FC2ブログ

記事一覧

パノラマカーと変な犬 第11話「一計」

f975f79b.jpg
この年の 7月は、やや梅雨の時季が長かった。前半、一時夏らしい 暑く晴れた日々もあったが、後半に入ると、梅雨が戻った様な 雨がちの日が続く事もあった。が、それも月末頃 次第に解消へと向かい、気温の方は 真夏らしく昼夜共 気温高めの暑い日々が続く様になった。中条らの仕事の方も、中間決算を経て、忙しい日があるも、盆の時期へ向け 次第に一服と言う感じだった。

その様な中、7/28の金曜夜から翌29日土曜朝にかけ、大坂のすぐ東郊に位置する木下邸では、由香と由紀の姉妹が、中京地区の A大学と佐分利学院で催される、夏休みの学術交流行事向けの準備を進めている最中であった。由香は言った。「さあ、資料や筆記具、タブレットに着替えや洗面具も揃ったな。由紀の方も、ええやろうな?」 「ああ、そりゃもう万端やわ。いつでも 出発OKやで」

7/29の土曜当日。朝食を済ませた姉妹は、前夜からまとめていた手回り品を詰めたキャリー・バッグの中身をもう一度点検。10amには、出発準備を整えた。「二人、用意ができたら 俺の車に乗って待機しとれ」 「分りました。父さん」遅めの出勤となる、会社社長で姉妹の父 木下鉄之進(きのした・てつのしん)が、彼の愛車 レクサスLSで、乗換駅まで送る事となる。

帰った折 由香は、例の事故報告を 父に包み隠さず報告した。事故そのものは 厳しく叱責した父だったが、その後の適切な対応は称えてくれた。「人身でなくて良かったな。誰も怪我をさせなかったのは、お前の対応が適切だったからや。相手方の 中条さんの会社は、俺たちとも ずっとつき合いがあるさかい、そういうのはきちんと対処せなあかん。当たり前やが、お前はきちんとやった。それは褒めたるで!」 「はい、ご迷惑かけまして、済みまへんでした!」由香は、詫びの傍ら、謝意を返した。その上で この日・・

鉄之進「やっぱ~暫くは、お前 運転せん方がええやろな。お前の車は 母さんも乗るし、学術交流が済むまでは、ダメって事で」 「ああ、はい、分りました」 10:20am頃、正装の父と ジーンズを穿いた夏姿の姉妹は 近畿参宮電鉄の鶴橋駅へ向け、出発した。道中、親子は 先日までの前期試験の模様や、買い物などでよく出かける、大坂「キタ」の繁華街などの話で過ごした。約 25分で着く。

「N市の宿は確保したんか?」鉄之進が訊くと、由香「ああ、はい。N市の JR中央駅の近くにね。大学へも学院へも、歩いてけるとこが良いさかい・・」 「そうか、分った。それならまあ良いや。どうせ、俺も母さんも、お前か由紀の携帯しか連絡せんさかい。そいじゃ、せいぜい気をつけてな!」 「はい、有難と。ほな、行って来ます!」下車した姉妹を見届けて、鉄之進の車は ゆっくり遠ざかった。

父の車が視界から消えると、由香、由紀の姉妹は、顔を見合わせて笑った。「実は・・な!」と姉が切り出すと「あは、実は・・ね!」と、妹も まるで「阿吽(あうん)の呼吸でもする様に合せる。昼食の弁当は、母 由利が持たせてくれたが、日本茶やコーヒーなどは、自前で用意するつもりだ。

その缶コーヒーと、ペット・ボトルの日本茶を入手して、11am過ぎ、浪速を発って来た特急「アーバンライナー・プラス」に乗り込む。今回も二人は、普通席のレギュラー・シートである。ほぼ満席の賑やかさ。隣り合う席番に落ち着き 出発すると、由香が言った。「由紀ちゃん、分ってるな?」 「ああ、分ってるよ」妹も返す。「交流行事中は、中条の伯父様んとこに居候させてもらうのやろ?」 

由香「如何にも!そいでな、今日の 2pmに伯父様んとこ伺うのは、話を通してあるんや。ただ、とりあえずお顔出しってとこまでで、寝泊りまでは、あの方はご存じないはずやで」 由紀「ほう、さよか。ほな、伯父様はびっくりなはるやろな・・」 「まあ、そないなとこやな。でも大丈夫。その辺のお話は、あたしがちゃんとするさかい、由紀は安心しててOKや!」 「ほうか、有難と。まあ、オトンもオカンも、連絡は携帯やろうから、その辺はよろしな」 「ああ、大丈夫。ヘマはやらへんて!」列車は、大坂東郊の住宅地を抜け、古都の南側の、歴史を感じる地帯(エリア)へと進む。

