FC2ブログ

記事一覧

パノラマカーと変な犬 第3話「下弦(かげん)」

photo-170707_35482.jpg
午後の事故もあり、後ろにおした中条の仕事がどうにか片付いたのは、専務でもある実妹が用意してくれた、賄(まかな)いの夕食を挟んだ 9pm過ぎだった。「室(むろ)さんの店へでも、顔を出そうかな。周(あまね)君も、来てるはずだし・・」との想いも過りはしたが、社長の義弟は翌朝が早く、己も朝方は用務があるので、一家に一礼して帰宅する事にした。

出がけに、甥の健(たける)が顔を出し「伯父さん、大変だったね!」 「心配有難とよ。お蔭で怪我なしだったわ」 「お姉さんたちも?」 「勿論無事だ。俺は『受け身』が巧いからな!」 「ハハ・・それはどうだかだけど。車はどうなりそう?」 「うん。修理工場の返事待ちだが、ギリギリで治りそうな感じだったぞ。お姉さんたちのもな」 「そうか、そりゃ良かった。まあ、明日からも気をつけてね。お休みなさい!」 「有難と、お互いにな。お休み!」社用の婦人自転車(ママチャリ)を借り、帰宅したのが 10pm過ぎ。

シャワーを経て居間(リヴィング)に落ち着き、TVをONにして 携帯をチェックすると、事故を起こした木下由香(きのした・ゆか)から LINE着信。9pm前後、男の退勤間際に送られた様だ。内容は、以下の通り。「伯父様、お疲れ様です。今日の事故、改めて申し訳ありませんでした。処理のお手配にも、ホント感謝してます。今夜は、お言葉通り 宿の近所で夕食の後、由紀(ゆき)共々 お部屋で静かにしてます。できたらで良いけど、遅くても 返事を頂けると嬉しいわ」

「やっぱり・・」男は思った。「多分、何か言って来ると思ったんだよな。それに・・」 「やっぱりさ、あの姉妹の、ブラウス越しの胸の双丘とか、長いパンツ越しにも分る美脚は、どうにもこうにも気になるて。よしゃ、一発返信してやるか・・」スマート・ホンのアプリで、送信にかかる。

中条「遅くに失礼。今日はご苦労様。落ち着いたか?」 由香からは、反射の様に、直ぐ返事が来た。「伯父様、お疲れ様です。今日は、改めて済みませんでした」 「OK OK、分りゃ良いんだ。ちょっと前、残りの仕事も区切りになって、戻ったとこさ。帰り道、馴染みのとこで一杯とも思うたが、貴女たちの事が ふっと脳裏を過ってな・・」 「おおきに・・有難うございます。当然ですけど、あたしは禁酒でしたよ。まだ由紀が飲めない事もあるけどね」

中条「まあ、あんな事のあった夜は、それが良いだろう。夕飯は何?俺が言ってた あの寿司屋だったのか?」 由香「ええ、そうでして。とってもネタの鮮度が良くて、美味しかったわ。お米の感じも超グッド!上がり(お茶)だけでも素敵な感じで、由紀も大喜びでした」 「ああ、そりゃ良かった。まあ普段の日だったからいかんが、今度、俺や周君辺りも交えて、行ってみてぇもんだな」 

由香「さよですねぇ。ホンマ、あたしたち二人だけじゃ惜しいわ。普段はね、関西辺りの 明石海峡の好いネタを食べる機会もよくあるけど、N市も負けてないわね」 中条「有難とよ。この辺りは、伊勢湾とか もっと内海の M湾辺りのネタが上がって来てるんだ。質なら負けぬと思うぜ」こんな感じで、暫くは寿司ネタの会話が続いた。

食の話が区切られると、中条は「所でさ・・」と、詰め寄る様に切り出した。「はい、何でしょう?」由香が返すと「悪いが、これからちょっとは、事故当時の事な。もう思い出したくねぇかもだが。あの時、俺は咄嗟に 貴女たちの顔のダメージを恐れてたんだ。もう分ると思うが、あれは一生残りかねんからな。まあ大丈夫と分ったら、次は 脚の方が心配になった。これ、由紀ちゃんもな。理由は、分るだろ?」 「ああ、はい・・大体、分りますよ」返しながら、由香は苦笑していた。内心で・・「やっぱり、伯父様は エッチ!」

男は続ける。「この前の連休の、新潟辺りの旅行で分かった事だが、貴女たちはホント、姉妹揃って 綺麗な脚しとるもんなあ。モデル脚って言うの?デニム地の、長いパンツ越しでも よく分ったぞ。ホント、賢明だったな。あの時、スカートだったら・・」 「はい、何でしょう?続けて欲しいわ」 「いいのか。それじゃ・・」

