FC2ブログ

記事一覧

交感旅情 第49話「帰途」

0746cc66.jpg
少し慌ただしい、旅の終盤となった。日本海岸・笹川流れ近くの保養所で、事を果たした一行六人は、車で 元来た道を引き返す。もう11am近く。ほぼ海沿いの R345を、25分程南下した所が、日本海東北道の 神林岩船港(かみばやし・いわふねこう)IC。ここから入って、30分程新潟方面へ戻った所が、豊栄(とよさか)SA。一行はここのフード・コートで、今回の旅 最後の昼食に臨んだ。

「皆、最後に急がせた様で、悪かったな」中条が言う。「い~え~、そんなん気にしまへん。あたしたちは、最後に日本海の名勝が見られて、良かった思てますよ」由香・由紀の木下姉妹が、笑顔で返す。「あたしも同感です。そんなに無理って訳でもなかったしね」宙(そら)が姉妹に同意し、周(あまね)も「自分も、これで良かったと思いますよ。昨日までは、JR線の蒸機の撮影で無理言ってますから。そこは自分も、ちょっと悪かったかと・・」呟く様に言うと、初美が「ううん、周君も気にしなくていいの。皆、それぞれに観たいものやしたい事を、一応は叶えたんだからね。それに、全員で、高め合う事もできたし・・」微笑んで締め括った。他の面々も、笑顔で応じた。

そうこうする内に、全員一致で注文した料理がやって来る。人数分の、数種類の具が載る海鮮丼と 吸い物、後 海草サラダが 二人一皿。食事時間は 40分弱。「もし、又来る機会あれば、もう少し海沿いの行程に、時間をかけねぇとな・・」食しながら 時折個別の会話に興じる一行を見回して、中条はそう呟いた。朝方曇りだった天候は、かなり回復して来ている。

午後に入った 12:20pm過ぎ、六人は車に戻り、新潟市中心部へ向け、再び走り出す。実は中条、朝の出発時に、姉妹に荷物を積んでおく様 勧告をしていた。空港への道が、万一にも渋滞などした場合でも、確実に 帰りの飛行機に間に合わせる為だ。小柄なトヨタ・シエンタは、流石(さすが)に六人乗車だと、ゆったりとは行かなかったが、姉妹の荷物は、二列目シートの片隅と、後端の小さな空間に、どうやら収まったのだった。

「由香ちゃん・・」ステアリングを操る中条が、声をかけた。「はい・・」彼女が返すと「朝来た通り、新潟亀田ICで降りて、R7を中心部へ向かう。そして JR新潟駅近くの GSで、最後の給油をするつもりだ。そこから駅までは 歩いても知れてるから、名残り惜しいが そこで解散にしようやんか・・」 由香が「ああ、それがよろしですね。そこから空港までの道って、分り易いかしら?」と訊くと、男は「うん。まあ分り易いから、ざっと説明しとくよ」

そして続けた。「GSを左に出て、最初の大きな交差点が、東大通(ひがしおおどおり)な。それを右折して、万代橋(ばんだいばし)の方へ向かうと、次の大きな交差点を もう一回右折で R113に入れるんだ。つまり、初日に行き来した道な。そこからは、この国道の道なりで 空港まで行ける。時間にして、順調なら12~13分ってとこだな」 「おおきに・・有難うございます!まあ迷わなさそうで安心やわ。あ、そや!給油の時、GSの方にも訊いときますわ」 「ああ、それがいい・・」自動車道を降りた、新潟市中心部への道程も、概ね順調で、12:40pm頃、車は、中条の探しておいた 国道沿いの GSで、給油に臨む。

「由香ちゃんに由紀ちゃん、今日まで有難うね。楽しかったわ!」まず、車を降りた初美が、挨拶の声をかけた。「あたしたちも、世話になったわ。お帰りも、気をつけてね!」宙と周も、下車し続く。三人に、姉妹が挨拶を返すのをも見ていた中条が「それじゃ、駅へ行く三人は、ボツボツと歩いて行く様にしてくれ。俺は、会計が済んだら追っかけるからさ・・」と、ゆっくり JR新潟駅へ向かう様促す。

「分りました。では・・」初美と宙、周の三人は、一旦歩き出すも、GSから国道に繋がるアプローチの端で、姉妹が給油を終え、発って来るのを待つ風情。「有難うございました!」完了した、満タン給油の会計を終えた中条は、乗り込んだ姉妹に向け、挨拶した。「今日まで、ご苦労やった!俺たちも、世話になった!帰りも飛行機って事だから、気をつけてな!」 対する姉妹は「こちらこそ、おおきに。色々有難うございました!ホンマ、楽しかったです。皆さんも、お気をつけて!」そして、正に車が発進しかけたその時、助手席の由紀が 声をかけた。

「伯父様・・」 「はい、何かいな?」 「この旅の続きがあると、良いわね!」妹は、笑いながらそう言った。対する男は「ハハ、まあ、叶う様に努力しようや。お互いに!」と、笑い返した。彼、そして、国道脇の歩道で見守る三人が会釈、短い警音(クラクション)の一声を残し、軽めの答礼と共に 姉妹の車は国道へと進む。黄色の車体が、中心部へと進む車列と 街並みに紛れ込み、見えなくなって行った。四人は、車影が視界から消え去るまで見送った。1pmまで、後 十分弱と言う所だった。

