FC2ブログ

記事一覧

パノラマカーと変な犬 第2話「対処」

00b55848.jpg
「おい二人!大丈夫か!?」自車に追突した、深紅色の乗用車前席に目を遣った中条の、憤りの気持ちが別の感情に移ろうのに、数秒も要さなかっただろう。顔色の変わった 彼の視線の先で肩を寄せ合い、固まって震えていた 若く美しい二人の女は、紛れもない 木下由香(きのした・ゆか)・由紀(ゆき)の姉妹であった。

「ご免なさい!(事故)しちゃった・・」姉の由香、力なく呟く。助手席の由紀は、言葉もなく、男の方へ ただただ頭を下げ続ける。「いやぁ、ご苦労な事だ。こんなんは、初めてか?」彼が訊くと、由香は「ええ、初めてでして・・」呟く様に返す。「怪我はねぇか?二人とも、顔は大丈夫そうだな」中条は、続けて尋ねた。

姉妹の愛車 ボルボ V40も、当然 SRSエアバッグを備え、正常動作していた。これも当然の、シート・ベルトを締めていた事もあって、二人とも、懸念された顔のダメージは免れていた。男は続ける。「脚はどうだ?痛みとかは感じねぇか?」 対する姉「ええ、それはない様ですわ」 隣の妹も「あたしも感じまへん。大丈夫です」少し余裕ができたか、微かに笑みを浮かべて返した。

「そりゃ良かった。後で、念の為 もう一度見とけや。警察へは、俺が連絡した。もうすぐ係官が来るだろう」そう言う中条も、一安心の風情だ。直後に、交警の 齢(よわい)三十代位の巡査長が到着。何と、回転灯を光らせた 白バイに乗ってのお出ましだ。

「ご苦労様です!」中条が、事故当事者を代表して挨拶。「はい今日は。皆さんも、大変だったですね。ではまず、運転者さんの免許証を拝見しましょう」 「了解しました。宜しく お願いします!」 「どうも済いません!あたしのは、これでして・・」運転の二人が、前後して免許証を示す。有効期限と免停とかの有無を確かめた 長瀬 道彦(ながせ・みちひこ)巡査長は「はい、有難うございます。それでは、中条 新(なかじょう・しん)さんでよろしいか?事故の概要を、ざっとお聞かせ下さい」 「かしこまりました。では・・」

彼は、長瀬巡査長に 事故の大体の所を説明。怪我人がいない模様もつけ加えた。主な原因は、由香の、赤信号確認とブレーキ遅れの様だった。話が区切られると、長瀬は由香に「今の、中条さんの説明で間違いありませんか?」と確かめ、彼女も「はい、今のご説明で間違いないです」と返し。合間に男は、自動車保険会社とも連絡を取る。

現場写真を、数カット撮影した長瀬は続ける。「それでは、少しの間 本署で詳しくお話を聞きたいので、中条さんのお車は、何とか走れるかな。木下さんの方は、何かあるといけませんから、今 レッカー車を手配してます。少しお待ち頂いて、到着次第、ご足労下さい」 「はい、分りました。ご面倒をかけます!」事故から半時程後、長瀬のバイクに先導され、レッカー車に率いられて姉妹の車が、続いて 後方にダメージを負ったままの中条の車が自走で続き、程近いW区の警察署へ。

ここでも、事故車の検証やその車検証の確認、写真撮り、事情聴取や事故証明の説明などで、小一時間。事故発生から一時間半余りが過ぎ、道路の混み合う夕刻が迫る。中条は、合間を縫って 己の勤務先や、日頃世話になっている整備工場とも連絡を取り、事故車の入場手配を取る。ついでに、姉妹の車も ここの工場入りする事になった。

「それでは、警察サイドの処理が終りましたので、後は保険会社さんや弁護士先生を交えて、示談に当たって下さい。無事終了をお祈りしますよ」 「有難うございます!ホント、気をつけんといけませんな」中条、ここからは 暫し長瀬と雑談になる。

中条「ご存じかもですが、以前 F‐1 レースを走った、中嶋 悟さんや鈴木亜久里さんが『もらい事故でも恥ずかしいと思わなければダメ!』と言われてたの、思い出しましたよ」 長瀬「ああ、中嶋さんに鈴木さん・・存じてますよ。私の餓鬼時分に頑張ってられましたよね。中条さんは、鈴鹿サーキットへはお越しになりましたか?」 

中条「はい。ええ、平成の初め頃だったかな?まだ二十歳そこそこの頃、お二人が揃って入賞された折 見に行ってましたね。あの時は、決勝スタート早々 優勝候補のアイルトン・セナとアラン・プロストが衝突して、大波乱だったですね」 長瀬「そうですね。あの時(1990=平成2年)は、大変な展開だったのを、小さかった私も 親たちに連れてってもらい、目撃したのを覚えてますよ。件(くだん)の衝突の後、一時 ナイジェル・マンセルが首位だったんですが、ゴールまでもたなくて、結局 優勝はネルソン・ピケだったですね」 中条「そうそう。セナと同じ、ブラジル出身の勇者だったですが、あの二人の仲は 芳しくなかったらしいですね」 長瀬「F-1 もそうですが、レースの世界も 色々と難儀な事がある様でして」

