FC2ブログ

記事一覧

パノラマカーと変な犬 第8話「妖道(ようどう)」

43b4831c.jpg
深まって行く 初夏の夜。寝室の枕元に控える、古っぽい置時計の 時を刻む音に歩調を合わせるかの様に、初美と中条の「男女の行為」も、並んで歩む様に、ゆっくり しかししっかりと進んで行く。初めは、初美の好む正常位。下方の連結を確かめ、中条は、ゆっくりした腰の動きで高めて行く。

数分程 腰を揺らせては止める動きを繰り返し。初美は、中条の腰に絡めた両脚に、ガッシリと力を込め、男の腰に 上下動のみを許す。次第に音量を増す、喘ぎと呻き、それに吐息。彼は、腰の動きを守りながら、はだかれた女の 胸の双丘に、交互に手指を回して慈しむ心がけも、忘れなかった。

「ああ、新(しん)さん・・」初美、喘ぎつつ呟く。「うんうん、聞こう・・」中条が返すと 「これまでより、ずっと好いわ。胸とお尻に手を回すバランスも良くなったしね。嬉しいわ・・」 「ああ、いえいえ。俺たちも、もう何度目だからな。少しは上達せないかんし・・」 「ふふ。じゃ、もっと良くなるかしらね」 「心がけにもよるが、伸びしろはあるかもな・・」 「ハハ・・じゃ、期待してもいいかしら?」 「まあ、良いですよ。期待に沿うよう、努めるとしますか・・」女を組み敷く男は、そう言って 静かに笑った。

暫く後、中条「初ちゃん、前にも言ったが、そろそろ疲れる頃だろ。一度、体位を変えた方が良いかな?」 初美「あたしは良いわ。久し振りで、このままの位置で、頂上まで昇っても良いかなって感じね」 「そうか、じゃ、もう少ししたらって事で・・」正直な所、一気に絶頂に昇ろうとは思わない。もう若くないせいもあるが、中条は、初美との連結を維持したまま もう一度、その上体をじっくりと撫で回した。胸の双丘は 特に・・

ベッドでの行為が始まって半時余り。初美が言った。「じゃあ、新さん・・」 中条「はい、何ぞ?」 「さっき、貴方の言ってた 体位の変更(チェンジ)、面白そうね。一度、やってみたいわ」 「そうか、分ってくれて有難と。それじゃ、一度 俺が下になるわな・・」男はそう返し、一旦 女の下方からゆっくりと離れ、入れ替わってベッドに臥す。

「よし、それじゃ・・」中条が言った。「ゆっくり腰を落として、俺の上に降りて来てくれ。直立した俺のアレと、再び連結な」 初美は頷いて返し、彼と向き合う形で、ゆっくりと腰を下ろして行く。中条が、彼女の臀部に右手を添え、再びの交合が 上手く行く様誘導してやる。

「あ・・は、はぁん・・」軽い喘ぎを伴い、騎乗位で 男女の結合を取り戻す。「時雨茶臼(しぐれちゃうす)に近い姿態(ポーズ)だ。中条、初美の腰の下から、突き上げる要領で 再起動。「あっあっ・・これも、い・・好い・・」彼女も、男の 突き上げる様な摺動に、腰を上下に揺すり 応える。ショーツのみを脱いだ、下半身裸の姿態が より男の昂奮を誘った。

「いいぞ、初ちゃん・・」中条が言った。「フレア・ミニが、微妙に尻を隠してる。その恰好が、一番昂奮できるなぁ!」 初美「ふふ、何となく分るわ。でも、結合部はしっかり見えるんでしょ。嫌らしい趣味ね!」と返し。中条「いやぁ、ご免ご免。どうしても、全裸よりこの方が燃えられる訳でさ。おっと!気をつけんと、暴発してしまうわ!」と続け、達しそうになると、腰の動きを止める。「まあ、セルフ寸止めね!」女は、笑って応じた。

「さあ、ちょいと水入りにしようか。離れて良いよ・・」中条はそう言い、一旦の初美との交合を解き、休憩を許す。そして「貴女も見てて良いぞ」と 飲料を嗜む彼女にも見せながら、己のスマート・フォンから、宙(そら)と共に自室にいるはずの 周(あまね)に LINE送信を試みる。「遅くに失礼。周君とこは、熱くなってるかな?」数分置いて、彼の返信を得る。「今晩は。伯父さん、有難うございます。こちらは、お蔭で熱いです。ついさっき、一回戦が終りました」

