FC2ブログ

記事一覧

パノラマカーと変な犬 第5話「露見」

39b2db6a.jpg
6月半ばの土曜日、先日の追突事故後 一旦大坂へと帰った、木下姉妹を見送った周(あまね)と中条は、彼の居所近くの 馴染みの喫茶店に立ち寄り、暫し談笑。この後 それぞれ交際中の 初美、そして宙(そら)と会う予定なので、夕方前には解散と言う事で、とりとめもない話をしていたのだ。

中条は言った。「そうか、この後 宙姫と会うのやな。まあ、今日一日か 明日までかは訊かんが、一つ宜しく言っといてくれよ」 「分りました。多分、日を跨ぐ様な気もかするんですが、よく伝えておきます。それでですね・・」 「うん、何かな?」 「初美先生のご都合もあるでしょうけど、夜 深い展開になったら、合間に LINEでやり取りするってのはどうでしょう?」 「ハハ・・面白い事を言うなぁ。まあ、良いだろう。そういう展開になれば・・な」 「はい、こちらからもお伝えしますから」 「分った。心づもりしとくよ」その後、暫くは 地元のチュウキョウ・ドームで行われる、プロ野球セントラル、パシフィック両リーグ交流戦の話題などして、一時間程で別れた。

中条が、居所へ戻ったのが 3pm過ぎ。掃除などの雑用をこなす為 ラジオを入れた所、丁度 件の試合が進行中。地元セ・リーグ NCドラゴンズは、首都圏郊外のパ・リーグ SSライオンズとの一戦だ。前日は惜敗したが、この日は優勢な様だ。掃除の準備で、雑物を少し片付けた所で、インター・ホンが反応。応答して玄関へ。初美がやって来たのだ。

「ああ、これはこれは、ご苦労様!」 「新さん、暫く。今 何してた?」 「ああ、貴女が来ても恥ずかしくない様に、掃除でもと思ってな。でも、まあいいや。とりあえず一服してくれ。コーヒーでも入れるわ」淡色の上シャツに、先の旅行で 宙が着ていた様な、ジーンズのゆったり目スカートを纏い、紐なしのカジュアル靴と言う出で立ちだ。

「さっきまで、周君とお茶してたんだよ」中条は、又もコーヒーを嗜む破目になった。「ああ、そう・・惜しいわね。もう少し早く片付けば、あたしも、彼と話がしたかったけど、仕方ないわね」初美、こう返す。そして「事故の方は、ご苦労様でした。ほぼ、片付いたのかしら?」 中条「有難うよ、心配かけた。警察の方も、事故証明が下りたし、示談も進んで 後は車の修理が上がるのを待つだけだ」 初美「あらまあ、治せるんだ。聞いた所じゃ、貴方の車は、治るか廃車か、ギリギリのとこみたいだったけど・・」

「その事だが・・」女にコーヒーを勧めながら、男は続けた。「今日、由香ちゃんたちを見送って、周君と喋ってる合間に 工場に聞いたんだが、俺の車は、リアドアとバンパーが、どちらも中古部品が確保できるんだと。リア車体(ボディー)もボコられはしたが、鈑金で治せるって話でさ。実費だと 70万円位だって話だが、これ、由香ちゃんの方の保険から出るから、俺の方は一切出費なしだよ」笑いながら言った。

初美「そうかぁ。そりゃ良かった。新さん、折角だから、この夏の車検 通そうよ。そうすれば、後二年は乗れるし、浮いたお金は、あたしたちのこれからの足しにできるしさ」と言い。聞いた男も「ああ、言うと思った。実際に、どの位回せるかは分らんが、新車に替えるの延期すりゃ、それなりの額にはなるな」 「うんうん。それ、大きいかもよ。所で・・」 「うん、何かいな?」 

初美は続ける。「由香ちゃんたちの車は、どうなるの?高そうな輸入車らしいけど・・」 中条「ご心配なく。彼女たちの愛車も、ちゃんと治る。ただ、前方のボコりが大きいのと、エンジン関連の部材が一部イッちゃったから、その交換をせんとってとこらしいが。実費だと、俺の車の倍近いらしいから、しめて大体 200万円ってとこかな」と返した。

初美「そうかぁ、ほぼ、小型の新車一台分ね。でもホント、誰も怪我しなかったのが、不幸中の幸いだわ」 中条「そうだよ。そう思わんといかん。今日 見送る時もさ、彼女たちにそう言ってやったんだ。『よくある事だからって受け止めも必要』てな。でもそれ『物損』だから言えるんだよな」 「そうよね。もしも『人身』まで行ってたら、こんなに落ち着いてなんかいられないって・・」暫くは、事故処理の話が続いた。