話は、更に続く。「内々で済ますからと言ってさ、貴女たちのスカートの中を狙ったりしかねなんだりしてな。あ、いやいや・・こりゃ冗談だけどさ・・」 「まあ!やっぱり、そないな事考えてはるんですね。嫌らしい!・・でね。或いは、そんなんもありかいな思うて、パンツ・ルックにして来たんです。由紀も同じやけど・・」 「ああ、やっぱりな。まあさ、旅や遠出じゃ、何があるやら分らんからって心がけは大事だて」 「・・ですよね」もう一度、話が区切られる。

「所でさ・・」男が問うた。「帰りは、明日なの?」 「ええ、明日午後のつもりです。明後日の日曜まで居てもええのやけど、よく列車とか混雑するやないですか。それに、あのレベルの事故やと、親に黙っとる訳にも行かへんしね」 「ああ、当然の事だろ。それと、夏休みの特別教科の会場とかは、見て来たのかね?」 「ええ、今日の昼頃着いて、食事の後で A大学の中の場所を見て来ました。明日は、午前で 大学から遠くない、佐分利学院の校舎の中を見て、午後の(近畿参宮電鉄)特急で、一度大坂へ戻ります」

総合予備校・佐分利学院の名を聞いた中条は、何か因縁めいたものを感じたのは無理もない。甥の健、その親友 箕輪 徹(みのわ・とおる)、共通の先輩 豊野 豊(とよの・ゆたか)らが今も学び、修了したとは言え、今も近しい 阿久比 周(あぐい・あまね)も少し前まで通っていた。指導陣も、交際が進行中の 伊野初美(いの・はつみ)の前任地。その後輩で、周の恋人の姉 花井 結(はない・ゆい)や、忘れもしない養護主任の女医 本荘小町(ほんじょう・こまち)ら、今も名物講師が集まる。そこで、これからの夏休み序盤、学術交流メインの、特別教科が行われるのだ。

「なあ由香ちゃん・・」中条が送信する。「何やらその話、面白い事になりそうだな」 対する由香「そうお思いですか?それじゃ、期待しちゃおうかな。笑」文面の向うに、美しい笑顔が見える様だ。「それにさ・・」男が続ける。「由香ちゃんたちの部屋って、東向いてるか?」 「ああ、はい。ここはほぼ、東向きですね。階は8F・・かな」 「ああ、そりゃいいな。今さ、月が上がって来てるんだ。満月じゃねぇけどさ。下弦の月って言うの?雨がちの梅雨で、これだけ見られるの 珍しいぞ」 少し間を置き、返事有。

由香「ホンマ、TV塔や高層ビルの間から、好い感じで出て来てますね。まだ赤っぽいのも、好い風情やなぁ・・て、由紀も言うてますよ。言わはる通り、梅雨時に珍しいですよね」 「うんうん、そう思うだろ。さあ、明日は 帰る前、一緒に昼飯位食えるかな。列車は、何時なの?」 「はい、ああ 1pmの出発ですね」 「よしゃ、分った。それじゃ、正午に(佐分利)学院のロビーで待ち合わせにしようや。もう遅い。夜中やから、由紀ちゃん共々 ゆっくり休む様に」 「はい、おおきに。有難うございます!伯父様も、遅くならない様にね。ほな、お休みなさい!」 「有難う。お休み!」交信ここまで。

「さてさて、俺も休むか・・」そう思いながら窓外に目を遣った中条の視界に、暗いながら しきりに動くものがあった。右手斜め下・・彼にとってはお馴染みの、某商家の屋上だ。もう日付も替わらんとする宵闇に紛れて蠢いていたものは・・そう、同家の、性質芳しからぬ 垢(あか)抜けない飼い犬だ。「何や今頃・・暗闇に紛れて、大アホーマンスかよ・・」男はそう呟き、一応 窓外に目を凝らす。屋上を、ひとしきりうろついた犬は、何を思い出したか 甲高くひと声「ワン!」と吠えると、そそくさと階下へ。「何が『ワン!』だよ。お前に言いがかりなんか、つけられんわな。どうせ粗相の一つ位したんだろ。もう静かにせい。Kusoして寝ろ!」
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 蓮見クレア
中村由利子さんの今回楽曲「地平線の向うに(Beyond the Horizon)」下記タイトルです。
Beyond The Horizon
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

尚、他ブログにて、政治社会の事共や、鉄道交通に関する趣味的事柄にも触れております(下記アド)。
http://blog.goo.ne.jp/hakase32
(第一)読み物ブログは現在、不定期更新です(下記アド)。
https://blogs.yahoo.co.jp/jnkt1957

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」も お読み頂けます。