車中昼食の傍ら、由香は続ける。「ところでさ・・」 「はい、何ぞ?」同様に食しながら、由紀が返すと「着るもんとか、交流行事に合った、改まったのを持って来たやろな。何か、アンタの持ち物チラ見したら、セクシー下着みたいなのも入ってた様なやけど・・」 「お姉ちゃんもスケベやなぁ。そんなとこばっか見てる様にも聞こえるけど・・」 

由香「ああ、いやいや、そればっかって事ないよ~。確かに、そないなのも少しはあるけどさ。どうせ一度は 伯父様を挑発するのやろ?あたしも大口利けへんけど」 由紀「まあな。それ、あたしも考えとるけど、あくまで『予定は未定にて、決定に非(あら)ず』て事やで。もしも、そんなんばっかやったら、交流行事に行く意味ないやんか!」 

由香「ハハ、それもそうやな。姉のあたしがこんな事訊くの、余り良くないよな」 由紀「まあ、そんなんでもないけどさ。まあこれから一週間、無難に過ごせると良いなって思う訳よ」 「そやそや、そりゃ あたしも同じ気持ちやで!」そう会話が盛り上がる頃には、列車は 青山高地を東へ越え、伊勢平野へと抜ける 長いトンネルを抜けて行く。

勢和中川と言う、田園地帯の駅構内で 列車の走る路線が変わり、北東に位置する N市へと頭を向ける。北へと向かう程、田園から市街地へ、車窓の様子が移り変わる。M県の勢和地区北部は、我国有数の工業地帯。以前程ではなくなったが、製紙工場や石油化学工場などからの 独特の臭いが解消した訳ではない。「やっぱ気になるなあ。この臭いは・・」姉妹は、そう言い合った。

工業都市 Y市を発って、広い木曾三川を長い鉄橋で越え、日本で一番標高の低い 輪中地帯を抜けると、中京圏の大都市 N市はもう直ぐだ。「段々市街地に入って来る。これ見ると、なんかホッとするなあ」由香が言った。「この街、お姉ちゃんと肌が合ってるのかもな・・」由紀も合せる。順調に走破し 1pm過ぎ、列車は JR中央駅下に着いた。

前後するが、この日の中条は、斜め向かいの、例の不良犬の咆哮で起床。朝食後、普段着で出社し、翌週の段取りをメインに所用をこなす。社長一家との昼食後 1pm前には帰着して、ほぼ一時間後の 姉妹の到着に備えて ざっと居所を掃除す。この時は「まあ、軽く挨拶程度だろう。適当にお茶して、預かり荷物を返して JR中央駅近くだろう宿まで送ってくとするか。場合によっちゃ、晩飯位一緒だろうが・・」この想いはこの後、予想外の展開となるのだが、その時 男はその事を知る由もなかった。

一通り、居所の掃除を終えた 2pm少し前の事。「そろそろ、来るだろう・・」と思った中条は、アイス・コーヒーを三人前準備。少しの茶菓も共に。区切りにヴェランダへ出た所、斜め向かいの屋上に姿を現していたパピヨン犬「Kuso犬」が、やおら激しく反応した。

「おいKuso犬、Kuso犬!落ち着けや!一体、何なんだよ?」そう声を上げながら、犬が反応する先を見ると、ジーンズにポロシャツを纏い、スニーカー履きの若い女二人が、男の居所の方向へと歩み寄って来る。各々の手は30~40L位の、やや大柄なキャリー・バッグを携えている。一人は桃色、もう一人は黄色。「姉妹だ!」余り感性が鋭いとはいえぬ中条も、流石(さすが)に直ぐ気が付いた。「それにしても・・」彼は想った。「初めの話より、かなりの大荷物だな・・て事は?」
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 高橋しょう子
中村由利子さんの今回楽曲「ワイルド・フラワー・ガーデン(Wild Flower Garden)下記タイトルです。
Wild Flower Garden
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

尚、他ブログにて、政治社会の事共や、鉄道交通に関する趣味的事柄にも触れております(下記アド)。
http://blog.goo.ne.jp/hakase32
(第一)読み物ブログは現在、不定期更新です(下記アド)。
https://blogs.yahoo.co.jp/jnkt1957

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」も お読み頂けます。