FC2ブログ

記事一覧

パノラマカーと変な犬 第13話「居室」

22181.jpg
「こいつ、前から覚えてたな・・」小用の為 トイレに立った所を、背後から 由紀に入り込まれ、更に 己の男根(コック)まで外に連れ出された中条は、咄嗟(とっさ)にそう想ったりしたものだった。由紀の右手は、尚も彼のパンツのジッパーの中から出る気配はなく・・「あっ、そっちもかっ?」次には、陰嚢までもが露出させられる事に・・

「上手だな、由紀ちゃん・・」男は呟く。「ふふ、ちょっとね・・」背後につく由紀は、ジッパーの中から右手指を抜くと、彼の男根の裏側を、ゆっくりと摩(さす)って高め出した。ただの愛撫ではない。静かに、しかし明らかに攻め始めているのだ。「貴女は何?俺をここでイかそうってのか?」 「ホンマに、そう感じて下されば嬉しいわ。頑張ろう・・かな」 「今はいいよ。まだ夕方だぞ。焦るな焦るな・・」そう言葉を交わす間にも、由紀の手指による攻めが続く。「あ・・あ・・いかん!こ・・ここで、暴発だけは絶対に・・うぅぅ!」襲ってくる昂ぶりを、中条は、辛うじてかわした。

「あは、流石(さすが)は大人ね。伯父様、こんなに頑張れるんや。そしたら、ご褒美をあげない訳には行かへんわね・・」本当に感嘆した様に、由紀が言う。対する中条「ハハ・・そうだよ。余り軽く見てもらっては困るんだよな。ああ、ご褒美な。謹んで受けるは良いが、余り時間ねぇのは分ってくれよ」 「ああ・・はい、理解します。姉もいる事やしね」この会話の最中に、男は 溜まった小水を一気に排出した。

「ああ、舐めたいわぁ・・」又も、あらぬ言葉を発する由紀を、中条が制す。「焦るなって言ったろ!?俺だって、そう願いてぇけど、まだ夜はこれからだ。夕飯の後で、ゆっくり時間をやるから、その時だな」 「はぁ~い、残念やけど、仰る様にしまぁ~す。さてと・・」 「さてと・・何かいな?」 「伯父様の用足し見てたら、あたしも催しちゃった。笑」 「ああ悪い。そうだったな。で、何?俺は出なくても良いのか?」 「左様(さい)で~す!と言うか、伯父様 その場面が見たいんでしょ?」 「ハハ・・確かにそうだが、しかしよ・・普通、想ってても言わんもんだがなぁ」表では呆れながらも、男の本心は、由紀の小用を「是非見たい!」との不良な想いに乗っ取られつつあった。

「ほな、お借りしまっせ・・」返事をした由紀は、既にジーンズを脱ぎ、下方はショーツだけになっていた。それも脱ぎ去り、ハイソだけの 下方を露わにした姿になると、洋式便器の上に「M字開脚」の要領でしゃがみ込み、同じくうずくまった男の視界から、股間がよく捉えられる様な姿勢を取った。薄目の下草に囲われた、健やかな朱(あけ)を纏う秘溝が、彼の眼前に現れた。

「ハハハ、眼福は 妹君からかよ・・」中条、表で呆れるも、内では大いに喜んでいた。「おい、直ぐ出るか?何ならマッサージしてやるが・・」男の申し出に少女は「ふふ・・少しだけ、してもらおうかしら。もうかなり臨界やけどね」と、笑いながら「さあさあ、こっちよ。こっち・・」と、彼の右手指を 秘溝の傍に誘う。

「よしっ、そういう事なら・・」中条はこれを受け、由紀の下草から秘溝の中心へと、ゆっくり愛撫をくれてやる。「あ・・んん・・」男の居所へ来てから、初めての喘ぎ。「余り時間がねぇのが、ちょっと惜しいな。でも、続きは夜って事もあるし・・」そう思いながら、もう一渉りの愛撫。「さあ、出るかぁ?」

中条が、股間を弄(いじ)っていた手指を遠ざけると、由紀の下方・秘溝辺りから、明るい黄金色の聖水が、勢いよく噴射された。少しだけ腰を浮かし、便器の外に漏らす事がない様、器用に排出している。「ハハ、好い眺め・・」交際進む、初美の小用さえ覗いた事のない男には、新鮮な驚きだったかも知れない。

「ああ、快適やわ・・」目的を果たし、美しく微笑んだ由紀は、便器に跨ると ウォシュレットを「ビデ・モード」で使う。終ると 中条は「俺が拭いてやる。最初と同じ姿勢になるべし」 「有難う・・」もう一度「M字」で便器上にしゃがんだ少女の 濡れが残る股間を、カットしたロール紙でじっくりと拭き取ってやる。中条には、その行程(プロセス)も歓びの内だった。