中条「そんなこんなで、今日 一旦帰したんだが、実は彼女たち、この夏休みに予定の 交流行事の下見で来てたんだってさ」 初美「なる程。それで、車で来てたのは、親御さんには内緒だったって事?」 「まあ、それっぽいな。さっきも、帰りの列車が出る間際、必ず言っとく様に 諭しはしたけどな」 「まあ、少し位叱られるのは、仕方がないわね。黙っといて、状況が悪くなるよりは良いわ」 「そう言う事。それで・・」 「はい・・」 「俺も、もしかすると、貴女から叱られるかもだが」 「いいわ。聞きましょう」

「有難う。それじゃ・・」男は続ける。「実はさ・・由香ちゃんから、夏休みの行事まで 一ヵ月半位、彼女の私物を預かる様頼まれたんだ。ホントは良かねぇのは分るんだが。勿論、貴重品以外って事で応じたって訳」 聞いた初美「ああ、貴方のPCとかや、クローゼットのある部屋の、スポーツ・バッグでしょ。それは良いけど、預かる以上は、一度位 中身を見ておいた方が良いんじゃなくって?」

「う~ん、そう来たか・・」中条は、こう呟いた。「でも、衣類とかだったらさ、バレて彼女たちが不愉快になる・・なんて事は?」と訊くと、初美は「それは大丈夫よ。あたしは、バッグの中身がどんな風に入ってたかを把握するの 自信あるから、きちんと戻しとば、バレやしないわ」 「分った!そう言う事なら・・」中条は、初美が由香のスポーツ・バッグの中身を改める事を、許可した。

これを受け、彼女は、件のバッグのファスナーを慎重に開け、一部は ネット袋に整理された中身を 順に取り出し見て行く。薄々予想はしていたのだが、中身は、いかにも中条の喜びそうな、チア・ダンス用 或いはアニメーション・キャラ的なフレア・ミニコスが複数、これも何点かあるストッキングは、多くが二ーハイの様だ。後、ブラとショーツが同数位。後者の多くが、露出の大きい『T』らしい。ヘアバンドも少し。これらを目の当たりにした初美は、思わず「ふふ・・」と低く笑った。

「新さん・・」彼女は、中条を呼んだ。「これ見て。これさぁ、何か、貴方の趣味に合わせたみたいなとこがある様なだけど、どう思う?」 対する男は「あは・・そう言われると、弱いなあ。確かにこう言うの、俺の趣味に近くてさ・・」 「近くて・・て言うより、そのもの・・でしょ!」 「ハハ、ご免ご免・・確かに、そのもの・・かな」バツが悪そうに、彼は返した。

「これから 分る事は・・さ」初美が続けた。「彼女たち、もしかすると 夏休みの行事の間、ここへ転がり込むってつもりじゃないかしら?」 聞いた中条「う~ん・・まさか、それはねぇとは思うんだが・・貴女は、そう感じるかね?」 「いや、あたしだって 考えたくはないわよ。でも・・」 「でも・・か。続きを聞こうか」 「でも、この中身を見ると、ちょっとそっちの線もありかな・・なんて思う訳」 「そうか・・それなら、そっちの線も考えとくべきって事だな・・」

中条「初ちゃん、悪かったな。俺、ホントは断るべきだったかもだが・・」 初美「あ、いやいや・・もう預かったものは仕方がないわ。でも、夏休みの行事の間、ちょっと面白くなりそうなのも事実ね」 「分ってくれて 有難う。俺も、これ以上の間違いには気をつけるわ。さあ、ちと掃除とかがあるんで・・」 「新さん、その事だけど・・」 「はい・・」 

初美「掃除はあたしがしとくから、今から夕食の買い物 行って来てくれない?野菜やチーズとか、ハムなんかも要りそうだし・・」 中条「OK。簡単な事さ。車は使えんから、自転車(チャリ)で行って来るわな。ああ、赤ワインが下の戸棚に入ってるから、必要なら冷やしといてくれるか?」 「分った。任しといて!」 「宜しく。行って来る!」 「気をつけて・・」袋を携え、中条は出かけた。

部屋に残った初美は、上方の埃払いから、順に掃除に入る。少し位散らかっていても、そこは「勝手知ったる他人の家」 流れる様に進めて行く。途中からは、掃除機で床掃除に移る。窓の外、斜め向かいの下方では、犬連れの散歩人が、例の屋上に現れる 不良犬の攻勢の標的となっている。遠吠えを交えた、甲高い咆哮。日頃 男が「吠えてるのか、屁をしてるのか分らん」と揶揄する、あの声だ。「今日も元気だ。Kuso犬君・・」掃除の手を休める事なく、女はそう呟いた。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 天海つばさ
中村由利子さんの今回楽曲「エターナル・フィールド(Etarnal Field)」下記タイトルです。
Etarnal Field
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。