてくれ。まあこの通り。俺、指とか入れても貴女たちが怪我とかせん様に、ゴム手袋着けて実行するからな。これが、周君のだ。由香ちゃんと宙ちゃんは、周君の、初ちゃんと由紀ちゃんは俺の、膝枕とかしてくれりゃ良いだろう。しゃぶってくれてても良いけど。そうすりゃ、片手ずつで 大体同時に高められるだろうから。ホント、もう少しゆっくりできりゃいいんだが、時間がねぇんでな。そこは悪いけど・・」

「ううん、いいですわ。あたしたちも 丁度高まって来たし、これで、もう一度頂上まて行けたらいいわね」女たちは、口々にそう返す。先の話通り 中条の膝に、右から初美、左から由紀が重なり、周には 同様に、宙と由香が重なった。態勢が整うと、男たちは交互に、重なる女二人の臀丘と秘溝を、交互にじっくりと観察した。「視姦」と呼ばれるこの行為も、中条が好む所だ。

「ううん・・」男は、一声唸った。「二人共、魅力のオマンコ・・いやご免、オメコしとるなあ!下草も好い感じだし。よしよし、今日は一つになれんが、手指で頂上まで連れてくから、期待しててくれ!」 聞いた周も「俺も同じ様に頑張る。二人も、ついて来て欲しい!」と呟く様に言い。これに合せる様に「ふふ・・さあ、始めて」幾つかの、含み笑いを交えた返事が聴こえた。

これを確かめた 周と中条は、女四人の秘溝に、まずは指入れを試す。まずは第一関節まで。様子を見て、第二関節までを経て、根元まで。男根程には長さがない為、奥の子宮口には届かないが、関節を動かせる分、効果的に刺激を伝えられる。初めて間もなく「あ・・はぁぁ!」 「ふ・・ふぅんん!」とかの喘ぎが聴こえる様になった。

所謂「手マン」或いは「指マン」と呼ばれる刺激を加えて行く。合間に、女同士で上体を重ね、唇を合せたり、交代で 男たちの股間に口唇愛撫を断続的に仕掛けたりした。その途中で、女たちの美尻を称え、呻きながら 周が言った。「う・・うんん。伯父さん、今 話せますか?」 「ふぅっ・・んん。はい、大丈夫やよ。何かな?」

周は続けた。「夕べまでの事で 恐れながら、後ろから繋がる行為のとこで、一つ 忘れた事がありまして・・」 「いいよ、聞こう。言ってみろよ!」中条、促す。応じる周「後背位(バック)って言うんですよね。あの体位のとこで、よく腰を 前後に大きく振って『パン、パン!』て、乾いた好い音を立てて動いてたんですが、今度の旅では、そこんとこ忘れてた様で、済みませんでした・・」

聞いた中条、笑いながら「ああ、それか。いや何、気にせんで良いよ。俺、分ってたんだ。でもさ・・」 周「はい・・」 中条「初日の夜は温泉地で、ゆったりと進めたかったし、夕べはホテルの上階で、夜景とかが中々やったやんか。今度はさ、なるべく音をさせずに、しっぽり濡れて、高まりたいって気もあってさ。まあ『パン、パン!』はほれ、地元へ帰ってからでも、できる事だからな」 「ハハ、なる程ね。言われてみれば、その通りですね。じゃ、忘れて良かったんだ」周、笑って返す。「そうそう、一度位、そんなのがあって良いわな」中条も、笑顔で応じ。その間も、両手の動きは休まらず、膝枕の女たちは、高められて行った。

「あっ・・ああっ、ふ・・ふんん~!い・・イく~っ!」部屋に集って小一時間の後、前後はしたが、由紀、宙、由香、初美の順で、女たちは頂に昇った様だった。周は、途中と最後で二度射精、中条も、一度は頂に達した。「ああ、好いわぁ・・」女たちは、心地良い波の音と共に、愉悦の余韻に浸った。「周君、良かったな。案内した甲斐があったわ」射精を経て、清々しい表情で、中条が言った。「・・ですねぇ。自分も、ホント 良い気分転換ができました」周も、笑顔で応じたが、しかし・・

「ふふ、やっぱり周さんの男精(ザーメン)、好い味してるわ・・」ニヤけ顔で、宙と由香が、周の発射物を 全て舐め取っていたには恐れ入った。「・・たく。ちょっと黙ってれば、これかよ・・」驚愕する周に、宙は「まあまあ、驚かないの。こんな事位で・・」と、諭すように言い、由香も「うんうん、そうやね。これも、良い思い出とちゃう?」と、ざっくばらんな中にも、適切なフォローを入れた。

初美と由紀、中条も、少し遅れて 同様に到達(フィニッシュ)、ついでに男精も、二人に舐め取られた。「まあ、そこで本気を出すなかれ」と嗜めるつもりで言いはしたが、本心 喜ばしかったのも事実だ。絶頂を経て、各自 衣服を戻し、飲料を嗜んだりで、十分程後。

「さて、皆さん・・」立ち上がった中条が、一同に声をかけた。「大変慌ただしくて悪いが、ここからは、急ぎ帰途に就く。由香ちゃんと由紀ちゃんは 1:50pm発の、大阪伊丹行の便に乗るんだよな。俺たちは、その 30分位前に新潟を出る新幹線で、一度東京に出て帰る。新潟の中心だと、昼飯が混むかもだから、途中で済ませようと思うんだ。さあ、最後の食事を楽しみに!」 「はい・・ですね。じゃ、お願いします!」 持ち帰る物をまとめ、戸締りと消灯の後、由香が 管理人宛てに、保養所を出る旨 LINE連絡を入れる。「さあ、最後までつつがなく行こうか!」全員の乗車を確かめ、中条は R345へ向け、慎重に 車を出した。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 神前つかさ
葉加瀬太郎さんの今回楽曲「地球に乾杯」下記タイトルです。
地球に乾杯


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

尚、他ブログにて、政治社会の事共や、鉄道交通に関する趣味的事柄にも触れております(下記アド)。
http://blog.goo.ne.jp/hakase32
(第一)読み物ブログは現在、不定期更新です(下記アド)。
https://blogs.yahoo.co.jp/jnkt1957

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」も お読み頂けます。