FC2ブログ

記事一覧

パノラマカーと変な犬 第1話「事態」

photo-171008_36600.jpg
「どうも、毎度有難うございます!ご心配かけまして、済みませんでした!」 「いえいえ、御社の方こそ、ご苦労様でした!」 「では、又 宜しくお願いします!」東海地方は A県N市内の取引先に、受注していた壁紙を 納期ギリギリで届け、納品控を受け取って辞さんとする、夏スーツにタイ 革靴を纏った 中条 新(なかじょう・しん)の姿があった。

時は 6月中旬の金曜午後。雨がちの気候多い梅雨時なるも、この日は中休みという風情の晴天。日中の気温も、夏近しを感じさせる 些(いささ)かの暑さを感じさせるものだった。まだ 冷房が欲しくなる様なレベルではなかったが。

駐車場の一隅を借りていた 愛車 群青色のニッサン・ウィングロードに戻った彼は、直ぐに発進、N城址西方の勤務先へと 帰途に就く。丁度、普段乗る 社用のワン・ボックス車を、社長別件の為 召し上げられてしまい、この日は 自身の愛車での外務となったもの。

義弟が社長を務める、住宅建物内装材卸会社が、中条の勤務先だ。彼自身も、同社の一取締役を務める。当然の事だろうが、戻れば戻ったで、倉庫の商品や、パート、アルバイトの係に任せていた作業の後チェック、彼自身がなすべき デスクの事務処理が山積しているはずであった。

「金山(かなやま)」と言われる N市副都心近くの この日の取引先から、N城址西方の勤務先までは、かかっても 30分弱で、急ぎを要する行程ではない。中条は、複数ある国道 R19の左寄り車線を流しながら、民放ラジオに耳を傾け、その一方で 赤信号で停まった折には、帰社後になすべき作業の段取りとかをそらで行いながら、車を進めた。

勿論、それらの合間には、決して大声では言えない 邪(よこしま)な想像も、脳裏をかすめたりしたものだ。例えば、この五月連休に訪れた 新潟辺りの旅の折、昼夜の行動を共にした 交際中の伊野初美(いの・はつみ)以下 若い女たちとの熱い記憶とか。

「勿論、俺には・・」彼は想った。「そりゃ、一番の大切は 初ちゃんだ。しか~し!」想像は続く。「(花井)宙(そら)姫も、木下の美人姉妹も、それぞれに超のつく魅力ありだわなァ!」更に続く。「特に俺的には・・」 「妹の由紀ちゃんの尻・・あれ、最高だぜ。キュッと上向きで、締まりも形も言う事なし!それに・・」 「肌も白くて綺麗、欧米人より品良くて、こっちも文句なしと来てる。ああ・・」

「ホントはいかんのは分ってる。尻ばかりやなしに、美乳や美顔、美脚に髪型とかも称えんとってとこもなァ。後 秘溝な。オマンコ・・じゃなかった オメコと下草も、そりゃ素晴らしいもんだ。しか~し!」 「やはり、あの美尻の記憶は、どう努力しても消せんわ。叶う事なら、又 鷲掴みにして じっくり、ネットリと撫で回してみてぇもんだわ!」かように 芳しからぬ事を想像しつつ、勤務先へと近づきつつあった。

夕方までは まだ間があるも、東海地方の 輸送における自動車依存率は、全国一の六割超。ここ N市内の主要道路各線も、日中といえど混雑しがちで、渋滞する事もしばしばだ。この日は、まだしも交通の流れは良い方で、帰宅ラッシュが始まるまでに、車を使う要件は 片づけておきたい所だ。帰途の大半を過ぎ、帰着まで 後 10分ちょっとという所で、中条にとっては 大いに芳しからぬ事態に見舞われる事になる。

前方に、そろそろ N城址が見え隠れする やや大きめの県道交差点に差し掛かった中条の車は、赤信号で一旦停止。彼の習慣で、信号停止が長めの時は、イグニッション・スイッチを切る事にしていた。AT車につき、シフトは当然 P位置で、手ブレーキも引いていた。もうすぐ帰社という事もあり 左寄り車線を取り、歩行者複数が渡る横断歩道まで 少し距離を置いた、停止車列の先頭。彼以外の各車線には、ポツポツと後続諸車が追いつき始め、平穏な信号待ちとなる・・はずだった。

が、現実は違った。丁度、横断者が途切れ、その方の歩行者青信号が点滅に入る 正にその時・・「ドォォ~ン!」打ち上げ花火の様な 少し籠った音響と、思い切り蹴りを入れられた様な衝撃が、中条の背後を襲った。偶然 ブレーキ・ペダルに足を乗せていた彼は、反射的に それを踏み込んだ。車は 辛うじて前に弾かれず、停止位置に踏みとどまった。もし 前に押し出されれば、横断歩道を割り、重大な二次事故を生じていたかも知れなかった。

「やったな!この ボケ~ッ!」中条 降りかかった事態を理解把握するに、一呼吸を要した。そう、彼と彼の愛車は、追突事故に遭遇したのであった。衝撃の多くは腰の辺りで感じられ、首や背筋に 大きな負荷がかからなかった様であるのが、或いは不幸中の幸いだったかも知れない。懸念される 首などへの不正な痛みや違和感も、ひとまずはない様だ。 法制化された、シート・ベルト必着のお蔭もあろう。

「あ~あ、やられちまった・・」安全を確かめ 車外に出た男は、まずは自車と相手車のダメージの様子を見る。追突を食らった 彼の車は、リア・バンパーとリアドアが大きくひしゃがって ドア窓ガラスも失われ、開閉できない状態。車体リア部も、かなりの変形を来している。

「あ、拙いな・・」男は、咄嗟(とっさ)に呟く。ヒットした相手車は、深紅色の外国産らしく、これも凹型に変形した前グリルに、斜めのストライプが走るのが見られた。どうやら、北欧産のボルボらしい。「ふ~む、悪くすりゃ 廃車かな・・」とも思う、彼だった。

「ちょいと、降りてもらおう・・」気持ちを落ち着けた中条は、事故状況を一瞥すると、交通警察に事故発生を報告。次いで、何とか開いた運転席背後の右ドアから 三角形の停止表示板を取り出し、追突した外国車のやや後方に設置。事故を見た後続諸車は、大きく苛立った様子もなく、中条らの右側車線に合流の上、少し滞りながらも、粛々と進んで行く。或いは 表示板設置の折、会釈で陳謝の意を表しておいたのが、良く利いたのかも知れなかった。落ち着いた所で、勤務先にも 抜かりなく一報。

「さあ、話を聞こうか・・」もう一度、二台の事故車の所へ戻り、厳しく対応を促すべく、追突した外国車の運転席周りに目を遣った中条だったが、次の瞬間「!」 言葉を失った。SRSエアバッグが動作して、混乱の極に陥った趣(おもむき)の 大坂方面ナンバーを掲げた 深紅の車の前席で、全身をこわばらせ 青ざめ震えていたのは・・

(つづく 本稿はフィクションであります)
今回の人物壁紙 市川まさみ

今回作の音リンクは、横浜のピアノ奏者 中村由利子さんの諸作を取り上げて参ります。
今回は「トワイライト・ウィンド(Twilight Wind)」下記タイトルです。
Twilight Wind
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

尚、他ブログにて、政治社会の事共や、鉄道交通に関する趣味的事柄にも触れております(下記アド)。
http://blog.goo.ne.jp/hakase32
(第一)読み物ブログは現在、不定期更新です(下記アド)。
https://blogs.yahoo.co.jp/jnkt1957

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」も お読み頂けます。