二人が、トイレに籠っていたのは 十分ちょっと位の間だった。厨房で料理を進める由香の所へ戻り「ああ、ご免。風呂の用意してたら、由紀ちゃんと立ち話になっちまってな・・」中条は言い訳をした。「嘘つき!」由香にも、それは半分事実でない事は、薄々分っていた。何よりも、トイレの流水音が、一度ならず聞こえて来たのだから。妹が配膳の応援、男がグラスなど、飲料の準備を進める。暫くして・・

中条「風呂がOKになった。俺、先に入っていいかな?」 「ああ、どうぞ。でも、途中から一緒に入るかもね・・」食事の準備も終盤にかかった姉妹は、笑顔で返す。男はこれを受け、先に身体(ボディ)や頭髪を洗うべく、浴室へ。手早く済ませて浴槽に入っていると「ほな、入りますぅ~!」眩しい裸体二つ、彼の眼前に踊り込む。

中条「いや~、目の保養・・は良いけど、大人三人だとギリギリだな。貴女たち、ボディ洗いとか、大丈夫かぁ?」と訊けば、由香「由紀と交代で使うから大丈夫。先にあたしがボディ、こいつがヘアね。次にその逆。伯父様、済むまで上がっちゃ嫌よ!」と笑って返し、由紀も「それ、激しく同意で~す!」と、これ又笑顔で応じ。お蔭で男は、入れ替わりに姉妹が浴槽に入るまで、待たされる事に。

「ザバン!」と、洗いを終えた姉妹が 同時に入った浴槽は、やはり湯が溢れ出した。「う~ん・・」と中条。「モデル体型の二人だから、大丈夫かなと思うたが・・」その言葉に 姉妹「ご心配有難う。でも、思ったより気持ち良いから大丈夫よ!」 「有難とよ。それなら良いな。さ、俺は先に上がって、飯が直ぐ始められる様用意しとく。狭くて悪いが、ゆっくりな」 「は~い、大感謝ですぅ!」思いの他 上機嫌な美女たちであった。

賑やかな風呂タイムを経て、上シャツに短パン姿の三人が これも狭い食卓を囲んだのは 7:30pm過ぎだった。由香と中条は 少し冷やした赤ワインを酌み交わし、酒気が許されぬ由紀には、これも冷やしたペリエが振る舞われ。食事の方は、揚げ物が数点とロースト・ビーフ、チーズが少しと、生野菜のサラダとスティックが数種。温めたフランス・パンも。姉妹到着の歓迎と、週明けの 8/1から始まる 学術交流行事の無事を祈っての乾杯だった。

チーズは、生で有名なカマン・ベールと燻製、中条の好みのブラック・ペッパー付に、初美が愛する 癖一杯のブルー・チーズも。「初美先生、これがお好みなんて ちと信じられまへんわ!」由香、由紀の姉妹共、ちょっとついて行けなさそうな風情。中条も「しかしな、ワイン好きな人間に言わすと、これが最善(ベスト)なんだってよ」と応じ。食間は、やや難儀だった前期試験や、これも難儀な、中条の勤務先の中間決算、そして勿論 前月生じた事故の回顧などの話題で過ぎた。

一時間強の食事が終わると、中条は 前日入手のメロンを 1/4ずつ姉妹に振る舞う。その折「これをちょっと振ると 上手く食せるって 初ちゃんが言ってたわ」と、甘口リキュール グラン・マルニエを、各々の上に少しずつ注ぐ。「ああ、これ 聞いた事ありますよ。メロンの甘味と とても相性好いんですよね」 「ホンマ、好い感じの風味ですわ」姉妹は大いに喜んだ。勿論、由紀のそれは僅かだが。

「ズバリ訊く!」そのメロンを嗜み出した所で、中条が切り出した。「良いか悪いかは問わん。由香ちゃんに由紀ちゃん、二人共 このまま俺んとこを居室(ベース)にするつもりだな。どうだ、図星だろう!」 聞いた由香は、一瞬うつ向きになり、こう呟いた。「ご免なさい、お言葉通りですわ」 「右に同じですぅ・・」妹の由紀も、ぼそりと漏らす様に返した。

だが、中条は笑顔だった。「いやいや、気にせんで良い。正確な、ホントのとこが知りたかったって事だ。そういう事なら、俺の方も『つもり』があるからな。何なら 行事終わって帰るまで、ここに居るか?」 「有難うございます!そうして頂けると、とても嬉しいです!」一転して元気を取り戻した姉妹 こう返す。

中条「OK、それで決まりだ。それじゃ、これから由香ちゃんに 俺んちの合鍵を預ける。一つ約束だが、厳重に保管する事と、ブログやインスタの写真撮りの時は、絶対に鍵ナンバーが映らん様にする事。いいな!」 「分りました、有難うございます。勿論 お約束は厳守って事で・・」由香はそう返し、合鍵を預かった。食後の片付けをしながら語り合いもしたのだが、鍵番号のネット写真映りが元で、不正に合鍵を作られ、性暴力事件が続いて起きた事を、三人は知っていたのだ。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 有村千佳
中村由利子さんの今回楽曲「マイ・メモリー(My Memory)」下記タイトルです。
My Memory
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。