中条、続けて送信す。「そうか、若さの証左だ。羨ましいな。俺たちは、まだ絶頂への途上でな。今夜の絶頂は、一回きりになりそうだ」 周「そちらも、順調そうで何よりです。まあ無理されず、お互いの感触をじっくり味わわれるのが良いのでは?」 「ハハ、感触か。些かオッサンっぽい気遣いだが、確かにその通りだな。有難う。所でさ、今夜 二人が試した体位を、嫌でなければ教えてくれるか?」

問われた周「ああ、別に良いですよ。今夜の体位ですか?言えますよ。伯父さんたちもそうだったでしょうが、まずは互いに 前戯の愛撫から入って、正常位の交合です。自分が 宙に重なると、まず首に両腕、腰に両脚を絡めて、ガッシリと組み付けて来ましたね。『余計な腰の動きをさせない為だ』てお聞きしたけど、よく分りました。彼女、絡めた両脚に『これでもか?』と力を込めて、自分は 腰を制圧された様な気がしましたね。『あたしにも、蟹さん鋏みができた!』とか言って、喜んでまして。その後、立ちバックで一回決めました」 

聞いた中条「ほう!仲睦まじくて、好い感じじゃねぇか。俺の話も、まんざら無駄じゃなかったんだな。宙姫も、初ちゃんと 技を競ってるみてぇで、頼もしいわ。さあ、それじゃ、俺たちゃゆっくり後半戦に入る。君たちも、二回戦目は無理なくな」 周「はい、有難うございます。無理はしませんが、多分 次も大丈夫でしょう。笑」交信ここまで。

「ふふ・・」 LINEのやり取りの一部始終を見ていた 初美が微笑んだ。「彼たちも、中々お盛んにやってるわね。若いから、当然って事もあるけど」 中条「ああ。まあ、そんなとこだな。俺たちは、彼たち程若くねぇから、後半も 無理なく行こうや。さてと、次はどんな体位で行くかな・・」 初美「新さん、その事だけど・・」 「はい、何ぞ?」 「貴方、本当は 一度位後ろから仕掛けてみたいでしょう?」と、突っ込む様に訊いて来た。

聞いた中条は「ほう!よく分ったな。まあ、それも有りって事で。今夜はどうだろ。ベッドの上でできるそれを、試してみるか?」 初美「ホントは、ベッドから立ち上がった感じで 繋がりたいんでしょ?でも、ベッドの上なら、疲れ難いかもだから、よろしい、やってみましょう」こう返すと、ベッドに登って男に尻を向け、四つん這いの姿態をとった。

「おお、よしよし。これも好いなぁ!」中条、後ろからの眺めに感動した様子。前かがみになり、突き上げられた臀丘に 尚もフレア・ミニのアンダーが覆い着き、露わになった尻と 下草伴う秘溝、菊花(肛門)が、真後ろからのみ拝める。これぞ、彼が至高とする艶姿であった。「ああ、これが一番よ!」男は、惹きつけられる様に 露わの下方を見せる女の背後に寄り添った。

「さあ、もう一度挨拶しようか・・」昂る中条は、四つん這いの 初美の後ろから、その秘溝にもう一度 唇を合せた。舌技を伴う、朱(あけ)の合わせ目への侵攻。微かな愛撫の音に続き、再びの喘ぎ、そして呻き。一渉りの愛撫の後、中腰の姿勢を取った中条は、又 礼儀を守る男根(コック)を、後ろからゆっくりと、女の秘溝に返す。肉壁のぬめりと締め付け、それに深奥への繋がりを確かめ、この夜三度目の起動。最初と同様、序盤は、ゆっくりとした 腰の動きだ。

「ああっ、ああっ、こ・・これも好い感じ。つ・・続けて」再びの、初美の喘ぎが戻って来る。「鵯(ひよどり)越え」と言われる、ベッド上での、後背位(バック)の攻めだ。序盤、右手を女の腰に添え、態勢を整えた男は、次には左手を 女のそれに繋ぎ、次なる右手の動きは、胸の双丘を目指す。「好い、好い、ふぅぅ~ん!」 「あ・・俺もだ。うぅぅ~っ!」心なしか、喘ぎと呻きの音量が上がって行く様な。男の腰の動きも、少しだが速さと強さを増している様に感じられた。後少しで、絶頂・・
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 本田 岬
中村由利子さんの今回楽曲「海の彼方に(Beyond The Sea)下記タイトルです。
Beyond The Sea
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

尚、他ブログにて、政治社会の事共や、鉄道交通に関する趣味的事柄にも触れております(下記アド)。
http://blog.goo.ne.jp/hakase32
(第一)読み物ブログは現在、不定期更新です(下記アド)。
https://blogs.yahoo.co.jp/jnkt1957

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」も お読み頂けます。