そうこうする内に、整備工場のトランス・ポーター車が現れる。自走できない、姉妹の車を工場に入れる為だ。ついでに、中条の勤務先社長たる義弟も、社用車の トヨタ・ノアに乗って現れた。

「雄(たけ)ちゃん、ご苦労様!心配かけたな」 「兄者こそ・・マジで怪我なしだな?」 「ああ、見ての通り、ピンピンだ。相手方の、美人姉妹さんもな」中条と、義弟にして社長の 白鳥 雄人(しらとり・たけんど)が挨拶代わりの会話。「社長さんも、ホント申し訳ありません。お仕事の方も、狂わせちゃって・・」由香が前に出て、雄人に謝罪す。対する彼「いやいや、皆 無傷で良かったよ。今からさ、念の為に 皆を近くの病院へ連れてくからな」と言い。これを受け、姉妹は 工場入りする事故車から、各自の手回り品を降ろす。

中条が「会社はいいのか?」と訊くと「専務(社長夫人 つまり中条の実妹)が仕切ってるから大丈夫。それより、症状なくても内側が心配だ。車の方は、工場のメンバーに任しとけばいい。さあ、お姉さんたちも乗って、病院へ行こう。巡査長さん、今日はご面倒をかけました!」 中条も「ホント、お世話かけました。短い時間だったけど、楽しかったです!」 そして姉妹も「本当にお手数かけて、済みませんでした。有難うございました!」口々に挨拶。長瀬も「ご苦労様でした。怪我がなくて、良かったですね。それじゃ、又 何かありましたら」凛とした、敬礼で返した。

雄人が、事前に連絡してくれたお陰で、中条と姉妹の診察は、さほどの待ち時間を要さなかった。診察の結果、三人とも無傷である事が確認され、今度の事故は、物損事故として処理される事が決まった。中条は言った。「由香ちゃん、良かったな。もしも怪我人がありゃ、人身事故になって 後の処理が厄介なんだが、物損で済めば、割とスムーズに進むだろう。二人の車には、ドライヴ・レコーダーがあったな。長瀬さんも資料を取られてたが、あれ、示談の時必ず要るから、保管をしっかり頼むよ」 「はい、分りました。ホンマ、今日は済いませんでした!」この日の事故処理は、一応 終りを告げた。

雄人「由香ちゃんたちは、ホテル泊まりかな。送ってくから、そのまま乗っててくれよ」と言い。 姉妹が「はい、有難うございます。社長さんも、今日はホンマに済いませんでした!」と返すと、「ああ、いやいや、こんな事はよくあるよ。ホテルは JR中央駅の西側だったかな?」 「そうです。明日の土曜、夏休み中の、学術交流の説明があるんで、その前日に、大坂から車で出て来た訳でして・・」由香が返した。

聞いた中条「おお、そうか。高速道も、バイパスの完成で走り易くなったし、ここまでの時間も縮まったしな。それにしても、今日はツキがなかったな」 「ホンマ、そないな感じですね。伯父様も、事故に巻き込んじゃって 申し訳なかったし」由紀が言った。中条「まあ、雄ちゃん(ウチの社長な)も言ったけど、こういう事故は よくあるんだ。無事故に越した事ぁねぇが、万一の時はどうするかって事を学ぶのも、大事だよ」 「・・ですね。ホンマ、おおきに。有難うございます!」 6:30pm頃、車は 姉妹の宿の下に着いた。

「有難うございます!済いませんでした!」手回り品と共に、姉妹が下車。上階のホテル・フロントへと向かう。「まあ、せいぜい栄養つけて、ゆっくり休む事。夜出歩くなかれ!」中条の一言に「分りました。有難うございます!」エスカレーターに乗った姉妹は、挨拶を交わしながら、中条たちの視界から消えた。「さて、兄者・・」雄人が言った。「うん、何だろ?」中条が返すと「事故対応で、三時間ばかりかかった。今夜は大変だけど、遅くなりそうだな」 「ああ分る。覚悟しとくよ」二人は、静かに笑う。この時、中条の脳裏には、先程まで共にいた姉妹の、ブラウス越しに見えた 恵まれた胸の双丘と、デニムのロング・パンツ越しの、美麗なモデル脚のイメージが、交互に去来していた。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 古川いおり
中村由利子さんの今回楽曲「ファンタスティック・ライツ(Fantastic Lights)」下記タイトルです。
Fantastic Lights
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

尚、他ブログにて、政治社会の事共や、鉄道交通に関する趣味的事柄にも触れております(下記アド)。
http://blog.goo.ne.jp/hakase32
(第一)読み物ブログは現在、不定期更新です(下記アド)。
https://blogs.yahoo.co.jp/jnkt1957

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」も お読み頂けます。