「さあ、俺たちも行くか・・」 「ええ・・」 「はい・・」残った四人は、JR新潟駅へ向け、歩き出した。北側の万代口は、ゆっくり目でも数分程の距離だ。一旦、反対側の南口 前夜泊のホテルへ戻り、預かり荷物をそれぞれの手に戻す。そこから、上越新幹線乗り場までは、もう至近。上りエスカレーターで、プラット・フォームへ赴くと、出発の 10分前。前世紀末から、20年近く頑張って、もうすぐ後進に道を譲って消える E2系編成の列車「とき322号」の乗車扱いが始まっている。

「或いは、この車種の乗り納め・・か」四人は、編成の後半 普通指定席に収まる。全国の新幹線の標準、3+2の横五列で、折角の機会なので、座席(シート)を向い合せにして、東京までの 約二時間を過ごす談笑に備える。「この線の道中も、山が魅力だぞ」中条が言った。「ああ、確か 川端康成の、有名な小説の舞台よね。上越国境って言うのかしら?」初美が応じ。中条は「はい、初ちゃん正解!その通りやよ」と返す。

1:20pmになろうとする頃、上り「とき322号」は、静かに新潟を離れた。ものの数分で市街地を抜けると、越後平野の 広大な田園が続く。「好い感じだな。この土地の 米と酒が、他所と別格ってのが、何となく分る光景だよ」中条が言うと、周「別格・・ですか。何となく分りますね」と返し、女たちも「ホント、色んな条件に恵まれてるって感じだわ」と応じ。

駆け抜ける田園の彼方に、名残惜しそうに 雪を頂く飯豊連山が見える。「あれ、一昨日と昨日見た、綺麗な雪山かしらね」そう言う宙に「ああ、そうだね。こういうゆったりしたとこから見るのも、又いいな」周も合せる。初美と中条も「この辺と、東北辺りは、ホントに山が綺麗なんだよね。これ見るだけでも、来た甲斐があるってもんで。由香ちゃんと由紀ちゃんも、そう言ってたな。・・で、彼女たちも、もう飛び立ってるね」と静かに言い合った。

小半時で、戦前海軍の名将 山本五十六(やまもと・いそろく)の故郷でも知られる長岡を過ぎると、沿線は、次第に山間へと様相を変えて行く。更に半時程走った、スキーや温泉などで知られる 冬のリゾート地 越後湯沢が近づくと、前述の小説でも知られた、谷川岳を主峰とする、秀峰の群れが臨めるのだ。

「あは、こっちの雪山も、素敵・・」宙は、心より感嘆している様だ。「確かにな。今度の旅は、綺麗な雪山がよく観られるね。だけど・・」周の言葉に、彼女は「だけど、何・・?」と訊いた。周は「東京から、地元へ帰るまでに、霊峰富士があるからねえ」と返した。

中条はこれを聞いて「・・だよなあ。やっぱり圧巻は、富士だって!」笑いながら言う。初美も「そうよ。やっぱり、富士山が一番!今日は、観られるかしらね。楽しみだわ」と応じ。全員一致で、飯豊(いいで)も谷川も魅力あるも、富士はやはり格上と言う事になった。越後湯沢の辺りからは、度々長いトンネルが現れた。

更に暫くすると、日本一広い関東平野へ抜け、高崎。乗客数も、心なしか増える様だ。「大声じゃ言えねぇが・・」中条が切り出した。「面白そうですね。聞きましょう」周が、興味ありげに返す。それを見て、男は続ける。「ちょっと前まで、東海道新幹線も、上越新幹線も、小人数用の個室があったんだよな。今はねえのが、ちと残念だが・・」「あは、個室ですか。それって、四人部屋もあったんですか?」今度は、宙が反応した。

中条は、更に続けた。「そう、今の感覚じゃ理解し難いだろうが、平成の初め頃はさ、そんな夢みてぇな設備もあったんだ。勿論、四人部屋もな」聞いた宙「ふふ・・そしたら、お部屋貸し切りで、秘密の事もできたのよね」と言い、聞いた男も「ハハ、まあできん事もなかった・・かな。尤(もっと)も、それをするなら、壁が薄くて『あの時の声』がよく聞こえるから、息を殺して、静かにやらなきゃなあ」と、苦笑交じりで応じる。

高崎から小一時間、とりとめもない会話も半ばで、列車はもう、東京都内。「さて、旅の最後に、何食いたい?」今回の旅 最後の乗換え駅 東京に着いた四人は、地元N市までの、東海道新幹線の車中で夕食とするべく、駅弁やデリカ、飲料などの買い物に興じる。連休谷間の平日とは言え、休日と大差ない賑わいが、一行に 首都である事を告げている様だ。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 美咲 唯
葉加瀬太郎さんの今回楽曲「マイ・ホームタウン(My Hometown)」下記タイトルです。
My Hometown


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

尚、他ブログにて、政治社会の事共や、鉄道交通に関する趣味的事柄にも触れております(下記アド)。
http://blog.goo.ne.jp/hakase32
(第一)読み物ブログは現在、不定期更新です(下記アド)。
https://blogs.yahoo.co.jp/jnkt1957

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」も お読み頂けます。